髭戎|短角牛レストランの火木限定肉ランチ/the 309th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、309日目です。本日は短角牛炭焼きをメインに扱うレストラン「髭戎-ひげえびす」さんの火・木限定ランチにお伺いいたしました。

場所は銀座4丁目、並木通り付近の「よもだそば」の脇の路地を少し入ったビルの5階。ランチ営業は火・木のみです。

エレベーターを降りるといきなり店内パターンではなく、ドアを1つ開けた向こうがお店でした。

お肉の店っぽくない半和風な設え。

右側がカウンターで左側がテーブル席、障子で仕切られた向こう側には個室のテーブル席もあるようです。

本日はビル入口に出ているメニューで大変気になった・季節野菜と短角牛のホワイトカレー(限定5食) ¥1,200 をお願いしました。

まずは・サラダ

ちゃんと量もあり、グラノラが入っているのが良いです。

10分ほどして、丸く盛られた五穀米に短角牛バラ焼きと焼き野菜がのった迫力のあるお皿が登場。

カレーは小さい鉄鍋での提供でした。

確かに白い!がクリームシチューくらいの白さを想像していたので、薄柳色に見える。。。 和風だしをベースに、茶色の元となるターメリックを使わずに仕上げているそうです。 お味は確かにカレーなのですが、何も言われずに出されたらカレーとは思わないかもしれません。 かなり円やかに仕上がっており美味。ご飯が進みます。

この他お新香、小鉢、野菜が沢山入ったスープ付き。

野菜がけっこう入っているため栄養バランスも良いようです。

こちらのお店、豚しゃぶに黒ごまを合わせたり、豚生姜焼きに黒酢を合わせたり少しトリッキー。 後味のすっきり感も素敵な変り種のホワイトカレー、大変美味しくいただきました。

最後は・コーヒー、小菓子でゆっくりと。

スタッフお二人の明るい雰囲気も素晴らしく、楽しいランチタイムでした。 ごちそうさまでした!

後日、もう1つの気になったメニューをいただきにお伺いしました。

・ひこま豚の絶品とんかつ(限定5食) ¥1,200

一般的なトンカツっぽくない凝縮感が有り、カリッとした衣と共に歯ごたえを楽しめる仕上がり。ソースではなく、紫蘇胡椒、ワサビ、白ゴマでいただくのがユニークです。

肩ロースですが、脂っぽさは少なめです。

何となく牛カツのようなテイストで、個人的にはワサビが最も好みでした。 キャベツも歯ごたえが良かったのはたまたまでしょうか。 こちらのお店らしい特徴のあるトンカツ、美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

最初のサラダ、最後の・コーヒー、小菓子は全てのランチメニューに共通。 次回は森林鶏の竜田揚げをいただきにお伺いしたいと思います。また、ディナーはお肉が50gから頼めたり、ちょい飲みセットなるものがあったり、また日本酒の品揃えも豊富で1人でも気軽に利用できそうです。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


SOYA、ビストロ ヴォージュ|お昼にカレーが食べられる隠れ家レストラン/the 267th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”267日目です。本日はトリプル銀座の近くでお昼にカレーが食べられるイタリアンレストランとビストロを2店ご紹介いたします。どちらも雑居ビルの上にあり、なかなかの隠れ家感です。

まずはみゆき通り沿い、泰明小学校の並びにあるイタリアンレストラン”SOYA銀座”さん。
soya6
1階には洋菓子店の”樫木の樽”さんが入っている雑居ビルの7階です。エレベーターで7階に降りると、こじんまりとした良い感じのお店で一安心。照明暗めな落ち着いた雰囲気で、カウンター6席、テーブル16席と程よい大きさです。

ランチはパスタ2種類に、新メニューというカレーライスが1種類、全て¥980と優しい価格設定です。 イタリアンですから最初はパスタを頼まなければと思いつつも、欲望のままに、”マツコのバターレッドカレー” ¥980をお願いしました。

まずは”前菜3種、サラダ、パンのワンプレート”
soya1
グリーンサラダにポテトサラダ、コリンキーのビネガーソース、フリッタータ。 暖かいパン、クミンの香りのポテトサラダはなかなか美味。ポテサラは、もう少し食べたい気分です。

