本店浜作ー古き良き銀座を感じられる関西割烹/the 249th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”249日目です。本日は、老舗和食店”本店浜作”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、金春通り沿い。
haru8
昭和3年、銀座に開店した老舗関西割烹で、なんでもカウンターから調理場の全てが見られるオープンキッチンスタイルを東京で初めて取り入れたお店とのこと。 昭和18年に現在の銀座7丁目に移転されたそうですね。以前から非常に気になっていたお店ですが、思い切って予約してランチ訪問。

入る時は緊張しましたが、着物姿の女将さん、大将ともに色々話しかけてくれたため、すぐに緊張はほぐれました。会席コースはかなり高価ですので、今回はリーズナブルな”お茶漬けコース” ¥5,400でお願いしました。まずはコチラから。

“滝川豆腐”
haru1
豆乳を寒天で固めたものをトコロテン突きで絞り出したもの。ほぐしていただきます。 暑い時期にぴったりの清涼感のある逸品。青柚子の香りが彩りを添えています。お汁も飲み干してしまいました。美味。

“青菜と油揚げの煮浸し”
haru2
出汁がとても美味しい。 こういったごまかしの効かない普通の料理が、絶品なお店は好感。

茶漬けは、基本は鯛なのですが、時期的によいものが入らないため本日はマコガレイで。

“マコガレイ茶漬けセット”
haru3
刺身ではなく漬けで供されます。 醤油はしょっぱくないギリギリのところで効いており、歯ごたえもよい。白ゴマがたっぷりまぶされており香りも素敵。 完全に酒のあてとなる料理ですね。

haru4
そのまま食べても、海苔とワサビで食べても素晴らしく美味しい。次回はぜひ日本酒を頼みたい。大将と女将さんお二人からは「ご飯、海苔もお代わり言ってね。沢山食べてね。」と優しいお言葉が。美味しくて、普段あまり食べないご飯、海苔、ついでにワサビもお代わりしてしまいました。

最後は煎茶をかけて。海苔とワサビもたっぷり入れて。 茶漬けは、魚本体よりも漬けの出汁が混じったお茶が最も魅力だと感じています。 お茶出汁、海苔、ワサビ、ゴマが渾然一体となり・・・あ〜幸せな味だわ。

“すいか”
haru6
デザートは「実家ですか!」と言いたくなる大きさで食べ応え十分! 今年初すいかでした。

最後は”水ようかん”まで出していただき、大満足。黒文字の楊枝もよいですね。
haru7

あ味、お店の雰囲気ともに好みで、一気にファンになってしまいました。 夜のおまかせコースは¥20,000以上するのですが、昼は同じものが¥16,000でいただけるそう。 こちらの鱧料理とか凄く食べてみたい! 以前お伺いした老舗和食店”はち巻岡田”さん同様、日本酒はマスト。酒と料理の調和を楽しみたいお店ですね。 また必ずお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お腹いっぱいになり、階段を下りるとネコが3匹仲良くじゃれあっており、癒される。美味しい料理店が沢山ある路地裏はネコたちにも魅力のようですね。次回はぜひ夜にお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
haru9


ギンザ タッポ-コリドー街の隠れ家イタリアン/the 248th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”248日目です。本日は、コリドー街の路地の隠れ家イタリアンレストランをご紹介いたします。

こちらのビルの正面には、先日ご紹介した静岡おでん”味の店 乃だや”さんや”日本料理 大野”さんなどもあり、なかなかの名路地でございます。
tappo1

入り口を入るとすぐ4席のカウンター、奥に2〜3人がけのテーブル3卓のこじんまりとした店内です。
tappo9

ランチは”パスタセット” ¥1,000からの2種類。本日はパスタ、リゾット、自家製ラザニアから2つをセレクトできる”ハーフ&ハーフセット” ¥1,200をお願いしました。

“イタリア産生ハムのサラダ”
tappo2
なかなかのボリューム。卵のドレッシングがとても美味しい。

“ソーセージとキノコのリゾット”
tappo3
お米の硬さも丁度よく、味付けもなかなか繊細。

パスタは3種類から選べたので、”牛すじ肉とキャベツのトマトスパゲッティ”を選択。
tappo4
こちらは茹で加減はやや固めに感じましたが、牛すじ肉が美味しく、微かな刺激を感じる優しいお味でした。

