カフェディオール バイ ピエールエルメ, 旬熟成|ギンザシックス/the 301th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、301日目です。本日は4月20日にオープンしたギンザシックスの飲食店2店にお伺いいたしました。

まずはハウスオブディオール4階の「カフェディオール バイ ピエールエルメ」。

ディオールのカフェは日本初出店ということで注文です。こちらはハウスオブディオールの1階からしか行けませんのでご注意下さい。エレベーターを4階で下りると、ディオールらしいロマンチックな空間。パールグレーを基調とした店内、背もたれがピンク、レッド、パープル、ブルーのパステルカラーの椅子がなんとも可愛いです。そんな訳で客層は女性率98%ですが、気にせずデザートをオーダー!

カトラリーも全てディオールのものと女性ならずともテンションアップです。 フルーツのものやマカロンも惹かれましたが、本日はチョコ系の・クルスティアンクロッカン ショコラ オレ エ ノワゼット ¥2,500(サ別13%, w/o tax)をお願いしました。

メインの前にプレゼントということで・オリーブオイルのマドレーヌをいただきました。

かなり大きいサイズ、柔らかいオリーブの香りで美味。

10分ほどでメインが到着。

ベースはヘーゼルナッツ入りのダコワーズとプラリネフィユテ。 その上にションティショコラオレ、ガナッシュショコラオレ、アイス、ミルクチョコ。一番上の金箔の中にはヘーゼルナッツのカラメリゼ。濃厚なチョコレート、香しいヘーゼルナッツ、冷たいアイス、プラリネフィユテのザクザク感が混じり合って口の中で一体となった貫禄のお味。見た目通り重厚感のあるでセールでした

最後は美味しい・コーヒー ¥1,000で。

サービスも完璧で優雅な一時、堪能いたしました。期間限定のマンゴーのデザートも美味しそうでしたので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いては13階にオープンした但馬牛の熟成肉がいただけるお店「旬熟成 GINZA GRILL」さんにお伺いしました。

予約無しでお伺いしてみると・オープニング特別コース ¥6,000(サ別10%)ならOKでした。

外から見える所にぶら下げてある巨大な肉塊がインパクト大。店内は和と洋のミックス、四角いカウンターの上の欄間の横にコケシが並んでいたりと不思議な内装です。

今日は座れませんでしたが、窓際の席は眺めも良く、雰囲気が良さそうでした。13階レストランフロアで窓際の席があるのは、こちら含め2店舗しかないということで、予約するなら窓際で決まりですね。コースはこちらからスタート。

・熟成豚トマト煮のサラダ

レタスの量も多く、嬉しいサラダ。豚肉も美味しいです。 ヘーゼルナッツとチーズの香りと食感が良く合いますね。

ここでコース内容を知らなかったのでお伺いしていると、なんと次が肉料理で終了! パン無し、食後のドリンクも無しとは。。。 まぁオープン初日ですし、食べさせていたでけただけで感謝です!

・熟成但馬牛のシキンボウ、熟成赤城豚ロースの盛り合わせ

塩、マシュルームパウダー、生胡椒、葉わさびでいただきます。 豚肉の下にはタマネギのピューレ、脂身たっぷりでやや重いですが、美味しいお肉です。


初めて聞いた「シキンボウ」とは外ももの中でも内側の部位。程よい弾力、柔らかで火の入れ方も良いですね。ちなみにシェフは銀座の名イタリアン「アロマフレスカ」出身の方だそうです。 2皿で終了は寂しいですが、お肉は200gほどありお腹もいっぱいになりました。

椅子の横の棚にヘッドホンが置いてあったので聞いてみると、¥8,000からの通常コースで牛肉を食べる際、ヘッドホンで音楽を流し、目隠しを着用するそう。感覚を集中させることで、また別の味覚が体験できるというユニークな試みですね。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


ダロワイヨ銀座本店|カカオとコーヒーの素敵な相性/the 284th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、284日目です。本日はマカロンなどスィーツでとても有名な、“ダロワイヨ銀座本店”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、中央通り沿い。看板も大きくとても分かりやすいです。

15時を過ぎた遅めのランチ、どこに行こうかとぶらぶらしていた時、ダロワイヨさんの店頭メニューを見てみると食事もできることを発見!今までデザートだけだと思っていたので、早速お伺いしてみました。

喫茶室は2階、思ったより広々とした落ち着いた空間です。ショーケースには美味しそうなケーキが飾られていますね。

軽食はサンドイッチ、ハンバーグなどもあり少し惹かれましたが、本日は定番という”海の幸グラタン” ¥1,296をお願いしました。

“パン3種”

