銀座 蓮|神楽坂から移転した和食の名店、繋がり紡ぐ料理の心/the 374th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」374日目、本日は神楽坂から移転した和食店「銀座 蓮」にお伺いしました。神楽坂の名店「石かわ」「虎白」(共にミシュラン3つ星)に次ぐ石かわ系列、3店舗目が「蓮」(ミシュラン2つ星)です。

場所は銀座6丁目、コリドー街近くの雑居ビルの地下1階。外に看板は無し。

ここは大将の三科氏の最初の師匠である勝又氏のお店「梧洋」があった場所。詳細はわかりませんが、急遽引き継いだ大将の心持ちとは幾許でしょうか。以前のお店と内装はほぼ同じ、エントランスの水槽の金魚たちも元気いっぱいで一安心です。

移転にもかかわらず「蓮」という店名とインテアリアとの調和が素晴らしいのは、やはり師弟ゆえでしょうか。カウンター7席と個室2部屋、奇数席のカウンターはお一人様OKの印です。まずはこちらから。

・蒸しアワビ

まずは店名の蓮を使った一品。3時間かけて旨味を凝縮させたアワビ。シンプルに肝ソースが絶品です。下には芋茎が隠れていました。

・アユのかき揚げ

塩焼き以外の鮎も良いですね。噛んだ時のザクッという美味しい音が心地良く、苦味もしっかり。

・アマダイ、冬瓜、クチコ

昆布をベースに軽くカツオを効かせた透明感のあるお出汁、しっかり奥行きも感じられ美味! これほど軽やかで滋味な出汁は久しぶり。今日一番の料理でした。

・フッコ、イセエビ

フッコはスズキの若魚。お刺身も軽やかに仕上げてありますね。イセエビは甘みたっぷり。

・焼きハモ

目の前に置かれた火鉢で炭火焼き。焼くのが難しそうなハモですが、上手な仕上げ。薬味は珍しいカラシと玉ねぎ醤油。

・レンコン餅

先ほどの玉ねぎ醤油で食べると良い感じ。ほっこりする料理も良いですね。

・スッポン炭焼き

骨つき。鶏肉のような食感に旨味たっぷり。間違いのない美味しさです。

・ウニ、ジュンサイ、キャビア

・毛ガニ、賀茂ナス

トロト〜ロの甘〜いおナス、コクのある蟹とのバランス良好。こちらのお出汁も美味です。

そして楽しみなご飯はシンプルな白飯です。

・土鍋ご飯、ウナギ、赤出汁、お新香

粒の大きい魚沼産コシヒカリ、お一人様でも二合炊き。こちらでは基本的に白飯を出されるそうです。好物のウナギは焼いて炊かれたトロトロタイプで美味しい。

そして余裕があるようでしたらとお勧めされたのが大好物のカレーライス! もちろんご飯もカレーも大盛りで。

リンゴにバナナ、香味野菜と色んなお肉で仕上げた和食店らしい辛味の薄い、大変に柔和なカレーでした。美味し。 水気を残した炊き方も好みで、その後もご飯をモリモリ食べていたら、おともにフッコの南蛮漬け、ハモ卵を出していただき、美味しく完食です。

最後は・水ようかん、イチジク、ラム酒のジュレをいただきお腹もいっぱいです。

神楽坂から毎日自転車通勤という三科大将、大らかなお人柄、ホスピタリティ共に素晴らしく、リラックスした心持ちで料理をいただけるのが良いですね。今後銀座でどうのように発展洗練されていくのかが非常に楽しみです。

他の料理人の方々もお若いのですが、皆様120%のスマイルで大変素敵でした! 美しい人と人との繋がり。美味しい料理いただきました。合掌。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


佳肴みを木-今夜は酔わせて/the 236th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”236日目、本日は日本酒の取り扱いが素晴らしいお店”佳肴みを木”さんにお伺いしました。こちらの凄いところはお酒に合う料理の質も抜群なこと。初めて行かれる方はびっくりしますよ。

mio7
場所は銀座1丁目、東急ハンズが入っている商業ビル「マロニエゲート」の裏側の通り沿い地下1階にございます。

今回は事前に予約してご飯ものまで含む”フルコース” ¥5,800でお願いしました。早速どうぞ。

お通し “カブのスープ、鴨出汁茶碗蒸し”
miogi1miogi2
たかがお通しと侮るなかれ。優しいスープに出汁とコショウが効いた茶碗蒸しは、目が覚める美味しさ。期待を裏切らないお味です。

造り “アカアマダイ昆布〆、ホウボウ、マダイ”
miogi3 miogi4
厚みもよくどれも美味しいですが、特に塩昆布でいただく萩産のアマダイは旨味が口の中でとぐろを巻く感じ。絶品!

