銀座 樹蔭|洋のニュアンスが楽しい良和食店/the 349th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」349日目、本日は和食です。銀座5丁目、昭和通りの新築ビル「GINZA12」の地下1階にオープンした和食店「銀座 樹蔭-こかげ」さんにランチ訪問いたしました。

1階もお店が入っておらず、まだ未完成のようですが、何店舗かの飲食店が営業スタートしています。看板の中に東北沢のミシュラン1つ星の和食店「与志福」さんの名前を発見!オープンが非常に楽しみです。

店内はカウンター席にテーブル数卓、個室1部屋。新しいお店らしく清々しい雰囲気です。 ランチは¥1,580からありますが、本日はコース仕立ての・松風 ¥3,300(w/o tax, 女性限定割引¥2,800)をお願いしました。

先付・ユリ根のムース、ズワイガニ

北海道産の月光という希少なユリ根のムース、ユリ根は大好物、ほんおり甘くて美味。 オリーブオイルが使われているのも面白い。この後に期待が膨らむ前菜です。

八寸・ワカサギ南蛮漬、カボチャ甘酢和え、蒸し鴨、フォアグラのキャラメリゼ、金柑の蜜煮

なかなか豪華で見た目も素敵な八寸。 低温調理の鴨は大変柔らか、優しい甘さに包まれた幸せな金柑、色んな味の混じった表現し難い美味しさです。

造り・本マス、タコ、マダイ昆布〆

こちらも綺麗な盛り付け。本マスは脂ノリノリ、タコは低温調理、お造りも鰹出汁やオリーブオイルなどを絡ませており、ちょっと楽しい。

メインは肉か魚か、今の所は選べるわけではなく、日替わりでどちらかになるそうです。

今日はお肉料理で・蝦夷鹿シチュー、当たりです!

お肉は柔らかトロトロ、クセは全く無し。コクがしっかりあって美味しいシチューでした。

食事・ユリ根の炊き込みご飯、生ユリ根の梅肉乗せ、ウドの味噌汁、ぬか漬け

先付けで使われていたユリ根は生食可能、シャキシャキでした。

甘味・ドライイチジクと抹茶のチョコレート

デザートも良い。イチジクはブランデーに1日漬け込んであるそうで、大人なお味。

品数も多く、お腹もいっぱい、この内容にして値段もリーズナブルで大変満足! 着物姿のサービス陣もとても雰囲気がよく、新しいお店では久々の好感触でした。 暖簾には上原浩氏の名文句「酒は純米、燗ならなお良し」、日本酒にも力を入れているそうなので夜の料理とお酒も興味津々。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


有薫酒蔵、紡庵|リーズナブルに美味しい定食/the 343th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」343日目です。本日はランチにリーズナブルで美味しい定食をいただける2店をご紹介いたします。

まずは以前から気になっていた銀座2丁目、外堀通り沿いの九州郷土料理がいただける居酒屋「有薫酒蔵 銀座店」さん。

階段を降りると、女性が椅子に腰掛けており少し吃驚。前払いなんですね。本日はお目当ての木・金限定・だご汁定食 ¥900 をお願いしました。 店員さん手動の自動ドアをくぐると、ひなびた良い雰囲気の店内。椅子と机が小さい。 当時の日本はこれくらいのサイズが普通だったんでしょうか。

カウンターも2人がけのテーブルもないようなので、入り口付近の4人がけテーブルに着席。お店の奥では女性スタッフさんが世間話に花を咲かせていますが、そんな緩い感じがお店の温かみとなっているようです。

10分ほどで到着。

この価格にしては豪華な定食です。 内容はおにぎり2個、だご汁、ひじき煮物、カボチャ煮物、白身魚南蛮漬け、卵焼き、お新香、ヨーグルト、そして何故か日本酒とほっこりする内容。


だご汁=だんご汁で丸い餅が入っていると思ったら平らなワンタン状の歯ごたえたっぷりのお餅。 優しい味噌味で、具材は大きいサツマイモ、人参、サツマイモ、つみれなど具沢山でした。 最後は蜂蜜でハートマークが描かれ、美味しさアップのヨーグルトをいただきました。

お味はオーソドックスなものの、盛り沢山な内容と、なにより感じ良いスタッフさんたち、お店の雰囲気で全てOK。素敵なお店でございました。 またお伺いいたします。ごちそうまでした!

続いて中央通り沿い、銀座1丁目のキラリトギンザの裏のビルにオープンした和食店「銀座 紡庵」さん、密かに話題な限定10食千円ぽっきりお魚ランチをいただきにお伺いしました。

開店直後の11時半にお伺いしましたが、すでに予約のお客様などでそこそこの賑わい。人気ですね。1人ですので綺麗で広いカウンター席に落ち着きます。 ランチメニューは・紡庵北陸御膳か・ステーキとローストビーフのお重、どちらも限定10食です。 本日はお目当ての・紡庵北陸御膳 ¥1,000をお願いしました。

10分ほどで到着。

煮魚、西京焼きは共にブリ、刺身はカツオ、ブリ(ハマチ?)、ウマズラハギ、天ぷらはイカ、ツブ貝(多分‥‥)、サツマイモ、他ほうれん草のお浸し、サラダ、ご飯、赤だし、お新香、みかんの全10品。 どれも少量でブリかぶりではありましたが、薄味で上品な仕上がり。

ご飯も美味しいです。

多皿なのでお腹もいっぱいになりました。落ち着いた高級感のあるお店の雰囲気と相俟って満足感のあるランチでございました。 料理人さんは寡黙なものの、ホールスタッフの方々は皆さま明るく丁寧で良い感じです。

