梅林、にし邑、チョウシ屋、セントル ザ・ベーカリーetc|銀座でカツサンド巡り/the 361th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」361日目、本日はカツサンドです。歌舞伎座、新橋演舞場、観世能楽堂、東京宝塚劇場など劇場も多い銀座日比谷エリアは美味しいテイクアウト用のカツサンドを提供しているお店も多いです。本日は美味しいカツサンドを提供している5店をご紹介いたします。

まず1店目は昭和2年創業、銀座で最も有名なとんかつ店「梅林」の・ヒレカツサンド(小) ¥860。通しで営業されており、いつでも購入できるので大変便利です。注文して10分ほどで出来上がり。

パッケージは銀座らしく江戸紫色、イメージキャラクターの珍豚美人(ちんとんしゃん)が可愛いです。

外から触れると出来たてで温かいのが嬉しいですね。

中はカツサンドが4切れ。

厚みはありませんがその分柔らかで、しっとり柔らかな食パンにベストマッチ。 時間が経って、パンに優しいお味のソースが沁みた部分が幸せ気分です。とんかつの伝統を感じるカツサンドは歌舞伎の幕間にぴったりです。ごちそうさまでした!

2店目は東銀座、行列必須の有名とんかつ店「にし邑」の・ヒレかつサンド(からし付) ¥800、こちらは数日前に予約が必要です。

ブタのコックに踊るブタ、昭和レトロなパッケージが可愛い。

ご主人と女将さん、スタッフの方々をイメージしたものかと想像すると、それだけで気分が少しほっこり。

中は迫力満点。中央はほんのり赤く、分厚いヒレカツが3切れ。見るからに美味しそうです! 

味が濃すぎないソースが染み込んだキャベツと食パン、何よりも甘味のあるカツが美味しい。ボリュームも丁度良く、上質な油を使用しているせいか後味もすっきりです。ごちそうさまでした!

3店目も東銀座、歌舞伎座の並びにあるトンカツ店「イマカツ」。通常の豚カツサンドもありますが、イマカツといえばやはりささみカツでしょう。

名物ささみカツサンド ¥1,200

こちらのカツサンドにはポテトチップスが入っているのも特徴です。濃いめのソースにササミの淡白さと、しっとりとした質感が調和しています。どのカツサンドもそうですが、出来たてはもちろん、冷えても美味しいよう計算されています。ごちそうさまでした!

4店目も東銀座、1927年創業の老舗惣菜店「チョウシ屋」さん、東銀座の超有名店、店構えもレトロで素敵です。サンドイッチのパンは食パンかコッペパンか選択可能。 本日は・豚カツ + 食パン ¥380をお願いしました。 銀座において何と良心的な価格!

牛と豚の絵が描いてある青いレトロな包み紙。

カツサンドは一枚のカツを切って二段重ねにしてあり見た目もボリューム満点。

手作り感のあるカツに、ピュアなソースが最高に合います。そしてソースが染み込んだ食パンが美味しい! 銀座に高級店は数あれど、ここはオンリーワン。誰にも真似できない素敵なお店です。15時頃には完売しておりますので、お伺いは早い時間に。ごちそうさまでした!

最後の5店目はスペシャルなカツサンド。美味しい食パン目当てに行列ができる「セントル ザ・ベーカリー」のカツサンドです。こちらはテイクアウト不可、併設のカフェでいただけます。

10食限定・フィレカツサンド ¥2,500(w/o tax)

パンは北米産小麦のプルマン、宮崎県産霧島豚のカツサンド、お肉が特厚で見るからにジューシー! 綺麗に焼かれたトーストは食べなくてもわかる確信的な美味しさで、カツサンド好きのテンション上がるビジュアル。これは贅沢。


一口に頬張ると、カリッとしたトーストと柔らかなヒレカツの食感のコントラストが素敵。 そして肉の旨みにパンとソースの種類の異なる甘みが絡み、後から遅れてくる仄かな辛子が効いております。絶品!美味しいパンがあってこそ成立するフィレカツサンド、高価ではありますが、その価値は十分感じられ大満足。ごちそうさまでした!

