パクチージョーズ、神乃珈琲|パクチーとコーヒーと/the 339th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」339日目です。

銀座5丁目、みゆき通りを挟んだギンザシックスの向かいにビューティー&ヘルスがコンセプトの新商業施設「BINO GINZA-ビーノ銀座」が12月7日にオープンしました。

レストラン2店が同時オープンしたので早速お伺いいたしました。

まずは2階にオープンしたのが「神乃珈琲 銀座店」さん。

重厚感のあるとりどりの椅子が目を引くウッディーで落ち着いた店内。物凄く広いなーと思ったのは鏡の効果、座面の広いふかふかの椅子は気持ちの良い座り心地です。

食事メニューはサンドイッチとパスタ。

本日は・カラスミと北海道噴火湾産タラコの和風ソース ¥1,200(w/o tax)をお願いしました。

タリオリーニの生パスタはもちもち食感。 カラスミ感は控えめなものの、まったりとした質感のタラコはほんのり刺激的で美味しいパスタでした。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

・那須御養卵の和三盆プリン ¥600

本体、カラメル共に和三盆糖を贅沢に使用した弾性たっぷりのぽってり蒸しプリン。 少し甘みが強すぎる気がしましたが、こちらも美味しくいただきました。

・月煎 TSUKI-IRI 和三盆糖付 ¥950

希少性が高いエルサルバドル産ティピカ種使用とのこと。熱々でびっくりしましたが、サイフォンで淹れてくださっているんですね。まだオープン3日目でしたので、今後の向上が期待できそうです。

サービスは丁寧で、雰囲気も良いので、銀座の中心でゆっくりするには素敵な空間です。慢性的にカフェ、喫茶店不足の銀座ですので、新しいお店ができるのは嬉しいですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いて3階にオープンしたのが「パクチージョーズ」さん。

その名の通りパクチーがメイン食材のレストランです。

広々として清潔感と温かみのある店内、椅子の座面はパクチー色です。

ランチメニューはチャーハン、パスタ、ガパクライス、グリーンカレー、ハンバーグなど種類豊富です。本日はお勧めの・サクサク パク淋鶏 ¥1,000をお願いしました。

まずはシンプル・サラダ、パクチーは入っておりません。。。

続いてメインの・サクサク パク淋鶏

パクチーに包まれた油淋鶏がパク淋鶏。パクチーの香りはそこまで強くありません。 定番の甘めタレにサクサクの鶏肉。


ご飯は別皿ですが、最初からご飯に乗っけてくれても良い感じでしょうか。パクチーが沢山食べられてパクチー好き満足です。

最後はデザートの・チーズケーキと、

ビッグサイズの・コーヒー付き。

コスパはなかなかよろしいようです。

パクチーをメインに中華、タイ料理、イタリア料理をミックスした感じ。パクチー好きなら楽しいお店です。サービスの方々も非常に丁寧で良い雰囲気でした。 店内では水耕栽培でパクチー生育中、香りが柔らかくなるのでパクチーが苦手な方でも食べやすいのだとか。

期間は不明ですが、夜は「パクパクパクチー」の合言葉で追加パクチーがサービスなのだとか。 またパクチー炒飯をいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


筑紫樓 銀座店|ふかひれと言えばここ/the 338th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」338日目です。本日はふかひれが有名な中華料理店「筑紫楼 銀座店」さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、今年オープンの新しいランドマーク「ギンザシックス」のお隣です。