人気の魚ランチは、12時前に入店するか、予約した方が間違いなさそうですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


伽藍バー|癒しの洞窟、ランチ始めました/the 330th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」330日目です。トリプル銀座の7件隣にあるビル、地下2階の「伽藍バー」さんがランチを始められたので早速お伺いいたしました。
プロ野球選手の上原浩治さんが目印、曽根ビルの地下2階です。

店内はこのような感じです。

オーセンティックなバーとは違い、木を沢山使った温かい雰囲気。テーブル席も多数あり、ランチタイムは特にゆっくり寛げます。現在のランチメニューはカレー、ハヤシライス、タコライス、フォーの4種でどれも千円ぽっきり。すでに3種類いただいております。

全てにサラダ、スープ付き。

そしてメインの前に・ランチビール! ¥300

最近ランチビールを提供するお店が少ないように思うので有難いですね。太陽の光が届かない地下2階、お店の雰囲気がとても良いので昼間っからのビールの飲みすぎ注意です。続いてメイン。

・伽藍カレー(スパイシーなチキンカレー) ¥1,000

夜の人気メニューでもあるカレーライス。サラサラで辛さは控えめ、程よくスパイシー。素材にこだわりのあるマスターだけに体も喜ぶ自然なお味です。

続いて・ハヤシライス ¥1,000

こちらはなんと銀座のシャトーブリアン専門店「びふてき松江」さんの牛すじ使用!赤ワインで牛すじを煮込んださっぱりサラサラ系、キノコなどもたっぷり入った体に優しいお味です。そして、お米はマスター自ら育てて収穫したという無農薬の新米!そのこだわり、というか考え方が素晴らしく思います。

さらに続いて・タコライス ¥1,000

温玉 ¥100をトッピング、さらにライスを・高野豆腐ライスに変更。高野豆腐ライスとは何?と思っていたら高野豆腐を絞って砕いたもの。糖質は少なめですが、カロリーはちゃんとあるため腹持ちよくヘルシー。トマトとレタスとチーズのシンプルなタコライス、サラダ感覚で美味しいです。

最後は豆を挽いてから入れてくれる・コーヒー ¥250で。

豆がアップグレードされるなど、だんだん美味しくなっています!

まだランチは練習中とマスターがおっしゃる通りゆるゆる営業しているようです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「伽藍バー」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

また夜の雰囲気は、当ブログ241日目をご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

マスター兼ヴォーカルの相馬さん、誰に対してもプレーンでホスピタリティ溢れるご対応をされる素敵な方です。


ナイトクラス オブ バナナジュース|四六時中バナナ/the 325th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」325日目です。本日はバナナジュースです。銀座3丁目、東銀座にあるバナナジュース専門店、その名も「バナナジュース」さん。

お昼ごろからバナナが無くなるまで(大体3時ごろ終了)の営業で、絶えず行列ができている人気店(写真は開店前です)。完熟バナナのみ使用するため、バナナが完熟していない日は休業になるというこだわり振りです。

ベースの牛乳を豆乳に変えられたり、チョコやきな粉をトッピングしたりアレンジ多数。健康的で美味しいのはもちろん、色々な味があるので何度も通ってしまうのも納得です。

今日いただいたのは・大葉バナナジュース ¥260

子供の時に好きだったマックシェイクを思い出すトロリ感。ジュースが冷えているのは冷凍バナナを使っているからだとか。バナナのまったりとした自然な甘みが心地よいです。 大葉が入っていることによる変なクセはなく、良いアクセントに。美味!

当店からはちょっと距離のある「バナナジュース」ですが、なんとすぐ近くに夜間部こと「ナイトクラス オブ バナナジュース」がオープンしました!

場所は銀座6丁目、泰明通り沿い、泰明ビル本館の地下1階。

お店はおおよそ21時頃からゆる〜く営業しています。

恐る恐る階段を降りてみると明るいグリーンのポップな看板と「B110」号室のドアー。店内もオレンジがアクセントとなっており明るくお洒落な雰囲気。

右側にバーカウンター、左側にはベンチ、奥にはパントンのハートコーンチェアが置かれています。 BGMはデヴィッド・ボウイ。バナナとデヴィッド・ボウイの織りなすユニークな世界です。

本日は定番の・バナナミルク ¥800をオーダー。

バナナリキュールとミルクのシンプルカクテル。お酒っぽい感じはなく、ジュースのようです。 夜ご飯を食べた後だっとので、デザートカクテルっぽくて美味しいです。

その他色々なバナナカクテルも用意されており、興味深いですね。 ちなみにバナナジュースも飲めますが、夜間は東銀座よりお値段がお高めの¥500となっています。 チャージ料金はかならないので、食後にサクッと一杯飲むのにも良さそうです。

そしてロックなマスターから新情報をゲット。 なんと9月は水曜日の昼に東銀座と同じバナナジュースを提供されるとのこと。東銀座はちょっと遠いので、これは有難い!

早速、お伺いして本日は・チョコバナナ ¥260をオーダー。

初日(13日でした)ですので空いており、すぐに出来上がり。 完熟バナナの甘さにチョコの甘みが加わり美味しいデザートのよう。 腹持ちも良いので間食にも最適です。 こちらは椅子もあるので、店内でゆっくり美味しいバナナジュースを味わえるのも良いですね。

調子が良ければ東・西銀座、両方でバナナジュースを提供することになると思われるので、通わなければ!営業しているかどうかはビル入口のバナナを目印に。

また今週9月20日にお伺いいたします。ごちそうさまでした!

詳しい情報は「バナナジュース」さんのTwitterをチェックです。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。