梅林、にし邑、チョウシ屋、セントル ザ・ベーカリーetc|銀座でカツサンド巡り/the 361th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」361日目、本日はカツサンドです。歌舞伎座、新橋演舞場、観世能楽堂、東京宝塚劇場など劇場も多い銀座日比谷エリアは美味しいテイクアウト用のカツサンドを提供しているお店も多いです。本日は美味しいカツサンドを提供している5店をご紹介いたします。

まず1店目は昭和2年創業、銀座で最も有名なとんかつ店「梅林」の・ヒレカツサンド(小) ¥860。通しで営業されており、いつでも購入できるので大変便利です。注文して10分ほどで出来上がり。

パッケージは銀座らしく江戸紫色、イメージキャラクターの珍豚美人(ちんとんしゃん)が可愛いです。

外から触れると出来たてで温かいのが嬉しいですね。

中はカツサンドが4切れ。

厚みはありませんがその分柔らかで、しっとり柔らかな食パンにベストマッチ。 時間が経って、パンに優しいお味のソースが沁みた部分が幸せ気分です。とんかつの伝統を感じるカツサンドは歌舞伎の幕間にぴったりです。ごちそうさまでした!

2店目は東銀座、行列必須の有名とんかつ店「にし邑」の・ヒレかつサンド(からし付) ¥800、こちらは数日前に予約が必要です。

ブタのコックに踊るブタ、昭和レトロなパッケージが可愛い。

ご主人と女将さん、スタッフの方々をイメージしたものかと想像すると、それだけで気分が少しほっこり。

中は迫力満点。中央はほんのり赤く、分厚いヒレカツが3切れ。見るからに美味しそうです! 

味が濃すぎないソースが染み込んだキャベツと食パン、何よりも甘味のあるカツが美味しい。ボリュームも丁度良く、上質な油を使用しているせいか後味もすっきりです。ごちそうさまでした!

3店目も東銀座、歌舞伎座の並びにあるトンカツ店「イマカツ」。通常の豚カツサンドもありますが、イマカツといえばやはりささみカツでしょう。

名物ささみカツサンド ¥1,200

こちらのカツサンドにはポテトチップスが入っているのも特徴です。濃いめのソースにササミの淡白さと、しっとりとした質感が調和しています。どのカツサンドもそうですが、出来たてはもちろん、冷えても美味しいよう計算されています。ごちそうさまでした!

4店目も東銀座、1927年創業の老舗惣菜店「チョウシ屋」さん、東銀座の超有名店、店構えもレトロで素敵です。サンドイッチのパンは食パンかコッペパンか選択可能。 本日は・豚カツ + 食パン ¥380をお願いしました。 銀座において何と良心的な価格!

牛と豚の絵が描いてある青いレトロな包み紙。

カツサンドは一枚のカツを切って二段重ねにしてあり見た目もボリューム満点。

手作り感のあるカツに、ピュアなソースが最高に合います。そしてソースが染み込んだ食パンが美味しい! 銀座に高級店は数あれど、ここはオンリーワン。誰にも真似できない素敵なお店です。15時頃には完売しておりますので、お伺いは早い時間に。ごちそうさまでした!

最後の5店目はスペシャルなカツサンド。美味しい食パン目当てに行列ができる「セントル ザ・ベーカリー」のカツサンドです。こちらはテイクアウト不可、併設のカフェでいただけます。

10食限定・フィレカツサンド ¥2,500(w/o tax)

パンは北米産小麦のプルマン、宮崎県産霧島豚のカツサンド、お肉が特厚で見るからにジューシー! 綺麗に焼かれたトーストは食べなくてもわかる確信的な美味しさで、カツサンド好きのテンション上がるビジュアル。これは贅沢。


一口に頬張ると、カリッとしたトーストと柔らかなヒレカツの食感のコントラストが素敵。 そして肉の旨みにパンとソースの種類の異なる甘みが絡み、後から遅れてくる仄かな辛子が効いております。絶品!美味しいパンがあってこそ成立するフィレカツサンド、高価ではありますが、その価値は十分感じられ大満足。ごちそうさまでした!