呑んべいのための料理が続きます。

“ホタルイカぬた和え”
miogi5

“カニ素麺”
miogi6

“シロアスパラ トリュフとチーズ乗せ”
miogi7
洋風な料理も放り込んでくるのが面白い。 チーズが乗るとグッと親しみが湧いてくるのが不思議です。

“アナゴと春キャベツの蒸し物”
miogi8
出汁ともに爽やかに仕上げられています。美味。

“ウナギカツ”
miogi9
天ぷらパクチーソースを付けていただきます。以外な組み合わせですがとても美味しい。

“スッポンのスープ”
miogi10
ここでこう来たか〜。上には春の風物セリ。ちょっと一息、落ち着く。料理を出す順番も気が利いています。まだまだ続きますよ。

“ドジョウの佃煮、鯛味噌、うずら肉味噌”
miogi11
完全に酒のための料理。お酒がくいくい進む。

“イチボの炙り、わらび、タケノコ”
miogi12
ここに来てボリュームも凄い。付け合わせがなかなか憎い。

“ウニご飯”
miogi13
これが噂のこちらの名物! 見た目もたまりませんね。お勧めにしたがい混ぜて混ぜていただきます。濃厚、確かにハッピーな味がいたします。ワサビが良きアクセントですね。

間違いない美味しさの全12品。日本酒とともに堪能いたしました!

お酒は以下をいただきました。どれも一合¥1,000前後です。まず燗で二合。
“喜久酔(静岡)純米吟醸”、“奥播磨(兵庫)純米”

以下半合ずつ冷で3合。
“天遊林(三重県)特別純米 瓶囲い”、“秋鹿(大阪)超辛口 槽搾直汲”、“亀齢(広島)純米酒おりがらみ 生原酒 萬事酒盃の中”、“睡龍(奈良)純米吟醸”、“隆(神奈川)純米雄町”、“大那(栃木)純米吟醸 RACINES 朝搾り2016”

沢山飲みました。でも良いお酒は翌日に残らず、二日酔いになりませんね。日本酒のセレクトにこだわりがあり、超有名なもの、大吟醸はありません。いつ行っても美味しい新しいお酒に出会えること間違いなしです。

今日ご紹介したコースで3時間半ほどかかっています。料理が出てくるのが、かなりゆっくり。また断然お得感のあるコースは事前予約のみですので、お気をつけください。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


金田中 庵|プチすっぽん料理に舌鼓/the 38th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、38日目です。

本日は、最近、お腹の調子が悪いため優しい物をということで和食です。

銀座7丁目の老舗割烹”金田中 庵-かねたなか あん”さんにお伺いしました。

その名もズバリの”金田中ビル”の2階でございます。

若干入り口が分かりにくいのでお気をつけ下さい。

ランチメニューは4種類の中から、

“小鍋すっぽん大根・丸玉地ご飯”¥2,100をオーダーしました。

“季節の一品-蓮根、じゃがいも、大根の煮物”

冷たい煮物です。痛んだ体に染み渡る優しいお味です。しみじみ美味しいです。

“小鍋すっぽん大根”

白玉、椎茸、揚げ、大根。

マイルドなスッポンの出汁(だし)が染みわたった具材が、また体に染み渡ります。

浮いた存在の感じがする白玉の中に、実はスッポンの身が入っています。

コラーゲンもたっぷりそうで、美肌効果もありそうですね。元気になります。

“丸玉地ご飯”

ご飯にすっぽんスープに卵を入れて蒸しあげています。

出来上がりは3重構造で、上からスッポンの出汁を使った餡、具無し茶碗蒸し、雑炊。

これは美味しい!そして体への優しさ!!

3つを一緒に混ぜて感じる、味わい深さ。これぞスッポンの力。

今日のような寒い日にぴったりのお料理です。

勢い付いてコチラも追加オーダー。

“鯛のあら炊き”¥2,625

天然の鯛の頭のあら炊きです。実は一番美味しい部分。

特に目玉(回り)とか口(回り)は絶品です。ゼラチン質の部分とか特に!

当然、骨が多く身は少なめで、しかも頑張らないと食べれないのですが、味が凝縮されている感じ。

甘辛い味付けで、添えてあるゴボウとともに箸が進みます。

頼んで正解でした。

“ラ・フランスの嶺岡豆腐”

江戸時代には牛乳のことを嶺岡(千葉にあった嶺岡牧場から)と呼んでいたそうです。

こちらも、ラ・フランスとともに清涼感有りで、爽やかな締めくくりでした。

和食の美味しさ再確認。ごちそうさまでした!

店内はテーブル全8席と、

料理人さんの手際を間近で見られるカウンターです。

ランチはクオリティーも高く、コストパフォーマンスも良いですよ。

“金田中 庵”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラ。


お立ちよりの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。