銀座の小フランス “BREIZH Cafe Creperie”さん/the fifth day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しいご飯屋さんを紹介する”銀座6丁目美食日記”。

本日はクレープです。

クレープと効くと甘いデザートを想像してしまいますが、

主食のクレープ=ガレット料理(フランスの伝統料理)を提供するお店です。。

私は初めて知りましたが、

そば粉でできた塩味のクレープを”ガレット”と呼び、

小麦粉でできた甘いのを”クレープ”と呼ぶそうです。

お伺いしたのは、コチラのお店です。

BREIZH Cafe Creperie-ブレッツカフェクレープリーさん。

フランスのブルゴーニュ地方からやってきたお店みたいです。

開放的で、温かみのある雰囲気。ガヤガヤした感じが楽しい気分にさせてくれますね

奥行きのある店内。昼間っからワイワイお喋りしながら、ワインでも飲みたくなる感じです。

落ち着きます。

ランチセットをオーダー。

“ガレットロベール”

ガレットの上に、三元豚のメイプルヴィネガー風味とグリーンサラダ。


ガレットの中には、シャンピニオン(マッシュルーム)、ポテト、オニオンコンフィ、グリュイエールチーズ。

少し甘く味付けされた豚肉と、塩味のクレープを一緒に食べた時に

お口に広がる美味しい幸福感。

素朴な味で、人生で初めて食べたのに、懐かしい感じがします。
(前世はもしかするとフランス人かもしれません。でも多分違います。)

「甘い」と「しょっぱい」反対のものなのに何故美味しい。対比効果の素晴しさですね。

そして、ガレットを食べながらシードルというリンゴの低発泡酒を飲むのがフランス流。

初めて飲みましたが、これも美味!

仕事中のため、泣く泣くノンアルコールシードルを注文いたしました。

自然体なリンゴの甘さと、ピリピリっとした炭酸の下への刺激が最高です。

“Pom”はリンゴという意味だそうです。

そしてデザートのクレープ。
ブレッツカフェクレープリー
今まで、クレープって中身が主役と思っていましたが、こちらはクレープが主役。

これが本当のクレープなんですね。

流石、クレーピエ(クレープ職人)の作るクレープです。美味しい。

クレープフルコース。ご馳走さまでした!

セットに食後のコーヒーが付くと、なお嬉しかったかも。
しかしガレット、ハマってしまいそう。

夜は奥の、バーカウンターで、しっぽり飲むのも良いかもしれませんね。
ブレッツカフェクレープリー
ワインの種類も豊富みたいです。

随所に散りばめられた可愛いフランスの小物や絵画も女子(男子も)心をくすぐります。
ブレッツカフェクレープリー

美味しいクレープを食べたくなったら是非”ブレッツカフェクレープリー”さんへ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です