懐食 みちばさん-鉄人料理/the 73th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、73日目です。

本日は体に優しい、和食”懐食 みちば”さんにお伺いしました。

料理の鉄人でお馴染み、道場六三郎氏のお店です。

場所は銀座6丁目中央通り沿い、閉店中の松坂屋のお隣のPRADAの正面、

“かねまつビル”の8階です。

“もてなし膳” ¥6,300をオーダーしました。

先附 “瀧川豆腐 美味出し”

その場で、ところてん突きで、絞り出される涼しげなお料理。

歯ごたえも良く、お味もあっさり。

“加賀美人” ¥800

赤じそを使ったオリジナルジュース。

ポリフェノールたっぷりで美容に良い。美味しいです。

前菜 “チーズ黄金焼、魳(かます)炙り寿司、夏野菜 土佐酢ジュレ、ぶどう唐揚、小鰯山椒煮”

ぶどうの唐揚げ、西京味噌と酒粕に付けたチーズなど個性的。

その味も、やはり個性的。

御椀”牡丹鱧(はも) 冬瓜、じゅん菜、おちょぼ梅”

好物だらけの、これは美味しい。

梅が効いてます。じゅん菜、滅多に食べられないですが、プルプルで素敵。

刺身”メジマグロ、アオリイカ、鯛”

盛り付けが美しい。

新鮮です。

続きまして、竹。

焼物”鮎竹筒焼 焼茗荷、伏見唐辛子、椎茸”

やりました!鮎です。鮎の塩焼きは、やはり”たで酢”と共に供されます。

最強コンビの1つです。たで酢のささやかな辛さと風味が、良く合います。

見た目も驚きが有りますね。

煮物”冷し煮物 南京、茄子、小芋、蓮根、おくら、百合根”

今の季節にぴったり。

カツオ出汁のジュレが、風味、歯ごたえの、さり気なくも良いアクセントに。

強肴”銚子金目蒸篭むし 豆腐、黄韮、水菜”

見るからに美味しそうなコチラ。

容器が特殊なのか、いつまでも湯気が消えません。

幸せ。

食事”糠鯖(さば)茶漬”

〆の茶漬け。

贅沢な品数ですが、お腹がパンパンにならないのが素晴しいです。

水菓子”わらび餅、梅のジュレ”

デザートもあっさり。

上品なお味です。

創作と定番のバランスが、とても良い和食でした。ごちそうさまでした!

料理人さんが忙しく働いているのが見える、店内。

活気があって良いです。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにもお立ち寄り下さい。


鮨 太一|路地裏のお寿司屋さん/the 43th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、43日目です。

今年最後はお鮨です。

トリプルの裏手の路地にある”鮨 太一”さんにお伺いしました。

1階が天ぷらの”あさぎ”さん、あさぎビルの2階です。

“十一貫、巻き物一本”¥5,250を注文。分かりやすい価格設定が嬉しいです。

ラインナップは、赤身、しめさば、中トロ、はまぐり、こはだ、貝柱、いくら、くるまえび、あなご、うに、卵。
(うろ覚えですので、間違っている可能性有り)

に、お通しとお吸い物が付きます。

少しだけ撮影させて頂きました。

“いくら”

新鮮なイクラはやはり美味しいです。

“くるまえび”

“うに”

食わず嫌いのウニでしたが、食べてみると甘くて美味しい。

巻物 “鉄火巻き、かんぴょう巻き”

もちろん美味しいです。

人生初のカウンターで食べたお鮨は、最高に美味しかったです。ごちそうさまでした!

