アンドピープル, きょうぶんかん|ギャップが楽しいカフェ2店/the 308th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、308日目です。本日は全く異なる方向性のカフェ2店をご紹介いたします。

まずはトリプル銀座の向かい側、能楽堂ビルの8, 9階に5月26日にオープンした「and people ginza アンドピープル ギンザ」さん。

9階でエレベーターを降りると薄暗いエントランス。店内はほとんどが打放しコンクリートとモダンな雰囲気。

ムーディーな階段を降りて8階にある飲食フロアに向かいます。

木製のドアを開けると、ムーディーな店内。電球が沢山ぶらさがっており、不揃いのアンティックソファテーブル、大きめのBGM、お揃いのTシャツなど、That’s SHIBU-YA! 

16時からは天井がプラネタリウムになるということですから、弥が上にもムーディーです。 注文はテーブル上のタブレットにて。洋食中心かと思いきや、焼き魚などの和食メニューもございます。

・ソーセージカレー(ドリンクバー付) ¥990(w/o tax)をオーダー。

2分で到着してびっくりしましたが、大きなソーセージ入りで美味しいそうです。 ドリンクバーコーナー奥にありますので、ランチタイムは奥の席に座るのがお勧め。席間が狭く、取りに行くのが大変です。 バーの横にはお代わり自由の大きな炊飯器も置かれています。

甘辛いカレーをいただき、最後はウーロン茶とホットコーヒーで寛がせていただきました。

またプラネタリムを見に、夜にお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

続いては中央通り沿いの書店「教文館」4階の「カフェきょうぶんかん」さん。

今では本屋の中にカフェがある光景はよく見ますが、こちらが魁でしょうか。

こじんまりしたカフェを想像していたのですが、思ったより席数もあり広いスペース。

銀座通りに面したカウンターが人気のようです。 しっかりしたケーキはございませんが、深谷の「焼菓子工房うふ」、日本橋のドイツパンのお店「タンネ」、浦和のペイストリーショップ「ラ モーラ」のお菓子がいただけます。

本日は・タンネちゃんセット ¥820をお願いしました。 5分ほどで到着。

まずはモミの木型のお菓子タンネちゃん(タンネはドイツ度でモミの意味)を一口。 美味しいです! ヘーゼルナッツ生地にチョコチップが入った素朴なお菓子。しっとり生地にシナモンの香りも良くてコーヒーとの相性も抜群です。これは思わぬところで嬉しいヒットです。

油断していましたが・ブレンドコーヒーもなかなか。 ガーガー音がしていたので、ちゃんと豆を挽いてから淹れてくれているみたいです。

13時ごろお伺いしたところ、お客様は2人ほどと空いていたのですが、忘れ物をしてしまい15時ごろまたお伺いするとマダムの方々で満席となっており驚きました!時間によりかなり差があるようです。 歴史ある建物も一緒に堪能したいお店ですね。 残念ながら愛々しく美味なタンネちゃんはお持ち帰りができないそうなので、またお伺いしたいと思います。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


310.COFFEE|まったりとした時間が過ごせる良喫茶/the 274th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”274日目です。本日はいくつ知っていても知りすぎということはない喫茶店”310.COFEE”さんにお伺いしました。店名は「サトウコーヒー」と読みます。コーヒーに砂糖は付き物ですが、女性オーナーのお名前が由来です。

銀座7丁目、中央通りに3本東側の静かな通りに今年の2月にオープンした喫茶店です。
3108
年中無休なので、休みの飲食店が多い土日によく利用しております。まだ、オープンして間もないことと、中心から少し離れた場所にあるので空いているのも良いのです。

シックで落ち着いた広い店内は全席喫煙可能。
3107
お店が広いため煙の被害を受けることは少ないと思います(が、保証はできません)。

入店して目を引くのが業務用の巨大な焙煎機!
3106
銀座でも小さい焙煎機を置いているお店はありますが、ここまで巨大なものは珍しい。コーヒーへのこだわりを感じますね。

