LUNOR 「T」廃番モデルが入荷

ドイツのアイウェアブランドLunor-ルノアのメガネが入荷してまいりました。

Lunor T1-J-AT col.PP

軽量なチタンを使用した一山ブリッジの日本製コレクション「T」。コンパクトなレンズシェイプが非常にスマートです。レンズサイズが小さいので強度近視の方でも綺麗な仕上がりが期待できます。

日本人用にかなり高めの一山となっています。ぴったり鼻にあえば素晴らしく快適なデザインです。

このシリーズは生産終了のアナウンスがありました。気になっていた方はお早めにどうぞ。3型入荷しています。

Lunor T1-J-AT col.BR

Lunor T2-J-AT col.TP

ボストンシェイプ。トープは艶のある薄いブラウンです。

Lunor T2-J-AT col.BR

他オクタゴン(八角形)シェイプも在庫ございます。是非店頭にてお試しください。

LUNOR-ルノアについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ルノアのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。


ステーキ トミナガ|美しい手さばきにも見惚れる鉄板焼ランチ/the 323th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」323日目です。本日は鉄板焼きです。銀座6丁目、外堀通り沿い、当店の並びにある「ステーキトミナガ」さんにお伺いしました。

以前から気になっていたお店でしたが、8月からランチ営業を始められたということで早速お伺いしてみました!

店内は入って左側がカウンター、右側がテーブル席。

2013年オープンとのことですが、すでに老舗の風格が漂う上品で落ち着いた空間です。カウンターに座るとサービス担当の方がナフキンを優しく膝に乗せてくれます。

ランチは¥4,500からありますが、本日は真ん中の・はなやぎコース ¥7,500(w/o tax)をお願いいたしました。

目の前には今日の魚介食材。気持ちが上がります。

前菜・カンパチ、海水ウニ

カンパチの食感がとても良く美味。贅沢にウニを巻いていただくと、またひとしおに。

・とうもろこし きみひめ冷製ポタージュ

甘く幸せなお味。美味しいとうもろこしはもう終わりでしょうか。

続いて鉄板焼き! シェフの冨永氏は銀座の鉄板焼き店で十数年間、腕を磨かれたそうです。 皮付きの車海老をヘラとナイフで綺麗に成形していく手さばきが本当に見事!

海鮮・帆立貝柱と車海老(アワビは追加料金でしたのでいただいていません)

こちらも美味。プリプリカリカリの海老はもちろん、トマトソースのかかったホタテが甘みたっぷりで美味。とさかのり(海藻)の鉄板焼きもなかなか乙でした。

・旬菜サラダ

海ぶどう、しめじ、アメーラトマト。サラダもちゃんとしていて良いです。

続いて今日のお肉。千葉県産美笑牛(びしょうぎゅう)のフィレ肉です。

お肉の前に焼き野菜・アスパラ、玉ねぎ、山芋

ニンニクチップもたっぷりなのが嬉しいです。薬味はたまり醤油などもありますが、野菜自体が甘くて美味しいので塩のみでいただきました。山芋が素晴らしく美味しいです。

その間にお肉が、美しい手さばきにより完成に近づきます。

・美笑牛 フィレ100g +¥1,000

食欲を刺戟するとても綺麗な焼き色と香り。こちらもしっかりとお肉の旨味があって素敵です!

グラデーションが美しいミディアムレア。

ワサビが欲しい!と思っていたらタイミングよく出していただきました。個人的には美味しいお肉はワサビと塩(時々醤油)で。食感の違うヒモ部分も美味しいです。

そしてもう1つ楽しみにしていたのが〆。ガーリックライスかカレーなのですが、もちろん後者を選択です。

・ビーフカレー(味噌汁、お新香付)

プレミアムな石垣牛のフィレとサーロイン(端ですが)を使用した鉄板焼店ならではの贅沢カレー。 お肉はトロトロ、中に胡椒の実がまること入っており食感とスパイスのアクセントに。美味!

・クレマカタラーナ、フルーツ

デザートも手抜かりなしのアイスプリン。

最後は美味しい・コーヒー(お代わり可)をいただきゆっくりと。

シェフ始めスタッフの方々も感じ良く、美味しく快適なランチタイムを過ごせました。料理のボリューム、しっかりとしたコース内容含め満足度高しです。 次回は自慢の石垣島きたうち牧場プレミアムビーフをいただきにお伺いしたいと思います。 ごちそうさまでした!

「ステーキトミナガ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


ROBERT MARC 421 セル巻きモデルが再入荷

ROBERT MARC-ロバートマークの人気モデルが再入荷しました。

ROBERT MARC 421 col*33 Tortoise/Antique Gold
421_33
久しぶりの復刻となるセル巻きフレーム。ロバートマーク氏が「このモデルはまさに我々のブランドヘリテージの象徴といったフレーム」だと言うとおり、ロバートマークらしさが詰まったメガネです。

小ぶりで、縦幅もあまり長くないためメガネが強調し過ぎずバランス良くお顔におさまります。上質感と柔らかい雰囲気で女性に好評です。
421_33_2
こちらは日本製、当時は合金素材でしたが、チタン素材にアップデートされています。非常に軽い掛け心地も魅力です。

ROBERT MARC 421 col*35 Dark Havana/Antique Silver
421_35

こちらのメガネは専用クリップもご用意がございます。。

ROBERT MARC Clip on Sunglass for 421 col*Antique Silver
421c
セットすることにより高まるヴィンテージ感。ロバートマークの新たな一面を垣間見れます。

クリップも専用のスリムハードケース付き。
rm_case
是非店頭にてお試し下さいませ。

ROBERT MARC-ロバートマークについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ROBERT MARCのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫300点以上と充実しております!


K14White Gold スタイリッシュなツーポイントフレーム

14金ホワイトゴールドのツーポイントメガネが入荷いたしました。

NX168AW K14 White Gold ¥480,000

余計なものを削ぎ落としたスタイリッシュなデザイン。見た目のボリュームもしっかりと有り、掛けた時の重量感、安定感もゴールドフレームの魅力です。


やや太めのテンプルがアクセントに。またレンズ耳側の部分は外からネジが見えないようになっており、14金の美しさを存分に感じられる仕上がりです。

エッジをしっかり残した仕上げは、存在感と高級感を高めています。

イエローゴールドと比べより落ち着いた印象のホワイトは、お若い方でも掛けやすいお色目です。ビジネスシーンにも非常にお勧めです。是非店頭にてお試し下さいませ。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。18金のメガネ、オーダーメイドについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


JAPONISM JN-634 最新モデルが入荷

日本のアイウェアブランドJAPONISM-ジャポニスムの最新モデルが入荷しました。

JAPONISM JN-634 col.03 Moss Green & Titanium

斜め上や上方から見た時のフロントとテンプルの一体感が魅力的で、顔幅の広い方でも掛けやすいブロウタイプのメガネです。シャープな印象をやわらげるため、ヨロイとテンプルの位置(高さ)を少し下げているのもポイントです。


横幅の広い変わった形状のストレートテンプルが快適なフィット感を生み出します。

JAPONISM JN-633 col.04 Gun

ビジネスシーンにも最適です。是非店頭にてお試し下さいませ。

JAPONISM-ジャポニスムについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ジャポニスムのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。