銀座 天龍さん-名物ジャンボ餃子/the 136th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、136日目です。本日は中華です。昭和24年創業、餃子がシンボルという“銀座 天龍”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目中央通り付近、中央銀座ビルの1階でございます。
te5
立て看板には、「60年間、絶えない行列。」と書かれております。

外にメニューが出ておりますので、それで注文を決めて入ってすぐのレジで食券を購入します。初めての人は躊躇してしまいますのでお気をつけ下さい。まずは、こちら。

“炒飯” ¥990
te1
やや薄味のシンプルな炒飯です。ぱりっとしております。

“餃子” ¥1,050
te3
名物のジャンボ餃子です。普通の餃子の倍はございます。しかも8個も!

中身は豚モモ肉、白菜、長ネギと非常にシンプル。ニンニク、ニラは入っておりませんので、お口にも優しいのです。ジューシーですが、あっさりしたお味ですので、意外と食べられます。

te4
焦げ目の部分はカリカリ、それ以外は厚めの皮でもっちり。よく食べました。満腹です。ごちそうさまでした。なお餃子とライス ¥1,150のオーダーが定番のようです。

“銀座 天龍”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
te6


自家製麺 伊藤さん-にぼにぼ系/the 125th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、125日目です。本日はお久しぶりのラーメンです。有名店が銀座にオープンしたとのことで行って参りました。“自家製麺 伊藤”さんです。赤羽にあるお店の系列だそうです。

場所は銀座6丁目、東京銀座ビルの地下1階です。中央通りから東(昭和通り方面)に3つ目(現在は松坂屋の工事のため2つ目)の通り沿いです。
ito6
以前ご紹介させていただいたビストロ ヌガさんの横が入り口です。

階段を降りるとお店です。
ito5

まずは券売機で食券を購入します。まずはコチラから。

“チャーシュー丼” ¥350
ito3
サイズはミニ。鰹の粉がかかっております。こちらも脂っこくなく、あっさり。美味しいです。続いてメイン。

“肉そば中 スープ増し” ¥850
ito1
チャーシューは4枚とネギ少し。出汁は煮干しと鶏。ラーメンを滅多に食べませんので、こういったの(ニボ系というようです)は初めてです。スープ増しは+¥100ですが、スープまで飲む場合は増した方がお勧め。まずは煮干しの力強い香りが大挙した鼻に飛び込んできます。食べ始め、塩気が気になったのですが、食べ進めるうちにそれもなくなります。美味しいです。

ito2
麺は固めの中太な感じで、全く食感と歯切れが良い。クセのある癖になるスープとの相性も抜群です。チャーシューも柔らかく美味。個性的な麺とスープだけでも十分いけそうです。化学調味料を一切使用していないのも素敵です。ごちそうさまでした。

テーブルとカウンター少々の小さいお店です。居抜き感あり。
ito4

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


交通飯店さん-炒飯代表/the 124th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、124日目です。本日は中華です。炒飯がとても好きなのですが、銀座にはなかなかリーズナブルで美味しい炒飯を食べさせてくれるお店がございません。そんな中、噂を聞きつけて行って参りました。

場所は有楽町駅の目の前、東京交通会館。
ko1
昭和の雰囲気を残すレトロな建物です。

地下1階、けっこう面積のある交通会館。有楽町駅とは反対側の端にございます。
ko8
手書きのイラスト、積まれたダンボール、ビールケースがなかなか壮観です。

“炒飯” ¥730
ko3
まずは威勢のいいボリュームが素敵。具は卵、ハム、ネギのみ。シンプルで潔し。そしてお味も基本の炒飯のそれ。ご飯は適度にパラパラしており、ラードと塩、そして少量の味の素の加減もよいようです。これぞ日本の炒飯。なかなかないのです。炒飯に高級食材は求めておりません。美味しいです。

