銀座 和久多|春が来た、お盆の上に、春爛漫/the 353th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」353日目です。本日は和食「銀座 和久多」さんにお伺いいたしました。

場所は銀座8丁目、コリドー街の比較的新しい銀座時傳ビルの5階。

まだ新しいビルだけに店内も新鮮。カウンター5席に個室4部屋の落ち着いた空間です。1人でしたので、カウンターへ。

ランチは¥3,980からありますが、本日は・おまかせ懐石コース ¥9,800をお願いしました。

先付・アマダイ、ユリ根、ふきのとうの唐揚げ、カブラのみぞれあん

ほっと一息、優しい揚げ物、ふきのとうの苦みが良い感じ。

椀・タイ、フキ、ワラビ、クチコ

春満載、先ほどのふきのとうもですが、山菜の季節がやってきました!シャキシャキのフキが美味しく、クチコがアクセント。

造り・ヒラメ、スミイカ、サヨリ

お造りは醤油とポン酢で。ヒラメが甘みたっぷりで美味。

八寸・ノドグロ山椒焼、ハマグリ、赤貝の手まり寿司、菜の花カラシ和え、金柑、ホタルイカと春野菜和え物

良い具合に脂が乗ったノドグロ、貝も美味しい季節になりました。そしてこれから旬のホタルイカ、春ですね〜。

煮物・シラウオ、新タケノコ、新ワカメ、コノコの小鍋

食感の良い春素材、熱々のお出汁も美味です。

食事・ウニ、ホタテの炊き込みご飯、赤だし、お新香

ご飯が一番テンションアップ!

ホタテの良い食感にトロッとしたウニが最高。

バフンウニの彩りが綺麗です。ご飯の量は一合ちょっとだったようですが、お焦げも美味しく余裕で完食です。

最後はさっぱり爽やかな・デコポンゼリーで終了。

走りのそら豆が良い感じです。

京料理をベースにした優しい味付け、素材も魚介と野菜だけなのが良い。料理に強い印象は無いものの間違いのない素材の美味しさと丁寧な技術。和食の醍醐味の季節感、春爛漫な食材と盛り付けが非常に良く、気持ちも春の陽気のように明るくなりました。

楽しい気分で外に出るとミゾレが。。。気候で春を実感できるまではもう少しかかりそうですね。まだ数日冷え込む日が続きようですので、何卒ご自愛下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座 和久田」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です