上海料理 四季|清涼感漂う美味な鶏スープ麺/the 299th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、299日目です。本日は中華料理です。本場の上海料理がいただけるという「上海料理 四季 陸氏厨房」さんにお伺いしました。上海の三ツ星ホテルで総料理長を務めていた陸鳴氏がオーナーシェフのお店です。

場所は銀座7丁目、花椿通り沿い、アソルティ銀座の9階。

実は以前にも訪問したことがあります。その時はエレベーターが開いて3分ほど待っても誰もいらっしゃらなかったため、そのまま退散いたしましたが、本日は大丈夫でした。

ゴージャス感のある店内、奥にはさらにゴージャズそうな個室もございます。

¥2,980のコースもありますが、2名からということで本日は単品オーダー。

・上海焼き餃子 ¥648

「汁が入っているので一口目お気をつけください」と注意を促される餃子は黒酢でいただきます。 見た目は水餃子のようですが、日本の餃子と違い皮が分厚くモチモチ。

昔、餃子の皮を手作りしたら中華まんのような厚さになったのを思い出しましたが、当然ながら味は全く違います。 一口噛むとお尻から汁が飛び出す小龍包風。スープのしっかりとした味付けが美味しい新感覚の餃子でした。

中華麺は3種類選べるスープの中から・鶏スープ麺 ¥1,080 をお願いしました。トッピング、レギュラーの中から1つが無料で選べます。 トッピングは角煮、厚切りチャーシュー、玉子など、レギュラーは炒めものなど一品料理のようなもの色々。 レギュラーとは一体何なのか謎でしたが、お進めのレギュラー・マコモダケと高菜と細切り肉炒め(単品¥680)をお願いしました。

まずはレギュラーが到着、枝豆と高菜和え、青菜を茹でたもの付き。

麺が来るまで、レギュラーをそのままいただきます。唐辛子でマコモダケの甘みが引き立ち、食感良く自然なお味。

続いて・鶏スープ麺が到着。

具はネギのみ。なるほど。そういうことですか。非常に綺麗な黄色いスープは、透明感のあるお味で、喉越し良く清涼感のある細麺とよく合います。こちらのスープ、単に茹でた青菜を浸すだけでも大変美味しくいただけ、なかなか秀逸。このままでも十分いけますが、麺の量が多いため味変が必要です。 途中でマコモダケの炒めものを投入。濃密な味になり最後まで美味しくいただけました。

最後は口直しの・イチゴ(何故かパセリ添え)まで付いてお腹いっぱい。

お得感も有りでした。仕組みもわかったので、次回は角煮などをトッピングして豪華にいただきたい。炒飯など気になるメニューもありましたので、またお伺いいたします。四季さん、けっこう良いかも。ごちそうさまでした!

そんな訳で後日再びお伺い。土日ランチもL.O.15:30まで営業されているので助かります。

麻婆豆腐が乗ったマーボー焼きそばも気になりましたが、今回はチャーハンで。

・五目炒飯 ¥1,274

パラパラの理想的な仕上がり。 具材はネギ、卵、焼き豚、シメジ、ニンジンと本当に五目。塩気はあまり感じられない大変な薄味です。 その分、豚肉の甘みが引き立ちますね。 マイルドなお味で、個人的にはなかなか好みのチャーハンでした。

アオサのスープも同じく薄味で。体に優しく感じます。

次回はまた麺をいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「上海料理 四季 陸氏厨房」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


チウネ|豊腹(福)絶倒 from Gifu/the 289th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、289日目です。本日は昨年12月、岐阜から移転、東銀座にオープンしたレストラン「チウネ CHIUnE」さんにお伺いしました。

東銀座の片隅に。看板などは出ておりません。同東銀座にある中華料理の名店「フルタ」の古田シェフのご子息のお店です。清潔感のある店内はカウンター6席のみ。フィン・ユールのダイニングチェアが温もりも感じさせます。

