細い縁のクラシックなメガネがトレンドですが・・・

こんにちは、トリプルです。

隆織のメガネが再入荷しておりましたので、ご紹介いたします。

コチラです。

隆織 TO-016 col*01 black
o0700033012693402449
ボリューム感たっぷりの、エッジーなメガネです。

メガネで主張を出したい方にお勧めです。

隆織 TO-016 col*04 Brown harf
o0700033012693402451
黒よりやや馴染む、こちらのカラーも面白いです。

隆織 TO-024 col*01 black
o0700030012693403383
さらに個性の強いデザイン。

隆織 TO-024 col*04 Brown Sasa

o0700030012693402450
隆織 TO-024 col*07 Yellow
o0700030012693402452
これだけ太くて、尖っていると磨く(ツヤを出す作業)が大変。

手作業による部分が多く、手間がかかり、隆織は生産本数が少ないです。

世の中は、線が細いくてクラシックなメガネがトレンドのようですが、

流行に流されずに自分に似合うメガネを掛けましょう。

隆織について詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。

隆織のメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。


バランス感が命 “隆織 T-023” PS vol.63

こんにちは、トリプルです。

本日も素敵なお客様に、たくさんご来店頂きました。

いつもありがとうございます!

本日ご紹介するメガネはコチラです。

隆織 T-023 col*3

数多くのブランドのOEMを手がけてきた”西尾眼鏡”のオリジナルブランド、隆織です。

熟練の職人の手作業でしか生み出せない、このエッジ感、瑞々しいツヤ感。

そして、一般的なメガネ(4~6mm)の倍以上の12mm厚のアセテートを使用したボリューム感が刺激的です。

それでは早速。

Mr.Saruta met “TAKAORI T-023 col*3”.

精悍な雰囲気で、身長も高いため、存在感のあるメガネとのバランスが非常に良いです。

全くメガネ負けしていません。お似合いです!

透明感のあるグレーを選んで頂いたので、顔なじみも良い。

サイド。

この切れそうなエッジ感は隆織ならでは。

横顔に、ここまで表情を作れるメガネも珍しいのではないでしょうか。

どの角度から俯瞰してもクールですね。

お色違いは、

隆織 T-023 col*1

定番のブラック。かなりインパクトはありますが、カッコ良いです。

笑顔も爽やかで素敵です!

主張のあるメガネは、それに負けない個性、雰囲気が必要です。

Saruta様、ご協力頂きまして誠にありがとうございます。

メガネの出来上がりを楽しみにお待ち下さい!

隆織のメガネをお探しの方は、東京銀座のトリプルまでどうぞ。


“隆織 T-026” Personal Styles vol.14

こんにちは、トリプル銀座です。

本日も素敵なお客様にご登場願います。では早速

Luis 様です。


はまってます!個性的なメガネを難なく掛けこなしますね。

お掛けのメガネは隆織-Takaoriという日本のブランドのもの。

8mm厚のアセテート(薄いところでも6mm)を使用しているためのボリューム感と、

ガチガチに立ったエッジが非常に個性的です。

ただ、エッジが効いているため、意外とスッキリ見えるんです。

Luis様は、一番アバンギャルドという観点で選ばれましたので、

単品で見るとスッキリしていないのですが、掛けるとバランスが

すごく良いですね。


暴れ馬のようなメガネを、完璧に乗りこなしています。

その雰囲気が、とてもカッコ良いんでしょう。

自分に何が合うかを、よく知っていらっしゃるから選べるんですね。

そう、洋服やメガネを購入する時の大事なポイントの1つは

自分を知ること。これが難しいんですが。。。ホント大事です。

なので、私たちの仕事は、お客様のお話を聞いて、雰囲気を感じること。

お客様を知ってこそ、初めて似合うメガネを選ぶお手伝いができるんです。

と、話がそれてしまいましたが、

このエッジは手作業じゃないと出せません。

手間ひま掛けて造られた逸品、隆織です。

Luis様ご協力頂きましてありがとうございます。

またお気軽に遊びに寄って下さいね。

Luis様、ほんのちょっと強面ですが、ボブ・デュランをこよなく愛する

優しく素敵な方でございます。

隆織-TAKAORIのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。