アロセリア ラ パンサ|ランチに絶品イカ墨パエリア/the 367th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」367日目、本日はスペイン料理「アロセリア ラ パンサ」にお伺いしました。代官山の人気店「アロセリア サル イ アモール」の姉妹店です。ちなみにアロセリアとはスペイン料理の中でもお米専門店。お米好きには興味深いお店です。

銀座1丁目、昭和通り沿い。トリプル銀座からはやや遠めです。。。

2017年1月にオープンしてからすぐに千円ランチを始められたのですが、メニューにあまり惹かれず。アロセリアというからには、たっぷりお米が食べたい。そんな中、最近パエリアを食べられるランチコースを開始されたようで、早速お伺いいたしました。

スペインの地図、ワインなどが飾れれた賑やかで明るい店内。

赤い花柄のテーブルクロスも可愛いです。カジュアルですが全体が落ち着いたトーンでまとめられており、上品で温か、清潔感もあり心地よい雰囲気です。

本日はお目当ての・ラ パンサ ランチコース ¥2,980をお願いいたしました。

冷製スープ・サルモレホ

ガスパチョよりも濃厚なトマトとビーツのアンダルシア地方のスープは、羊のマンチェゴチーズとイワシの塩漬けがアクセント。コクがしっかりあって非常に美味しい。期待が膨らむ1品目。

・自家製パン

嬉しいお代わり無料です。

・グリーンサラダ、モルテルエロ

空豆と焼きナスに新鮮サラダ、ウサギや豚肉をペースト状にしたモルテルエロ、さっぱりした味付けで美味です。

・ズワイガニのクレープ包み ドノスティア風

これも良い!カニの旨味は弱いものの、フワフワ食感と魚介出汁たっぷりのソースが美味しい。フワフワのパンに付けて残さずいただきました。

メインのパエリアは4種類から選択可能。本日は・イカ墨のパエリアを選択。2人前から頼めないので追加料金 +¥1,000で、2人前をいただきます。

黒々艶やかな美しい見た目で、香りも良い。お米は芯を残したアルデンテ、歯ごたえがありながらも、イカ墨でしっとり仕上げられており絶品。

具材はエビ、白身魚、パプリカなどシンプルですが、出汁がよく効いております。

基本的に後付け調味料はあまり使わないのですが、アイオリソースでいただくと卵黄の旨味とニンニクの強い香りが加わり、二度美味しい。量的にも2人前でお腹もいっぱいです。

・アロス コン レチェ

アロセリアですから最後もお米を使ったデザートです。シナモンとレモンの香りが爽やかで美味。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

メインのパエリアが美味しいのはもちろん、前菜もレベルが高く、ランチコースは非常にコスパ良好。

サービスの方々は、説明も丁寧でフレンドリー。混み合う中でも笑顔を絶やさずサービスされているのが印象的です。 ウサギと鶏肉のパエリアもかなり気になりますので、またランチコースでお伺いたしたいと想います。ちなみに「ラ パンサ=太鼓腹」の意味。気を付けなければいけません。ごちそうさまでした!

「アロセリア ラ パンサ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ル・ブラン 銀座店|三越隣のスイーツも美味しい洋食店/the 363th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」363日目、本日は不思議と懐かしい語感の洋食です。

銀座三越の隣にある洋食店「ル・ブラン 銀座店」にお伺いしました。

ずっと気になってはいたのですが、何故かお伺いする機会がなかったお店です。 店内のテーブルには綺麗な白のテーブルクロス、壁に掛けられた絵画など昔ながらの洋食店らしい落ち着いた雰囲気で、2階席もあります。

本日はメインが選べる・ランチAセット ¥1,400をお願いしました。

まずは・サラダ、コーンスープ


滑らかなスープは素朴なお味で落ち着きます。

メイン料理は一番人気の・魚介のドリアをオーダー。

乳製品のまったりとしたコクと玉ねぎの甘味が美味しいベシャメルソース。魚介はエビ、イカ、アサリが入っており美味しい出汁効果と共にプリッとした食感がアクセントとなっています。昔ながらのドリア、お皿に周りに付いた美味しい焦げ部分をスプーンで頑張って食べるのが大好きなのです。

料理も美味しいですが、デザートも美味しいです!

人気No.1の・モンブラン ¥510

モンブランの要のうねうね部分はフランス産のマロンクリームにほんのりラム酒で大人味。 中はコクのある生&カスタードのブレンドクリーム、個人的に気に入ったのは下のさっくりタルト生地にアーモンドクリームとマロングラッセが入っていたこと。栗好きには嬉しい隠し栗でした!

こちらはまた別の日にカフェ利用でいただいたデザート。

・スイートポテト ¥820

ウェーブが美しいサツマイモのスイートポテト、甘さは非常にうっすらなので、付け合せの生クリーム、バニラアイス、キャラメルソースが大活躍。 人工的な感じがあまりしない分、優しさと大らかさの感じられるデザートでした。 

最後はセットの・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

ちょっとツンツンしている感じなのに、何故か感じの良いサービスも好み。三越の隣ということもあり客層も上品で落ち着いています。日曜日はの早い時間の食事は以外と狙い目、午後のカフェ利用で賑わいそうな感じですね。

夜は飲み放題付きのコースなどもあるようですので、知っておくと以外と便利かもしれません。 グラタン、ハンバーグ、カボチャプリン、グレープフルーツゼリーなども気になりますので、またお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

「ル・ブラン 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


閉店)光ツ石|洋食店の王道オムライス/the 312th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」312日目、本日はオムライスです。

