ドミニク ブシェさん-ソースの余韻に浸るニューフレンチ/the 94th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、94日目です。本日もフレンチです。”ドミニク・ブシェ-DOMINIQUE BOUCHET”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、中央通りの1つ東側の通り、清月堂ビル地下1階はカフェ、2階がレストランです。
 シックな黒いビル

ランチはMenu a votre choix ¥8,500 、Menu du marche ¥5,500 の2種類。本日は¥8,500(サ10%別)のコースをオーダーいたしました。。

アミューズ “鴨のテリーヌ”
鴨のテリーヌにレタス
何とも清々しいお料理。

前菜 “ホタテ貝のムースリーヌ オマール海老のビスク”
カブが2つ

見た目にも愛らしいコチラは、カブの中にホタテ貝のムース。
カブの中のホタテムース
前菜の印象通りホタテは清潔感のあるお味。そしてやや濃厚なオマール海老のソースが絶品。ホタテとエビ、海の物同士、合性は抜群です。

魚料理 “パリっと揚げたエビ バジル風味”
黒い器の海老フライ
シースルーの衣が美しい。下にはカリフラワーのソース。パリパリとした衣とプリプリの海老の食感のコントラストが美味しいです。

肉料理 “松阪牛テールの赤ワイン煮込み「ミレニアムカップ」”
松阪牛テールの赤ワイン煮込み
料理名は、2000年に料理の鉄人に出演して受賞したミレニアムカップより。見た目とは裏腹に、決して濃い味ではない奥深いソース。当然ですが、お肉は唸るほど柔らかいです。

じゃがいものピューレと温野菜
こちらのソースに、バターたっぷりのジャガイモのピューレを混ぜながら頂きます。入れるたびに、お味は円く優しく、そして重厚になります。このソースで温野菜もご馳走に変わります。美味しいです。

デザート “フランボワーズのスフレ”
スフレの上にフランボワーズ
熱々でフワフワ。口の中でとろけます。けっこう甘い。

最後は美味しいコーヒーと”パリジャンの小菓子”で。
コーヒーと小菓子
とても上品で温かい何かに包み込まれるような優しいお料理、そして余韻が残るソースがとても素敵でした。ごちそうさまでした!

白い落ち着いた店内。接客もとても上品ですが、真面目すぎないのが良いです。
ダンサーの絵のある白い店内

2013年9月オープンの新しいお店です。フランス料理好きは是非。“ドミニク・ブシェ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。


レストラン イシダさん-価値あるカジュアルフレンチ/the 93th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、93日目です。本日は久しぶりのフレンチです。”レストラン イシダ-RESTAURANT ISHIDA”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、西五番通り沿い(外堀通りと中央通りの真ん中くらい)、銀座ビルディング地下1階です。
ishi16
帽子屋の”CA4LA-カシラ”さんが1階です。

ランチはA ¥2,100 B ¥3,150 C ¥5,250の3種類。本日はB Menu をオーダーいたしました。

前菜 “ホタテ貝、白身魚、野菜のテリーヌ”(6種類から選択可能)
ishi2

野菜は千葉、青森、山形県産の有機野菜です。新鮮です。テリーヌは食感、味ともに柔らか。インゲンなどの野菜もたっぷり。新鮮な野菜はそれだけで美味しいです。

レーズン、クルミ、アプリコットのライ麦パン
ishi6
パンが美味しいです!お店で焼いております。本日は、バターロール、香草パンなど5種類が供されましたが、こちらのライ麦パンが特に好みでした。カリカリ感といい具の配分といい最高でした。

オリジナルバター(+¥320)、オリーブオイル
ishi4
バター、マーガリン、岩塩を独自ブレンドしているそう。滑らかでクセがなくパンとの合性も抜群です。バターが美味しかったので、オリーブオイルは使用せず。

スープ “白カボチャとニンジンのポタージュ”
ishi5
シナモンと大根の葉が浮かびます。ちょど良い温度、ちょうど良い素材感。寒い季節に嬉しい優しいポタージュです。

魚料理 “真鯛のポワレ”
ishi7
付け合わせは、甘長とうがらしのフリットとフェンネル、大根、白ワインと青海苔のソースでいただきます。この素材を良い感じで引き立てるソースが印象的。

肉料理 “津軽鶏のロースト”
ishi9
下にはジャガイモのピューレ。料理全体的にアッサリした日本的フレンチなお味。地鶏はフカフカ。ナチュラルな甘みと香りで美味しいです。

デザート “洋梨タルト、パンプリン、ヨーグルトシャーベット、ガトーショコラ”
ishi10
カキとキウイもおります。全て小さめで少しずつ。色々楽しめて、このくらいが丁度です。

最後は美味しいコーヒーで。ごちそうさまでした!
ishi11

ゆったりとして落ち着いた店内。スタッフの方々も気さくで良いです。
ishi12

カジュアルかつ、リーズナブルな価格でコースで食べられるフレンチ、銀座は少ないので貴重ですね。“レストラン イシダ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


エスキスさん-ファンタスティック・フレンチ/the 49th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、49日目です。