大将も気っ風が良く、素敵な方。昼は2,520円からございます。

1人でも行きやすいお店です。9席しかございませんので、満席にはご注意下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さい。

年末年始の営業時間のお知らせ
12月30日 通常営業11:00-21:00
12月31日 11:00-17:00
1月1日 休業
1月2日 通常営業11:00-21:00

お気をつけ下さい。


金田中 庵|プチすっぽん料理に舌鼓/the 38th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、38日目です。

本日は、最近、お腹の調子が悪いため優しい物をということで和食です。

銀座7丁目の老舗割烹”金田中 庵-かねたなか あん”さんにお伺いしました。

その名もズバリの”金田中ビル”の2階でございます。

若干入り口が分かりにくいのでお気をつけ下さい。

ランチメニューは4種類の中から、

“小鍋すっぽん大根・丸玉地ご飯”¥2,100をオーダーしました。

“季節の一品-蓮根、じゃがいも、大根の煮物”

冷たい煮物です。痛んだ体に染み渡る優しいお味です。しみじみ美味しいです。

“小鍋すっぽん大根”

白玉、椎茸、揚げ、大根。

マイルドなスッポンの出汁(だし)が染みわたった具材が、また体に染み渡ります。

浮いた存在の感じがする白玉の中に、実はスッポンの身が入っています。

コラーゲンもたっぷりそうで、美肌効果もありそうですね。元気になります。

“丸玉地ご飯”

ご飯にすっぽんスープに卵を入れて蒸しあげています。

出来上がりは3重構造で、上からスッポンの出汁を使った餡、具無し茶碗蒸し、雑炊。

これは美味しい!そして体への優しさ!!

3つを一緒に混ぜて感じる、味わい深さ。これぞスッポンの力。

今日のような寒い日にぴったりのお料理です。

勢い付いてコチラも追加オーダー。

“鯛のあら炊き”¥2,625

天然の鯛の頭のあら炊きです。実は一番美味しい部分。

特に目玉(回り)とか口(回り)は絶品です。ゼラチン質の部分とか特に!

当然、骨が多く身は少なめで、しかも頑張らないと食べれないのですが、味が凝縮されている感じ。

甘辛い味付けで、添えてあるゴボウとともに箸が進みます。

頼んで正解でした。

“ラ・フランスの嶺岡豆腐”

江戸時代には牛乳のことを嶺岡(千葉にあった嶺岡牧場から)と呼んでいたそうです。

こちらも、ラ・フランスとともに清涼感有りで、爽やかな締めくくりでした。

和食の美味しさ再確認。ごちそうさまでした!

店内はテーブル全8席と、

料理人さんの手際を間近で見られるカウンターです。

ランチはクオリティーも高く、コストパフォーマンスも良いですよ。

“金田中 庵”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラ。


お立ちよりの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。


あら?こんな所に素敵なお店が “和風料理 おうち”さん/the 28th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡る”銀座6丁目美食日記”、28日目です。

本日は美味しい定食を求めて、以前より気になっていた”和風料理 おうち”さんにお伺いしました。

お店が、見つけにくいです!

当店の近くのセブンイレブンの正面のドトールの右側のビルの入り口の、

奥です。

すると、まさかこんな所に、こんな良い雰囲気のお店が!?

というくらい意外性のあるエントランスが。

お昼の定食は全て1,000円で、サラダバイキング付きでございます。

“サラダバイキング”

テーブルにサラダが並んでいる訳ではなく、大きなお皿に山盛りの野菜が出されます。

シャキシャキとした歯ごたえで、とても新鮮でした。野菜大好き。完食いたしました。

“日替わり(焼きさんま)定食” ¥1,000

サンマ、牛こんにゃく煮、温泉卵、みそ汁、ご飯、漬け物。

この家庭的な組み合わせ、良いです。見た目にも、美味しそうで安心します。

今が旬のサンマ。

焦げ目が食欲をそそります。

皮はパリパリで、身は柔らかい。やっぱり美味しいサンマでした。

“ぶどうのゼリー”

最後は一口デザートで。ありがたいです。

野菜も沢山食べれるヘルシーな定食でした。ごちそうさまでした!

店内は高級感があり、カウンター席もあるので、1人でも安心です。

夜はすっぽん鍋なんかもあるみたいですよ。

詳しくは”おうち”さんのウェブサイト(ぐるなび)をご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。