銀座8丁目、金春通り沿いをブラブラしていると鮨の名店「久兵衛」さんの向かいに気になる看板を発見!
「光ツ石」さんという洋食店。ランチタイムは「チューボーですよ!」で紹介されたオムライスを提供されているようです。後日早速お伺いしました。

ビルの入り口は中央通り側にもございます。雑居ビルの地下1階、若干入りにくいですが、お店の中に入れば全然大丈夫。入って左側にカウンター、右側がテーブル席。オムライス的ではなく、和食店のような雰囲気です。

メニューは福来純香る王道オムライス、たっぷりきのこのオムライスの2種類。 間違いなくキノコの方が好みですが、まずは・福来純香る王道オムライス ¥1,000 を実食してみることに。

・ジャガイモの冷製スープ

フレッシュ感があり美味。塩気が良い塩梅。期待できそうです。

15分ほどでオムライスが到着。

美味しそうです! この良い香りの正体が福来純(純正本みりん)でしょうか。


しっとり仕上がった卵焼きの中は鶏肉、玉ねぎなどが入った王道ケチャップライス。 個人的に上を割ると半熟卵トロトロオムライスより、この手の昔ながらのタイプが好みです。 ボリュームもしっかりあって、大変美味しいオムライスでした! 添えられたサラダの下にはポテトサラダが潜んでおり、こちらもなかなか。ごちそうさまでした!

後日もう1つのオムライスをいただきにお伺いしました。

・たっぷりキノコのオムライス ガーリック醤油風味 ¥1,000

中身がたっぷり詰まったぼってりと可愛らしい見た目はほぼ同じ。


具材は数種類のキノコ、鶏肉、ネギなど。味付けもマイルドで美味しい安心のオムライス。 個人的にはコチラが好みでしたでしょうか。 サービスも丁寧で良いですね。 またオムライスが食べたくなったらお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


閉店)SALON1950|歴史は続く、どこまでも/the 237th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”237日目です。1年半ほど前に閉店した老舗洋食店の銀座キャンドル。名前を変えて移転営業しているとの情報をキャッチし、早速ランチでお伺いしてみました!

職場がキャンドルさんがあった場所に近いため、今でもたまに「キャンドルって何処でした?」と聞かれることがあります。閉店したんですよと告げた時の、残念そうな表情、または驚きで、こちらも辛い気分になっていたのですが、移転されていたんですね。

場所はコリドー街の合同(オエノン)ビルの地下1階。
salo9
看板も何もありませんが、突き進みます。それらしき入り口を開けると、左右の壁には著名人のサインが飾られています。間違いありませんね。さらにガラスのドアを開けると、不思議な空間が。

salo8
なんとワインセラーの中にお店があるのです。ちょっと他にない素敵な雰囲気!オープンキッチンで、客席は大きな一枚テーブル、ここにいる人全てが何かを共有している感覚ですね。BGMはクラシックで、料理を待っている間に何もしていなくても、そこにただ座っているだけで退屈しないのが不思議です。

お店はキャンドルにいらっしゃったシェフと、ホールの方,お2人で切り盛りされているそうです。夜は事前予約必須の¥10,000コースのみですが、昼はカルトでオーダー可能。記載は税抜き価格です。

まずはドリンクをオーダー。

“アラン・ミリア ブルーベリー ネクター 330ml” ¥2,500
salo1
興味本位でお願いしたフランスの高級ジュースでしたが、これは美味しい。まず、グラスに注ぐ時の粘性の高さに驚き、飲んでみるとブルーベリーの甘酸っぱさが口の中に充満いたします。 ブルーベリーを本当に食べているような、高級なワインを飲んでいるような錯覚に陥るスペシャルドリンクでした。

そして絶対外せないコチラ!

“チキンバスケット” ¥1,600
salo2
キターッ!ナイフとフォークもありますが、熱々で火傷しそうですが、もう手づかみでいっちゃいました。久々のキャンドルのフライドチキン!感動です!

サクサクの衣に、ジューシーで甘味のある美味しいお肉。美味し過ぎ。手羽元にササミの部分も入っておりました。「皆様、ここにありましたよ!まだ食べられますよー!」と心の中で叫びながらいただきました。大満足です。

味付けなどは今までと全く変えていないそうですが、前回よりずっと美味しい気がいたします。チキン以外にポテトコロッケ、ポテトフライ付き。 本来トーストも付くのですが、別の料理も頼んだので無しにしてもらいました。

“和牛ハンバーグ” ¥3,900
salo4
未経産の雌の黒毛和牛にコクを出すため少しだけ黒豚のお肉を混ぜているそうです。 丸々分厚い貫禄のあるハンバーグの重量は240gほど。大きい。十分に味が付いており、そのままでもとても美味しく、上質感たっぷり。

salo7
デミグラスソース、数種類のお塩などでいただくのですが、一番美味しかったのは胡椒。 ハンバーグの横にチョコンと添えてあるのが手積みの胡椒。 こちらを一粒手にとり、実を奥歯で噛むと胡椒の刺激が口の中に広がります。その余韻でハンバーグをいただきます。こんなハンバーグの食べ方初めてです。胡椒って美味しいんですね。

定番のグラタン、ハンバーグなど以前より値段は上がっていますが、食材は明らかにグレードが高くなっており、空間も素晴らしい。 本当に移転していてくれて嬉しいです。これで場所を尋ねられても堂々と答えられて一安心。 夜のコースはドリンクも付いて断然お得ということですので、またお伺いしてみます。 ごちそうさまでした!

“SALON1950”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。