食事メニューはトーストにカレーと少ないので、本日は好物の”カレーライスセット(数量限定)” ¥1,600お願いしました。

“サラダ”
3101
ミニプランツのような可愛い盛り付けでした。見た目もやはり大事です。

“カレーライス”
3102
肉以外の具は溶けたシンプルカレー。 トマトがたっぷりと入っているようで、その甘味が強く感じられ、ハヤシライス的要素もある面白いお味。 角切りの豚ロースがころころ入っており、食べ応えも有りますね。 最初は甘いですが、最終的には心地よい辛さの余韻が残りました。やや固めに炊かれたライスもよく、美味しいカレーライスでした。

セットのドリンクは¥1,000以下のものならどれでもOKということで、コーヒーは”キューバAL” (単品¥900)をお願いしました。
3104
入れる直前に豆を挽くのは当然で、とても丁寧に入れていただいたようです。 カップはロイヤルコペンハーゲンのアンティーク。 酸味、苦味共に柔らかく、さっぱりと。とても飲みよく、コーヒーが苦手な方でも美味しく飲めそうなコーヒーでした。ごちそうさまでした!

また別の日のお伺い。本日は季節限定の”フレンチトースト、コーヒーセット” ¥1,400をお願いしました。コーヒーは¥900〜ですので、セットがお得です。

10分ほどで到着したのは、卵液をしっかり浸した食パンを使った”フレンチトースト”。
3101
付け合せはバニラアイス、クリーム、ブドウのコンポート、お好みでハチミツをかけて。 最近凝ったものが多い中で、このシンプルさが嬉しいです。安心できる美味しさ。

本日のコーヒーは”東ティモール ハヒタリ集落”の中煎り。
3102
次世代のブルーマウンテンとの呼び声も高いらしいです。 酸味が控えめで、かといって苦味も強すぎない、とても上品なお味。 フレッシュなブルーが目を引くなカップ&ソーサーはウェッジウッドでした。

店内に巨大焙煎機を装備しているだけに、コーヒーへのこだわりは流石です。 お店も広々清潔で、佐藤さん始めスタッフの方の雰囲気も良く、快適な時間を過ごせる喫茶店の1つです。食事メニューがカレーとトースト系しかないので、もう少しバリエーションが増えるとさらに嬉しいですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
3105


Jacques Durand 506 再入荷しました!

フランスのアイウェアブランドJacques Durand-ジャックデュランの人気モデル 「506 Paques」、坂本龍一さんが各色愛用していらっしゃることでも有名です。最近ではキリンのコーヒー「FIRE」のCMでマットブラックを着用していらっしゃいましたね。

長らく在庫を切らしておりましたが、ついに入荷いたしました!

Jacques Durand 506 PAQUES col*002 Matt Black
506_2m
一番人気はマットブラック。力強いブリッジデザインが特徴です。

Jacques Durand 506 PAQUES col*002 shiny black
506_2
こちらはつや有りの黒。写真で見るとマットと違いがわかりませんが、実際はかなり雰囲気が異なります。

506
左がつや有り黒、右がマットブラックです。アップでもあまり違いがわかりませんでした。。。

Jacques Durand 506 PAQUES col*021 Tokyo Tortoise
506_21
トーキョートートイスと言われる黄色いべっ甲柄。こちらのカラーも坂本龍一さんが愛用しています。

ロゴはテンプルの下に入ります。イタリア製です。
506_2m4
どのカラーも在庫僅かですので、気になる方はお早めにどうぞ。

Jacques Durand-ジャックデュランについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ジャックデュランのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫、充実しております! 


