銀蕎麦 國定|秘密のお蕎麦屋/the 4th day

こんにちは、トリプルです。本日、ちょっと二日酔い気味。そんな時、さっぱりとしたお蕎麦に胃腸、ひいては肝臓を癒してもらいたくなります。というわけで、銀座6丁目の美味しいお店を紹介させて頂く「銀座6丁目美食日記」4日目、本日は「銀蕎麦 國定 くにさだ」さんにお伺いいたしました。

トリプルの裏の路地の、さらに路地にございます。

こちらの路地の中の路地を20mほど進んで右手、地下一階がお店でございます。正に「隠れ家」と呼ぶに相応しいお店です。

素敵な女性に迎えて頂けます。

早速注文。

今日は体に優しいものをということで、・すだちおろしそばをお願いしました。コチラ。

お蕎麦の上に、九条ネギ、わかめ、いり胡麻、たっぷりの大根おろし。こちらに、スダチを絞り、そばつゆを掛けて頂きます。すだちの甘酸っぱい香りにより、食欲増進。

私の感覚だと通常のソバより、やや細めでしょうか。のどに優しいスリムさです。

女性のそば職人、國定さんが作るお蕎麦。あっさりとして、非常に食べやすい印象。優しいお味です。食べやすいといっても、ほどよいコシ、歯ごたえもあり、ソバ好きの私も十分満たされました。絞り立てのスダチのほんのりとした酸味も感じられ美味。サラリと頂くことができました。ごちそうさまでした!

座席数はそう多くはありませんが、通路も広く、ゆったりとした配置でくつろげます。

タイミングが良ければ國定さんの蕎麦打ちも見ることができますよ。

素敵ですね。自家製豆腐や味噌焼きなどのサイドメニューも美味しそうだったので、次回は是非。日本酒もけっこう豊富なので、お酒好きの方にも良さそうです。お酒を飲んだ後の〆の蕎麦。大好きです。

銀座でお蕎麦が食べたくなった時は「銀蕎麦 國定」さんへどうぞ。道に迷ったらトリプル銀座までどうぞ。ナビいたします。

お立ち寄りの際はトリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


とんかつ割烹 かつぜん|至福のとんかつ/the first day

こんにちは、トリプルです。メガネと関係ない話題も挟んでいきます。銀座6丁目の美味しいお店を紹介していく企画「銀座6丁目美食日記」、始めました。微力ながら銀座を盛り上げていきたい!と思っています。

縁起もかついで、第1日目は「かつ」です。本日は「とんかつ割烹 かつぜん」さんにお邪魔しました。とんかつ店で唯一ミシュランガイド1つ星の名店です。

場所は銀座6丁目、バーニーズの入っている交詢ビルの4階。分かりやすい。カウンター8席、あと秘密の個室が1部屋のお店です。個室は予約必須。

従来のトンカツ店のイメージをくつがえす(私の勝手なイメージです)、非常に上品で美しい内装です。脂っ気が全くなく美しい。個人的にカウンターメインのお店、好きです。

頂いたのは、鹿児島産黒豚ロースかつ。とんかつ、ご飯、前菜3種、お味噌汁、お新香のセットです。お新香も、塩辛くなく、シンプルに野菜のお味が引き立てられていて、とても美味しかったです。

このお新香をつまみに、お酒を飲みたくなりました。

そしてメインの・鹿児島産黒豚ロースかつ

清潔感のある、薄い色のキレイな衣。カツが、縦だけではなく横にも1回、切られていることにお店の優しさを感じます。

厚めのお肉ですが、非常に柔らかいことに驚きました。

サクサクの衣と、肉の旨味、さらにジューシーで甘のある脂身のハーモニーが素晴しいです。とんかつ好きの私も納得の美味しさ。とんかつに付けるソースも、シンプルなとんかつソースと柚子にんにくソースがあります。一緒に付けて食べるのも有りです。にんにく好きの私は柚子にんにくソースが好きですが、なにせ接客業ですので、仕事がお休みの時しか、食べられないのが無念。

店主のお父さん。陽気です。

お店の皆様の接客、雰囲気も素晴しく、ゆるりとした良い時間を過ごすことができました。「割烹」の名にふさわしい至福のとんかつ屋さんです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「とんかつ割烹 かつぜん」さんのウェブサイトはコチラ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。