矢場とん|名古屋名物、味噌カツと言えば!/the 45th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、45日目です。

前回、名古屋名物”ひつまぶし”を頂きましたが、その流れで本日は”味噌カツ”。

東銀座にある”矢場とん”さんにお伺いしました。

名古屋では知らない人がいないとまで噂される名キャラ”ぶーちゃん”がお出迎え。

“ヒレ味噌カツ定食” ¥1,680

ご飯はおかわり自由です。


とんかつ×味噌、とんでもなく濃厚かと思われがちですが、しっかり調整されております。

矢場とんの味噌は一年半熟成させた天然醸造の豆味噌を仕様。

甘辛くてコクが有り、とても美味しいんです。

個人的にはカラシをちょっと付けて食べるのが好き。キャベツも味噌ダレで食べます。

“矢場とん汁”+¥157でみそ汁から変更可能です。

器がけっこう大きめ、量たっぷり。

寒い季節に、とん汁最高です!

“串ロース味噌かつ”¥136

昔(名古屋の矢場とん)は、こんなメニューあったかな?と思いオーダー。

ちょっと量が足りないって時に丁度良いサイズでした。

6年振りの矢場とん、やっぱり味噌カツは美味しかったです。ごちそうさまでした!

1階はカウンター。2階はテーブル席みたいです。

“ぶーちゃん”グッズも販売してます。
>

“矢場とん”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。


閉店)銀座 平田牧場|金華豚カツ/the 23th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の飲食店巡り”銀座6丁目美食日記”、23日目です。

本日は、何故か、時々無償に食べたくなるトンカツです。

“銀座 平田牧場”さんにお伺いしました。

場所は、当店のある外堀通りと、中央通りの間くらい。

“DOVER STREET MARKET GINZA-ドーバーストリートマーケット”の真向かいです。

今現在のディスプレイは、”LOUIS VUITTON×草間彌生”。 

ポップで、禍々しい独特の世界観です。

で、”平田牧場”さん。

入り口が広くて、入りやすい感じが良いです。

“平牧金華豚ヒレカツ膳”をオーダーしました。

平牧金華豚フェア開催中で、通常¥2,000→¥1,800と少しお得でした。

ちなみに金華豚とは、中国浙江省(せっこうしょう、場所は上海の下くらい)の金華地区で育てられた豚。

穀物などは一切与えず、茶殻や白菜を発酵させたものを与えて育てるため、皮が薄く、脂肪が少ないという特徴があります。

金華ハムは、世界三大ハムの1つらしいです。
(他2つは、イタリアのプロシュット・ディ・パルマとスペインのハモン・セラーノ)

ただし、”平牧金華豚”は、山形県庄内平野で飼育されている金華豚との交配種のようです。

まず、ゴマが運ばれてきます。

ゴマを自分で擂って、

それに、2種類のソースの好きな方を入れてゴマソースを作ります。

右が甘口のリンゴソース、左がやや辛口のガーリックソース。

仕事中、ガーリックはどうか、と思いつつもガーリックソースをセレクト。

ブレスケア大量摂取で問題ないでしょう!

“金華豚ヒレカツ(2枚)”

写真でも感じる通り、衣はかなりサクサク。

お肉は柔らかくジューシー。交配種といえども、流石は金華豚。

油感もそれほど、ないので女の人にも受けそうです。

非常に、受け入れやすいトンカツでした。あと、キャベツもシャキシャキで美味しいです。

ごはん、みそ汁、キャベツの御代りは無料というのも嬉しいです。

料理の説明も丁寧で、品が良く、素敵なとんかつ屋さんでした。

どうも、ごちそうさまでした!

落ち着いた雰囲気の店内。奥に個室もあるようです。

“平田牧場”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際はぜひ、トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


とんかつ割烹 かつぜん|至福のとんかつ/the first day

2018年6月追記)ミシュラン1つ星のとんかつ店、なんと6年ぶりのお伺いです。「銀座6丁目美食日記」はここから始まりましたので、感慨深いお店です。

本日はランチメニューから・九州産黒豚ヒレかつ ¥4,700 をお願いしました。

まずは前菜の・酢の物、きゅうり、ワカメ、クラゲ、海藻麺
シャキシャキコリコリ夏にぴったりの清涼感。お汁も美味しくいただきました。

15分ほどでメインの・九州産黒豚ヒレかつも到着。

シルキーな肉質の棒ヒレかつ。ソース、にんにく味噌もありますが、さっぱりとした上質なヒレは塩でいただきます。 程よく弾力のあるお肉、噛むほどにジョワっと湧き出る肉汁の甘さが素敵。久々の極上ひれかつ、大変美味しいです。


極細千切りキャベツ、味噌汁、やや固めに炊かれたご飯、お新香などサイドも抜かりなく、流石でございました。 次回はカツサンドのテイクアウトをお願いしたいと思います。ごちそうさまでした!

以下2012年2月記載

こんにちは、トリプルです。メガネと関係ない話題も挟んでいきます。銀座6丁目の美味しいお店を紹介していく企画「銀座6丁目美食日記」、始めました。微力ながら銀座を盛り上げていきたい!と思っています。

縁起もかついで、第1日目は「かつ」です。本日は「とんかつ割烹 かつぜん」さんにお邪魔しました。とんかつ店で唯一ミシュランガイド1つ星の名店です。

場所は銀座6丁目、バーニーズの入っている交詢ビルの4階。分かりやすい。カウンター8席、あと秘密の個室が1部屋のお店です。個室は予約必須。

従来のトンカツ店のイメージをくつがえす(私の勝手なイメージです)、非常に上品で美しい内装です。脂っ気が全くなく美しい。個人的にカウンターメインのお店、好きです。

頂いたのは、鹿児島産黒豚ロースかつ。とんかつ、ご飯、前菜3種、お味噌汁、お新香のセットです。お新香も、塩辛くなく、シンプルに野菜のお味が引き立てられていて、とても美味しかったです。

このお新香をつまみに、お酒を飲みたくなりました。

そしてメインの・鹿児島産黒豚ロースかつ

清潔感のある、薄い色のキレイな衣。カツが、縦だけではなく横にも1回、切られていることにお店の優しさを感じます。

厚めのお肉ですが、非常に柔らかいことに驚きました。

サクサクの衣と、肉の旨味、さらにジューシーで甘のある脂身のハーモニーが素晴しいです。とんかつ好きの私も納得の美味しさ。とんかつに付けるソースも、シンプルなとんかつソースと柚子にんにくソースがあります。一緒に付けて食べるのも有りです。にんにく好きの私は柚子にんにくソースが好きですが、なにせ接客業ですので、仕事がお休みの時しか、食べられないのが無念。

店主のお父さん。陽気です。

お店の皆様の接客、雰囲気も素晴しく、ゆるりとした良い時間を過ごすことができました。「割烹」の名にふさわしい至福のとんかつ屋さんです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「とんかつ割烹 かつぜん」さんのウェブサイトはコチラ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。