神戸プレジール銀座|10食限定 神戸牛ステーキビーフシチュー/the 348th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」348日目、本日は皆大好きビーフシチューです。

作年オープンした銀座4丁目交差点の新ランドマーク「ギンザプレイス」。

最上階11階にある神戸発の神戸牛専門の鉄板焼店「神戸プレジール銀座」さんにお伺いしました。以前も鉄板焼きをいただきにお伺いしたことがあるのですが、ランチに新メニューでビーフシチューを提供されていると知り早速お伺いいたしました。

新しい施設だけあってとても綺麗で、天井も高くゆったりとした雰囲気。エントランスから華やかで銀座らしい装いです。テーブルに案内されるまで素敵なサロンで待機。

以前鉄板焼きをいただきにお伺いした時は、こちらで食後のコーヒー、デザートをいただきました。

窓からは先っぽだけですがスカイツリーが見え、高いところにいることを実感できます。夜はさぞムードのあることと想像されます。

 前回は鉄板焼きをいただいたのでカウンターでしたが、10食限定の・神戸ビーフステーキシチュー ¥3,800(w/o tax)の場合は奥にあるホールのテーブル席に案内していただきました。

1人でしたが4人掛けテーブル、静かでゆったりとした大らかな店内、流れるクラシック音楽も空間とぴったり合っており心地良い雰囲気です。

コース仕立てになっています。まずはコチラから。

・マッシュルームのスープ

マッシュルームもそうですが、ほとんどの食材が兵庫県産です。 とても香りが良く濃厚なポタージュスープでした。美味。

・産直野菜の彩サラダ

13種類のお野菜使用。12種は兵庫県産ですがフリルレタスのみ千葉県産、惜しい!

・神戸ビーフステーキシチュー、焼き野菜付

3日間じっくり煮込んだという神戸牛スネ肉のビーフシチュー。お肉自体の旨味はやや控えめなものの、ナイフはいらないぐらい柔らか。見た目よりずっとさっぱりと仕上がったコク深いデミグラスソースがとても美味しい。ステーキ仕立てで非常に贅沢感が有るビジュアルが素敵です。

パン(フォカッチャ)かライス(兵庫県産コシヒカリ コウノトリ米)の選択可能で本日は・ライスをお願いしましたが、このスタイルだとパンの方が相性が良いかもしれませんね。ちなみに嬉しいお代わり無料です。

・ピスタチオのアイス、オレンジゼリー、バニラのシフォンケーキ

デザートもちょっと豪華な3種盛り、どれも美味しいです。

最後は・コーヒー、バニラクッキーをいただきゆっくりと。

今日いただいたビーフシチューは最初は期間限定だったのですが、好評につきレギュラーメニューになったそうです。お店の雰囲気や立地、メイン以外のコース内容も考えると、大変満足感のあるランチタイムでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「神戸プレジール銀座」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


2016年も誠にありがとうございます!

2016年もお客様、メーカーの方始め多くの方に支えられ、無事に営業終了することができました!誠にありがとうございます。


今年の銀座中央・はるみ通りのイルミネーションはフランスのクリエーションスタジオ「PITAYA ピタヤ」がプロデュースする「ヒカリミチ 光の庭園」。シャンパンゴールドの上品な花々が咲いています。

新しい商業施設も沢山できました。数寄屋橋交差点の「東急プラザ銀座」、三越前に「ギンザプレイス」、数々のホテルもオープンしました。

そして2017年の注目は松坂屋跡地に春オープン予定の「G SIX ギンザシックス」

暖簾をイメージしたというモダンな外観。ディオール、サンローランの旗艦店、能楽堂などが入ったラグジュアリーな施設になりそうです。

銀座4丁目、中央通りで建て替え中の「ミキモト本店」も来春オープン予定。

フレンチの名店「レカン」も復活するそうで、とても楽しみです。

トリプル銀座も来年で10年を迎えます。毎日銀座に通い日々変わる銀座を見るのはとても楽しいですが、反面親しみのある風景やお店が無くなっていくことも多く、寂しさを覚えることも。

それでも銀座はやはり大好きな街。当店も銀座で次の10年、そして100年とずっとそこにありたいものです。そのためにも真っ当な眼鏡店としてのあり方を追求し続けていきます。

来年は1月2日からの営業でございます。それでは、皆様良いお年をお迎え下さいませ。