ランチも遅い時間まで営業されているのも助かります。地下1階の店内、天井も高く煌びやかな雰囲気です。

本日はお目当ての・特製ふかひれ姿煮込みと海の幸セット ¥3,250(w/o tax)をお願いしました。まずはこちらから。

・車海老の香り塩水漬け

塩水効果、ほんのり甘みを感じる車海老です。

・ホタテ貝とレタスの蟹ソースかけ

冬らしい一品。ソースが美味しいです。

・イカのネギ、生姜セイロ蒸し

海鮮料理が続きます。健康的で良いですね。

・筑紫楼特製ふかひれの姿煮込み

豪華な見た目です!濃厚ソースと一緒にご飯に乗せたふかひれ丼も素敵。美容や健康にも良さそうな滋養のある食材です。

・卵スープ、ザーサイ、ご飯

ご飯はお櫃で、お茶碗2杯分。卵スープが美味しいです。

・杏仁豆腐

最後はボリュームのあるデザートをいただきました。

「筑紫楼 銀座店」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


シャトーT.S 銀座|雰囲気良しの隠れ家イタリアン/the 337th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」337日目です。本日はイタリアン「シャトーT.S 銀座」にお伺いしました。

場所は銀座2丁目、外堀通り沿い、石川県のアンテナショップが入っているビルの4階。

以前はフレンチレストランでしたが、9月にリニューアルオープンされたそうです。

清潔感があり、程よく高級感のある素敵な店内。

入って手前がテーブル席、奥にバーカウンター、その反対側が通りに面したカップルシート。夜はなかなか景色が良さそうです。

¥2,800のランチコースもありますが、本日は・パスタランチ ¥1,200をお願いしました。

まずは・自家製フォカッチャ、オリーブオイル

なんとオリーブオイルは9種類から選択できます。本日は・トンマーゾをチョイスです。 青いフレッシュな香りが好みで、フォカッチャ(お代わり無料)もなかなか。

・ハーブ香るグリーンサラダ

ディルなどが入ったフレッシュサラダ。新鮮です。嬉しいことにドレッシングがあまりかかってないので、オリーブオイルを掛けていただいても美味です。

パスタは3種類から選択できましたので・イノシシのラグー スパゲッティーニをお願いしました。

上にはチーズと胡椒がたっぷり。コクのあるイノシシは濃いめのバジルソースとも良く合います。パスタの茹で加減も良い具合で美味です。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

・カボチャのプリン ¥500

下にはカボチャソースと生クリーム、しっとり食感しっかりカボチャの味がいたします。 付け合わせのナッツが沢山入ったチョコケーキも美味しいです。

最後は美味しい・コーヒーでゆっくりと。

接客も丁寧で非常に好感触。リニューアルオープン後間もないせいか、ビルの前に看板などを出されていないせいか非常に空いています。

こちらのお店、カラオケで有名なシダックスの経営。静岡でワイナリーも経営されているそうで、ワイン好きにもお勧めできそうなお店です。またビーフシチューをいただきにお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


エリュシオン|リーズナブルに味わう贅沢感/the 334th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」334日目、本日はランチにリーズナブルにお肉料理がいただける鉄板焼店「ステーキハウス エリュシオン」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、中央通り沿い、お洒落なマツキヨが1階に入っているビルの地下2階。

ランチにハンバーグがいただけるという情報を知り早速お伺いしました。

ギリシャ風の階段を下りていくと重厚感のあるエントランス。

入ってすぐのウェイティング用のバーカウンターなどクラシック感有り、店内はブラウンベースの非常に落ち着いた雰囲気です。

ランチメニュー(平日限定のものも有り)は・コロッケ膳 ¥990からありますが、本日は・ビーフハンバーグ100gとカイノミステーキ70gセット ¥1,620をお願いしました。

まずはシンプルな・サラダから。

リーズナブルなランチメニューですが、シェフが目の前の鉄板で焼いてくれるので贅沢感有りです。

最初に今から焼くお肉、ハンバーグとカイノミを見せていただけます。

カイノミはヒレに一番近いところにあるバラ肉。赤身と脂身のバランスが良いお肉だそうです。

焼いていきます。

美味しそうな色に変わっていくお肉を見ながら、シェフの方と色々お話を楽しみながら10分ほどで仕上がり。


ステーキの下にはモヤシが敷かれています。カイノミ、とても柔らかくて美味。 赤身ですので口当たりがさっぱりとしているのも良いです。牛肉100%のハンバーグもパワフルで食べ応えがあってなかなか。

