太常|八百屋?うどん屋?/the 75th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、75日目です。

本日は久しぶりのうどんです。

銀座7丁目、昭和通りの近くにある”太常”さんにお伺いしました。

八百屋さんが始めたうどん屋さんということで、外には普通に野菜や果物が打っています。

12時前にして、なかなかの繁盛振りです。

“夏野菜のだし うどん(冷や)” ¥700

大根おろし、人参、オクラ、ズッキーニ、キュウリなどが沢山入った涼しげうどん。

麺はかなり太め、そして固め。しかし、コシがある訳ではない。なかなか個性的な麺です。

香川県から取り寄せた小麦を使っているらしいです。

健康的で良い。美味しいです。

野菜天”モロヘイヤ、丸ナス(価格失念)”

八百屋だけあり、産地直送の野菜が美味しい。

モロヘイヤ、丸ナスはかなり嬉しいです。

温かいうどんも食べるべく、また、別の日にお伺いしました。

“九条葱うどん(あつあつ)” ¥500

その名に恥じぬ九条葱のかかり方。嫌味じゃない辛みが素敵。

ダシは化学調味料を不使用。アツアツの方がダシの美味しさがわかります。

“サラダ” ¥100

やはり、野菜が美味しいのです。

野菜天 “マイタケ¥150、カボチャ¥50、ズッキーニ¥70”

そして、安い!気がする。

流石、江戸時代から続く八百屋さん。ダシに付けて食べると、美味しいですよ。

銀座で珍しい庶民的な店内。夜はお酒も飲め、金曜にはジャズナイトが開催されるとか。

お昼は基本的にセルフサービス。料金は先払いです。

“太常”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。


大きな地図で見る


スイカが美味しい季節です。


割烹蕎麦處 銀座神谷 木挽庵|絶品そば会席/the 24th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の飲食店巡り”銀座6丁目美食日記”、24日目です。

美味しいお蕎麦が食べたいな、ということでお伺いしたのは、コチラ。

 “割烹蕎麦處 銀座神谷 木挽庵”さん。

1階が”BARNEYS NEWYORK”、交詢ビルの4階です。

高級感漂うエントランスです。

入ってしまえば、親切で優しいスタッフの方が案内してくれますので、安心安心。

本日はそば会席”戸隠”¥5,250をオーダーしました。

先付”はもざく”
 
ウナギの変わりに夏が旬なハモも使ったお料理。

ウナギより歯ごたえのあるハモに、太めにカットされたコリコリのクラゲ、

シャキシャキのキュウリなど、味覚と食感、両方で楽しめます。美味しいです。

造り”炙り寿司”

左からマグロ、カンパチ、アオリイカ、甘鯛。

一口サイズの小さいお寿司。若干生ものが苦手な私には嬉しい炙り寿司。

生で食べるよりも、香ります。鼻にも美味しい、とても食べやすいお寿司です。

焼物”マナガツオのネギ巻き”
 
これも美味しい。

上品で、淡白な味わいのマナガツオと、香り良く食欲をそそる焼きネギのコンビネーションが素敵。

お酒が飲みたくなってきます(仕事中なので我慢です)。

“揚げそばがき”

握りこぶしくらいの大きさで、食べ応え有り。

揚げそばがきは初めて食べます。外側の揚げ部分を割ると、熱々でモチモチのそばがきが登場。

揚げたて。サッパリ系のツユも良い感じでした。

“せいろ”

やや太めの挽きぐるみ(殻以外のそばの実を全て挽き込んだそば粉)そば。

出して頂いた瞬間、香しい香りが!良い匂いのする蕎麦って珍しい。

そして、コシが強く、歯ごたえも最高に良い。流石の逸品です!

“かけ”

かなり濃厚なお汁のかけそば。

やっぱり蕎麦が美味しい。外側は柔らかくても、しっかり芯は残っています。

さり気なく入っていたカボスも好き。心も体も暖まる幸せなお味です。

生命感溢れる蕎麦。そば、最高です。

デザート


左から”赤ブドウのゼリー、桃のシャーベット、和三盆のプリン、水ようかん”

まるでブドウを食べているような素材感の高いゼリー、

シャーベットらしくないネットリとした食感のシャーベット、

上品で濃厚なプリン、何の微睡みもなく胃に落ちていく水ようかん。どれもハイレベル。

食後にコーヒーが付くのも嬉しいです。

全ての料理が、美味しい。そしてボリュームも満点。

とても満足感のある、そば会席でした。ごちそうさまでした!

