グリーンカレー めぇ at ウエスタンバンジョー|カントリーな空間でいただく優しいカレー/the 304th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、304日目です。本日は平日昼間、バーで間借りタイプのカレー店がトリプル銀座の近くに出来たと知り早速お伺いしました。

場所は銀座6丁目、数奇屋通り沿い、稲庭うどん屋の名店「佐藤養助」が入っているのビルの3階。

1980年創業の老舗カントリー&ウエスタン・バー「ウエスタンバンジョー」さんでランチタイムはカレー営業中です。

ウエスタンバーということでアメリカンカントリー調のユニークな店内。

夜はバンド演奏が行われるそうで、立派なステージも組まれておりました。

カウボーイハットがお似合いのバーのマスターと共に完璧な世界観を築いておりますね。

メニューは1つだけですので・グリーンカレー ¥800 が自動的にオーダーされます。 このカレーは中目黒のカフェ「リロンデル」さんの人気メニューだそうです。

週替わりのお楽しみサイドメニュー付き。本日は同店の人気メニュー・パクチーピーマン(通称パクピー) 。

面白い組み合わせのコチラ、何気にクセになるお味。カレーに入れても美味しいですし、たまらずお代わりをいただいてしまいました。

5分ほどで・グリーンカレーも到着。

白緑色が綺麗なサラサラカレー。具は鶏肉とシメジです。


ココナツの甘さと心地よいスパイス感の調和が素敵。鶏肉も柔らかくて美味しいです。 女性シェフらしい包容力を感じるクリーミーカレーでした! ココナツが入っているのでタイカレーっぽいですが、そもそも作り方が根本的に違うそうで、正にオリジナルグリーンカレーです。後味の良さも魅力ですね。

また別の日のカレーはコチラ。

今日のお楽しみは・ひよこ豆のごまよごし(黒ごま和え)。インド風の味付けで美味しいです。

生ビール(バドワイザー) ¥600も注文可能です!

カレーと一緒にお昼から飲むビールは美味しいです。

お昼時を過ぎた14時前でしたが、バーや中目黒のカフェの常連さんと思われるお客様がたで賑やかな店内。多くの人に愛されている2店と感じました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


カフェディオール バイ ピエールエルメ, 旬熟成|ギンザシックス/the 301th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、301日目です。本日は4月20日にオープンしたギンザシックスの飲食店2店にお伺いいたしました。

まずはハウスオブディオール4階の「カフェディオール バイ ピエールエルメ」。

ディオールのカフェは日本初出店ということで注文です。こちらはハウスオブディオールの1階からしか行けませんのでご注意下さい。エレベーターを4階で下りると、ディオールらしいロマンチックな空間。パールグレーを基調とした店内、背もたれがピンク、レッド、パープル、ブルーのパステルカラーの椅子がなんとも可愛いです。そんな訳で客層は女性率98%ですが、気にせずデザートをオーダー!

カトラリーも全てディオールのものと女性ならずともテンションアップです。 フルーツのものやマカロンも惹かれましたが、本日はチョコ系の・クルスティアンクロッカン ショコラ オレ エ ノワゼット ¥2,500(サ別13%, w/o tax)をお願いしました。

メインの前にプレゼントということで・オリーブオイルのマドレーヌをいただきました。

かなり大きいサイズ、柔らかいオリーブの香りで美味。

10分ほどでメインが到着。

ベースはヘーゼルナッツ入りのダコワーズとプラリネフィユテ。 その上にションティショコラオレ、ガナッシュショコラオレ、アイス、ミルクチョコ。一番上の金箔の中にはヘーゼルナッツのカラメリゼ。濃厚なチョコレート、香しいヘーゼルナッツ、冷たいアイス、プラリネフィユテのザクザク感が混じり合って口の中で一体となった貫禄のお味。見た目通り重厚感のあるでセールでした

