喰善あべ|煮えばなに見る刹那の美味/the 332th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」332日目、本日は和食です。銀座5丁目、みゆき通り沿いのビルの3階「喰善あべ」さんにお伺いしました。

店内はL字型カウンター11席のみ、京の雰囲気を感じさせる雅やかな内装、調理場中央に設置された炭焼き台の釜に目が釘付けです。 コースは¥15,000、¥18,000の2種、本日は後者の・おまかせコース ¥18,000(w/o tax, サ別10%)をお願いしました。

八寸・栗と舞茸の白和え、黒アワビ、イワシとクルミ、鯖鮨、生干クチコ、栗

どれもハイレベルですが、特に生干クチコは酒呑みには悶絶級。最初から心をがっちり掴まれた美しい八寸でした。

・ジコボウの白味噌椀

ポルチーニのような信州のキノコ。寒い日、クリーミーなほっこり味。体の中から温まります。

造り・ブリ、マダイ、スミイカ

お造りをいただいている間、目の前の鍋に目が釘付け。秋の味覚の代表選手、松茸です。良い香りが店内に漂い、食欲を刺激いたします。

・ハモと松茸のしゃぶしゃぶ

ハモも松茸も香り良く。至福の出汁です。

・京揚げと水菜煮込み

その出汁で煮込めばなんでもご馳走に。染み染みと滋味。その間にカウンター内の調理場で炭焼きされている魚はこちら。

・八郎潟産天然ウナギの白焼き、蒲焼き

その厚みからけっこうな大きさと想像されます。皮がパリパリ、身はしっかりとした歯ごたえに上品な旨味たっぷり。絶品です。

・小芋と信州産キノコ餡掛け

一番の楽しみ前に落ち着く一杯。こちらの名物の1つは何と言ってもおくどさん(竃)で炊く白飯です。

・煮えばな

米とご飯の間、個人的に一番好きな瞬間。アルデンテの歯ごたえと柔和で甘み際立つこの刹那的美味しさ。

・白飯、辛子明太子、めざし、じゃこ、お新香、しじみの赤だし

スペシャリテというだけあって流石の美味しさ。


炭火でメザシを焼く香りだけで、いくらでも食べられますね。お焦げも美味しく、5杯もお代わりしてしまいました。美味しいお米は何も付けずにそのままいただくのが一番好みです。

最後は美味しい甘味が2品。

・イチジクの赤ワイン煮

・一口ぜんざい

最後は美味しいお茶をいただきゆっくりと。基本的に大将お一人で調理されていることもあり、いつの間にやら、あっという間に3時間半もたっていました!

日本酒は最初は冷や、後はぬる燗で以下をいただきました。
・徳次郎(京都府城陽市 城陽酒造)特別純米 ひやおろし原酒 ¥1,200
・田酒(青森県青森市 西田酒造)山廃純米吟醸 ¥1,400
・醴泉 波紋(岐阜県養老町 玉泉堂酒造)純米大吟醸 超ひやおろし ¥1,400
大吟醸を中心に、なかなか豊富な品揃え。

最初の八寸が素晴らしかったですし、ハモ、ウナギ、キノコなど好物も沢山出たので大変満足。目がキラキラした大将の飄々とした佇まいも素敵でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“喰善あべ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


鰻 ひら井、竹葉亭 本店|次の土曜は土用の丑の日/the 257th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”257日目です。7月30日の土曜日は土用の丑の日。最近話題の鰻味の鯰もいいですが、やっぱり鰻味の鰻が一番。ということで銀座の美味しい鰻店2店をご紹介いたします。

まずは銀座の隠れ家的な鰻店”割烹 鰻 ひら井”さん。場所はかなり分かり難いです。中央通り沿いのシャネル、アップルストアがある裏側の通り。老舗キャバレー”白いバラ”の正面。
hirai6
“鮨一”さんの看板が出ているところから奥に入れます。

hirai3
カウンター5席とテーブル3卓の小さいお店。鰻とトロロを絡めた「うなとろ丼」発祥のお店ということでも有名ですよ。

本日は数量限定の”うな丼” ¥2,160をお願いしました。 注文を受けてから蒸し焼きにするので、30分ほど待ちます。時間はかかりますが、こういうお店は美味しい鰻が期待できそうです。

やってきたうな丼は、見た目がもう美味しい!
hirai1
乗っているのは2切れですが、肉厚でボリュームたっぷり。火の通りと照りも素敵です。 濃厚なタレは甘いがしつこくなく、塩気を強く感じましたが、後引くお味。 脂の乗った鰻とよく調和しており、非常に美味!固めに炊かれたご飯は量が多いのですが、タレが良い具合に染み込んでおり食べ飽きませんでした。

でもちょっと多かったので、次回は少なめでお願いしてみようと思います。 お吸い物と厚めに切られたお新香も、とても良かったです!

