みもざ館、キャピタルコーヒーさん-銀座の隠れ家カフェ/the 201th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、201日目は、銀座の素敵な喫茶店2店をご紹介いたします。

まずは、銀座3丁目、松屋通り沿い”紙パルプ会館”の1階にある”みもざ館”さん。
mimo6
2015年3月に場所も移転してリニューアルオープンしたようです。 このビルの屋上で有名な”銀座ミツバチ(銀ぱち)”が養蜂されているのですね。初めて知りました。

養蜂場の見学も¥1,000でできるので、次回是非申し込んでみたいと思います。ちなみにマロニエゲートの屋上に、第二養蜂場があるようですよ。

mimo1
明るく清潔感のある店内、朝8:00から営業しており、全席禁煙というのも良いです。

本日は名物のコチラをお願いしました。

“平飼い有精卵のフレンチトースト 銀座ハチミツがけ セット” ¥1,000
mimo3
15分ほどで到着です。 小さめの食パンが3切れ。上にはブルーベリー、ラズベリー、ストロベリーのベリー3兄弟。おそらく卵液にも軽く浸す程度で、軽めに仕上げてあります。そして、ハチミツ。銀座で育った蜂のハチミツと思うと美味しさは300%アップ! 優しく美味しいフレンチトーストでした。

続いてコチラもお願いしてみました。

“キャラメルナッツブラウニー”
mimo5
しっとりとしたカシューナッツとクルミがたっぷりです。甘さ控えめ、軽快で今時なブラウニー。

セットの”コーヒー”は1回はお代わり無料というのは嬉しいところ。
mimo2
1杯目と2杯目でずいぶん味が違うのはご愛嬌でしょう。今後安定してくると思いますよ。もう1つの名物、銀座ハチミツを使った”特製プリン”¥400も気になるので、またお伺いしてみようと思います。まであまり知られてなく、静かなのもよいですね。 ごちそうさまでした。

“みもざ館”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

続いては”みもざ館”さんのすぐ近く、松屋銀座の地下1階にある喫茶店”キャピタルコーヒー”さん。

松屋銀座によく来る方でも知らないかもしれない灯台下暗しな喫茶店。店内はカウンターのみで、シックで高級感のある雰囲気。外から丸見えではありますが、人通りは多くありません。コーヒーを製造・販売している”キャピタル株式会社”が経営しているお店です。

“チーズ厚切りバタートースト(ヨーグルト付)” ¥432
capi1
ベストな厚切りのバタートーストに熱々のチーズ。美味しそうです。 パン、チーズともに良いものを使用しているのがわかる、松屋銀座的なお味。シンプルに美味。

ヨーグルトも上質でした。
capi3
“キャピタル アルゼンチン産 純粋はちみつ”をかけていただきます。

8月のグルメコーヒー “コスタリカ エルバス農園ハニー” ¥616
capi2
ハニー製法で精製されたコーヒー。 パルプドナチュラルとも呼ばれるハニー製法は、コーヒーチェリーの果肉を除去した後、水洗いせずに、ミューシレージ(ぬめり、粘液質=甘い)が付いたまま乾燥させる方法らしい。

よくわかりませんが、美味しければ良いのです。ハチミツのように甘いわけではありませがん、バランス良く芳醇なお味でした。量も多めです。

コーヒーを製造・販売しているキャピタル株式会社の経営だけあり、コーヒーは種類も多く、美味しく、価格も良心的。 さらに昨年、デパ地下をリニューアルしているので、綺麗で雰囲気も良し。 キャピタル × 松屋銀座、素敵なコラボです。 またお伺いします。ごちそうさまでした!

“キャピタル”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
mimo7


銀座 林屋新兵衛さん-はんなりと、京都気分に浸れる茶カフェがオープン/the 198th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、198日目。本日は7月7日にオープンした宇治の老舗茶舗”京はやしや”さんの新業態の茶カフェ”銀座 林屋新兵衛”にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、外堀通りから1本東側の通り沿い、”745ビル”の1階です。
adni1
外におかれたメニュー表には価格の記載は無し。高級感漂うただずまいです。

店内も和モダンな寛容で凜とした涼しげな雰囲気。
haya8
広くはありませんが、ゆとりを感じ、しっくりと落ち着けます。本日はコチラをお願いしました。記載は税抜き価格です。

“ハム、タマゴサンドイッチ2種セット” ¥1,650
haya3
厚切りの豚ロース、築地の”松露”さんの卵焼きを挟んでおります。上品な量が2切れずつで、付け合せはセロリです。

“ほうじ茶 右近の橋 温” ¥680(料理とセットで¥300引き)
haya1
色々あるお茶の中から食事にあいそうなほうじ茶を選びました。綺麗な茶器です。

一煎目、上質な茶葉で丁寧に入れていただけるお茶は流石に香りと味の深みが素晴らしい。 全部で三煎、味の変化を楽しみながらゆっくりといただきました。

“小どら焼き”
haya5
お茶を頼むとサービスで。 中は抹茶餡と小豆餡。皮は店内で焼き上げているそうです。 見た目に温かみがあり、甘さは控えめ、お茶に良く合う優しいお味です。続いてこちらもお願いしました。

“林屋新兵衛 特製パフェ”¥1,700
haya6
何だか豪快に屹立しているチュイールは店内で焼き上げているそう。

上には、杏シロップ付け、白玉、抹茶アイス、クリーム。
haya7
さらに小豆、下にはわらび餅が控えておりました。しっかりと芯のある感じの白玉、わらび餅が印象的。 抹茶アイスが下にも入っており、食べ応え十分でした。

最後は”ほうじ茶 三煎目”でさっぱりと。ごちそうさまでした!