“マツコのバターレッドカレー”
soya7
上にはココナッツミルクがかかった、いわゆるバターチキンカレーで、野菜も色々入っています。 スパイシーな中にも円やかさがあり、バランスの良く日本風の味付けにアレンジしているようです。試行錯誤を感じる、とても好感の持てるカレーでした。 ちなみにマツコさんはDXのことではなく、このカレーを考案した、こちらのスタッフさんのお名前だそうです。よい狙いのネーミングですね。

最後は秋を感じる”サツマイモのジェラート”と美味しい”コーヒー”で。
soya3
この値段なら大満足です。夜は新鮮野菜はもちろん最近勢いのある尾崎牛がいただけるなど、なにやら良さそうな予感がいたします。 次回はパスタをいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いてはソニー通り沿い、エルメスの近くにある雑居ビルの7階にある”ビストロ ヴォージュ”さん。
vosge8
以前は当店の裏路地にあったのですが、数年前に移転したお店なのです(17回目でお伺いしています。以前の記事はコチラ)。

なんと4年ぶりの再訪問でした。看板のゆるい文字も相変わらず。お値段も相変わらずの千円ぽっきり。 前のお店よりも広く、ビストロらしい雰囲気になっています。それでも片仮名の「ビストロ」よりも平仮名の「びすとろ」が合う感じは相変わらずですね。安心安心。11時半にお伺いしましたが、12時前には満席に。

メニューはパスタ、シチュー、カレーの3種類。 本日は”レンコンとポーク入りオムレツのカレー” ¥1,000をお願いしました。

まずは、”サラダ”、”ワカメ、玉ねぎスープ”。
vosge3
変わった食感のハムが乗っています。何てことのないサラダですが、ハムにより、この店らしさが出ています。混んでいたためかカレーが出てくるまでに20分ほど待ち。

“レンコンとポーク入りオムレツのカレー”
vosge1
これでもかというくらいの湯気モクモクのアッツアツです。 皿も大きい上に、かなりしっかりしたオムレツが乗っており、相変わらずの盛りの良さ。 そういえば移転前のお店で頼んだパスタも普通のお店の倍くらいありましたっけ。すっかり忘れていました。

vosge2
カレーはちょっと油強めの男らしいお味。豚肉の細切れとレンコン、ニンジンがたっぷり入ったオムレツが良い味を出していますね。 ご飯も美味しいですが、量が多く、なんとか完食です。

最後は美味しい”コーヒー”で。
vosge4
この場所でこの価格は素晴らしく、ボリュームとそこはかとなく感じるオリジナリティが良いですね。 スタッフの方々も元気があります。 久々に独特の空気感を味わえて満足です。このお店、なんか好きです。

ちなみに全席喫煙可能ですのでお気を付けください。また、どちらのお店もメニューは日によって違います。カレーが無い日もあると思いますので予めご了承くださいませ。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
vosge6


三徳堂、銀座のジンジャー|暑い時期にはかき氷/the 258th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”258日目です。梅雨も終わって8月夏本番。そんな季節に食べたくなるのはやっぱりかき氷。銀座でかき氷が食べられるお店は多いですが、本日は2店をご紹介いたします。

まずは銀座の名店”三徳堂”さん。台湾茶の専門店ですが、かき氷が特に有名です。
santo4
1階で注文を済ませ、2階に上がるとそこが喫茶スペースとなっています。

夏限定、三徳堂さんの象徴ともいえる”マンゴーかき氷” ¥2,000をお願いしました。
santo1 santo2
表面が赤く色付いたアップルマンゴーを丸ごと1個使用した贅沢かき氷。 グラス1杯のプーアル茶付きです。 昔ながらのかき氷で、シロップは黒蜜。何だかスパイスっぽい味がほのかにしたのは何でしょう。 大きめに乱切りされたアップルマンゴーは甘くてとても美味しいのです。

三徳堂さんのマンゴーかき氷を食べなければ夏が始まらない!という方も多いほど人気のかき氷でした。ごちそうさまでした!

