バンゲラズ キッチン|南インドのマンガロール料理専門店/the 355th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」355日目、本日はインド料理です。

高速道路下の商業施設「銀座インズ2」の2階に今年オープンした「バンゲラズ キッチン」さんにお伺いしました。

南インド料理店ですが、西側アラビア海に面した港湾都市「マンガロール」の料理にしぼっているのがユニークです。

小さいお店で席間狭め。写真に写っていない両サイドにもテーブル席がございます。

銀座ですが気楽、夜の賑わいが想像されます。

本日は¥1,500からあるホリデーランチメニューからカレー2種が選べる・カレー定食(ミールス) ¥2,500をお願い致しました。

10分ほどで到着

・チキンカレー、ほうれん草コルマ、サンバル、ラサム、ポリヤル(サラダ)、チャツネ、ロティ、バスマティライスの定番南インド定食。 銀色の器が新品でピッカピカなのが何だか嬉しいです。

南インドなのでガツンとするものを予想したのですが、非常にマイルド。

ラサムにしても酸味辛み少なく、辛いのが苦手な方でも食べられそうです。 程よく酸味が効いたチキンカレー、ブロッコリーなど野菜たっぷりのコルマもさっぱりとしていますね。 香ばしいロティとバスマティライスに付けて美味しくいただきました。価格はやや高いですが、上質感を感じられるカレーでした。

後日、気になったビリヤニをいただきに再びお伺い。週末はランチタイムでもグランドメニューからオーダー可能です。

魚が名物ということもあり、メーン(フィッシュ)ビリヤニも気になりましたが、本日は・マンガロール マトンビリヤリ ¥1,600(w/o tax)をお願いしました。

最初に取り皿がきて、何でだろうと思っていたら孟宗竹の器に入って登場!

これがバンガロールスタイル?と思いきやオーナーの趣味だそうです。。。 一見ボリュームは少なそうに見ますが、竹に詰まっているため十分。


辛さは極控えめで南インドのようなパンチはないものの、ややねっとりとした質感、爽やかで上品なスパイス感で美味!マトンも中にゴロゴロ入っており柔らかくて良い感じです。


ライタ(ヨーグルト)をかけていただくと味がまろやか、キュウリの食感も加わりまた違ったお味を楽しめますね。 お値段は少しお高いですが、やはり美味しいお店です。

そしてスタッフさん、説明も丁寧で非常に感じが良く、気持ち良く食事ができます。インド料理店が多い銀座ですが、また素敵なお店ができて嬉しい限りです。他店にはないユニークな料理が多いので、何回も通いたくなるお店です。次はドライカレー、魚カレーをいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


カーン ケバブ ビリヤニさん-盛りが良すぎるインド料理店/the 158th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、158日目です。本日は今年の7月にオープンしたというカレー、インド料理店“カーン ケバブ ビリヤニ-Khan Kebab Biryani”さんにおうかがいしました。

場所は銀座8丁目中央通り沿い、銀座最大のおもちゃ屋さん“博品館”さんの6階でございます。ほぼ新橋でございます。
kh17

店内はとても広いです!L時型になっているのですが、奥側の席が景色がよくてお勧めです。東京高速道路が良い角度で見えるので、夜景が奇麗なことでしょう。

kh13kh14

本日はお腹が空いていたため、“ビリヤニセット” ¥1,235と“サヒファセット” ¥1,855をオーダーいたしました。

“ビリヤニセット”のビリヤニは3種類から選べますが、本日は柔らかラムのビリヤニをセレクト。他サラダ、ライタ(ヨーグルト)、ドリンク付き。

“サヒファセット”は7種類のカレーの中から3種類を選べます。本日は薫るチキンカレー(レモンバター風味)、こだわり野菜のクリーミーカレー、日替わり豆カレーをセレクト。他サフランバスマティライス or ナン、サラダ、タンドリープレート、ドリンク付き。

“ラッシー”
kh2
マンゴー入りで美味しいです。けっこうお腹にたまるんですよね。

“タンドリープレート”
kh4 
タンドリーチキン、シッカバブ、フィッシュティカのセットです。すっきりとしたお味で食べやすい。ミントソースがよいアクセントになります。

“ラッサム”
kh3 
サービスでいただきました。辛くはありませんが、辛くはありませんが、パクチーの香りが強いラッサムでございました。すでにお腹がいっぱいになってまりました。

“カレー3種、バスマティライス”
 kh9 
左から豆カレー、野菜カレー、チキンカレー。ご飯が想像以上に盛りがよい!グリーンピースがのっております。辛さは全て普通にしたのですが、野菜はもちろん他の2つもあまり辛くありません。香辛料の香りもきつくなく、日本人でも食べやすいカレーですね。

追い打ちをかけるように登場。

“柔らかラムのビリヤニ”
 kh10
先ほどのライスの倍ほどの量!中には大きめのラム肉がゴロゴロ潜んでおります。こちらもそれほど辛くありません。ライタ(ヨーグルト)を掛けながら食べると味がまろやかになります。ご飯にヨーグルトというのは最初は抵抗がありますが、慣れると癖になるお味です。バスマティライスはやはり美味しいです。

