エスキスサンク、メトア銀座-チョコレートに溺れる/the 244th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”244日目です。本日は、東急プラザ銀座の美味しいスイーツが食べられる2店をご紹介いいたします。

まずは4階にある”エスキスサンク”さん。ミシュランガイド2つ星フレンチ”エスキス”さんの成田シェフ・パティシエのデザートがいただけるお店です。
ess1
電球が沢山ぶらさがったアートスペースのような店内。ムード満点です。

テイクアウトのケーキなどもありますが、本日はカウンターに座り”デザートコース ドリンク付き” ¥4,100をお願いしました。

プレデセール “チェリージュヴレ”
ess2
小さなパイにチェリーとクリームを付けていただく、ミニチェリーパイ。 氷のような飴細工も綺麗です。 酸味が程良く味覚を刺激し、次のデザートへの準備を整えさせてくれます。 パイが小さいのでもう1つ欲しいくらい。

グランデセールは3種類から選べましたので、”チョコレートスフレ”をお願いしました。 お馴染みの”シュークル”は3年ほど前にエスキスさんでいただいた時、アーティスティックな容貌と美味しいさ感動したものです(下は当時の写真)。
ess
なんて当時のことに思いを馳せているとスフレが到着!

どかんと大きいスフレをイメージしていましたが、全然違いました。 スフレに色々なバリエーションのチョコレート、クリーム、ブラックベリーが彩りを添えます。
ess3
フワフワしっとりのスフレはもちろん美味しいのですが、ソースが絶品。チョコにチョコソースを付けても、お味に重厚感が生まれて美味!見た目はドロッとしていて濃厚なのですが、食べた後の爽快感が素晴らしかったです。

プティフールは”フィナンシェ、パイ”でした。
ess5
こちらもハイレベルで、”コーヒー”と一緒に美味しくいただきました。ランチの変わりでしたが、ボリュームもけっこうあり、お腹もいっぱいです。 非常に特別感のあるデザートでございました。

いまは売り場から店内丸見えですが、実は内装はまだ完成しておらず、しきりが付くそうです。 開放的なお店が苦手なので、個人的にも嬉しいところ。 また、近々パンの販売も始めるということで、こちらも期待です。 月ごとにメニューが変わるそう。しきりが完成した頃にまたお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

続いて1階みゆき通り沿いの”METoA Ginza-メトア銀座”さん。
met9

サービスのお水が普通水、炭酸水、デトックスウォーターから選べるのも高ポイント。炭酸水をお願いしました。
met1

オーダーしたのは”デスバイチョコレート” ¥1,100
met6
直訳すると「チョコ死に」というチョコレート好きには気になる名前なのです。

チョコアイス、チョコソース、ナッツ、カカオ、砕いたオレオにポップコーン。頭に花飾りの付いたマシュマロ帽子を被った見ているだけでも甘さ伝わるデザートです。下にはチョコにまみれたフワフワの柔らかいパン状のものが2つ入っており食べ応えも十分。スーパーフードのカカオニブスも入っているので、カロリーたっぷりの罪深さからも、少し救われますね。見た目も綺麗で、かなり満足感のあるスイーツでした!

最後は美味しいコーヒーで。
met5
ごちそうさまでした。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
met8