美味しくて雰囲気も良いのですが、お値段を考えるとなかなか気軽に利用できなさそう。。。と感じていましたが、次の日またお茶を飲みに行きたくなっている自分を発見!またお伺いいたします。

“京はやしや”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
haya9


カフェ スティロさん-伊東屋×アメリカンスタイル/the 196th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、196日目。本日は2015年6月にグランドオープンした文房具店”伊東屋”さん12階の”カフェスティロ”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目、中央通り沿い、赤いデカクリップが目印。
sty5
開店直後の朝8時10分ごろお伺いしてみました(伊東屋さんは10時からの営業です)。

店内は、広々とした気持ちのよい空間、奥の窓が大きくとられており開放感がございます。
sty1
ブレックファーストメニューは “エッグベネディクト”¥2,160、”サンドイッチ” ¥1,620、”ブレックファーストサラダ”¥1,512 など。 コーヒーとトーストの軽いモーニングセット(想定¥1000以下)でも食べよう。と思っていたので、完全に私の勘違い! 喫茶店ではなくて、アメリカンスタイルのカフェでしたね。

腹を決めて本日はコチラをお願いしました。

“フルーツのパンケーキ” ¥1,728
sty3
全粒粉を使った白っぽいパンケーキがたっぷり3枚。 上にはキウイ、オレンジ、バナナ、ブルーベリー、ラズベリー。 けっこうなボリューム。

横から見るとパンケーキは薄そうですが、真ん中部分は厚みがあります。
sty4
見た目よりは、さっぱりとして食べやすいですね。 頑張って完食!2〜3人でシェアしてもよい分量でした。

最後は美味しい”コーヒー” ¥734で。
sty2
朝から贅沢でした。ごちそうさまでした。 朝、昼、夜でメニューは多少変更があるそうです。”伊東屋”さんは用事がなくても楽しいから行ってしまうイメージ。 もう少し軽めのメニューがあると嬉しいです。

11階にある水耕栽培ミニ農場の野菜も食べられるみたいですので、次回はお腹を空かせてお伺いいたします。
sty6

“カフェ スティロ(伊東屋)”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


トミーバハマさん-リゾート感 + ホスピタリティ/the 192th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、192日目。本日はアメリカのライフスタイルブランド“トミーバハマ銀座”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、中央通りから1本東側の通り沿い”ストラータ銀座”の1、2階です。
tom8
地下に中華料理の名店”筑紫楼”さん、1階にカメラの”ニコンプラザ”さんが入っている建物でございます。1階のバーは外から見えるのですが、2階が本格的なレストランということを最近知って早速行ってまいりました。

2階にもバースペースがあり(私の想像の)カリブ海っぽい香りがいたします。 基本的に洋服店で、2階も半分のスペースは洋服が展示してあります。
tom1
細長いレストランスペースは大きい窓から光が差し込み、非常に明るいです。 テーブルもゆとりを持って、設置されていて良いですね。

お昼はワンプレートランチがお得なよう。 6種類ほどあるメニューの中からコチラをお願いしました。

“グリルチキンバーガー セット” ¥1,300
tom3
スープ or サラダ、ポテトフライ、ドリンクが付くお得なセットです。

サイドメニューは、サラダを選んだのですが、何故かスープが。 お伝えするとサラダも別皿で持ってきてくれました。 「よろしければスープもどうぞ」ということで、ちょっとお得な気分です。 本日のスープは、”カボチャの冷製スープ”。優しい甘みが心地よい爽やかなお味でした。

メインの”グリルチキンバーガー”は、 こんがりと焼きを入れられた鶏胸肉の上にとろけたチェダーチーズとたっぷりのフライドオニオン。
tom4
美味しそうな見た目ですね。 中にはガーリックソースとスパイシーなソースがダブルで仕込まれており、食欲を刺激します。 さっぱりとしたお味に、カロカリのタマネギの食感、ソースの風味が心地よく、食べ応えも十分です。 手持ちでは難しそうでしたので、ナイフとフォークでいただきました。

せっかくですのでデザートもオーダー。

“パイナップル クリームブリュレ” ¥1,130
tom10
パイナップルが器のユニークなデザートです。

上からクリームブリュレ、パイナップルのコンポート、パイナップルの果実の3層構造。
tom7
スプーンでお上品にいただくのもよいですが、ここはナイフでザクザクと皮ごとカットして、かぶり付きです。 快楽的な甘みと大胆な食べ方で、リゾート気分を堪能できますね。1人で美味しく完食いたしましたが、2人〜4人でシェアがオススメです!

最後は大きいカップに入った美味しい”コーヒー”で。
tom6
ごちそうさまでした。

スタッフの方々も皆様明るく手際が良い。 バハマ(or ハワイ)的なリゾート感と、日本的なホスピタリティーが見事に融合しておりますね。 ゆったりできそうなボックス席は、ランチでも予約したほうがよいようです。 今度はモヒートを飲みに、お伺いいたします。

“トミーバハマ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
tom2