店名の最初に「割烹」と付いているだけあり、夜は鰻以外のメニューも豊富。黒板に書かれていましたが、美味しそうでした。特に”自家製ビーフシチュー”、気になりますね。 見るからに職人風の大将は一見とっつき難いのですが、お見送りの挨拶は丁寧で気持ち良かったです。ごちそうさまでした!

続いて2店目は”竹葉亭”さん。言わずと知れた銀座の超有名鰻店ですが、晴海通り沿い三越前の銀座店ではなく、築地近くの料亭街にある本店がお勧めです。ビルの中でほっと安心する風流な一軒家。
chikuyo5
今回は夜お伺いしています。入り口が2つありコース料理のお座敷席(左)と、鰻丼だけを食べられるテーブル席(右)に分かれています。いつかは左の入り口を使ってみたいものです。店内は落ち着いており、着物姿でのサービスが本当にしっくりと来ます。鰻丼の前にまずはコチラ。

“うまき” ¥1,620
chikuyo1
芸術的に均整のとれた見た目。サイズも大きく、とろけるような甘みで、とっても美味しいです。 はじかみも付いており、メインの前にお口直し。期待が高まります!

“鰻丼(A)” ¥2,592
chikuyo3
待ちに待った鰻丼!お新香、肝吸い付き。

chikuyo2
ほどよく身の締まった柔らかさに、くせのない甘辛いタレ。美味! タレの沁みたご飯も美味しくあっという間に完食。

chikuyo4
澄んだお色とお味の肝吸いも絶品でした。駅からは少し距離がありますが、本店は銀座店ほど混雑しておらず、落ち着いた空気の中でいただけるのも良いですね。 ごちそうさまでした!

30日の土用の丑の日は銀座で鰻はいかがでしょうか。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
chikuyo6


銀座ときとうさん-荒川 天然ウナギ/the 143th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、143日目です。本日は鰻でございます。当店のすぐ近くに新しい鰻店がオープンしたということで、早速おうかがいしました。

場所は銀座7丁目、外堀通りの1本東の通り(ソニービル通り)沿い、長谷第一ビル1階。資生堂本社ビルのお隣です。
to8
ぱっと見、うなぎ店とは判断できないスタイリッシュな佇まいです。

to6

天然!運が良いようです。まずは、こちらから。

“うざく” ¥1,200
 to2
夏なので、あまり頼まないうざくを注文しました。これが美味しい。酸っぱさは皆無で、とても爽やか、そして上品なお味です。

“肝焼き” ¥1,000
 to5
元気が欲しい時はこちらです。緑の器も美しく、香ばしく焼き上がっております。七味を付けて頂きます。続いてメイン。

“天然鰻 うな重 肝吸い、お新香付” ¥5,000 
  to9
鰻は荒川で獲れたもの。荒川と聞いて驚きましたが、最近は水も奇麗になり、けっこう獲れるそう。それでも荒川鰻の入荷は初めてとのこと。島根県の宍道湖(しんじこ)で獲れたものが多いそうです。

気になるお味は、流石天然という引き締まった身で、歯ごたえが良い。脂感はほとんど無しで、さっぱりでございます。タレはとても薄味なため、天然鰻の野性的な香りも感じます。身が小さく、それほど脂がのっていないため、焼くのが難しいそうですが、それも絶妙。美味しいです!

普通のうな重(うなぎ1尾半)は¥4,000。今回頂いたのは天然鰻1尾使用です。ちなみに1尾半だと¥7,500だそうです。今のご時世を考えると良心的な価格ですね。

後で気付きましたが、7,000円の鰻懐石(うざく、すっぽん鰻小鍋、白焼き、うな重など)をオーダーした方がお得でした!ほとんどの方がこちらを注文されていたようです。なお、ランチ時もサービス料10%加算でございます。お気をつけ下さい。

“銀座ときとう”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
to7


鰻菜詩さん-蒲&白焼を同時に/the 133th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、133日目です。本日は暑い季節に食べたくなる“鰻”です。“鰻菜詩-うなしー”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、銀座テーラービルの地下1階でございます。
una7
並木通り沿い、三笠会館さんのお隣のビルでございます。

うな重を注文しましたが、提供されるまでコチラでつなぎます。

“鰻の骨せんべい” ¥520
una2
定番の骨せんべい。お好みでレモンをかけて頂きます。カリカリとした歯ごたえは気持ちよいです。塩気が効いております。

“炭火 鰻肝焼串” ¥720
una3
臭み、えぐみが全くなく、とてもあっさりとした肝焼きです。続いてメイン。

“鰻菜詩重” ¥3,500
una4
浜名湖産鰻の白焼きと蒲焼きを同時に味わえる自慢のメニューのようです。何だか贅沢な気分です。白焼きはもちろん、蒲焼きも、さっぱりとした淡白な味つけです。美味しいです。

una5
肝吸い、お新香、グレープフルーツ付きでございます。ごちそうさまでした!