どれもほんのり温かで、ふんわりです。15分ほどでメイン料理が到着。

“海の幸グラタン”

小さすぎず大きすぎず丁度良いサイズのグラタン。グツグツです。エビ、ホタテ、ブロッコリー、カリフラワー、ショートパスタのコンキリエなどの具材をペシャルメソースで。 牛乳とバターの自然で円やかなお味。冬にぴったり −好物のホタテが1切れしか入ってなくて少し寂しかったですが− 熱々美味しい間違いのない料理です。

せっかくなのでデザートもお願いしましていました。

“オペラパフェ” ¥1,620

チョコとコーヒーの調和がハッピーな7層ケーキ「オペラ」が乗ったパフェ。こちらのスペシャリテだそうです。 今ではちょっと小洒落たケーキ屋では当たり前に見ますが、ダロワイヨが発祥なんて初めて知りました!凄いぞダロワイヨ。


中にはコーヒーとチョコアイス。そしてカリカリのクッキー状マカロン。 驚きはありませんが、間違いなく美味しいパフェに舌鼓。 カカオとコーヒーの素敵な相性を最初に発見した人に感謝です! 丁寧なサービスも心地よく満足なランチタイムでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ダロワイヨ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


エスキスサンク、メトア銀座-チョコレートに溺れる/the 244th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”244日目です。本日は、東急プラザ銀座の美味しいスイーツが食べられる2店をご紹介いいたします。

まずは4階にある”エスキスサンク”さん。ミシュランガイド2つ星フレンチ”エスキス”さんの成田シェフ・パティシエのデザートがいただけるお店です。
ess1
電球が沢山ぶらさがったアートスペースのような店内。ムード満点です。

テイクアウトのケーキなどもありますが、本日はカウンターに座り”デザートコース ドリンク付き” ¥4,100をお願いしました。

プレデセール “チェリージュヴレ”
ess2
小さなパイにチェリーとクリームを付けていただく、ミニチェリーパイ。 氷のような飴細工も綺麗です。 酸味が程良く味覚を刺激し、次のデザートへの準備を整えさせてくれます。 パイが小さいのでもう1つ欲しいくらい。

グランデセールは3種類から選べましたので、”チョコレートスフレ”をお願いしました。 お馴染みの”シュークル”は3年ほど前にエスキスさんでいただいた時、アーティスティックな容貌と美味しいさ感動したものです(下は当時の写真)。
ess
なんて当時のことに思いを馳せているとスフレが到着!

どかんと大きいスフレをイメージしていましたが、全然違いました。 スフレに色々なバリエーションのチョコレート、クリーム、ブラックベリーが彩りを添えます。
ess3
フワフワしっとりのスフレはもちろん美味しいのですが、ソースが絶品。チョコにチョコソースを付けても、お味に重厚感が生まれて美味!見た目はドロッとしていて濃厚なのですが、食べた後の爽快感が素晴らしかったです。

プティフールは”フィナンシェ、パイ”でした。
ess5
こちらもハイレベルで、”コーヒー”と一緒に美味しくいただきました。ランチの変わりでしたが、ボリュームもけっこうあり、お腹もいっぱいです。 非常に特別感のあるデザートでございました。

いまは売り場から店内丸見えですが、実は内装はまだ完成しておらず、しきりが付くそうです。 開放的なお店が苦手なので、個人的にも嬉しいところ。 また、近々パンの販売も始めるということで、こちらも期待です。 月ごとにメニューが変わるそう。しきりが完成した頃にまたお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

続いて1階みゆき通り沿いの”METoA Ginza-メトア銀座”さん。
met9

サービスのお水が普通水、炭酸水、デトックスウォーターから選べるのも高ポイント。炭酸水をお願いしました。
met1

オーダーしたのは”デスバイチョコレート” ¥1,100
met6
直訳すると「チョコ死に」というチョコレート好きには気になる名前なのです。

チョコアイス、チョコソース、ナッツ、カカオ、砕いたオレオにポップコーン。頭に花飾りの付いたマシュマロ帽子を被った見ているだけでも甘さ伝わるデザートです。下にはチョコにまみれたフワフワの柔らかいパン状のものが2つ入っており食べ応えも十分。スーパーフードのカカオニブスも入っているので、カロリーたっぷりの罪深さからも、少し救われますね。見た目も綺麗で、かなり満足感のあるスイーツでした!

最後は美味しいコーヒーで。
met5
ごちそうさまでした。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
met8