重厚感のある黒甲フレームが入荷

黒いべっ甲フレームが入荷いたしましたのでご紹介いたします。こちらです。

UM6502 黒甲
um6502b
最近ますます人気の黒甲フレーム。昔ながらの重厚感のあるデザインは、クラシックなメガネが好きな若い方にもお勧めできそうです。

um6502b3
丁番は18金イエローゴールドを使用。錆びないですし、万一破損した場合も修理が可能。ほとんど見えない部分ですが高級感を出すのにも一役買っているのです。

um6502b2
一見べっ甲に見えない黒さが良いですね。その柔らかい黒さ、雰囲気は黒いプラスチックと全く異なります。美しいです。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


モダンなべっ甲メガネが入荷。

スマートなべっ甲メガネが入荷いたしましたのでご紹介いたします。

UM6508 col.とろ甲 ¥560,000

カラーは最もべっ甲らしいブラウンのとろ甲。絶妙な斑(ふ)の入れ方はべっ甲職人年兼氏の熟練の技によるものです


バランスの良いサイズ感、スクエアなレンズシェイプでお顔なじみ良く掛けていただけます。

 
写真ではわかりにくいですが、プラスチック素材にはない透け感と風合い、深みがございます。他の素材では表現し得ない上質感と趣です。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


赤甲 + 黒甲 ぼかし鼈甲メガネ

べっ甲とチタンに綺麗なコンビネーションフレームが入荷いたしましたのでご紹介いたします。

VO-705 黒甲 + 赤甲 ¥420,000

鮮やかな真紅から深みのあるブラックへのぼかしが美しいべっ甲テンプルフレーム。フロントはチタンを使用しており、テンプルと調和の取れたカラーリングです。また軽さとリーズナブルな価格も魅力となっています。


こういった染め方は非常に難しく正に職人技。べっ甲職人の中でも作れる方は僅かという意匠です。

 
赤甲は最高級のべっ甲である白甲を染めたもの。他の素材では表現し得ない上質感と趣なのです。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


S.T.Dupont K14WG ツーポイントフレーム

S.T.Dupont K14WG のツーポイントフレームが入荷しましたので、ご紹介いたします。

S.T.Dupont DP-117W col.K14WG
dp117w3
程よいボリューム感で、STデュポンらしいブリッジなどの細かい装飾も高級感を高めています。

dp117w2
テンプルにはさり気なくセットされたブランドロゴ。各パーツごとに繊細な彫金が施されています。

続いてコチラ。

S.T.Dupont DP-134W col.K14WGdp134w4
DP-117Wよりやや細身のさらにシンプルなツーポイントフレームです。

dp134w3
サイドもよりさり気なく。「D」のロゴが気が利いています。どちらもレンズデザインはある程度変更することが可能です。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。18金、14金のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


白ばら甲 鼈甲メガネが入荷。

本べっ甲フレームが再入荷いたしましたのでご紹介いたします。

UM6511 白ばら甲 ¥1,550,000
um6511
これぞべっ甲という色合いの白ばら甲フレーム。計算されたカラーバランスは職人技。瑞々しい高級感溢れる逸品です。

um6511_3
丁番は18金製。劣化せず壊れても修理が容易な素材のため高級べっ甲フレームには欠かせません。見えない部分ですが、べっ甲素材に華を添えます。テンプル裏にはべっ甲職人「年兼」の刻印入りです。

um6511_2 um6511_4
テンプルの縞模様、透明感も美しいです。是非店頭にて至高のメガネをご覧くださいませ。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。