本日はフレンチ、”ESqUISSEエスキス”さんにお伺いいたしました。

以前訪れた”佐賀牛レストラン 季楽”さんの入っているビル、ロイヤルクリスタル銀座9階です。

その時の模様はコチラをご覧下さい。

ランチコースは3種類、真ん中の14,400円のコースをオーダーしました。

全てのコースにグラスシャンパンとミネラルウォーター付き。

ファンタスティックな全10品。それでは、どうぞ。

“才巻海老(車海老)のフライ”

外にかかっているのはカダイフ(小麦粉でできた細麺状の生地)。

最初から絶品です!期待大。

“北海道産ウニのサラダ”

下にはトマトのジュレが敷いてあります。

口の中でとろけるウニは鮮度抜群。清涼感溢れるお料理。

“フォアグラのテリーヌ”

手前の赤いのは赤カブ、黄色いのはマンゴー、ハイビスカスのジュレ(中にイチジク)。

このフォアグラがまた凄い。

通常テリーヌは作る過程でお酒を使用するのですが、こちらは使用せず。

こんな、爽やかなフォアグラは初めて。同時に提供されるラスクに付けて食べると最高。

“バゲット”

しつこさ全く無しのフロマージュブランが美味。

貝の料理 “赤貝、ほっき、あさり”

スナックエンドウなどが入っています。

さっぱりといっても主張のあるフォアグラの後に嬉しいあっさり感。

魚料理 “甘鯛のポワレ”

付け合わせは空豆に杏、ほうれん草、アーティチョーク。

黄色いのはナスのソースです。

見た目にも、美しいモダンアートのような一皿。

キノコ料理 “椎茸、舞茸、マッシュルーム”

青リンゴ、ピンクブレープフルーツ、散らしてあるのは黒トリュフです。

鴨の出汁のコンソメが絶品。あと引く美味しいさ。

もっと食べたい。

肉料理 “鳩胸肉とモモ肉のロースト”

添えてあるのは麦のリゾット、ビーツなど。

モモ肉はけっこうレアな焼き加減。しかし、臭みも無く、非常に口溶け滑らか。

唸る美味しさです。

プレデセール “ミルクプリン”

あんずのコンポート、サクランボのソース。

自分で砂糖をかけて甘さを調節します。上品過ぎます。

デセール

ワインのソースとトリュフなどが添えてあります。

まず、見た目の驚きはが凄い。黄金色の飴細工の中には・・・

“アルマニャックのシャーベットとトリュフのムース”

高貴なブランデーとトリュフの香り。バニラの甘さにスパイシーな胡椒。

素晴しいアンサンブルの感動的なデザートでした。

最後はコーヒーと小菓子で。

同じ小菓子が、お土産として頂けます。

品数は多いですが軽い。お腹が苦しい感じは無し。

本当に高尚な創作フレンチでした。ごちそうさまでした!

9階なので、太陽の光を気持ちよく感じられます。

明るくて、とても良いです。

“エスキス”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


ダイナミック・フレンチ “ル・ジャルダン・デ・サヴール”さん/the 47th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、47日目です。

本日は久々にフレンチです。

東銀座6丁目にある”La jardin des saveurs-ル・ジャルダン・デ・サヴール”さんにお伺いしました。

親しみやすいエントランスです。

ランチコースは2種類のみ。今回は”3皿のコース”¥4,500をオーダーしました。

アミューズ “ハマグリとキャベツの冷製仕込み”

見た目のハマグリ感は全くないですが、その旨味はしっかり感じられます。

美味しいですね。

前菜 “ミシェル・ブラスのスペシャル 20数種類の温野菜のガルグイユ” +¥1,500

フランスを代表する料理人ミシェル・ブラス氏のスペシャリテ、ガルグイユ。

元はフランスの郷土料理のようです。

全ての野菜が、絶妙な具合、そして素晴しい調和。見た目以上に手の込んだ活力の湧く料理です。

バターベースのソースがまた絶品!

魚料理 “ヒゲダラのポワレ ふきのとうのピューレ アーティチョークと小松菜添え”

ヒゲダラ初めて食べました。とても珍しい魚で、タラの仲間ではないそうです。

外はカリカリ、中はふっくらな素敵な蒸し焼き加減。

ヒゲダラの甘味が、ふきのとうのピューレでより引き立つ感じ。美味しいです。

肉料理 “フランス産鶏モモ肉のコンフィ そのジューと白菜添え”

こちらも魚料理同様、絶妙です。

外はカリカリ、中は旨味凝縮の芳潤な味わいです。

ボリュームもあり、かなりの満足(腹)感。

デザート “黒ごまのブランマンジェ”

こちらも、かなり濃厚なデザートたち。

でも、美味しいので瞬食です。

“コーヒー”

最後はコーヒーでホッと一息。

フレンチ感満点の美味しいお料理でした。ごちそうさまでした!

地下1階はカウンター8席、テーブル席2席のオープンキッチン。

シェフの動きが間近に見られて、かなりの臨場感です。

“La jardin des saveurs-ル・ジャルダン・デ・サヴール”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。