続いて当店からは少し遠いのですが、銀座1丁目にある”銀座のジンジャー”さん。
ging7
店名通り生姜製品を豊富に揃えるお店です。1階が物販、2階が喫茶スペースとなっています。

かき氷の前にこちらで腹ごしらえ。”ジンジャーキーマカレー” ¥980
ging1
上には目玉焼きとサニーレタスが乗っており美味しそう。 ひよこ豆と豚ひき肉がたっぷり入ったカレーは、生姜もたっぷり入っています。生姜の辛さだけなので、辛口ではないですが食べていると体が温かくなってきます。生姜好きには嬉しいお味です。 ご飯は雑穀米。栄養のバランスもよく考えられており美味しいカレーライスでした。

続いてメイン。

季節限定 “黒胡麻きな粉と餡ミルクエスプーマ” ¥1,180
ging5
想像したより、ずっと巨大です。 上には栗の甘露煮、きな粉、エスプーマ、練乳の三層構造。 黒胡麻きなこは小瓶で別に提供されるので、足りなくなったら掛けることができます。 ふわふわのエスプーマは、氷との食感のコントラストが面白く、まったりした甘さで美味しい。 もちろん黒胡麻きな粉との相性も抜群です。

2/3ほど食べると、中からコーヒーゼリーが出現。
ging6
よく考えられた和洋折衷なかき氷、美味しくいただきました。

最後はセットの”コーヒー”で体を温め、ホッと一息。
ging3
お店の雰囲気も落ち着いており、カレーも美味しかったのでまたお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

“松崎煎餅”さん、”林屋新兵衛”さん、”麦酒屋 るぷりん”さん、”雪の下”さんなどなど銀座はかき氷が食べられるお店が非常に多いので、かき氷の食べ歩きも面白いかもしれませんね。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


伽藍バー-外堀通りに潜む、癒しの洞窟/the 241th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”241日目です。本日は初のバー。当店のすぐ近く、曽根ビルの地下2階にある”伽藍バー”さんにお伺いしました。ある方のご紹介でお伺いしたのですが、近くにあっても全く気づかないものですね。

店内は土壁、木の家具がいっぱいの温かい不思議な洞窟のような雰囲気。
garan5
テーブル席もたっぷりあるので、いわゆるバーという感じではないのも立ち寄りやすい理由でしょうか。 なんと今年で12年目。お祝いのお花が飾られておりました。

チャージ、ドリンク、料理だいたいどれも¥1,000程度と良心的。価格のちゃんと記載されたメニュー表もあるので、バー慣れしていない私でも安心です。バーですからお酒を飲みます。

“伽藍Barオリジナルラベル ビルゴビール ホワイト”
garan1
とりあえずのコチラ。さっぱりとして美味しいビールです。

“竹鶴12年”
garan7

“香取(千葉県香取郡)純米生酛 8割磨き”
garan10
美味しい日本酒もあるのは嬉しいですね。店主は女性なのですが、とってもナチュラルで打ち解けやすい素敵な方。私はまで見てもらっていませんが、なんと手相鑑定もしてくれるそう。噂によれば、すごく当たるみたいです。

料理も美味しい!

酒粕と味噌、ゴマをブレンドしたペーストを付けていただく生野菜。
garan8

そして銀座の高級クラブ御用達!京都の竹中罐詰 “いわしのオイルサーディン”
garan9
ヨーロッパの缶詰とは全く違う綺麗な見た目と繊細な味付け。家にストックしておきたい逸品!

鮭の頭と酒粕を使った北関東の郷土料理”しもつかれ”
garan11
これは日本酒と食べると最高!左は鮭と酒粕のみ、右は豆や野菜が入ったタイプ。美味しくて体にも良いっていいですね。

〆はカレーです!