その他、以前当ブログでもご紹介した「新世界グリル 梵」のへれかつサンドも忘れてはいけません。またバーが非常に多い銀座、夜食用にカツサンドを提供しているバーも多いので探してみるのも楽しいかもしれません。銀座の楽しく美味しいカツサンド巡りでした。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


GINZA JOTAKI|感動を呼ぶ至高の情熱中華/the 360th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」360日目、本日は中華です。数年前から岐阜県から「フルタ」「チウネ」、滋賀県から「銀座しのはら」、兵庫県から「銀座 盡」など地方の人気店が銀座に移転されるケースが増えており、どのお店も予約が取りにくい人気店となっていますが、今回は佐賀から!

2018年2月15日オープン、福岡・佐賀版ミシュランで1つ星を獲得した上瀧シェフの中華料理店「GINZA JOTAKI ギンザジョウタキ」さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、外堀通り沿い美術館ビルの3階。

2階は以前ブログにてご紹介いただいた中華料理店「新広東菜 嘉禅」です。

昼夜共に同じメニューで¥30,000から。本日は一番リーズナブルなコース・寿宴 ¥30,000(サ別10%)を事前に予約してランチにお伺いいたしました。

落ち着いた照明のシックな店内は直線のカウンター10席のみ。

調理器具もほとんど置かれておらず、鮨店のように美しく洗練された印象です。奥に長方形の鏡が見えますが、面白い仕掛けになっていました。上瀧シェフの挨拶がありこちらからスタート。

・フランス産キャビアの冷静チャイナパスタ クリーム仕立て

いきなり意表をつかれる洋風ビジュアルですが、いただいてみるとしっかり中華料理。 生クリームとミックスされた上湯が力強く素晴らしい味わい。湧き上がるワクワク。

・気仙沼産勝鮫の頂湯蒸しスープ もやし、金華ハム添え

こちらも絶品。気仙沼のフカヒレは以前にもいただいたことがあるのですが、これ、本当美味しい。

・気仙沼産吉切鮫の最上級フカヒレ姿煮込み 干し鮑と共に

フカヒレ連発!先ほどとは種類の違うもので、激烈に美味しい! シルキーな食感に加え、旨味も凄い。感動の一皿でした。

・78℃で4時間真空調理した天然黒鮑 風味豊かな肝バター

シェフが考案したという絶妙な黄金温度で調理された鮑は、柔らかさと旨味のバランスが素敵。

・天然伊勢海老の蒸し物 香港スタイル

先ほどまで生きていた伊勢海老。新鮮でプリップリです。 これはネギとニンジンのソースだったか、素材も美味しいのですが、先ほどからソースが絶品!

・天然アコウアラの中国式お造りと四川スパイス揚げ

オレンジの水玉模様が可愛い高級魚のキジハタ(サイズも大きい!)も目の前で調理。 刺身は2日間熟成で旨みたっぷり。

先ほど捌いたものは自家製ラー油を使った揚げ物に。

四川風のシャープな辛味の中で魚の甘味が際立ちます。スペシャリテというだけあり絶品!

・中国料理の技法を使って再構築した松坂牛のロッシーニ

メインはフレンチと組み合わせたユニークな一皿。 さっぱりとした柔らかいイチボを使い、時代が証明する完璧なコンビネーション。付け合わせの黄身、マッシュポテトも効いています。