“スープ”
ko4
醤油ベースのスープは、あっさり系。軽くネギが入っております。

“餃子” ¥430
ko7
こちらの餃子はニンニク不使用。ランチでも安心です。熱々なためすぐには食べられません。美しい焦げ目からもわかるように、上手な焼き方。皮もモチモチしております。ニンニク無しですが、食べ応えのある餃子でございます。仕事帰りのちょっと飲みにも活躍しそうなお店です。ごちそうさまでした。

丸椅子のカウンターにテーブル席少々。カウンターの席数に対して割り箸の量が多いのもポイントです。
ko5
ヤンキースのイチロー選手もたびたび訪れているということで、サイン(写真付き)も見受けられます。皆に愛される大衆的な中華料理店、よいです。

場所はコチラです。

交通会館3階の屋上庭園も密かな寛ぎスポットです。今時の新幹線は静かですね。
P1180074P1180066
お立ち寄りの際は是非トリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


黒猫夜さん-驚きのある中華料理です/the 119th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、119日目です。六本木、赤坂にもある人気中華料理店が2013年11月に銀座にもオープンいたしました。本日は、“黒猫夜-くろねこよる”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、第2新橋会館の8階です。中央通りの1本西側の道沿いでございます。
kuro1 
丸い窓が目印です。

ランチは890円で2種類、週代わりです。本日は“紅焼肉砂鍋飯(豚の角煮土鍋ご飯)”をオーダーいたしました。

“豚の角煮土鍋ご飯”
kuro3kuro4
レンコンのサラダと卵スープ付き。鍋はジュージューしており熱々で提供されます。鍋の底に、おこげができているのを、お玉でかき混ぜていただきます。

角煮は柔らかく、優しい香辛料の香りで食が進みます。ご飯はタイ米を使用いるのがよく、さっぱりと食べられます。野菜のバランスもよく美味しいです。これは他の料理も食べていたい。

ということで後日、夜お伺いしてみました。

“前菜盛り合わせ” ¥2,000
kuro10
酔っぱらい蝦、あん肝五番煮、子持ちコブ腐乳天ぷら、ナマコ酸辣、サバのチャイナスモーク、春菊と豆腐の和え物、紅芯大根の甘酢漬け、枝豆。どれも手間がかかっていそうな料理たち。これはお得な気がします。どれも個性があり好感触です。揚げたての子持ち昆布の天ぷらがプリッとして美味です。

“清炒水蓮菜-水蓮菜の塩炒め” ¥980
kuro9
初めて出会うお野菜です。ものすごいシャキシャキ感で、美味しいです。そのものの味はあまり無さそうですが、塩加減も丁度で良い味付けです。ちなみに別名は、台湾金銀蓮花(ガガブタ)というそうです。

“潮州山羊火鍋-ヤギ鍋” ¥2,100
kuro13
香辛料で上手にヤギ特有の臭いを消してあります。骨付きのヤギ肉が沢山入っております。部分によって固かったり柔らかかったりしますが、それはそれでよい。ヤギの旨味が溶けこんだスパイシーな味噌ベースのタレがまた美味しいです。

“陳村煎腸粉-陳さん村の中国クレープ餃子” ¥980
kuro14
クレープということで可愛いものを想像しておりましたが、予想外の外見に驚きです。もっさりしております。さらにこうなります。

ヘラで、こてんぱんに撹拌いたします。すでに餃子の面影は全くございません。
kuro15
もんじゃ焼きのように、小さいヘラでいただきます。皮には米粉が使われており、もちもちでございます。トマト、ネギ、ひき肉などが入っております。お酒が進んでしまう味付けで、とても美味しいのです。どの料理も香辛料の塩梅が絶妙。

“薬膳茶”
kuro12
サービスの薬膳茶がとても嬉しいです。具も食べた方が体によいとのこと。体も温まってくる気がします。

カウンターとテーブル席、個室もいくつかございます。
kuro16
驚きのあるメニューが多く、スタッフの方は知識豊富でサービスも良いです。紹興酒が豊富で、飲み比べができるのも素敵です。初めていただく食材も多く、驚きを味わえるお店です。ごちそうさまでした。

“黒猫夜-クロネコヨル”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
kuro2