リール銀座|2周年記念デザートディナー/the 331th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」331日目、銀座3丁目、昭和通り近くのカフェ「リール銀座」さんをご紹介いたします。当ブログの213日目にてご紹介させていただきました(その時の記事はこちら)が、本日はオープン2周年記念のデザートディナーにお伺いいたしました。

リール銀座をプロデュースする横田シェフは、春日部市の菓子工房オークウッドのオーナで、銀座ミキモトラウンジをプロデュースしていたことでも有名です。

ウェルカムドリンクは横田シェフが好きだというタンカレー ナンバーテンを使った・ジンライム、上品な香りが良いです。

コース構成はオードブル2品、デザート2品。

・国産豚肩ロースのリエットと無花果のブリオッシュトースト カボチャとビーツ、ホワイトセロリのサラダ添え

見た目も色鮮やかで綺麗な一皿。素材の合わせ方が素敵です。

・ゴボウのポタージュとトリュフのプリン

温かいポタージュと冷たいプリンの温度差も楽しい。どの料理もデザート的な要素が感じられますね。普段あまりやらないとう食事メニューですが、真綿のように温かで心地のよいお味。

続いて超楽しみなデザート!

・ベイクドアップルパイ 赤ワインとカルバドスのアイスクリーム

詳しいことは省きますが、非常に手間のかかった仕上げのアップルパイ。アップルパイはあまり得意ではないのですが、これは美味しい。自然にして濃厚なリンゴの風味にシナモン、クルミ、レーズンなどが加わる重層的な味わい。アイスも絶品!

・トンカ豆とピスタチオのパンナコッタ

ハロウィン仕様。上に乗った丸みのあるコウモリが横田シェフっぽくて可愛いです。周囲はアーモンド、カシューナッツ、デーツが彩ります。

そのコウモリですが、横田シェフに直接チョコレートソースをかけられ消えていきました。。。

心の中で永遠に。。。


それはさておきトンカ豆の優しい香りが色々な情景を想像させる絶品パンナコッタ。 スプーンを入れるとグリーン色のピスタチオの層が現れ、三位一体、さらに口福感溢れるお味に。 レギュラーメニューになってくれませんか?

・ピスタチオとアーモンドとヘーゼルナッツのチョコ、フィナンシェ

最後のプティフールのしっかり作り込まれており美味。シェフのナッツ使いにはいつもながら感服です。

そして最後は美味しい・コーヒーで。

初めて横田シェフにお会いしましたが、お人柄も素晴らしく、ますますファンになりました。やっぱり料理は人、料理は愛情ですね! 美味しい料理と楽しい時間をありがとうございます。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

2周年おめでとうございます!!

“リール銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

夏に登場したパフェ・マリアージュ ドゥ フリュイ ¥2,000 リコッタチーズのムースから始まる口福絶頂感動パフェでした。 いつも美味しいデザートをありがとうございます。