豆板醤などを使った寛容なコク深ソースの包容力も素晴らく、しっかり中華料理として仕上げています。

・天然伊勢海老と鹿児島産朝掘りタケノコの中国伝統おこげ 野山椒の旨味餡

これがまた凄かった! 今まで食べてきた「おこげ」はいったい何だったんでしょうか。。。 本来は大変な手間のかかる料理だそうです。とにかく美味し過ぎ。

・本場四川式 陳麻婆豆腐、スープ付き

ベーシックに仕上げて麻婆豆腐は豆豉、行者ニンニクなどの季節の香味野菜を使い、食感良く、そして香り良く仕上げています。

ご飯は佐賀県産さがびより。

ご飯も美味しく、お米が美味しい日本ならではの美味。ご飯はお代わりできるのも嬉しいですね。

・紅白燕の巣のシロップ煮、杏仁豆腐、ジャスミン茶のクレームブリュレ

見た目シンプルな杏仁豆腐にしても味は最高レベル。

燕の巣はココナツスープを掛けて仕上げ。

超絶的に希少な赤燕の巣を加えて。昇天。

・小菓子

カシューナッツのシュー、チョコ、メレンゲ、紹興酒のトリュフチョコ。 最後は美味しい・鉄観音茶をいただきゆっくりとさせていただきました。

まさに怒涛の旨みが押し寄せる料理の数々に幸せいっぱい。素材とクオリティーを考えるとコスパが良く思えるほど。モダンな皿もありますが、ベースは一貫した伝統的な中華料理の確かな技術。使用する素材は日本の天然物、ほぼ自家製の調味料、それに各地方の中華料理の素晴らしい技術がプラスされた旨みの力強さ、奥深さが感動を生みだします。

この料理はきっと中国人シェフには作れない。日本人シェフが作り出す最高レベルの中華料理という印象です。そして素晴らしいのが後味、食後感の良さ。沢山食べましたが、体への負担は全くないのが驚愕。お茶をいただくころには口に残る辛さも完全に消えていました。凄過ぎる。

ちなみにオーナーの上瀧シェフはぱっと見全然シェフっぽくなく(失礼!)、非常に柔和で落ち着いた雰囲気、まだ30代というから驚きです。

しかし一旦中華鍋を持つと不動明王のよう気迫溢れる表情に一変。

背中には焔が見えるようで、思わずギャップ萌え。銀座に来ていただいて本当にありがとうございます!

サービスもサポートのシェフも佐賀からいらっしゃったそうで、コンビネーションも抜群でした。 またお伺いたします。ごちそうさまでした!

「GINZA JOTAKI」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


東家|銀座に在り銀座に非ず、極上の癒し空間/the 359th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」359日目、本日は和食です。昼夜共に一組限定という和食店「東家 あずまや」さんにお伺いいたしました。ミシュランガイド2018、一つ星のお店です。

場所は銀座3丁目、松屋通り沿いの雑居ビル7階。

地下1階は名前を聞くと二度と忘れられないパスタ屋さん「スケベニンゲン」です!

お店に入ると心地よいお香の香に包まれます。BMは仄かにクラシック、松田正平さんの伸び伸びとした書、猫?面などが飾られており、凛とした中にもたおやかさを感じる心地よい店内です。

テーブルは2卓ありますが、少人数だと使用されるのは1卓のみ。銀座ということもビルの7階ということも忘れさせてくれる独特の雰囲気にまたたく間に引き込まれてしまいました。

夜のコースは¥20,000、¥25,000(サ別10%, w/o tax)の2コース、2人での予約の場合は自動的に後者となります。最初に大将の挨拶があり料理がスタート、一組だけですのでリズム良く料理は提供されます。

・イイダコの桜煮、菜の花お浸し

桜の香の本当の桜煮、頭に詰まった卵(いい=飯)、その名の通りほっくりとご飯みたいで美味しいです。

・ワラビとそら豆の白和え

築地のお豆腐屋「安達屋」のものを使った白和え。豆乳、ごまペーストで非常にコク深い仕上がり。心に染み渡る季節の滋味は和食の醍醐味。こういうシンプルで再上質な料理は時に絶品。 脱緊張、力が抜けていくのがわかります。