調理台には美味しそうなカモ。楽しみ。

メニューは・おまかせコース ¥25,000 のみ。ドリンクは・ハーフペアリング ¥8,000でお願いしました。

・ズワイガニの茶碗蒸し
・ドン・ペリニヨン ヴィンテージ 2006

白い変わったフォルムの器の蓋を開けると素敵な彩り。カニとタマゴの甘みが幸せな調和を生み出します。

・アオリイカとビーフン
・シャトー・ド・フューザル 1998 ペサック・レオニャン(白)

ビーフンと魚介の組み合わせはフルタ家の看板料理。太白胡麻油とすだち、塩でバランス良く。熟成香が素晴らしいワインでした。

・天城黒豚のチョリソー ジャガイモのソース
・ランゲ・ドルチェット ヴィサディ 2015 ドメニコ・クレリコ(赤)

上には生マッシュルームとクレソン。独特なクセのある料理だけに、パンチのあるイタリアの赤ワインで。

・3種類のハムのコソメスープ 黒トリュフ
・コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ 2007 ヴァンサン・ジラルダン(白)

こちらのスペシャリテともいえる逸品。蓋を開けると蒸らしたトリュフの凄烈で蠱惑的な香りが全身を巡ります。岐阜「ボン・ダボン」のペルシュウ、パルマハム、金華ハムの旨味の凝縮した黄金色のスープも絶品。

・タチウオ
・ブルゴーニュ ピュリニィ・モンラッシェ 2014 ドメーヌ・ルフレーヴ(赤)

ソースはフルーツトマトに2種のナッツ、3種のハーブのミックス。タチウオの中骨を抜いて、再び上下を合わせてソテーしたもの。大きめにカットして下さいとのアドバイスに従い、口へ運びます。 これは凄い。タチウオの旨味が口の中で爆発!絶品!本日No.1の一皿でした。

そしてお次はカモ。こんな感じになってます!

・マガモ
・クロ・ド・ラ・ロッシュ・グランクリュ 2003 ドミニク・ローラン(赤)

木曽川の真鴨。ナメコのソースと肉汁、赤ワイン、シェリーのソースと絡めていただきます。崇高で艶やかな桃色。肉の色をこんなに美しいと思ったのは初めてです。本日ルックスNo.1。咀嚼した時の弾力性と滑らかさが非常に気持ち良く、上品な野趣味が素敵。

・イノシシ
・リラック ル・グルマン 2014 ドメーヌ・デュ・ジョンシエ(赤)

岐阜と滋賀の県境、揖斐川の猪。バラ肉は郡上味噌と唐辛子、ラフランスのマリネ液に2週間漬け込んだもの。 脂もとても美味しく、こんなさっぱりとしたイノシシは初めていただきました。

・蝦夷鮑のおじや
・アルバリーニョ・グラン・リバド トマダ・デ・カストロ(白)

肝が効いてますね。お代わりもいただきましたが、もっと食べたい。

・紹興酒のアイス

お酒を使っているのに、なんてフレッシュ、なんて優しい。最後まで驚きの美味しさでした。

料理終了後は美味しい・白茶で落ち着きます。量的には腹8分で丁度良い量。イノベーティブ・フュージョンとは言いますがそんな言葉も当てはまらないほどジャンルを超越した料理の数々は、様々な驚きに溢れており本当に楽しませていただきました。 またワインは普段ほとんど飲まないのですが、料理との相性も良く、どれも美味しくいただけました。

そして最も感動したのはシェフのお人柄でしょうか。上品で親しみ深い雰囲気、サービス&ユーモア精神、料理や素材へのあくなき探究心と真摯な姿勢などとんでもないポテンシャルを感じます。料理は人ですね。一体どこまで行ってしまうんでしょう。一発でファンになっちゃいました。またお伺いしてみたいものです。ごちそうさまでした!


銀座 風見|ニューウェーブ!酒粕濃厚そば/the 253th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”253日目です。本日はトリプルの裏路地に7月1日に新しくオープンしたラーメン店”銀座 風見”さんにお伺いしました。

数ヶ月前に内装は完成していたのに、なかなかオープンしなかったお店です。満足のいくスープが完成しなかったからでは?などと憶測してしまいますが、期待値はかなり高めです。とにかく開店おめでとうございます!