最後は美味しい・コーヒー ¥1,000で。

サービスも完璧で優雅な一時、堪能いたしました。期間限定のマンゴーのデザートも美味しそうでしたので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いては13階にオープンした但馬牛の熟成肉がいただけるお店「旬熟成 GINZA GRILL」さんにお伺いしました。

予約無しでお伺いしてみると・オープニング特別コース ¥6,000(サ別10%)ならOKでした。

外から見える所にぶら下げてある巨大な肉塊がインパクト大。店内は和と洋のミックス、四角いカウンターの上の欄間の横にコケシが並んでいたりと不思議な内装です。

今日は座れませんでしたが、窓際の席は眺めも良く、雰囲気が良さそうでした。13階レストランフロアで窓際の席があるのは、こちら含め2店舗しかないということで、予約するなら窓際で決まりですね。コースはこちらからスタート。

・熟成豚トマト煮のサラダ

レタスの量も多く、嬉しいサラダ。豚肉も美味しいです。 ヘーゼルナッツとチーズの香りと食感が良く合いますね。

ここでコース内容を知らなかったのでお伺いしていると、なんと次が肉料理で終了! パン無し、食後のドリンクも無しとは。。。 まぁオープン初日ですし、食べさせていたでけただけで感謝です!

・熟成但馬牛のシキンボウ、熟成赤城豚ロースの盛り合わせ

塩、マシュルームパウダー、生胡椒、葉わさびでいただきます。 豚肉の下にはタマネギのピューレ、脂身たっぷりでやや重いですが、美味しいお肉です。


初めて聞いた「シキンボウ」とは外ももの中でも内側の部位。程よい弾力、柔らかで火の入れ方も良いですね。ちなみにシェフは銀座の名イタリアン「アロマフレスカ」出身の方だそうです。 2皿で終了は寂しいですが、お肉は200gほどありお腹もいっぱいになりました。

椅子の横の棚にヘッドホンが置いてあったので聞いてみると、¥8,000からの通常コースで牛肉を食べる際、ヘッドホンで音楽を流し、目隠しを着用するそう。感覚を集中させることで、また別の味覚が体験できるというユニークな試みですね。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


我路|地階に潜む理想郷!/the 300th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、300日目です。本日は気軽にしっかりした和食がいただけるお店「我路」さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目並木通り沿い。黄色い看板が目印です。

しかも16時から営業しております。地下1階、ちょっと怪しげなドアを開けると、そこは別世界。奥にカウンターがあり、パリッとした調理服の板前さんがお2人。


テーブル席も沢山あり広い店内。看板から相当カジュアルな雰囲気と想像したのですが、程よく高級感もあって良い感じ。銀座4丁目から昨年移転したそうで、まだ改装途中だそうです。

本日はご飯物なしの・お任せコースをお願いしました。

・イイダコ煮、フキ煮付

・ハマグリのお吸い物

お出汁も美味しいです。

・お造り マグロ、タイ、ヤリイカ、甘エビ

・ハタハタ一夜干し、白魚天ぷら

頭までかぶりつき。

・若芽とタケノコとフキの煮物

・アンコウ唐揚げ

ふわふわでした。美味。

・〆サバ

最後は・味噌汁、お新香をいただきました。どれも丁寧で実直、お酒が進む美味しい料理でした。

日本酒は以下をいただきました。

・紀土(和歌山県海南市 平和酒造)純米吟醸 しぼりたて
・菊鷹(愛知県稲沢市 藤市酒造)山廃純米吟醸 雄飛 無濾過生
・乾坤一(宮城県柴田郡 大沼酒造)特別純米
・越前岬(福井県吉田郡永平寺町 田邊酒造)純米大吟醸
・加茂錦 荷札酒(新潟県加茂市 加茂錦酒造)純米大吟醸生詰原酒 Ver.6
・モダン仙禽 無垢(栃木県さくら市 せんきん)
・醸し人九平次(愛知県名古屋市 萬乗醸造)
飲み過ぎです。。。メニューに載っていないお酒も出していただき、ありがとうございます。沢山飲んで食べて1万円未満と記憶していますので、非常にリーズナブルです。