その他、以前当ブログでもご紹介した「新世界グリル 梵」のへれかつサンドも忘れてはいけません。またバーが非常に多い銀座、夜食用にカツサンドを提供しているバーも多いので探してみるのも楽しいかもしれません。銀座の楽しく美味しいカツサンド巡りでした。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


東家|銀座に在り銀座に非ず、極上の癒し空間/the 359th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」359日目、本日は和食です。昼夜共に一組限定という和食店「東家 あずまや」さんにお伺いいたしました。ミシュランガイド2018、一つ星のお店です。

場所は銀座3丁目、松屋通り沿いの雑居ビル7階。

地下1階は名前を聞くと二度と忘れられないパスタ屋さん「スケベニンゲン」です!

お店に入ると心地よいお香の香に包まれます。BMは仄かにクラシック、松田正平さんの伸び伸びとした書、猫?面などが飾られており、凛とした中にもたおやかさを感じる心地よい店内です。

テーブルは2卓ありますが、少人数だと使用されるのは1卓のみ。銀座ということもビルの7階ということも忘れさせてくれる独特の雰囲気にまたたく間に引き込まれてしまいました。

夜のコースは¥20,000、¥25,000(サ別10%, w/o tax)の2コース、2人での予約の場合は自動的に後者となります。最初に大将の挨拶があり料理がスタート、一組だけですのでリズム良く料理は提供されます。

・イイダコの桜煮、菜の花お浸し

桜の香の本当の桜煮、頭に詰まった卵(いい=飯)、その名の通りほっくりとご飯みたいで美味しいです。

・ワラビとそら豆の白和え

築地のお豆腐屋「安達屋」のものを使った白和え。豆乳、ごまペーストで非常にコク深い仕上がり。心に染み渡る季節の滋味は和食の醍醐味。こういうシンプルで再上質な料理は時に絶品。 脱緊張、力が抜けていくのがわかります。

・ホタルイカ、ワケギ、赤カブの酢味噌和え

・アイナメ、若竹、よもぎ麩の椀

気をてらわない優しいお出汁はデトックス効果有り。

・キンメダイの炙り

・黒ムツの味噌幽庵焼き、行者ニンニク、赤カブ酢漬け、サツマイモ

キンメダイ、黒ムツどちらも旨みたっぷり。香高い行者ニンニクが良いアクセントに。美味し〜。

・十勝牛サーロイン、タラの芽、フキノトウの天ぷら

あか牛のサーロインは脂が少なくさっぱりといただけます。この時期の山菜は牛肉にも負けない力強さが最高です。

・鯛子、がんもどきの炊き合わせ

・うすい豆、小柱の炊き込み飯

グリンピースよりほくほくのうすい豆、柱と共に食感甘味良く2人で完食です。

・イチゴのあんみつ

とちおとめ系という小さいイチゴが甘くてすごく美味しい。黒蜜にはイチゴジャムが入っており、どこを食べても幸せイチゴ味。

最後は絵になる大将、自らお抹茶を点てていただけます。

茶筅の音色が心底心地よく。癒し完了です。

食後は大将ご夫婦と色々お話をさせていただき、気づけば4時間ほど経っておりました。。。 料理だけを見ると割高に思えるかもしれませんが、空間やホスピタリティ全てを含めて東家。環境で味の感覚は変わりますので、滋味深い料理をこの素晴らしい空間でいただけることを考えると大満足、銀座最高レベルのお食事系癒し空間でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「東家」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


とんかつ檍 銀座店|蒲田で大人気の豚カツ店がオープン/the 357th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」357日目、本日はトンカツです。

3月26日、行列が絶えない蒲田の人気とんかつ店「檍 あおき」が銀座8丁目にオープンしたと知り、早速ランチ訪問いたしました。

銀座8丁目「第三ソワレ ド ビル」の地下1階、中央通りからでも金春通りからでも入れます。外に看板は出ていないので要注意です。

カウンター5席と奥にテーブル席数卓の落ち着いた店内、オープン仕立てですが、すでにとんかつ屋独特の油の香りに満ちています。ランチはランチロース定食 ¥1,200から、海老フライやカキフライもありましたが、本日は・特上ひれかつ ¥2,500 をお願いしました。すぐに昆布の佃煮と冷たいお茶が運ばれてきます。

