神戸プレジール銀座|10食限定 神戸牛ステーキビーフシチュー/the 348th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」348日目、本日は皆大好きビーフシチューです。

作年オープンした銀座4丁目交差点の新ランドマーク「ギンザプレイス」。

最上階11階にある神戸発の神戸牛専門の鉄板焼店「神戸プレジール銀座」さんにお伺いしました。以前も鉄板焼きをいただきにお伺いしたことがあるのですが、ランチに新メニューでビーフシチューを提供されていると知り早速お伺いいたしました。

新しい施設だけあってとても綺麗で、天井も高くゆったりとした雰囲気。エントランスから華やかで銀座らしい装いです。テーブルに案内されるまで素敵なサロンで待機。

以前鉄板焼きをいただきにお伺いした時は、こちらで食後のコーヒー、デザートをいただきました。

窓からは先っぽだけですがスカイツリーが見え、高いところにいることを実感できます。夜はさぞムードのあることと想像されます。

 前回は鉄板焼きをいただいたのでカウンターでしたが、10食限定の・神戸ビーフステーキシチュー ¥3,800(w/o tax)の場合は奥にあるホールのテーブル席に案内していただきました。

1人でしたが4人掛けテーブル、静かでゆったりとした大らかな店内、流れるクラシック音楽も空間とぴったり合っており心地良い雰囲気です。

コース仕立てになっています。まずはコチラから。

・マッシュルームのスープ

マッシュルームもそうですが、ほとんどの食材が兵庫県産です。 とても香りが良く濃厚なポタージュスープでした。美味。

・産直野菜の彩サラダ

13種類のお野菜使用。12種は兵庫県産ですがフリルレタスのみ千葉県産、惜しい!

・神戸ビーフステーキシチュー、焼き野菜付

3日間じっくり煮込んだという神戸牛スネ肉のビーフシチュー。お肉自体の旨味はやや控えめなものの、ナイフはいらないぐらい柔らか。見た目よりずっとさっぱりと仕上がったコク深いデミグラスソースがとても美味しい。ステーキ仕立てで非常に贅沢感が有るビジュアルが素敵です。

パン(フォカッチャ)かライス(兵庫県産コシヒカリ コウノトリ米)の選択可能で本日は・ライスをお願いしましたが、このスタイルだとパンの方が相性が良いかもしれませんね。ちなみに嬉しいお代わり無料です。

・ピスタチオのアイス、オレンジゼリー、バニラのシフォンケーキ

デザートもちょっと豪華な3種盛り、どれも美味しいです。

最後は・コーヒー、バニラクッキーをいただきゆっくりと。

今日いただいたビーフシチューは最初は期間限定だったのですが、好評につきレギュラーメニューになったそうです。お店の雰囲気や立地、メイン以外のコース内容も考えると、大変満足感のあるランチタイムでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「神戸プレジール銀座」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


石垣島きたうち牧場 (旧店名ステーキ トミナガ)|美しい手さばきにも見惚れる鉄板焼ランチ/the 323th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」323日目です。本日は鉄板焼きです。銀座6丁目、外堀通り沿い、当店の並びにある「ステーキトミナガ」さんにお伺いしました。

以前から気になっていたお店でしたが、8月からランチ営業を始められたということで早速お伺いしてみました!

店内は入って左側がカウンター、右側がテーブル席。

2013年オープンとのことですが、すでに老舗の風格が漂う上品で落ち着いた空間です。カウンターに座るとサービス担当の方がナフキンを優しく膝に乗せてくれます。

ランチは¥4,500からありますが、本日は真ん中の・はなやぎコース ¥7,500(w/o tax)をお願いいたしました。

目の前には今日の魚介食材。気持ちが上がります。

前菜・カンパチ、海水ウニ

カンパチの食感がとても良く美味。贅沢にウニを巻いていただくと、またひとしおに。

・とうもろこし きみひめ冷製ポタージュ

甘く幸せなお味。美味しいとうもろこしはもう終わりでしょうか。

続いて鉄板焼き! シェフの冨永氏は銀座の鉄板焼き店で十数年間、腕を磨かれたそうです。 皮付きの車海老をヘラとナイフで綺麗に成形していく手さばきが本当に見事!

