アヒルさん-贅沢フォアグラハンバーグ/the 166th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、166日目です。本日は皆大好きなハンバーグです。“ahill-アヒル”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目、外堀通りから2本東側の通り沿い“銀座ベルビア館”の8階でございます。
ahi12
フランフランさんが入っているビルですね。面積の大きい商業ビルですが、存在感があまりありませんね。。。

アヒルのクチバシの可愛いロゴが輝く白壁にはばまれ、外からは中がどうなっているのかは窺い知れません。
ahi11
店内は鉄板が目の前のカウンター席と、景色が楽しめる窓側のテーブル席。 カジュアルなリラックス感で、スタッフの方々も明るい雰囲気です。

ランチは¥2,000、¥3,500の2種類。本日は“Lunch B” ¥3,500をオーダーいたしました。 こちらのコースはワンドリンク付き。ワイン、スパークリング、ビール、ソフトドリンクの中から選べます。

料理はまずはコチラから。

“北海道十勝野豚とキノコのテリーヌ トリュフ風味”
ahi1
前菜は3種類より1つ選択。旨味がぎゅっと詰まった濃厚なお味。 美味しいです。

“トマトと生姜の代謝スープ”
ahi3
寒い季節に嬉しい暖かいスープです。 さっぱりとしておりお口直しにも最適。ポカポカです。

“サワラのポワレ”
ahi4
白ワインのソースでいただきます。良い焼き加減でございます。

そしてお待ちかねのコチラ!
ahi5
目の前の鉄板で焼いていただけます。丸々とした可愛らしいハンバーグ種が美味しそうに焼かれていきます。美味しそうです!

出来上がりはコチラ。

“ahill名物 特製フォアグラ入りハンバーグステーキ 120g”
ahi6
ahi7
特選A5和牛、ブランド豚を混ぜ込んだハンバーグにナイフを入れると中には角切りのフォアグラがたっぷり。上質で滑らかな合い挽き肉、ねっとりとした食感のフォアグラ、香りの良いデミグラスソースが三位一体となりお口の中がほくほくです。 とても贅沢なハンバーグでございました。 付け合わせのヤングコーン、ズッキーニ、人参のピューレも美味しい。

“ahillの定番 焼きカレー”
ahi8
カレー好きですので、こちらを目当てにお伺いした節もございます。 どんなものかと興味津々でしたが、予想と違いました!

ガーリックライスにカレーのルーを少し足して鉄板で手早く炒めていきます。 そうして出来たドライカレーをお皿に盛り付け、さらにカレールー、たっぷりの刻みネギをトッピング。 付け合わせに福神漬けとピクルス。 サーロインの背脂入りというカレールーは濃厚で、少しでもしっかりとした主張がございます。ネギが良いです。 予想外でしたが美味でございました。

最後は美味しいコーヒーとパウンドケーキで。
ahi9
ごちそうさまでした!

久々にインパクトのあるハンバーグでございました。 次回は前菜+スープ+メインの¥2,000コースに+¥500で1.5倍の180gにボリュームアップ! に挑戦してみたいと思います。

“ahill-アヒル”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


ビストロ バーンヤードさん-良いお店です/the 165th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、165日目です。本日はカリフォルニア料理が食べられるというレストラン“ビストロ バーンヤード-bistro BARNYARD”さんにお伺いしました。

場所は銀座1丁目、中央通り沿い、2014年10月にオープンしたガラス張りの商業施設“キラリトギンザ”の7階です。
bar18
コンセプトは「銀座でいちばん、幸せな場所」。結婚や誕生日など「キラリと輝く瞬間」を演出する店が多数入居しております。

「ビストロヤード」=「納屋の庭」ということで木を沢山使った温かみのある広々とした店内。
bar17
L字型になっており一番奥には大きなスクリーン。フレキシブルなテーブルにカウンターもあり、パーティーなど様々なシチュエーションにも対応できそうです。

コンセプトの1つは「Farm to table」=「食品の安全性を確保するための、生産者(農場)から消費者(食卓)まで一貫した安全管理をするという考え方」で、世界中の生産者の熱い想いをお届けするそうです。
bar1
店内には野菜や果物、ワインの試食試飲、物販スペースもございます。試食させていただきましたが、どれも新鮮で美味しい!