鰻屋っぽくない店内。左側はガラス張りのオープンキッチン。地下2階には個室もございます。6月27日で開店して丁度2年だそうです。おめでとうございます。
una1

“鰻菜詩”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
una6


呂者堂-ろばたさん-絶品、天然海鰻/the 96th day

2016年11月追記)久しぶりのお伺い!当店お隣の和食店”ろばた”さん、いつも素敵な時間をありがとうございます!

お通し “蒸しウニ、銀杏”
robata1
生もいいけど、蒸しもいい。日本酒にぴったりのアテですね。

“淡路産タイのお造り”
robata3
歯ごたえと甘みを楽しめる、独特の切り方。美味。

“松茸とハモの土瓶蒸し”
robata4
松茸はもう今年最後になるのだそうです。

robata5
出汁が最高に美味しくて口福感たっぷり。

“柳かれい干物”は囲炉裏で。このビジュアルだけで美味しさは3割増し。
robata6

robata7
食べた後の頭と尻尾、骨はさらに網で焼いて煎餅風に。これもまた乙なお味です。

“天然鰻の蒲焼”
robata8
今年は鰻の入荷があまりないそうです。少しだけ残りがあってラッキーでした。 目の前で焼いていただけるのは最高の贅沢。

robata9
三切れずつでしたが、絶品ですね。もっと食べたい〜。

“がんも、タコ、里芋、ほうれん草の炊き合わせ”
robata10
最後は優しい煮物で〆。シンプルな料理が美味しいって素晴らしい。

お酒は以下を燗で一合ずついただきました。 “八海山 純米吟醸”、”菊正宗 本醸造” これで一人8,000円ほど。最高ですね。 お一人でされているので、ペースはゆっくりですが、これがまた良いいんです。

万人受けするお店ではないかもしれませんが、私にとっては、とっても大事な最高のお店です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2013年11月記載(現在ランチ営業はしていません)

トリプルのお隣、1階に玉泉堂さんが入っている土屋ビルの裏です。ふと裏口の横を見るととても気になる張り紙を発見しました。
roba1

御昼食、天然うなぎ、すっぽん雑炊。惹かれます!
roba2
すぐ近くにこんな魅力的なお店があったなんて!早速お伺いしました。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、96日目、本日は和食、うなぎです。“呂者堂-ろばた”さんにお伺いしました。場所は土屋ビルの2階です。ここにお店が存在すると思わせない雑居的階段を上るとそこには思っても見なかった空間が。

囲炉裏を中央に据えたテーブル席。奥にはカウンター。素敵です。
roba3
お昼のメニューはスッポンとウナギの2種類のみ。天然ウナギを注文しました。まずは、こちらから。

前菜 “湯葉、タコと野菜の煮物”
roba5 roba4  
柚子の香る優しく上品な煮物。その中でもタコが良かったです。柔らかく深いお味。好物の湯葉もとても滑らかで嬉しいです。

ウナギは囲炉裏に炭をおこして、その場で焼いていただけます。素晴しい。
roba6

天然ウナギは広島県福山市の鞆の浦産。川ではなくて海で取れた珍しいウナギです。
roba8
見るからに厚みがあって美味しそうです。それもそのはず海鰻は800g〜1kg程の大きさで、生きたままお店に届きます。さばくのがとても大変とのこと。お疲れさまです!ちなみに、少し分かりにくいですが、身の上に乗っている薄いピンクのものは卵。鞆の浦で取れるウナギは全てメスだそう。不思議ですね。

タレを薄く付けて、再び焼きます。
roba11

油の爆ぜるプチプチという音、香しく甘い匂い、炭の温かさ。何と愉快な時間でしょうか。
roba10

焼くこと20分で出来上がり。蒸さずに焼く関西風で仕上げていただきました。roba12
しっとりと柔らかくも引き締まった身、パリッと軽く仕上がった皮のバランスが絶妙。自然な油の乗り具合とクセのない高貴な味。素材を引き立てる、淑やかなタレも良い。秀逸です。

他、ご飯、肝吸い、お新香が付きます。ご飯に乗せれば豪華な天然海うな丼。
roba14
厚みがありますので、少なく見えても満足感ございます。視覚、聴覚、触(舌)覚、味覚、嗅覚、五感全てで味わえる大満足の鰻でした。ごちそうさまでした!

甘味 “栗きんとん”
roba15
お口直しに。こちらも優しいお味で、とても美味しいです。

こちらで仕入れる天然鰻は今の時期しか入手できないということ。また、手に入らない場合もあるので、タイミングが良ければ食べられます。お気をつけ下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
roba16