・ホタルイカ、ワケギ、赤カブの酢味噌和え

・アイナメ、若竹、よもぎ麩の椀

気をてらわない優しいお出汁はデトックス効果有り。

・キンメダイの炙り

・黒ムツの味噌幽庵焼き、行者ニンニク、赤カブ酢漬け、サツマイモ

キンメダイ、黒ムツどちらも旨みたっぷり。香高い行者ニンニクが良いアクセントに。美味し〜。

・十勝牛サーロイン、タラの芽、フキノトウの天ぷら

あか牛のサーロインは脂が少なくさっぱりといただけます。この時期の山菜は牛肉にも負けない力強さが最高です。

・鯛子、がんもどきの炊き合わせ

・うすい豆、小柱の炊き込み飯

グリンピースよりほくほくのうすい豆、柱と共に食感甘味良く2人で完食です。

・イチゴのあんみつ

とちおとめ系という小さいイチゴが甘くてすごく美味しい。黒蜜にはイチゴジャムが入っており、どこを食べても幸せイチゴ味。

最後は絵になる大将、自らお抹茶を点てていただけます。

茶筅の音色が心底心地よく。癒し完了です。

食後は大将ご夫婦と色々お話をさせていただき、気づけば4時間ほど経っておりました。。。 料理だけを見ると割高に思えるかもしれませんが、空間やホスピタリティ全てを含めて東家。環境で味の感覚は変わりますので、滋味深い料理をこの素晴らしい空間でいただけることを考えると大満足、銀座最高レベルのお食事系癒し空間でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「東家」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


サローネ東京|ミッドタウン日比谷の優雅なイタリアン/the 358th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」358日目、本日はイタリアンです。3月29日にオープンした日比谷の新ランドマーク「東京ミッドタウン日比谷」。

その3階にあるイタリアンレンストラン「サローネ東京」さんにお伺いいたしました。サローネは横浜を拠点とするイタリアンの超有名店。スタッフの方曰く、満を持しての日比谷(銀座)出店だそうです。

エントランスもそうですが、イメージカラーはゴールド。

エレガントなムード溢れる店内は天井も高く、席間もゆったりとしています。大きくとられた窓から入る日光とゴールドとの相性も抜群です。

ランチコースは2種類ありますが、本日は一番リーズナブルな・4皿のメニュー デグスタッツィオーネ ¥6,000(w/o tax)をお願いしました。内容はプリフィクスではなく、全てお任せです。まずはこちらから。

・真蛸のアスピック シチリア風

上の綺麗なアスピックはアサリ出汁にサフランで色付けしたもの。下はウイキョウ、赤タマネギ、レンズ豆、ナッツ、ウニなど。見た目も美しく、フレッシュ感と食感が素敵です。

・全粒粉のパン

グリッシーニをイメージした外はカリカリのパン。中はふんわり仕上げられており冷めても美味しいです。食器はローゼンタールのものなど、やはりゴールドが多く使われています。

・イタリア産仔豚のタリアテッレ

本日一番印象的な料理。パスタが美味しいのは良いです。 仔豚の肉が非常に柔らかで、パスタの小麦感、モチモチ食感も素晴らしい。燻製したリコッタチーズ、ミントで香り付けしたグリーンピースが香りと味に深みを加えているようです。 トマトと仔豚の出汁のソースが全体を綺麗に包括。美味です。

・岩手県産短角牛のサーロインのアッロスト 根セロリのバリエーションと共に

歯ごたえ良く旨味たっぷりの短角牛、とろりとしたコクのあるマルサラ酒の甘いソースを合わせています。ポーション少なめで、もっと食べたい!さっぱり爽やか3パタンで調理されたセロリラヴが美味しい。

・白いティラミス

デザートはシェフが目の前で仕上げていただけます。 キャラメルアイス、ポレンタ、ラムレーズン、松の実、雪をイメージした白いサクサクはオリーブとコーヒーで仕上げたもの。こちらも様々な素材の味と食感のコンビネーション良く美味です。

最後は美味しい・小菓子、コーヒーで。

コロンを長く伸ばしたようなお菓子はシチリア島のカンノーロ。中にはブロックチョコが入った素朴なほっこり味。

テーブルに飾られた象徴的なゴールドのバラがこのお店の全てを表現しているようです。

料理が出てくるのはゆっくりで1時間40分ほど。スピード感、ボリュームがもう少し多いと嬉しいですが、料理のビジュアル、サービス、空間も素敵で、デートなどには最適。 パスタがとても美味しかったので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

東京ミッドタウン日比谷、連日かなりの賑わいのようです。

6階には皇居外苑、日比谷公園を望む「パークビューガーデン」があり、お散歩にも最適。カフェも併設していますので、テラスで飲食することも可能。寒くも暑くもない今は最高の季節です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。