アロセリア ラ パンサ|ランチに絶品イカ墨パエリア/the 367th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」367日目、本日はスペイン料理「アロセリア ラ パンサ」にお伺いしました。代官山の人気店「アロセリア サル イ アモール」の姉妹店です。ちなみにアロセリアとはスペイン料理の中でもお米専門店。お米好きには興味深いお店です。

銀座1丁目、昭和通り沿い。トリプル銀座からはやや遠めです。。。

2017年1月にオープンしてからすぐに千円ランチを始められたのですが、メニューにあまり惹かれず。アロセリアというからには、たっぷりお米が食べたい。そんな中、最近パエリアを食べられるランチコースを開始されたようで、早速お伺いいたしました。

スペインの地図、ワインなどが飾れれた賑やかで明るい店内。

赤い花柄のテーブルクロスも可愛いです。カジュアルですが全体が落ち着いたトーンでまとめられており、上品で温か、清潔感もあり心地よい雰囲気です。

本日はお目当ての・ラ パンサ ランチコース ¥2,980をお願いいたしました。

冷製スープ・サルモレホ

ガスパチョよりも濃厚なトマトとビーツのアンダルシア地方のスープは、羊のマンチェゴチーズとイワシの塩漬けがアクセント。コクがしっかりあって非常に美味しい。期待が膨らむ1品目。

・自家製パン

嬉しいお代わり無料です。

・グリーンサラダ、モルテルエロ

空豆と焼きナスに新鮮サラダ、ウサギや豚肉をペースト状にしたモルテルエロ、さっぱりした味付けで美味です。

・ズワイガニのクレープ包み ドノスティア風

これも良い!カニの旨味は弱いものの、フワフワ食感と魚介出汁たっぷりのソースが美味しい。フワフワのパンに付けて残さずいただきました。

メインのパエリアは4種類から選択可能。本日は・イカ墨のパエリアを選択。2人前から頼めないので追加料金 +¥1,000で、2人前をいただきます。

黒々艶やかな美しい見た目で、香りも良い。お米は芯を残したアルデンテ、歯ごたえがありながらも、イカ墨でしっとり仕上げられており絶品。

具材はエビ、白身魚、パプリカなどシンプルですが、出汁がよく効いております。

基本的に後付け調味料はあまり使わないのですが、アイオリソースでいただくと卵黄の旨味とニンニクの強い香りが加わり、二度美味しい。量的にも2人前でお腹もいっぱいです。

・アロス コン レチェ

アロセリアですから最後もお米を使ったデザートです。シナモンとレモンの香りが爽やかで美味。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

メインのパエリアが美味しいのはもちろん、前菜もレベルが高く、ランチコースは非常にコスパ良好。

サービスの方々は、説明も丁寧でフレンドリー。混み合う中でも笑顔を絶やさずサービスされているのが印象的です。 ウサギと鶏肉のパエリアもかなり気になりますので、またランチコースでお伺いたしたいと想います。ちなみに「ラ パンサ=太鼓腹」の意味。気を付けなければいけません。ごちそうさまでした!

「アロセリア ラ パンサ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です