髭戎|短角牛レストランの火木限定肉ランチ/the 309th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、309日目です。本日は短角牛炭焼きをメインに扱うレストラン「髭戎-ひげえびす」さんの火・木限定ランチにお伺いいたしました。

場所は銀座4丁目、並木通り付近の「よもだそば」の脇の路地を少し入ったビルの5階。ランチ営業は火・木のみです。

エレベーターを降りるといきなり店内パターンではなく、ドアを1つ開けた向こうがお店でした。

お肉の店っぽくない半和風な設え。

右側がカウンターで左側がテーブル席、障子で仕切られた向こう側には個室のテーブル席もあるようです。

本日はビル入口に出ているメニューで大変気になった・季節野菜と短角牛のホワイトカレー(限定5食) ¥1,200 をお願いしました。

まずは・サラダ

ちゃんと量もあり、グラノラが入っているのが良いです。

10分ほどして、丸く盛られた五穀米に短角牛バラ焼きと焼き野菜がのった迫力のあるお皿が登場。

カレーは小さい鉄鍋での提供でした。

確かに白い!がクリームシチューくらいの白さを想像していたので、薄柳色に見える。。。 和風だしをベースに、茶色の元となるターメリックを使わずに仕上げているそうです。 お味は確かにカレーなのですが、何も言われずに出されたらカレーとは思わないかもしれません。 かなり円やかに仕上がっており美味。ご飯が進みます。

この他お新香、小鉢、野菜が沢山入ったスープ付き。

野菜がけっこう入っているため栄養バランスも良いようです。

こちらのお店、豚しゃぶに黒ごまを合わせたり、豚生姜焼きに黒酢を合わせたり少しトリッキー。 後味のすっきり感も素敵な変り種のホワイトカレー、大変美味しくいただきました。

最後は・コーヒー、小菓子でゆっくりと。

スタッフお二人の明るい雰囲気も素晴らしく、楽しいランチタイムでした。 ごちそうさまでした!

後日、もう1つの気になったメニューをいただきにお伺いしました。

・ひこま豚の絶品とんかつ(限定5食) ¥1,200

一般的なトンカツっぽくない凝縮感が有り、カリッとした衣と共に歯ごたえを楽しめる仕上がり。ソースではなく、紫蘇胡椒、ワサビ、白ゴマでいただくのがユニークです。

肩ロースですが、脂っぽさは少なめです。

何となく牛カツのようなテイストで、個人的にはワサビが最も好みでした。 キャベツも歯ごたえが良かったのはたまたまでしょうか。 こちらのお店らしい特徴のあるトンカツ、美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

最初のサラダ、最後の・コーヒー、小菓子は全てのランチメニューに共通。 次回は森林鶏の竜田揚げをいただきにお伺いしたいと思います。また、ディナーはお肉が50gから頼めたり、ちょい飲みセットなるものがあったり、また日本酒の品揃えも豊富で1人でも気軽に利用できそうです。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。