三亀さん-丁寧な仕事感じる良和食/the 102th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、102日目です。本日は割烹・日本料理店“三亀-さんかめ”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、当店の1本裏側の通りです。慎ましやかな佇まいでございます。
三亀さん夜の外観

ランチは刺身、煮物、焼き物の中から選択。一品は¥1,300、二品は¥1,950、三品は¥2,600です。他おまかせ料理¥8,500がございます。せっかくなので三品注文いたしました。

刺身 “メジマグロ”
メジマグロの刺身
何かと物議を醸すメジマグロ。個人的にはさっぱりしており大人マグロより好きです。しかし切り口が美しい。そして美味しい!トロリとした舌触りが良く、深い味わいです。

焼き物 “さんま”
さんまの塩焼き
小振りのサンマでした。品の良い塩加減です。焼き具合が絶妙。

煮物 “里芋の椎茸と湯葉あんかけ煮”
里芋の椎茸と湯葉あんかけ煮
こちらも絶品。シコシコとした歯ごたえの湯葉が素敵です。シンプルなようでいて、ちょっと他では食べられないような幸せな深さのあるお味です。

他ひじきの煮物、豆富となめこの味噌汁、お新香付き。ご飯はお代わり自由です。
三品定食
脇役達も良い働きです。

デザート “みかん”
デザートのみかん
甘くて美味しいです。

体にも優しい、仕事の丁寧さの分かるお料理、貴重です。ちなみに渡部淳一氏の小説「失楽園」に登場することでも有名です。ごちそうさまでした。

店内はカウンターに4人がけのテーブルが4卓、奥に座敷もあるようです。
落ち着いたカウンター

“三亀”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
亀グッズ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です