はまの屋パーラー 帝国ホテルプラザ|淑やかな空間で、ふわふわ玉子サンド/the 252th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”252日目です。本日は今年5月に帝国ホテルプラザ4階にオープンした喫茶店「はまの屋パーラー」さんにお伺いしました。

「はまの屋パーラー」さんは、1966年創業の老舗喫茶店です。2011年に惜しまれつつも閉店してしまったのですが、2012年に有楽町の同じ場所で復活。そして50周年の節目の年にオープンしたのが帝国ホテルプラザ店なのです。

hamano8
職場の近く、帝国ホテルの隣にあるショッピングモールが帝国ホテルプラザです。初めて入ったので若干迷います。

アンティークショップ、エステサロンなど色んなお店が静かに営業していましたが、”はまの屋パーラー”さんも同じくひっそりと営業していました。
hamano2
空いています! 店頭にはアンティークの赤い業務用コーヒーミルが飾られており存在感を発揮。

昭和をイメージしたということで、座席の低い重厚感のあるソファ、レトロな床の模様、壁面のアートポスター、 レコードのBGMなどこだわりたっぷりで雰囲気も素敵です。
hamano3
落ち着きますね。

サンドイッチは2種類組み合わせできるということで、本日は”タマゴ & フルーツサンドイッチ” ¥800をお願いしました。さらに店員さんのお勧めということでタマゴサンドのみ”トースト” +¥50していただきました。
hamano5
話題のバルミューダ・トースターを使用しているそうです。 丸々した卵焼きとレタスのタマゴサンドは黄色が綺麗。 ほんのりとした優しい卵の甘さと、円やかなバターで、口の中がふわふわです。カリッと焼かれたトーストとの食感のコントラストも良いようです。 卵焼きをはさんだタマゴサンドは、あまり良い印象がなかったのですが、これは美味しいです! 

hamano6
フルーツサンドはミカン、リンゴ、モモ、パイナップルが入っていました。 クリームが少ないため、フルーツがポロポロ落ちる。コーヒースプーンで救っていただきました。 フルーツが主役のフルーツサンドでしたが、個人的にはクリームたっぷりの方が好みです。

最後は美味しい”はまの屋ブレンド” +¥400で。
hamano4
酸味が少なくさっぱりと飲み良いコーヒーでした。 タマゴサンドと淑やかな雰囲気の良さはかなり魅力的ですね。 よい喫茶店ができました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

営業は平日の夜のみ。予約も取れませんのでお気をつけ下さい。コースはお腹がいっぱいになったらストップすることも可能です。

“はまの屋パーラー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
hamano7


ギンザ タッポ-コリドー街の隠れ家イタリアン/the 248th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”248日目です。本日は、コリドー街の路地の隠れ家イタリアンレストランをご紹介いたします。

こちらのビルの正面には、先日ご紹介した静岡おでん”味の店 乃だや”さんや”日本料理 大野”さんなどもあり、なかなかの名路地でございます。
tappo1

入り口を入るとすぐ4席のカウンター、奥に2〜3人がけのテーブル3卓のこじんまりとした店内です。
tappo9

ランチは”パスタセット” ¥1,000からの2種類。本日はパスタ、リゾット、自家製ラザニアから2つをセレクトできる”ハーフ&ハーフセット” ¥1,200をお願いしました。

“イタリア産生ハムのサラダ”
tappo2
なかなかのボリューム。卵のドレッシングがとても美味しい。

“ソーセージとキノコのリゾット”
tappo3
お米の硬さも丁度よく、味付けもなかなか繊細。

パスタは3種類から選べたので、”牛すじ肉とキャベツのトマトスパゲッティ”を選択。
tappo4
こちらは茹で加減はやや固めに感じましたが、牛すじ肉が美味しく、微かな刺激を感じる優しいお味でした。

“パイナップルのシャーベット”
tappo5

最後は美味しい”コーヒー” +¥100で。
tappo6
ボリューム、色々種類がいただけるという点でなかなかの満足感。サラダ、デザートも付いていてコストパフォーマンスも良好です。

夜のメニューも見せていただきましたが、炭火焼のお肉料理がとても美味しそうで、価格もリーズナブル。席数が少ないので静かに食事ができるのもよさそうです。

お腹いっぱいになり、階段を下りるとネコが3匹仲良くじゃれあっており、癒される。美味しい料理店が沢山ある路地裏はネコたちにも魅力のようですね。次回はぜひ夜にお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
neko neko2