世界最古の眼鏡メーカー American Optical

こんにちは、トリプルです。

本日は眼鏡のみのご紹介。

American Optical-アメリカンオプティカルというブランドはご存知でしょうか?

アメリカンオプティカル
日本では、それほど有名ではありませんが、眼鏡の歴史を作ってきたメーカー。

アメリカ マサチューセッツ州サウスブリッジに1833年に設立された、世界最古の現存する眼鏡メーカーです。

今では当たり前の眼鏡のデザインを色々発表しています。

例えば、

・縁なしフレーム

・ツルの先が耳に引っかかるように曲がったフレーム

・ツルがレンズの上部に付いたデザインなどなど

現代ではごくごく普通のスタイルです。

アメリカンオプティカル社が存在しなかったら、全く違う眼鏡が出来ていたかもしれませんね。

逸話もたくさんございます。

アポロ11号月面着陸

1969年のアポロ11号の月面着陸では、アームストロング船長初め、乗組員たちは

宇宙の眩しさを避けるためアメリカンオプティカルのサングラスを使用しました。

などなど

それではメガネをご紹介。

American Optical “WellsWorth 101” col:2 Silver

12金張りのチタンを使用。

その名の通り、金属に薄い金を張る金張りフレーム。昔はよくあったのですが、最近では

あまり見られなくなった技法です。

繊細な彫金がクラシック感、高級感を醸し出します。

American Optical “Cortland 302” col:3 Antique Gold

こんな潔いほど卵形の眼鏡も最近見ませんね。

こちらも12金張りです。良いデザインです。

是非トラッディショナルなスーツスタイルのおヒゲを軽く蓄えた紳士に

掛けて頂きたい逸品です。そんな素敵な方に出会えましたら、ご紹介したいと思います。

American Optical-アメリカンオプティカルの眼鏡は東京銀座のトリプルまでどうぞ。


“ANNE ET VALENTIN BRETON” Personal Styles vol.21

こんにちは、トリプルです。

本日はANNE ET VALENTIN-アンバレンタインのメガネをご紹介いたします。

可愛い可愛い丸メガネBRETONが再入荷いたしました!

ANNE ET VALENTIN “BRETON” col:1122

モデルは、たびたびご登場頂いております Ami Komatsugawa様。

いつも本当にありがとうございます!

それではご登場願いましょう。どうぞ。

この大き過ぎず、小さ過ぎずのサイズ感が絶妙です。

レンズも真ん丸ではなく、やや縦につぶれた形(オーバル)なので、コミカルになり過ぎないんです。

ほどよい個性を演出するには最適です。オシャレです。


カラーコーディネートが素晴しいですね。

お色違いも入荷しております。

ANNE ET VALENTIN “BRETON” col:1047M

フロントがブルー、テンプルがワインレッド。しかもマット(つや消し)加工。

ANNE ET VALENTINカラーですね。

BRETON、女性だけではなく、男性にもお勧めです。

ANNE ET VALENTIN-アンバレンタインのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ!


お客様からのうれしいお話

先日久しぶりにお見えになったお客様からの嬉しいお話です。
中学3年生のお嬢さんです。

『トリプルさんで作ったメガネで高校受験に受かりました!報告に来ました。』

と本当に嬉しいお話で、「メガネ屋はいいな」と改めて感じました。
このお嬢さんは、少し視点が揺れるため教科書が読みにくく、
長時間の勉強がお辛いようでした、

受験も控え、なんとか視点の揺れを押さえる
メガネが出来ればとお作りしましたが、

お渡しの日、完成したメガネを早速試して戴きました。
全く揺れずに安定して教科書が読めると喜んでお帰りになりました。

久しぶりのご来店でしたが、こちらも本当に嬉しくて、「おめでとうございます。」
と言う事ができました、本当におめでとうございます。

高校生活、思いっきり楽しんで下さいね。


“ROBERT MARC” Personal Styles vol.20

こんにちは、トリプルです。

本日はROBERT MARC-ロバートマークです。

最近、ポチポチと新作が入荷したり、再入荷があったりしております。

また、ロバートマークのウェブサイトがリニューアルしております。

よろしければ見てみて下さいね。コチラです

やっぱり、奇麗なメガネだと再認識させられます。

本日は2人のお客様にロバートマークのモデルになって頂きました。

まず、コチラ

ROBERT MARC “270” col:170


ロバートマーク的レディースクラシック眼鏡。可愛いです。

モデルはShiratori様です。
ロバートマーク270
このシンプルで洗練された上品なライン、美しいです。

大人な雰囲気ですね。お似合いです。

続いて、

ROBERT MARC “280” col:010

モダナイズされたウェリントンスタイル。

モデルはN様です。
ロバートマーク280
オシャレです。

フォーマルなスタイルだけではなく、モードなスタイルでもOK。

カジュアルなスタイルでも、ロバートマークを掛けると、グッと引き締まった

感じになりますね。素晴しい。

ご協力頂きまして誠にありがとうございました。

ROBERT MARC-ロバートマークの眼鏡、サングラスは東京銀座のトリプルまで。


“Lucky Star-LSP001” Personal Styles vol.19

こんにちは、トリプルです。

本日ご紹介いたしますのは、フォトグラファーの蜷川実花さんがディレクションする

アイウェアブランドLUCKY STAR-ラッキースター。

蜷川実花氏の作品

蜷川実花さんはビビッドで、情感溢れる色彩の写真が印象的ですが、

その写真が、メガネのテンプル(つる)部分にプリントされています。

本日のモデルは、Tamaki様。

大人になってから、メガネで外には出たことがない!というくらい

メガネに対して苦手意識があるみたいです。

私たちからすると「何で?」っていう感じです。

パッと見ただけでメガネが似合う方の側の人だと思いました。

お写真を見て頂きましょう。どうぞ!

どうですか?

すごく素敵ですよね。これを似合っていると言わずして何と言おうか。

最終的にコチラのピンクと迷われていましたが、レッドを強くお勧めいたしました。

お顔立ちがハッキリしているので、淡い色だと、ぼやけた感じになるのです。

また、透明感のあるカラーは肌の色と合わさり、掛けてみると、メガネ単品のカラーと

違う色になります。

Tamaki様の肌色と合わさると、ビビッドな赤が少し抑えられて派手にならないみたいです。

レッドの方が、断然ベストバランスです。

あと、Tamaki様の持つ雰囲気にも赤、ピッタリだと思います。


赤とかピンクのメガネは、意外と着回ししやすいんです。

例えば唇の赤。

体の中にある色は、たとえ着ているものや、小物にその色が無くても調和しやすい。

同系色のブラウン系のお召し物とも相性抜群ですね。

テンプルには蜷川実花さんの写真をプリント。

可愛いですね(ヘアゴムの赤、いいですね!オシャレです)。

Tamaki様、ご協力頂きましてありがとうございます。

メガネの出来上がり、楽しみにお待ち下さい。

メガネ、サングラスが似合わない人はいません(似合いやすい人はいます)。

あと、この形が似合わない、この色がダメという先入観はいったん捨てましょう。

LUCKY STAR-ラッキースターのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。