・なめこ赤出汁、ライス(お代わり無料)、お新香付きです。

スーツでビシッと決めたサービスの方々も落ち着いており、銀座らしい丁寧さで心地よい時間を過ごせました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“銀座ステーキハウス エリュシオン”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


プティオザミ、キットカットショコラトリー、待合室2|チョコレートパフェに萌える季節/the 333th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」333日目、本日はチョコレートパフェです。夏も美味しいのですが、寒い季節になると何故か食べたくなるチョコレートパフェを提供しているビストロ、カフェ3店をご紹介いたします。

まずは銀座1丁目のビストロ「プティオザミ」。

ギンザシックス始め、銀座に系列店が何件もある有名店。こちらで気になるネーミングのチョコレートパフェがいただけると知り、お伺いしました。パフェは14時から(週末14時30分から)のカフェタイムからの提供です。

・日本一美味しい!100%手作りチョコレートパフェ ¥800(w/o tax)

「オザミ」だからこそ許せる強気なネーミング!見るからにサクサクのクッキーとバナナが乗った見た目はシンプルなパフェ。中にはバニラアイス、チョコスポンジ、フレーク状のクッキー。

黒い部分が少なく一見チョコレートパフェっぽくありませんが、コニャックが入ったチョコレートソース(コニャック無しも可能)をかけて完成です。

生クリームもアイスもクッキーも真面目な味ながら、とても美味しいパフェ。そしてコクと甘みのある大人なチョコソースもかなり美味しく大変満足。 リーズナブルなお値段も考えると、シンプルなチョコパフェの中ではかなり上位に入るのではないしょうか。ごちそうさまでした!

“プティオザミ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

続いて、松屋銀座近くの「キットカット ショコラトリー 銀座本店」、いつの間にやら2階にカフェができていたので早速お伺いいたしました。

外観もそうですが、カフェのレジカウンターの下などもキットカットになっており面白い意匠です。

こちらのカフェをプロデュースしている「ル パティシエ タカギ」のケーキも販売されていました。

どれも綺麗で美味しそうです。

メニューはサンドイッチ、キッシュなどもあり食事もできますが、本日はお目当てのパフェをお願いしました。

・キットカット ショコラトリーパフェ ¥1,000(w/o tax)

1サイズが大きい! 食感の良いカカオチップを散らした生クリームには「キットカット I ♡ FRUITS」の柚子、パッションフルーツ、ブルーベリーの3味をセット。フルーツはバナナとパイン、その下のアイスはチョコ、イチゴ、バニラの間にはフランボワーズ味の生クリーム。さらに一番下にはフォンダンショコラにチョコとフワンボワーズソースが控えています。


見た目同様、ボリュームがすごいです! アイス1つ1つが大きく、フルーツもたっぷりで、下にたどり着くまでが長い道のり! フォンダンも大きいのが3欠けも入っているので、終盤かなり苦しい。お味としてはシンプルなのですが、銀座パフェとしてはリーズナブルな価格とボリュームに満足。美味です。

1階では銀座店限定の高級キットカットなども販売されており、贈答用としても喜ばれそうです。ごいそうさまでした!

“キットカット ショコラトリー 銀座本店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

最後は銀座駅を数寄屋橋交差点改札を出たすぐにある「待合室2」(待合室も地下駐車場入り口にございます)。

全席喫煙可能のレトロな喫茶店です。簡単な軽食しかないと思っていたのですが、チョコレートパフェを提供していると知りお伺いしました。

・チョコレートパフェ ¥650

ミカンのシロップ漬け、バナナ、ウエハース、バニラ&チョコアイス、クリームにチョコソースがかかった懐かしのパフェ。

期待を上回りも、裏切りもしない予想通りのお味!

そしてなんと下半分は全てコーンフレークそのまんま! ミルクを少々入れておいてくれるとより嬉しいかもしれません。平日は朝8時30分から営業しておりますので、朝パフェにもお勧めです。

お店によって様々な個性があり面白いチョコレートパフェ、冷たく甘美な幸せなスィーツです。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

「待合室2」の素朴なサンドイッチです。