海鮮・帆立貝柱と車海老(アワビは追加料金でしたのでいただいていません)

こちらも美味。プリプリカリカリの海老はもちろん、トマトソースのかかったホタテが甘みたっぷりで美味。とさかのり(海藻)の鉄板焼きもなかなか乙でした。

・旬菜サラダ

海ぶどう、しめじ、アメーラトマト。サラダもちゃんとしていて良いです。

続いて今日のお肉。千葉県産美笑牛(びしょうぎゅう)のフィレ肉です。

お肉の前に焼き野菜・アスパラ、玉ねぎ、山芋

ニンニクチップもたっぷりなのが嬉しいです。薬味はたまり醤油などもありますが、野菜自体が甘くて美味しいので塩のみでいただきました。山芋が素晴らしく美味しいです。

その間にお肉が、美しい手さばきにより完成に近づきます。

・美笑牛 フィレ100g +¥1,000

食欲を刺戟するとても綺麗な焼き色と香り。こちらもしっかりとお肉の旨味があって素敵です!

グラデーションが美しいミディアムレア。

ワサビが欲しい!と思っていたらタイミングよく出していただきました。個人的には美味しいお肉はワサビと塩(時々醤油)で。食感の違うヒモ部分も美味しいです。

そしてもう1つ楽しみにしていたのが〆。ガーリックライスかカレーなのですが、もちろん後者を選択です。

・ビーフカレー(味噌汁、お新香付)

プレミアムな石垣牛のフィレとサーロイン(端ですが)を使用した鉄板焼店ならではの贅沢カレー。 お肉はトロトロ、中に胡椒の実がまること入っており食感とスパイスのアクセントに。美味!

・クレマカタラーナ、フルーツ

デザートも手抜かりなしのアイスプリン。

最後は美味しい・コーヒー(お代わり可)をいただきゆっくりと。

シェフ始めスタッフの方々も感じ良く、美味しく快適なランチタイムを過ごせました。料理のボリューム、しっかりとしたコース内容含め満足度高しです。 次回は自慢の石垣島きたうち牧場プレミアムビーフをいただきにお伺いしたいと思います。 ごちそうさまでした!

「ステーキトミナガ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


ビステッケリア イントルノ|数寄屋橋交差点で美味しいビステッカ!/the 276th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”276日目です。前回もお肉のお店をご紹介しましたが、本日もお肉です。

数寄屋橋交差点そばの西銀座デパートの2階にビステッカのお店がオープンしたので、土日・祝日限定ランチに早速お伺いしてみました。
into12

お店を入るとすぐに高級感漂うバースペースがあり、ちょっとした待ち合わせにも使えそう。お肉は食べずに、そういった利用も全然OKとのことです。
into1

席数も多く、広い店内はブラウンを基調とした高級感のある落ち着いた雰囲気です。
into4

数寄屋橋交差点を眺められる窓際の2人掛けテーブル席に案内していただきました。
into3
クリスマスの時期などはムードもあって良さそうで、きっと予約も一番に埋まってしまうことでしょう。

ランチはアラカルトの他、コースは1種類。本日はコースの”プランゾ タリアータ” ¥3,600(サ別10%)をお願いしました。

“ロメインレタスのシーザーサラダ”
into6
大きなパルミジャーノチーズをテーブルでスライスして掛けていただけるパフォーマンス。 既視感を感じて聞いてみると、以前ここにあったイタリアン”ブオーノ・ブオーノ”さんと同じ三笠会館系列。 支配人の方も見覚えあるなと思ったら同じ方でした!このシンプルなサラダがけっこう美味しくて、またいただけるのは嬉しいですね。

パン “セージのグリッシーニ、ジャガイモのフォカッチャ”
into7

“タリアータ・コントルニ”
into8
夜はアメリカ産のブラックアンガス使用でした、ランチはオーストラリアビーフ。 とはいっても流石に専門店だけあって肉質が良く美味しいです!