“パイナップルのシャーベット”
tappo5

最後は美味しい”コーヒー” +¥100で。
tappo6
ボリューム、色々種類がいただけるという点でなかなかの満足感。サラダ、デザートも付いていてコストパフォーマンスも良好です。

夜のメニューも見せていただきましたが、炭火焼のお肉料理がとても美味しそうで、価格もリーズナブル。席数が少ないので静かに食事ができるのもよさそうです。

お腹いっぱいになり、階段を下りるとネコが3匹仲良くじゃれあっており、癒される。美味しい料理店が沢山ある路地裏はネコたちにも魅力のようですね。次回はぜひ夜にお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
neko neko2


コンヤ、 イスタンブール-銀座トルコ料理2選/the 247th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”247日目です。和食、フレンチ、イタリアン、中華はもちろん世界各国の料理がいただける銀座。本日は、世界三大料理の1つトルコ料理レストラン2店をご紹介いたします。

まずは、みゆき通り、現在工事中の松坂屋付近にあるトルコレストラン”コンヤ”さん。
konya7
ランチメニューはどれも千円程度とリーズナブルです。

お店は地下2階。
konya1
店内は珍しいブルーの照明、壁面にはトルコチックな絨毯、お皿が沢山飾られており異国情緒たっぷり。

トルコ人の店員さんに「予約の団体さんがいらっしゃいますが、大丈夫ですか?」と聞かれましたが、もちろん大丈夫です!

6種類あるメニューの中から本日は”ドネルケバブ” ¥1,100をお願いしました。 まずは”レンズ豆のスープ、サラダ”。

konya2
スープにはスマイルマークが描かれており茶目っ気たっぷり。こちらも思わず笑顔になってしまいます。 豆の素材をそのまま生かした素朴なお味。美味しいです。

そして、メインの前に例の団体のお客様がご来店。なんと26名の外国の方でした。異国情緒が凄いです! どうやら、たまたま2席だけ開いていたところに、私が来てしまったようです。 日本なのに、日本でないような。貴重な体験でした。

“ドネルケバブ”
konya4
トルコの名物料理で、薄切りビーフを重ねたものを、回転させながら焼いていきます。 ライス、やや堅めのパン(ピタパン?)、マッシュポテト付き。トマトソースでいただきます。お肉はしっとりと、さっぱりと焼きあがっており、仄かに香辛料の味が付いているようです。美味しいです。 最終的にソースをかけて、ご飯と混ぜていただきました。

最後はセットの”紅茶”で。
konya6
異国情緒が過ぎましたが、サービスも丁寧で、よいお店でした。ごちそうさまでした!

“コンヤ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

続きましてはコリドー街のトルコレストラン”イスタンブール銀座店”さん。
ist8
実は3回目の訪問です。

店内はコの字を縦にしたような変わった形状。入ってすぐのところはカウンター席となっています。
ist6
壁にはムードのある絵画が飾られており、エキゾチックな雰囲気。個人的には随所に使用された花柄のタイルが可愛くて好きです。

ランチは3種類でしたが、本日は定番の”ケバブ” ¥1,200(w/o tax) をお願いしました。

“サラダ、レンズ豆と鶏肉のスープ”
ist1
サラダは、ちょっと塩気が効いたドレッシングがかかっています。 レンズ豆スープはトルコ料理の定番か。 鶏肉の出汁効果もあり、”コンヤ”さんでいただいたものよりも、洗練された印象。

“ドネルケバブ”
ist2
大きい薄切りのが沢山で美味しそうです!同じドネルケバブでもお店によって随分スタイルが異なるのが面白い。

トマトソース、お好みでナスとチーズのペーストを付けていただきます。 お味はしつこさ無く、ごく上品。薄切りならではの柔らかい歯ざわりが素敵です。見た目通りの美味しさでした。

セットの”ピタパン”は、よくあるものよりも分厚くてもっちり感有り。
ist3
お肉を一緒に食べたり、ソースを付けて食べたりしてもよいですね。せっかくなのでデザートもお願いしました。

“カザン ディビ” ¥300(ランチセット価格)
ist4
焼いたミルクプリンだそうです。 まず、持って来ていただいた時のプルプル感に驚き。”YOU”さんのオムライス並みにプルプルです。このプルプル感、あ〜癒される。日本のミルクプリンに近いものはあるのですが、シナモンが効いており弾力が楽しいお味。 薄くて小さいですが食べ応え十分でした。

値段的なお得感もあり、満足度の高いランチでした。 ワインもリーズナブルで、夜の使い勝手もけっこう良いとの印象です。ごちそうさまでした!