夜のコースは¥5,800(w/o tax)の“Farm to Table Course”のみ。アラカルトでもお願いできますが、本日はコースをオーダーいたしました。 まずはコチラから。

“金時芋と紫芋の焼き芋仕立て”
bar3
金時芋を紫芋で包んで焼き芋を、落ち葉をさつま芋チップスで表現した見た目に楽しい一皿。 自然な甘さに心が温まります。

料理に合わせて色々な種類の自家製パンが提供されるのも特徴です。

パン1 “アンチョビ入りデニッシュ”
bar5
アンチョビ入りの濃いめのパン。少しづつ食べられるようになっております。

“北海道産シャンピニオンのポタージュ”
bar6
玉ねぎなども入ったポタージュは自然な優しいお味で癒されますね。

パン2 “カンパーニュ”
bar7
そして素朴で少し酸味のある田舎パンとスープは間違いのない相性の良さ。 美味しいです。

“岩手県産アナゴのベニエ グリオットチェリーと山椒の効いたソース”
bar8
こちらも美味。新しいアナゴの一面を知ることができました。 カシスに似たグリオットの酸味のあるソースもよいのですが、金柑がすごく良い! 甘味、酸味、苦味が上手にアナゴを引き立てております。

パン3,4 “玉ねぎパン, リュスティック”
bar9
玉ねぎパンは玉ねぎを食べていると勘違いしそうなほどの玉ねぎ感。ややクセが強いです。 細長い定番のフランスパンの元というリュスティックもカリカリで美味しい。

 “群馬県産せせらぎポークのロースト 黒にんにくと胡桃 京人参のピューレ”
bar11
お肉はとてもジューシー、乗っている黒にんにくと胡桃が美味。 付け合わせはイタリアのチーマ ディ ラーパ、北あかりのねっとりとしたポテトフライがとても美味しいです。

“青森県産 林檎のタルト”
bar13
林檎を加工したデザートは苦手ですが、こちらは酸味も少なく美味。 細切りにしたものを一枚づつ食べられるのも良いです。

最後も美味しいオーガニックコーヒーで。ごちそうさまでした!
bar14
 お会計のとき気付いたのですが、サンペレグリノは無料でした。素晴らしい。

カリフォルニア料理がどんなものかは、ぴんと来ませんでした(ワインもフランス、イタリアがメインだそう)が、 野菜も魚も素材が良く、趣向がある料理も良いです。パンもそれぞれに美味しかったですよ。

スタッフの方々も、親切で料理の説明も感じよく丁寧にしていただけるので好感がもてますね。 時間が空いている時に、食材の勉強を一生懸命しているスタッフの姿にホロリです。 しっかりとしたお店という印象を受けました。

“ビストロ バーンヤード”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


大和田さん-創業120年!コリドー街の老舗鰻屋/the 162th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、162日目です。本日は鰻ございます。職場の近くにあり、ずっと気になっていた鰻店“大和田”さんにお伺いしました。明治26年創業の超老舗でございます。お店の由来については謎だそう。

場所は銀座7丁目、飲食店が立ち並ぶコリドー街の1階にございます。
owada11
スターバックスのすぐ近くでございます。

店内は小奇麗にまとまっております。カウンター、テーブル8卓、個室と席数には余裕がありそうです。
owada1

鰻重以外も色々つまんでみたかったので、本日は“鰻づくし” ¥6,400 を注文いたしました。

“鰻の南蛮漬け”
owada2
ムニュッとした歯ごたえも楽しく、スカッとした一品。鰻ざくで証明されているように鰻と酢は良く合うのですね。

“鰻の肝煮、煮こごり”
owada3
肝は苦みなく、驚くほどさっぱり。新鮮ですね。肝煮、初めて食べましたが、美味。お酒のつまみに最適なのですが、休憩中なので我慢です。

“白焼き”
owada5
山葵、柚子胡椒でいただきます。香ばしく焼き上げられております。

“鰻の天ぷら”
owada6
これも初めていただきました。山椒塩でいただきます。脂っこいかと思いきや、意外にそうでもない。身がしまっており美味。そして、良く見ると盛り付けが魚になっております!紫蘇の葉が顔で、胴体が鰻、たらの芽が尻尾。遊び心が素敵。

そしてメイン。どんな料理でも美味しい鰻ですが、やはり鰻重が一番。

“鰻重 兎”
owada7
大きさは、華 ¥1,700、兎 ¥2,400、鶴 ¥3,500、亀 ¥4,600、特上 ¥5,800と5種類あるうちの“兎”でございます。

鰻は適度にふっくらトロり。かなり甘めのタレが個性的。ご飯にも沢山かかっており濃厚でございます。個人的には甘過ぎるのは苦手なのですが、特徴があるのは良い。このサイズでもなかなか食べ応えがございますね。

“デザート”
owada9
イチゴ、ブルーベリー、キウイ、グレープフルーツなど。種類豊富で、お口直しに最適です。こちらも芸術的に配置されており、人の顔のよう。ユーモアがありますね。

鰻料理を色々楽しめて、お得なコースでございました。ちょっとお茶目な老舗鰻屋さん。ごちそうさまでした

“グリル木村家”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
owada10


レストランYAMAGATAさん-風格感じる老舗洋食店/the 155th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、155日目です。本日は大正13年創業の老舗洋食店“レストランYAMAGATA-ヤマガタ”さんにおうかがいしました。

