銀座 吉兆|満足感に浸る料亭の鰻御膳/the 307th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、307日目です。暑くなると精を付けるために食べたくなるのが鰻。本日はウナギ専門店ではなく日本料理店「銀座 吉兆」さんにお伺いしました。

「吉兆」といえば大阪発の高級料亭で、帝国ホテルにも店舗がありますが、本日は昨年銀座2丁目、中央通り沿い、カルティエが入っている大倉ハウスの4階のお店にお伺いしました。「吉兆」と聞くだけで敷居が高い感じがしますが、最上階は世界一の朝食で有名な「ビルズ銀座」で、何となく入りやすい雰囲気です。

「銀座 吉兆」さんは、もともとホテル西洋銀座内で営業されていたのですが、2013年にホテルの営業が終了、昨年この場所で復活しています。

エレベーターを降りると悠々と続く廊下があり、その奥に受付がございます。

事前に電話をしていたので、スムーズに入店できました。 個室も沢山あるようですが、テーブルが6卓ほど並ぶ大部屋で。テーブル毎に障子風パーテーションで区切られています。同部屋に他にお客様がいらっしゃらなかったこともあり、銀座の中心ですが、とても静やかで清浄な雰囲気です。

ランチはコースの他鯛茶漬けなどもありますが、お目当ては・鰻御膳 ¥6,480(サ別10%)なのです。

まずは食前酒として・梅酒

そして前菜と続きます。

・前菜 雲丹と湯葉のジュレ、パパイヤサーモン巻、卵焼き、イカ卵サンド、サツマイモ、松風、鴨ロース、ヤマモモ

目にも鮮やかな料理たちは、どれも美味。最近とんとお見かけしないヤマモモが良いですね。

ご飯は釜で炊いていただけるようで、30分ほど待ちます。

まずはご飯が到着。

続いて待ちに待った鰻が登場。

美味しそうです!

早速鰻(愛知県産)をいただきます。

美味しいです!厚みはありませんが、外はカリッと、中はしっとりとした素敵な仕上がり。

次にご飯に乗せて。

こちらも絶品。ご飯が美味しいのが最高です。お米は新潟北部の岩船産コシヒカリ、それ自体が美味しいのはもちろん炊き具合も完璧!ご飯だけでも美味しくいただけます。

・山椒、タレ、お新香も大変美味しいです。

通常鰻をいただく時、山椒(特に瓢箪型容器のもの)は香りがきつ過ぎるためほとんど使いませんが、こちらの白い山椒は慎ましい香りが素晴らしく、沢山かけてしまいました。山椒だけで食べてみましたが、それだけでも美味。

・肝吸い

肝もたっぷりと入っており、料亭ならではの上質なお出汁です。

最後に肝心の最後は手の込んだ可愛い・カプチーノゼリーまで付いてお腹も心もいっぱい。

食後は熱いお茶を飲みながら満足感に浸らせていただきました。 サービスも上品で落ち着いており、それでいて堅苦しくなく大変過ごしやすかったです。 お値段だけ見ると割高に感じますが、鰻以外も美味しく、それ以上の満足度はございました。 やっぱり良い和食店の鰻は、格別美味しいです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


CAVE五十嵐|月曜はカーヴ・デ・ヴィーニュ特別営業中/the 294th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、294日目です。本日はフレンチです。以前当ブログでもご紹介させていただいた歌舞伎座横のビストロ「カーヴ・デ・ヴィーニュ」さん

月曜日は「Cave五十嵐」として特別営業中。マノワールダスティン(本店)の五十嵐シェフが腕を奮っておられます。

ランチコースは¥6,500から、カルトでもオーダーできますが、本日は事前に・おまかせコース ¥9,000(サ別10%)を予約してお伺いしました。いただいたのは以下。

・ブーダンノワール

マノワールでの定番アミューズ。いつ食べても美味し。

・ホワイトアスパラのブランマンジェ、スープ

春です。今年初の白アスパラ。アスパラの個性的なお味がクセなく凝縮しております。美味!1本ではなく、こういう形でいただくのも乙なものです。

・海老のラビオリ

モッチモチでプッリプリな海老入りラビオリ。タケノコや車海老、パプリカを散らしたピリ辛のイタリアン風。 より自由なCave五十嵐ならではの一皿でした。

・ヤリイカのロースト

たらの芽、芽キャベツなど彩り豊かな春野菜を添えて。柔らかな食感が良いです。

・ウナギのキャラメリゼ

メインは仔羊と選べましたが、好物のコチラを選択。さらに胴か尻尾かも選べたので、脂が少なめで締まった尻尾部分をお願いしました。フレンチで蒲焼風に出てくるのも珍しいですが、肝も山椒も乗っており芳しい香り!

