レ セゾン|魅惑の黒トリュフのパイ包み焼き/the 344th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」344日目です。本日はフレンチです。

日本を代表するホテル「帝国ホテル」のメインダイニング「レ セゾン」さんにお伺いしました。

レストランは帝国ホテルの2階。

入り口のプレートには『美味礼讃』で有名なフランスの美食家ブリア サヴァランの名言、「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」と記載されています。

重厚感のある広い店内、席間もゆったりとられており、椅子はふかふか。サービスも親しみがありながらも上品で丁寧、リラックスして食事をいただける環境です。

メニューを決める前にご挨拶の前菜・カンパチとチキンコンソメ、ピスタチオと海苔のムース

レ セゾンのオリジナル缶々に入った楽しい料理。 上はシナモン、ナッツで香り付け、食材の組み合わせが絶妙! これから繰り出される料理に期待が膨らみます。

そしてオーダーはお目当てのこちら。シェフ ティエリー ヴォワザンが贈る 「トリュフ」メニュー(5皿) ¥31,500(サ別10%)、8つのトリュフ料理の中から好きのものを選べるトリュフコースでございます。まずはこちらから。

・黒トリュフとじゃがいも(インカのめざめ)のサラダ

いきなりすごいインパクト! 黒いのは黒トリュフの塊なのです。香りはほとんど感じられませんが、このザクザク感! こんなトリュフの使われ方は初めてです。おそらく日本一高級なポテサラでございました。

・独自のスタイルにしたウッフポシェ「日の丸」

トリュフと卵の間違いのない組みわせ。日本のシンボル、梅のソースで日の丸を演出。黒トリュフを目の前で沢山スライスしていただきまして出来上がりです。フランス産の上質な黒トリュフの香り、最高クラスの芳しさ。中央の卵黄とトリュフソースを混ぜて至福の美味しさです。梅が合うのに驚きました。

・黒トリュフを香らせた蕎麦にほうれん草と酢橘

こちらも黒トリュフをかけていただき出来上がり。上にはそば粉のチュイール、そばの実を散らして。レ セゾン製の歯ごたえのある手打ちの十割蕎麦が美味しい。太めでソースによく絡みますね。ほうれん草は強めにスパイスを効かせておりエスニック、蕎麦とトリュフとの調和が楽しいです。とても興味深い一皿でした。

そしてお待ちかねのメイン!

・ジェラール ボワイエ氏 直伝の黒トリュフのパイ包み焼き

濃厚なオーラを纏う小さなパイ包み。 黒トリュフを沢山使ったペリグーソースの香りがたまりません!

真ん中からナイフを丁寧に入れると森の宝石。その上にはフォアグラ! 

ナイフを入れた時の香りを期待したのですが、それはあまり感じられず。今までの料理で香り慣れしたのかもしれません。しかしこのトリュフの柔らかでコリコリした独特の食感が大変気持ちよく、フォアグラとソースとの相性は言わずもがな。溺れたくなるほど美味しいソースもたっぷりと追加してもらい、バゲットに付けて美味しくいただきました。

デザートも絶品でした。

・黒トリュフのフォンダンショコラ、トリュフバニラアイス

3つのお団子の中にはトロトロ、トリュフチョコ。 1つ目はカットしていただきましたが、あと2つは一口で。 口の中でトリュフチョコボムが炸裂、駆け抜け染み渡る口福感! バニラアイスも美味しい。

さらにおまけの・小菓子4種

ヌガーグラッセ、パッションフルーツのタルト、マドレーヌ、オペラ。

・トリュフチョコ、ガナッシュ2種、オレンジピールまで。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

素晴らしいサービスに美味しい黒トリュフ料理、体が黒トリュフで満たされた感じで大満足です。特に「黒トリュフのパイ包み焼き」は個人的には星の発見より嬉しい料理でした!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


LINDA FARROW FLF/717 高級感溢れるメガネが入荷

先日入荷した新ブランド「リンダ・ファロー」のメガネをご紹介いたします。

リンダ・ファローはサングラスのイメージが強いかもしれませんが、メガネも非常に素敵です。

LINDA FARROW FLF717 col.6

クラウンパントシェイプのコンビネーションフレーム。ベースはチタンで非常に軽量かつ堅牢です。

アセテートリムの上部背面に堅牢なチタンリムを添わせた特殊構造。

ボリュームのあるチタンのゴールドカラーが非常にラグジュアリー。ファッション性と機能性を兼ね備えたメガネです。

LINDA FARROW FLF717 col.8

個性的ではありますが、非常にラグジュアリーで美しいサングラスです。是非店頭にてお試し下さいませ。

リンダ・ファローについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。リンダ・ファローのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫、充実しております!


Anne et Valentin M2 ミニマリストのコンビフレーム

アンバレンタインの最新モデルが入荷しました。

Concept MINIMALIST

ピュアなラインを描くチタンと、温かみのあるアセテートを独創的に組み合わせた新感覚のコンビフレーム「ミニマリスト」。


ブラウン社で多くの名作を手がけたインダストリアルデザイナー、ディーター・ラムスの仕事からの着想で、無機質で無駄を省いたバウハウスのデザインを連想させます。メガネという小さなオブジェの本質を考えさせられるコンセプトです。

Anne et Valentin M.2 col*H33

老若男女、お顔の大きい方から小さい方まで幅広くお勧めできるパントフレーム。ほどよい固さと柔らかさを備えたオールラウンド対応メガネです。

Anne et Valentin M.2 col*H35

全て日本製です。是非店頭にてお試し下さいませ。

Anne et Valentin-アンバレンタインについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。アンバレンタインのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫本数300点以上と充実しております!


新ブランド「LINDA FARROW 」入荷!

トリプル銀座の新規取り扱いブランド「リンダ・ファロー」のメガネ、サングラスが入荷しています。

リンダ・ファローは1970年にデザイナー リンダ・ファローによりスタートしたサングラスブランドです。

彼女はサングラスを単なる遮光道具ではなく、ファッションアイテムとして考え、新しいスタイルやシェイプを次々と生み出したパイオニア。ディオール、サンローラン、バレンシアガ、ソニアリキエルなどのファッションデザイナーとも仕事をし、深いかかわりがありましたが、1983年にブランドは休止してしまいます。

20年後の2003年からは息子のサイモン・ジャブロンとパートナーのトレーシー・セディノがブランドを復活。ドリス・ヴァン・ノッテン、ジェリミー・スコット、3.1フィリップ・リム、アン・ドゥムルメステール、ザ・ロウなど多くのブランドとのコラボレーションサングラスを発表しています。

LINDA FARROW FLF626 col.5

リンダファローらしいビッグシェイプのラウンドサングラス。

リムの4分の1がオープンになった不思議なデザイン。

素材はオールチタンの日本製サングラス。非常に軽量で掛け心地も非常に良いです。

LINDA FARROW FLF626 col.6

個性的ではありますが、非常にラグジュアリーで美しいサングラスです。是非店頭にてお試し下さいませ。

リンダ・ファローについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。リンダ・ファローのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫、充実しております!