場所は銀座8丁目、7丁目との間の花椿通り沿いにございます。
ya7
外堀通りを東に曲がってすぐのビル、プラザGSの2階です。

店内は小さくジャズが流れており、シックで落ち着いております。時代を感じさせる良い雰囲気ですね。
ya1

名物という“メンチカツ”をオーダーいたしました。まずはコチラから。

“ポテトサラダ”
ya2 
ちんまりと。シンプルだからこそ美味しいポテトサラダでございます。ポテサラ好きとしては、もう少し食べたくなります。続いてメイン。

“メンチカツ” ¥1000
ya3
見るからに美味しそうですね。衣はサクサク、食べてみると溢れる肉汁に驚き!

コンソメゼリーを混ぜており、揚げる時にそれがほどよく溶け出すからだそうです。ライスに乗せていただきます。肉汁がしみ込んだライスは、たまらなく美味しいのです。

中はほんの少し赤身がありしっとりとした風。
ya5
味が十分過ぎるほどついておりますので、ソースはかけません。マスタードをほんの少し付けながら食べるとバランス良く美味でございました。

別のメニューも食べてみなければということで、後日再訪いたしました。

“骨付きチキンのポトフ” ¥1,100
 ya8 
ゴロゴロとした具、大好きです。骨付きチキンが2つ、じゃがいも、人参、ブロッコリー。何だかワクワクします。メンチカツに注目しがちですが、こちらも美味。じっくり煮込まれてホロホロとした鶏肉が最高。

軟骨も美味しくいただけます。旨味がしみたスープに少しづつライスを浸しながらいただくと、これまた素敵なのです。

“ホットコーヒー” ¥350
 ya10
午後にぴったりの、濃厚なコーヒーでございました。“YAMAGATA”さん、しっかり目のお味がお好きなのかもしれません。

お値段はリーズナブルですが、非常に風格のあるお店でございます。夜も面白そうでございます。ごちそうさまでした。

“レストランYAMAGATA”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
ya6


すし家さん-若大将の耽美なお鮨/the 152th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、152日目です。本日はお寿司でございます。場所は銀座6丁目、当店のすぐ近くにある“すし家-すしいえ”さんにお伺いしました。

場所がわかりにくいです。外堀通りの1本西側の通り付近にございます。稲庭うどんの“佐藤養助”さんの向かい、花屋さんの横の路地に入ります。
su19

突如洗われる犬矢来の付いた黒い外観が“すし家”さんです。

su21
“悠玄ビル”の1階。居酒屋、クラブが立ち並ぶ路地、突如現れる京町家風がとても不思議な感覚です。外には価格などは出ておりませんので、ドキドキしがら入店。

カウンター7席のみの店内。清々しい空間となっております。
su18

ランチは握り10貫¥4,860、14貫¥8,640の2種類ですが、本日は14貫を注文いたしました。 

“たい”
su2

“こういか”
su3
一般的なスリムなのではなく、丸みのあるフォルムのイカだそうです。すだちの仄かな香り。滑らかさが控えめで、もっちりとした歯ごたえが非常に美味。

“こはだ”
su4
見た目も美しいです。もちろん美味。

“とろ”
su5
良質な脂なのか、さっぱりといただけます。

“赤身 ヅケ”
su6

“くるまえび”
su7
茹でたものを、その場で捌いていただきます。気持ち安らぐ温もり。プリプリです。

“あじ”
su8
上の緑は浅葱-あさつきをすり潰したもの。

“さんま”
su9
さんまの癖が嫌味無く、存分に出ております。美味。

“ぶりの炙り”
su10
ここで変化球。とろけます。

“いくら”
su11
流石に鮮度は抜群。口の中で小さな火花が弾けます。

“うに”
su12

“煮はまぐり”
su13
弾力たっぷり。でも、口溶けさわやか。見た目は可愛くはございませんが、絶品!

“あなご”
su14
シャリをあなごで横巻きにするのがユニーク。塩でいただきます。ボリュームはありますが、さっぱり感が素敵です。

“かんぴょう巻き”
su15

“たまご”
su17
口に入れてびっくり!ものすごくクリーミーでスィート。デザート感覚でいただける新感覚のたまごでした。

なお、最初にもずく酢、そしてお味噌汁が付きます。味はもちろん、お寿司の見た目が、食べるのがもったいないくらい、とても美しいと思いました。満足です。ごちそうさまでした。

大将は銀座のお鮨屋さんらしからぬ、とてもお若い方ということに驚き。当然ですがベテラン感が全くなく、真摯に鮨と向かい合っていらっしゃる感じがいたしました。未来に万歳。素敵です。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
su20