目の前にはボリビア、モンゴル、沖縄の塩3種。

隣には逆さにしてガリガリするタイプの器にパキスタンのヒマラヤ黒塩!と塩にこだわりがあるのは、塩派の期待が高まります。

10分ほどで・特上ひれかつ到着。

長さそのまんまと思いえる長〜い棒状ヒレカツ。衣はキツネ色。

ジューシ感みなぎる断面は綺麗なピンクグラデーション。

ザクザクっと歯ごたえの良い衣に、噛むと甘い肉汁が溢れる弾性の強いヒレカツ。分厚くカットされ歯ごたえも凄いです。歯ごたえがかなりあるので、後半ちょっとアゴがお疲れ気味でしたが、ちょっとクセのある黒塩とコクのあるモンゴル岩塩で美味しくいただきました。肉汁の甘さを楽しむトンカツもまた乙ですね。


玉ねぎ、ごぼうなどの野菜が沢山はいった豚汁も美味しくいただきました。 まだ少し不慣れなようですが、スタッフの皆様の接客も感じよく大変気持ちの良いお店です。気になるメニューがありましたので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

1週間後、気になった・肩ロース ¥2,000 をいただきにお伺いいたしました。 基本的にヒレカツしか食べないのですが、普通のロースではない肩ロースのトンカツとはどんなものでしょうか。

揚げ方にコツがあるのか、普通のとんかつより時間がかかり15分ほどで到着。

今日も見た目から美味しいたっぷりとした厚みとキツネ色。 たまたまなのかもしれませんが、左右で全く違う肉質が面白い!

最初に右側からいただいたのですが、こちらは赤身と脂がバランス良く混在。

柔らかい食感で、塩でいただくと脂の甘みが引き立ち最高に美味しいです。 対して左側は脂身がほとんどなくヒレに近い風合い。ただヒレよりも肉々しいワイルドなお味。 1本で二度美味しい優れものの肩ロース、大満足です。

感じの良い接客は変わらず、最初から最後まで今日も気持ちの良いお店でした。周りを見てみると・ランチロース ¥1,200、・牡蠣フライ単品 ¥800セットが人気のようでした。私は牡蠣が得意でないのですが、絶品だそうです。もうすぐ終わるようなので、牡蠣フライ好きは要チェックです。

お店の営業は11時から。オープンしてまだ10日ほどですが、12時を過ぎると行列が出来始めているようです。気になる方はお早めに。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 和久多|春が来た、お盆の上に、春爛漫/the 353th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」353日目です。本日は和食「銀座 和久多」さんにお伺いいたしました。

場所は銀座8丁目、コリドー街の比較的新しい銀座時傳ビルの5階。

まだ新しいビルだけに店内も新鮮。カウンター5席に個室4部屋の落ち着いた空間です。1人でしたので、カウンターへ。

ランチは¥3,980からありますが、本日は・おまかせ懐石コース ¥9,800をお願いしました。

先付・アマダイ、ユリ根、ふきのとうの唐揚げ、カブラのみぞれあん

ほっと一息、優しい揚げ物、ふきのとうの苦みが良い感じ。

椀・タイ、フキ、ワラビ、クチコ

春満載、先ほどのふきのとうもですが、山菜の季節がやってきました!シャキシャキのフキが美味しく、クチコがアクセント。

造り・ヒラメ、スミイカ、サヨリ

お造りは醤油とポン酢で。ヒラメが甘みたっぷりで美味。

八寸・ノドグロ山椒焼、ハマグリ、赤貝の手まり寿司、菜の花カラシ和え、金柑、ホタルイカと春野菜和え物

良い具合に脂が乗ったノドグロ、貝も美味しい季節になりました。そしてこれから旬のホタルイカ、春ですね〜。

煮物・シラウオ、新タケノコ、新ワカメ、コノコの小鍋

食感の良い春素材、熱々のお出汁も美味です。

食事・ウニ、ホタテの炊き込みご飯、赤だし、お新香

ご飯が一番テンションアップ!

ホタテの良い食感にトロッとしたウニが最高。

バフンウニの彩りが綺麗です。ご飯の量は一合ちょっとだったようですが、お焦げも美味しく余裕で完食です。

最後はさっぱり爽やかな・デコポンゼリーで終了。

走りのそら豆が良い感じです。

京料理をベースにした優しい味付け、素材も魚介と野菜だけなのが良い。料理に強い印象は無いものの間違いのない素材の美味しさと丁寧な技術。和食の醍醐味の季節感、春爛漫な食材と盛り付けが非常に良く、気持ちも春の陽気のように明るくなりました。

楽しい気分で外に出るとミゾレが。。。気候で春を実感できるまではもう少しかかりそうですね。まだ数日冷え込む日が続きようですので、何卒ご自愛下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座 和久田」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。