場所はラーメン店の”松富”さんもあるイカした路地裏のモダンビルの1階。
kaza6
高級感と清潔感溢れる店内は、潔く一直線のカウンター7席のみ。まずは券売機でチケット購入です。 ラーメンは3種類で、酒粕濃厚そば、塩そば(白)、醤油そば(黒)の3種類。

本日はお勧めの”酒粕濃厚そば” ¥980、追加で”味玉” ¥150、”きまぐれごはん” ¥300をお願いしました。入った瞬間、微かに酒粕香を感じラーメン屋らしからぬ匂いです。

まずは薬味、口直しの”生姜ピューレと大根甘酢漬け”が提供。
kaza1

“酒粕濃厚そば”は5分ほどで到着。
kaza2
見るからに粘度の高い琥珀色のスープは鶏、豚、あさり、牡蠣、酒粕入り。まずはスープからいただいてみましたが、あ〜、これは美味しい。今まで体験したことのない種類の深みを感じる和スープですね。見た目よりずっとさっぱりしています。

kaza3
麺は、北海道と三重県の小麦をブレンドして作ったこだわりの中太麺。 旨味とコシがあり、スープとの絡みも抜群。太麺苦手だと思っていたのですが、これは素敵。さらにチャーシューもハイレベル。 群馬県産豚のバラ肉と肩ロースを異なる方法で調理したものが2種類のっております。贅沢です。

途中で生姜を投入。スープが少し爽やかになります。次にカウンターに色々置いてある調味料から京都の”村山造酢の千鳥酢”を投入。
kaza5
まろやかな酸味が加わり、これもイケます!しかしこのクオリティーで千円を切るのは凄いですね。感心いたします。

今日の”きまぐれごはん”は豚角煮丼。
kaza4
ここまでくると角煮も文句なく美味しいですが、残ったスープをかけていただくと、これまた美味しい。なんと米は減農薬の山形庄内産コシヒカリと宮城産ササニシキのブレンド。 色々こだわり過ぎでしょ!

近々無化調スープを使った塩・醤油もいただかなければ。 あとメニューで見つけた”海鮮ばらちらし”、何故これが?気になりますね。期待を裏切らないお味で、久々にラーメンで興奮してしまいました。 ほとんど宣伝をしていないようなので、今は空いていますが、すぐ話題になりそうですね。 近々またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


麺処 銀笹-鯛茶も美味なラーメン店/the 246th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”246日目です。本日は、久しぶりのラーメンです。銀座といっても、ほぼ築地・汐留近くにある有名店”銀笹”さんにお伺いしました。

ginsa4
お店は1階ですが、けっこうわかりにく場所にあります。お昼時は行列が当たり前のお店ですが、土曜日の遅めの時間はけっこう狙い目。お一人だけ並んでいましたが、すぐに入店できました。

初めてなので定番の”塩ラーメン” ¥850、”鯛めし” ¥350を券売機で購入。黒っぽい内装で奥に長い店内、ラーメン店らしからぬシックで落ち着いた雰囲気です。

外や店内の色んなところに、「おすすめの食べ方」の紙が置いてあるのも親切です。
ginsa5

5分ほどで到着です。 透明感のあるスープに、鯛つみれ、炙りチャーシュー、ネギ入り。
ginsa1
まずはスープを一口。思ったより塩が効いています。細いちぢれ麺は喉越しがよく、麺を食べた時の塩加減は丁度よい。途中で薬味の乾アオサと揚げ野菜を投入!すごく味が変わった感じはしませんが、薬味自体が美味しいです。また、脂の乗ったチャーシューも、さっぱりとしたスープの中でよいアクセントとなっています。

“鯛めし”
ginsa3
そのままだとパサパサ感が気になるのですが、スープをかけて鯛茶漬けにすると見違えります。スープでお米が柔らかくなり、塩加減がこれまた丁度よく、美味。鯛の身も沢山入っていて贅沢です。

茶碗2杯分と量がけっこう多いので、半鯛めしで十分との印象です。スープ自体は塩辛くて少し苦手でしたが、それを飲ませる工夫が非常に気が利いており、深みを感じるラーメンでございました。次回は”白醤油スープ + 半鯛めし”をいただきたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。