カウンター席は、料理人の方々の姿が見れるし、料理の質問もしやすい。お勧めです。

入り口は小さいですが、店内は広々、半個室など44席あるみたいです。
o0800053412158136850
和モダンな雰囲気もオシャレです。

 “割烹蕎麦處 銀座神谷 木挽庵”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際はぜひトリプルにも遊びに寄って下さいませ。


泰明庵|庶民の見方!/the 21th day

2016年7月追記)なんとランチタイムに4軒連発で振られるという緊急事態が発生。そんな時でも泰明庵があるから安心です。

本日は以前から気になっていた”カツカレー丼” ¥1,200をお願いしました。
taimei3
一般的なものとは一線を画す蕎麦屋カレー。 おそらく蕎麦でも同じものを使うのであろう。薄い豚肉や玉ねぎが入っており、凄まじいドロり感で独創的。

ボリュームたっぷりで、さらにトンカツが入っているとなると、かなりヘヴィーな代物。暑い日に、熱いカレーを食べながら熱い味噌汁を飲む。汗だくです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2016年6月追記)何と4年ぶりの訪問になってしまいました。ランチ時間は基本的に相席にて。 蕎麦以外のメニューも充実しているのが良いですね。

本日は”カツ丼” ¥950をお願いしました。
taimei2
豆腐とワカメがたっぷり入った味噌汁とキュウリの漬物付き。味噌汁は少し塩気が強く感じます。

taimei1
それに対してカツ丼は卵と出汁の甘みが心地良い。 お肉も柔らかく安定した美味しさ。蕎麦屋のカツ丼って、トンカツ店のものとは別物ですね。 今後は定期的に通おうと思います。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2012年7月記載

こんにちは、トリプルです。 銀座6丁目の飲食店をご紹介するグルメ日記、21日目です。 本日はお蕎麦です。

お店の場所は、泰明小学校の前の、細い道を40mほど進んだところ。
泰明庵
カフェ”オーバカナル”さんと ポルトガル料理”ヴィラモウラ”さんの間の道です。

創業50年以上の老舗、”泰明庵-たいめいあん”さん。

昔ながらの民家風の佇まいが、安らぎを感じさせます。 ここは長閑ですよ。

よくあるメニュー表は存在せず、 店内に濃密度で貼ってある短冊メニューから注文します。

無くなったらドンドン剥がしていくみたいです。 メニューがあり過ぎるのと、よく見えないので、なかなか決められずにいたところで、 店員さんに勧められるまま、コチラを注文しました。

“甘エビかき揚げ 冷やし蕎麦”

プリプリの甘エビが沢山入ったかき揚げが2つも! お蕎麦の量も多く、かなりのボリューム感です。 かき揚げは、油っこくなくさっぱり目、程よくサクサクで美味。 お蕎麦、蕎麦ツユも非常にシンプルで、食べやすい!飽きのこないお味です。

タイミングよく蕎麦湯を持って来てくれるのも嬉しいですね。

美味しいお蕎麦、ごちそうさまでした!

おつまみ類も非常に豊富のようで、軽く一杯飲むのにも良いと思います。 味わいのある店内も、非常に素敵です。

2時前にお伺いしたのですが、お客様が絶えずいらっしゃっており、相席も普通。今の銀座っぽくない(昔の銀座っぽい?)お蕎麦屋さん、存在意義を感じるお店でした。休憩無しで、昼から夜まで通しで営業しているのも嬉しいですね。ごちそうさまでした!

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


銀座 佐藤養助|伝統の技が生きる稲庭うどん/the 19th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目を味わう”銀座6丁目美食日記”、19日目です。

本日は、暑い季節に食べたくなる、冷たい麺です。”銀座 佐藤養助”さんに言ってきました。「稲庭うどん」と言えばココ!というお店みたいです。トリプルの裏側の、やや大きい通り沿いにございます。


温かみのある、上品なエントランスです。

稲庭(いなにわ)うどんは秋田県南部の手延べ製法の干しうどんです。ちなみに店名の由来は二代目の名前から。今は八代目で、150年近い伝統があるみたいです。

稲庭うどんは多分、人生始めて。期待できます!

本日は”天ぷらせいろ 醤油つゆ”をオーダーしました。

天ぷら “なす、きす、カボチャ、海老”

定番の具たち。キス天が入っているのが嬉しい。衣もサクサクで、美味です。

“稲庭うどん”

お蕎麦のように醤油つゆに付けて食べます。普通のうどんより、かなり細くて平たいんですね。食べてビックリでした!麺が舌に吸い付くような食感。何か楽しい。麺も非常に滑らか、どんどん胃へ吸い込まれていきます。そして、細いのにコシも十二分。冷たくて非常に美味しいです。

食感の秘密は、製法にあり。麺を何度も丹念に練り上げる際に、麺に空気が沢山入り、中空の麺ができあがるそうです。伝統の技は、美味しい。

“じゃこご飯”

あったか~いご飯も付きます。ボリュームたっぷり。稲庭うどんも無料で大盛りにできるみたいです。

心も体も、たっぷりと清涼感を味わえました。ごちそうさまでした!

木が生える店内。

シックでオシャレ、従来のうどん店には無い雰囲気です。

夜は、岩牡蠣や比内地鶏、きりたんぽ鍋など秋田の郷土料理も、食べられます。

地酒も豊富に用意されてるみたいです。夜もかなり気になります!

“佐藤養助”さんのウェブサイトはコチラです。お立ちよりの際はぜひトリプルにも遊びに寄って下さいませ。