“魔女の瞑想カレー”
garan3
お米は伽藍バーオリジナルの5分づきの酒粕入り玄米。オーガニックスパイス使用し、チキンがゴロゴロ入っております。辛さは控えめの優しいお味。店主の気持ちが伝わりますね。

これ以外にも体にも気づかった新鮮で魅力的なものが多数。飲み物の品揃えはマニアックではありませんが、一通りのものは揃っております。

ベリーダンス、落語のイベントも定期的に開催していますが、それが無い日は、生演奏をバックに、女性店主がマイクを手に取ります。先ほどまで普通にお話していたと思ったら、ドレスに着替えて登場し、急にジャジーな歌が始まったので最初は驚いたものです。

若かろうが、会社の経営者であろうが、誰とでも変わらずニュートラルに接する店主。その立ち振る舞い。時に緩く時に締める、その緩急も素敵です。 料理を美味しく食べるために、お酒を飲むのが好きなので、こういうお店は有難い。行くたびに面白いことがあるバー。またお伺いいたします(もう3回ほど行っています)。ごちそうさまでした!

“伽藍バー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
garan4 garan6


ブリッヂさん-ユニークなメニュが目白押し/the 185th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、185日目の本日は老舗の喫茶店“ブリッヂ”さんにお伺いしました。

場所は銀座4丁目、“西銀座デパート”の地下1階でございます。
bri11
宝くじ売場のある数寄屋橋交差点近くの階段を下りるとすぐお店です。

bri10
昔ながらの喫茶店という風情溢れる店内はかなり広く、全席喫煙可能です。 魅力的なメニューが多く迷いましたが、 カレーフェアの表記を発見し、迷わず“ハンバーグカレー” ¥1,300をオーダーいたしました。

主食はA)ライスとパン B)ライス多め C)ナンの3種類から選択。ナンを選びましたが、「カレーの中で一番辛いので、AかBがお勧めです。」とのこと。それでもナンをお願いしようとしましたが、「悪いことは言いません。AかBがよいですよ。」と頑。 そこまでいうならとA)ライスとパンを選択しました。どんだけ辛いんでしょうか。 10分ほどで到着。

bri1
ワンプレートで、ヨーグルト、サラダなども付いておりターリー(インドの定食)のような盛り付けです。パンはマーガリンを塗ったもの、ご飯も少し味付けされているでしょうか。 カレーはスパイスをオリジナルでブレンド。コチジャン、赤唐辛子、パプリカで赤色を出しており見るからに辛そうです。

bri2
牛肉が入っており、さらに中には何と100%ビーフの大きいハンバーグが丸々1個沈んでおりました。 衝撃的!

カレーとしては辛い方ですが、水は必要ない程度。予想以上にしっかりとしたカレーで美味。食べ応え満点で、大満足です。次は強行にナンを注文してみようと思います。

最後はセットのコーヒーで。
bri8
飲みやすいKEY COFFEEです。ごちそうさまでした。

ちなみにカレーフェアは夏の間はずっと開催。冬はシチューフェアになるそうです。

こちらのお店はパンケーキも有名。カレーと同時には無理でしたので、次の日お伺いしてみました。名物は“メロンパンケーキ”で、見た目はメロンパン風なもの。テレビでも取り上げられたそうです。 メロンパンにそれほど惹かれないため、こちらをオーダーしました。

“ティラミスパンケーキ” ¥1,550
bri6
10分ほどで到着。何も言わないとパンケーキとコーヒーは同時に運ばれてきますよ。 こちらも結構なインパクト。三段重ねの大きいパンケーキの上にはバニラアイスと生クリーム。パンケーキの間には少量ながらマスカルポーネチーズとチョコクリームが挟んであります。

bri9
パンケーキは昔ながらの懐かしいお味。フカフカしており非常に美味。しかしながら、甘いものが好きとはいえ、流石に量が多過ぎました。頑張って完食!2人以上で食べるのに丁度良いですね。 メープルシロップも置いていってくれましたが、使用しませんでした。

メニューにあるのかわかりませんが、プレーンなパンケーキ1枚にフルーツ付きがベストな感じですね。 なかなかに楽しい一時でした。ごちそうさまでした。

全席喫煙可のため、煙草を吸っている人がいなくても煙草の匂いが絶対に付くことと、なかなかのハード&ドライな接客は、気になる方がいるかもしれません。

ドライカレーやチリナンドッグなどユニークで魅力的なメニューが多いので、またお伺いすると思います。 気持ちに余裕があれば接客も逆に楽しめそうですよ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
bri5