マスターがユニークな楽しいお方なのですが、スタッフの方々も皆個性があり、とても面白くて魅力的。楽しい3時間でした!料理も美味しく、日本酒の品揃えも豊富、雰囲気も良いのですから最高です。 さらにコスパも良好で、はまったら怖いお店ですね。 良い飲食店を見つけると嬉しくなります。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


上海料理 四季|清涼感漂う美味な鶏スープ麺/the 299th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、299日目です。本日は中華料理です。本場の上海料理がいただけるという「上海料理 四季 陸氏厨房」さんにお伺いしました。上海の三ツ星ホテルで総料理長を務めていた陸鳴氏がオーナーシェフのお店です。

場所は銀座7丁目、花椿通り沿い、アソルティ銀座の9階。

実は以前にも訪問したことがあります。その時はエレベーターが開いて3分ほど待っても誰もいらっしゃらなかったため、そのまま退散いたしましたが、本日は大丈夫でした。

ゴージャス感のある店内、奥にはさらにゴージャズそうな個室もございます。

¥2,980のコースもありますが、2名からということで本日は単品オーダー。

・上海焼き餃子 ¥648

「汁が入っているので一口目お気をつけください」と注意を促される餃子は黒酢でいただきます。 見た目は水餃子のようですが、日本の餃子と違い皮が分厚くモチモチ。

昔、餃子の皮を手作りしたら中華まんのような厚さになったのを思い出しましたが、当然ながら味は全く違います。 一口噛むとお尻から汁が飛び出す小龍包風。スープのしっかりとした味付けが美味しい新感覚の餃子でした。

中華麺は3種類選べるスープの中から・鶏スープ麺 ¥1,080 をお願いしました。トッピング、レギュラーの中から1つが無料で選べます。 トッピングは角煮、厚切りチャーシュー、玉子など、レギュラーは炒めものなど一品料理のようなもの色々。 レギュラーとは一体何なのか謎でしたが、お進めのレギュラー・マコモダケと高菜と細切り肉炒め(単品¥680)をお願いしました。

まずはレギュラーが到着、枝豆と高菜和え、青菜を茹でたもの付き。

麺が来るまで、レギュラーをそのままいただきます。唐辛子でマコモダケの甘みが引き立ち、食感良く自然なお味。

続いて・鶏スープ麺が到着。

具はネギのみ。なるほど。そういうことですか。非常に綺麗な黄色いスープは、透明感のあるお味で、喉越し良く清涼感のある細麺とよく合います。こちらのスープ、単に茹でた青菜を浸すだけでも大変美味しくいただけ、なかなか秀逸。このままでも十分いけますが、麺の量が多いため味変が必要です。 途中でマコモダケの炒めものを投入。濃密な味になり最後まで美味しくいただけました。

最後は口直しの・イチゴ(何故かパセリ添え)まで付いてお腹いっぱい。

お得感も有りでした。仕組みもわかったので、次回は角煮などをトッピングして豪華にいただきたい。炒飯など気になるメニューもありましたので、またお伺いいたします。四季さん、けっこう良いかも。ごちそうさまでした!

そんな訳で後日再びお伺い。土日ランチもL.O.15:30まで営業されているので助かります。

麻婆豆腐が乗ったマーボー焼きそばも気になりましたが、今回はチャーハンで。

・五目炒飯 ¥1,274

パラパラの理想的な仕上がり。 具材はネギ、卵、焼き豚、シメジ、ニンジンと本当に五目。塩気はあまり感じられない大変な薄味です。 その分、豚肉の甘みが引き立ちますね。 マイルドなお味で、個人的にはなかなか好みのチャーハンでした。