“イスタンブール銀座店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

両店とも土日も休まず営業しているのも、使い勝手がよいのです。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
ist5


麺処 銀笹-鯛茶も美味なラーメン店/the 246th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”246日目です。本日は、久しぶりのラーメンです。銀座といっても、ほぼ築地・汐留近くにある有名店”銀笹”さんにお伺いしました。

ginsa4
お店は1階ですが、けっこうわかりにく場所にあります。お昼時は行列が当たり前のお店ですが、土曜日の遅めの時間はけっこう狙い目。お一人だけ並んでいましたが、すぐに入店できました。

初めてなので定番の”塩ラーメン” ¥850、”鯛めし” ¥350を券売機で購入。黒っぽい内装で奥に長い店内、ラーメン店らしからぬシックで落ち着いた雰囲気です。

外や店内の色んなところに、「おすすめの食べ方」の紙が置いてあるのも親切です。
ginsa5

5分ほどで到着です。 透明感のあるスープに、鯛つみれ、炙りチャーシュー、ネギ入り。
ginsa1
まずはスープを一口。思ったより塩が効いています。細いちぢれ麺は喉越しがよく、麺を食べた時の塩加減は丁度よい。途中で薬味の乾アオサと揚げ野菜を投入!すごく味が変わった感じはしませんが、薬味自体が美味しいです。また、脂の乗ったチャーシューも、さっぱりとしたスープの中でよいアクセントとなっています。

“鯛めし”
ginsa3
そのままだとパサパサ感が気になるのですが、スープをかけて鯛茶漬けにすると見違えります。スープでお米が柔らかくなり、塩加減がこれまた丁度よく、美味。鯛の身も沢山入っていて贅沢です。

茶碗2杯分と量がけっこう多いので、半鯛めしで十分との印象です。スープ自体は塩辛くて少し苦手でしたが、それを飲ませる工夫が非常に気が利いており、深みを感じるラーメンでございました。次回は”白醤油スープ + 半鯛めし”をいただきたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


味の店 乃だや-静岡味噌おでん初めて/the 245th day

17時過ぎという遅めのランチ。コリドー街を歩いていると見慣れぬ看板を発見!
noda6
「静岡 旨い!! 味噌おでん」 静岡おでん、そういえば食べた事がありません。

noda5
雑居ビルの地下1階と入りずらいシチュエーションですが、気にせず行ってみました。銀座はこういう店が多いのです。慣れ(経験)とは素晴らしい!

そんなことで銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”245日目、本日は夏でも美味しいおでんです。店内はカウンターにテーブル席がいくつか。カウンターには、店主のご友人と思われる方がお二人。 全席喫煙は可能のようで、全く気取らない大衆的な雰囲気。

お通しは”豆腐 きのこ餡かけ” ¥500。
noda3

続いて味噌おでんをいくつか。 牛すじで出汁をとっており、好みでだし粉(青のり、煮干しの粉)を掛けていただくそうです。

“味噌かけ大根” ¥400
noda2
かなり大きめですが、とても柔らかく煮込んでありました。 味噌と素材の甘みの相乗効果が美味しいですね。

“卵” ¥200 “牛すじ” ¥350 “黒はんぺん” ¥180
noda1
茶色いおでんは、やはり味噌の甘みが先に立ちます。 静岡名物の黒はんぺん(もとは白いらしい)はイワシの味が効いておりなかなか。 こっくりと仕上がった、素朴でほっこりとするお味なのですね。

“タチウオねぎま串焼き” ¥550
noda4
ネギにタチウオを絡めた面白い串焼き。こちらも静岡ならではの一品。 さっぱりと塩とレモンでいただきました。

お伺いしてみると、静岡に本店があるお店で2015年11月にオープンしたばかりだそうです。 また味噌おでんの他に関東おでんもあり、静岡の地酒に合いそうな肴もなかなか充実しているよう。

初めての静岡味噌おでん体験、お値段も良心的で、印象は悪くありませんでした。 メニューに見つけた”やきそば”、今日はお腹いっぱいで食べられませんでしたが、かなり気になります! そんな訳で、またお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

“味の店 乃だや 銀座店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。