はるかなるカレー 野菜たっぷりヘルシーカレー/the 129th day

2016年3月追記)銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、129日目です。本日はカレーです。お伺いしたのは“はるかなるカレー”さんです。以前は路地裏のビル地下1階でしたが、現在泰明通りのウエストビル2階に移転しています。
haru7
お酒を飲みすぎた翌朝など、体しんどい時によく頭に思い浮かぶユニークなカレーを食べさせてくれます。

haru6
ビルに入ったところにエンジ色のエレベータがあるのですが、なんと2階はスルー!止まりません。お気をつけください。 薄暗い階段を上がると、また小さな看板。長い廊下を渡った先にお店の光を発見。スナックの居抜きで、カウンター6〜7席のみのタイトな店内。女性お一人で切り盛りされています。

ドリンクはペットボトルの烏龍茶をセルフで飲み放題。 狭い空間だけに知らないお客様同士でメニューやペット茶を回したりなどして、お喋りが弾むのもよい雰囲気なのです。 基本的にメニューは”はるかなるカレー”の1種類のみ。トッピングを追加することができます。

本日は”はるかなるカレー” ¥1,000 “野菜倍量” +¥500 をお願いしました。 野菜を焼いたりしますので、少々お時間がかかります。

こちらのカレーは見た目も特徴的。
haru1
大山どり、輪切りの大根とレンコンとサツマイモ、タラの芽、ほうれん草ソテー、新潟名物の打ち豆(青大豆を潰して乾燥させてもの)、レタス、水菜、オリーブがたっぷり乗っており野菜が主役のカレーです。

倍量の野菜に埋もれてカレーはあまり見えませんがスープカレー風で、玉ねぎのみじん切りがたっぷり入っているのがわかります。
haru2
15種の香辛料が入っておりスパイシーですが、野菜の甘みが引き立つ繊細な軽味でやっぱり美味!小麦粉、バターは不使用の本当に体に負担をかけない栄養満点の優しいお味で、お酒をしこたま飲みすぎた次の日のランチにも最適! 女性のお客様が多いのも納得です。

お米も新潟県長岡産のコシヒカリ玄米(大盛り、お代わり無料)を使用しているため、腹持ちもよく、通常サイズでも十分満足できるボリュームかと思いますよ。

デザートは”レッドグローブ”
haru3
食後に美味しい”コーヒー” ¥300をいただきました。 飲みなれたネスプレッソですが、場所やカップでお味も変わるものです。 移転前は間借りしたいたため、昼のみでしたが、現在は夜も営業しております。 カレーを出す店が数多くある銀座の中でもオリジナリティを感じ、元気が出る。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

営業時間が不規則ですので、行かれる際はFACEBOOKページでチェックがお勧めです。

以下2014年5月記載

稲庭うどんの“佐藤養助”さんの向かいの路地を入ってすぐ左手です。営業している場合は、立て看板が置いてあります。ちなみに右側の行列はつけ麺の“朧月”さんです。
haru7

場所は銀座6丁目、泰明ビル本館の地下1階です。やは入りづらいですが、思い切って前に進みましょう。
haru6 

まずは玄米茶で。水ではないのが嬉しいです。
haru1

メニューは1種類のみ。こちらです。

“はるかなるカレー” ¥1,000
haru3haru4
具沢山です。大山どりを中心に、ふき、ごぼう、パプリカ、オリーブ、ジャガイモなどなど。お米は新潟産のコシヒカリ玄米です。スパイシーですが、透明感のあるカレーでございます。小麦粉、バターも使用していないということで、本当に体に負担をかけない優しいカレーです。

“パイナップル”
haru5
お口直しにさっぱりと。ごちそうさまでした。

ユリの良い香りが漂よう店内。夜はバーになるようです。奥にピアノも見えます。
haru2
お一人でも安心です。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です