アオサのスープも同じく薄味で。体に優しく感じます。

次回はまた麺をいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「上海料理 四季 陸氏厨房」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


Bar 耳塚|魔法使いは地下がお似合い/the 298th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、298日目です。本日は珍しくバー、「Bar 耳塚」さんにお伺いしました。カクテルなんてここ15年くらい飲んだ記憶がなかったのですが、驚きの連続!大学時代に飲んでたアレはカクテルにしてカクテルに非ずなのでした。

場所は銀座6丁目、ソニー通り沿い、当店からほど近くのビルの地下2階。

重いドアを開けると、現れる素敵な店内。

カウンターにテーブル席3卓、暗い照明に重厚感のある家具と非常に落ち着いた大人の空間です。ちょっと肩に力が入ってしまいそうな極上の雰囲気ですが、オーナーの耳塚氏と男性バーテンダーお二人は、非常に気さくでユーモアもたっぷり。挨拶も溌剌としており、初めての来店でもすぐに緊張は解きほぐされるようです。

まずお通しは・あられ、オニオンスープ

スープはオクラが入って胃にも優しい一杯です。

耳塚氏は「IBAワールド・カクテル・チャンピオンシップ」という大会の「アフター・ディナー・カクテル部門」で世界一に輝いたという方ですから、カクテルを頼みたい。 カクテルの種類がほぼわかりませんが、大々雑把なお願いでも大丈夫なので安心です。 まずはサッパリとした甘さ控えめカクテルをオーダー。

・ソルクバーノ

神戸市の「サヴォイ北野坂」というバー考案のラムベースのカクテル。 輪切りのグレープフルーツにミントが乗ったトロピカルな見た目が良いですね。見た目も良いですが、味も素敵。全く雑味がなく清潔感のあるお味。美味!

・モヒート

ハバナ発祥で有名なラムベースのカクテル。私でも名前くらいは知っております。 新鮮なミントが手に入ったということで一足早く夏気分。ミントが大量に入っており驚きましたが、フレッシュな青い香りが本当に素晴らしい!

多くはありませんがフードメニューも色々ございます。お願いしたのはコチラ。

・キーマカレーのホットサンド(耳付き)

個人的には大好きな超カリカリ食感。お酒に寄り添う絶妙な軽スパイシーさは流石です。耳付き、店名をモチーフにしたユーモアが散見されるのも楽しい。

例えば唯一無二の耳型スピーカー「ミミーカー」。

音を聞く耳から、音が流れるという哲学的観念に触れる逸品。

続いてオリジナルカクテルをリクエスト。

・スリーティースプーン

27種類の薬草(ハーブ)が入ったブランデーベースのリキュール ベネディクティン、ブランデー、グレープフルーツの飲みやすいカクテル。少し栄養ドリンクのような風味もあり、力が漲る予感。

最後にティースプーン3杯のブランデーを入れることからの命名。何で3杯かというともちろん「耳」から。当店の正式名称も「3・T opt TRIPLE」ですので、色々嬉しいカクテルです。

最後にウォッカベースをリクエスト。

・バラライカ

ウォッカ、コアントロー、レモンのシンプルなカクテル。 キレの良いアルコール感が体に心地よく響きます。

驚きいっぱい大満足の2時間半、やはり餅は餅屋に、専門店は凄いです。バーにはまる人に気持ちがよくわかりました! カウンターの座り心地の良い椅子に腰掛け、お酒を作るのを見ているだけでも本当に楽しいカクテルランド。 ブラッディメアリーを作るときにはトマトをきちんとすり潰すとこから始めるし、リキュールの調整も科学の実験のように非常にシビア。 色々混ぜることで、こんなに美味しいドリンクが出来るんですから神秘的で、錬金術や魔法のよう。実は魔法使いですと言われても自然に受け入れてしまえる甘美な空間なのでした。

素敵な夜をありがとうございます。またお伺いいたします。ごちそうさまです!

「Bar 耳塚」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。