シェフが関西出身とのことで蒸さずに焼いてあり、パリッとした仕上がりに仄かな甘みが素敵。フォンドヴォー系のソースとも良く合い、下に敷いてあるちぢみほうれん草も美味しくいただきました。大満足。

・アーモンド風味のブランマンジェ、バニラアイス

シンプルですが、デザートも流石。バニラアイスも風味が強くて美味しいです。

最後は美味しい・コーヒーと小菓子で。

ボリュームがあるので前菜2品の¥6,500コースでも満足できそう。 カルトメニューにパスタ、ラザニアなどもあるので通常のお客様も大勢いらっしゃり、ランチタイムは混み合っており賑やか。

サービスもマノアールの方が担当されており安心できますが、お店の雰囲気は本店の方が良いように感じました。せっかく美味しいコース料理なので、少し落ち着いた環境でいただきたいものです。最後は五十嵐シェフにもお見送りいただきありがとうございます。 また本店の方にお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


レストラン・ピウさん-実力派イタリアン/the 199th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、199日目。本日は今年5月7日にオープンしたイタリアン”レストラン・ピウ”さんにお伺いしました。

お店の場所は銀座4丁目、昭和通り近くの新しいビル”HOLON-GINZA”の8階。
cuc11
フレンチの”イシダ”さんの新店が入っているなど、今後面白くなりそうな隠れ家感の強い建物です。 目立つ看板などはありませんので、お気を付けください。

cuc12
店内は決して広くはありませんが、シックで落ち着いた雰囲気です。8階ですので、窓からは京橋まで続く通りがずっと見下ろせます。

ランチは今のところ、完全予約制で確か¥2,600のパスタコース、¥3,980のメインディッシュ(3種類から1種選択)の付いたコースの2種類。本日は¥3,980(w/o tax)のコースをお願いしました。最初に言ってしまいますが、かなり素晴らしい内容でした!

前菜 “真鯛のカルピオーネ、人参とレモングラスの冷製スープ”
cuc1
真鯛のは欧風南蛮漬け?のようなもの。サフランが軽く効いております。 スープも美味。良いスタートです。

パン “ブラックオリーブパン、セサミパン”
cuc2
とても美味しいパンでした。カリッとした食感が好み。 イタリアから空輸しているそうです。

前菜 “タコとウイキョウのマリネ”
cuc3
この時期のタコもなかなか美味。 宮崎県産のマンゴーが違和感なくマッチしており、柚子胡椒のソースでまとめた夏らしい一皿。

パスタ “ウナギのラヴィオリ 山椒・セージ・バターソース”
cuc4
土用の丑の日に食べ損ねたので嬉しい。そして美味しすぎ! イカスミを練りこんだ黒いラヴィオリの中にはウナギ、肝、リコッタチーズ。ソースとともにサッパリとしており、いくらでも食べれそうです。新佛シェフのセンスが光る逸品でした。

パスタ “赤牛とサマーボルチーニのキタッラ”
cuc5
キタッラは断面が四角いやや太めのパスタ。ミモレットチーズが散らせてあります。 濃密なソースが良く絡み、しっかりとしたコシでうっとりとする噛みごたえです。サマーボルチーニ、とても美味しかったです。

メイン “マンガリッツァ豚のビステッカ ヴィンコットとイチジクのソース”
cuc6cuc7
ハンガリーの食べられる国宝、マンガリッツァ豚。こんなところで出会えるとは! 以前オーストリア料理の”ハプスブルク・ファイルヒェン”さんでいただき、大変美味しかった記憶があります。

豚ですが、牛のような霜降り具合で柔らかくジューシー。 脂がけっこう多いのですが、口に入れると瞬時に溶けます。驚くほどさっぱりとしており後味が良い。 お肉を引き立てるナチュラルなソースも良く、やはり絶品でした!

付け合せは十穀米とジロール茸の焼きリゾットとヤングコーンでした。この形のヤングコーンは初めて。表面はこんがり、裏は生っぽい感じで面白美味です。

デザート “ラズベリーのジェラート、抹茶のパンナコッタ”
cuc8
こちらも丁寧に作られており、優しいお味でした。

最後は美味しい”エスプレッソ”で。
cuc9
たまたまでてきたものも好物ばかり。それを抜きにしても大満足!ごちそうさまでした!

“レストラン・ピウ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


蒸さない鰻が美味しい! “ひょうたん屋 6丁目店”さん/the 27th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡る”銀座6丁目美食日記”、27日目です。

残暑が厳しく、バテ気味の本日は、元気を出さねばということで、大好きなウナギです。

松坂屋の裏手にある郵便局の向かいにある“ひょうたん屋 6丁目店”さんにお伺いしました。
ひょうたん屋
可愛い赤いひょうたんマークが目印です。

関東では多くの場合、背開きをして、蒸して焼くところが多いのですが、

“ひょうたん屋”さんのウナギの焼き方は独特で、背開きで、蒸さずに焼きます。

関西風のウナギが好きな私に取っては嬉しい限りです。

焼き場前のカウンターに座ると、ウナギが焼かれていくのを間近で見れるので楽しいです。
ひょうたん屋

本日は、”肝焼き”と”鰻重”をオーダー。

“肝焼き” ¥400

程よい苦みがクセになりそう。

噛むほどに、旨味が染出るような肝焼き。ビールが飲みたくなります。

パワーが付きますね。

“鰻重 竹” ¥2,100

フタを開けた瞬間、香ばしい香り。そして良い焼き色、脂の乗り具合。美味しそう!

そして実際、とても美味。

蒸さないウナギならではのカリッとした表面部分が最高。中は割とフワフワです。

タレも辛口でサラッとしており、非常に食べやすいんです。

いくらでも食べられそうです。

美味しい鰻、ごちそうさまでした!

店内は左側がカウンター、右側がテーブル席です。

鰻を焼く姿カッコ良い。

美味しい鰻、ありがとう。

銀座1丁目にもあるみたいです。

“ひょうたん屋”さんのウェブサイトはございませんので、食べログをご参考にどうぞ。

お立ちよりの際は、是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。