カレー&バスマティライスは完食いたしましたが、こちらはお腹がいっぱいすぎて、ほとんど食べられませんでしたのでお持ち帰りにしてもらい美味しくいただきました。

“サンバル”
 kh12
こちらもサービス。激辛でした。お腹いっぱいの身にはやや辛いようです。

“アイス”
 kh151
サービス!こちらが止めでした。ピスタチオ、マンゴー、ココナッツです。ピスタチオのアイスがとても美味しいです。別腹で何とか。

最後はコーヒーで。
 kh16
サービスが凄かった美味しいインド料理、久々に動けなくなるほど食べました。インド料理のコストパフォーマンスの良さをすっかり忘れておりました。欲張りは駄目ですね。ごちそうさまでした。

“カーン ケバブ ビリヤニ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


カイバルさん-インドタンドール料理/the 126th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、126日目です。本日はたびたびのカレーです。当ブログでもご紹介の南インド料理店“ダバインディア”さん、北インド料理店“グルガオン”さんと同系列のインドタンドール料理店“カイバル”さんにお伺いいたしました。

場所は銀座1丁目、昭和通り沿い銀座一丁目ビルの1階です。歩道橋の前ですので、それを目印にしていただくとわかりやすいです。
khy1

カイバルスペシャル ¥1,500をオーダーいたしました。まずはコチラから。

“骨なしタンドリーチキン、タンドリーカリフラワー、海老の香味焼き”
khy6
タンドリーカリフワラワーは初めてです。コリコリ感は残しつつ、しっかりとした味付けです。海老、チキンもシンプルに美味しいです。レモンを絞り、爽やかなミントソースを付けて食べるとなお美味しいようです。

“本日のカレー3種、ナン、ランス、サラダ”
khy3
なかなかに食べ応えがありそうなセットです。ナンも美味しいそうです。

“海老のトマトクリーム(マイルド・左)、茄子とオクラ(中辛・右)”
khy4
ココナッツミルクの柔らかさとトマトの甘酸っぱさが絶妙な全く辛くないカレー。中辛は茄子とオクラ意外にも沢山野菜が入っております。

“香味チキンカレー(辛口)”
khy5
骨付き、そして骨なしチキンがダブルで入っております。辛口といってもそれほど辛くはありません。食欲をそそる香り。ショウガがよく効いておりますね。チキンの旨味がしっかり感じられる品の良いカレーでした。ごちそうさまでした。

アーチ型の天井が印象的な明るい店内です。khy7

“カイバル”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

khy2
お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


アナムさん-北も南も/the 123th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、123日目です。本日は度々登場のインドカレーです。以前ご紹介したジャイヒンドさんの後にできた南北インド料理店“アナム”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目中央通り付近。1階がアシックスのファイブスタービルの4階です。
ana12
みずほ銀行と三井住友銀行の間のビルでございます。

本日は夜お伺いいたしました。“スペシャルセット”4,980円をオーダーいたしました。

“マサラパパド”
 ana2
まずはさっぱり系。パリパリのパパドの上に意外に辛いサラダが乗っております。幸先良好。

“タンドリーチキン、シークカバブ、野菜のパコラ”
ana3
肉、豪快です。野菜のパコラ(天ぷら、レモンの上)から食べるようアドバイス。中はピーマンとタマネギ、衣がとても厚いですが、あっさりしております。タンドリーチキンも程よくスパイシーで、なかなか好感触。量が多くても全然食べられます。

“カレー3種、ナン、ライス、サラダ”
ana4
こちらのナンはフカフカ。何でもナンを作る料理人さんの力がとても強いためということ。美味しいです。

“(左)カダイ海老カレー、(右)ベジタブルカレー、(下)マトンカレー”
ana5 ana6
セットのカレーはどれでも3種類選べます。バリエーションが多いので迷います。海老、マトンカレーは、オニオン、カシューナッツベース。海老カレーは辛くなく、マトン、ベジカレーはやや辛。どちらにしろ辛さは控えめです。マトンはベーシックなお味です。円やかで優しいベシタブルカレーが好み。元気が出ます。

“自家製ヨーグルト”
ana7
インド料理店でプレーンなヨーグルトは珍しいです。全然甘くなく酸っぱいのですが、個人的には、とても好きなお味です。

“チャイ”
ana8
甘くなくて良いです。落ち着きます。アナムさんでは化学調味料は一切使用しないとのこと。好感がもてます。今回は北色が強かったですので、次回は南インド、ランチに挑戦。ごちそうさまでした。

アットホームな内装は、ジャイヒンドさんの時とほぼ同じです。
ana10
マスターの意向で化学調味料は一切使用しないとのこと。こういったこだわりも嬉しいですね。

場所はコチラです。

ana11
お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。