into9
火入れも素晴らしい綺麗なピンク色の柔らかいお肉でした。噛むと美味しい肉汁がジュワッと滲み出ます。

薬味は塩、炭塩、コラトゥーラ(魚醤)、トマトと唐辛子ソースの4種類。
into10
トマトソースが美味しくて、パンにも付けて沢山いただいてしまいました。付け合せはロマネスコ、紫大根、白インゲン豆でした。

最後の美味しい”コーヒー”は以前と同じボンドルフィ。
into11

これにデザートでも付くと満足度はかなり高いですが、良い雰囲気の中、美味しいお肉がいただけるお店です。 オープン仕立てということもあり、まだ料理の説明などは辿々しい部分もありますが、相変わらず皆様感じが良く、今後のサービスのさらなる上昇は期待できますね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ビステッケリア イントルノ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
into2


びふてき松江さん-素晴らしき世界観/the 230th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”230日目、本日は島根の美味しい和牛がいただけるというお店、”びふてき松江”さんにお伺いしました。

場所は銀座4丁目、昭和通り近くの松屋通り沿い、”銀座AZAビル”の6階です。エレベーターを降りると、レンガ様の壁面に、味のある手書きの「びふてき松江」、下には花が活けられています。
matsue1
これは、、、ホームランか空振り三振のどちらか、という趣。。。

入店すると、ハッシュドビーフ(=カウンター席)かステーキ(=テーブル席)かを尋ねられます。今日はステーキで。

ランチステーキは50g ¥3,800からありますが、本日は”ステーキランチ 80g” ¥5,000(w/o tax)をお願いしました。

まずは、和装のご主人が”お抹茶”を立ててくれます。
matsue8
素敵なおもてなし。そして美味しいお茶。

“サラダ”
matsue9
matsue10
自家製トマトドレッシングをお好きなだけ、物足りない場合はヨーグルト、オリーブオイルを追加。ドレッシングは油不使用で美味。ポリポリ太い海藻麺も素敵。 この時点で、ホームランの予感!

“コンソメスープ”
matsue12
パンが入って玉ねぎたっぷり。濃厚です。

“薬味”
matsue13
薬味も多数。お勧めは藻塩と自分でおろす山葵。そして江戸胡麻・弥勒と江戸おろし・萬歳の1対1ミックス。 びふてき専用醤油、ぽん酢も用意されます。これは期待が膨らみます!

“ビーフステーキ 80g”
matsue14
焼き方はおまかせ。思ったより大きく、イタリア産のトリュフが乗った半熟卵付き。見た目がもう美味しい!まずは何も付けずにいただきます。 一口食べて驚きました。半端ない上質さ!非常に柔らかく広がる口福感。しかもこの価格。これは凄い。

続いて塩と山葵、弥勒&満歳ミックスでいただきましたが、どちらも肉の旨みアップで美味!
matsue16
個人的にはお肉は塩山葵、付け合せは弥勒&満歳で。 ハナビラタケも新鮮で、食感が素晴らしい。贅沢にぶ厚く切られたトリュフも香りがたまりません。貴重な80g、大事に大事に完食いたしました。

デザートは”ぜんざい”
matsue19
小豆たっぷりで美味!上品な甘さで、小豆、お餅もかなり良いものを使用しているようです。

最後は美味しい”コーヒー”で。
matsue17

当初の予想に反して特大ホームラン!「美味しかったので、また明日もお伺いします。」とお伝えし、揚々と帰路に着きました。ごちそうさまでした!

そして次の日もお伺いしました!久々の連ちゃんです。お目当てはコチラ。

“シャトーブリアンを使ったハッシュドビーフ サラダ付” ¥1,500
matsue5
これまた凄い見た目、この塊。 ハッシュドなルー部分は少しで、ほぼビーフ。贅沢過ぎます。 トロトロに煮込まれており、美味!食べ応えも十分でございました。

最後は美味しい”コーヒー”で。
matsue7
デザートは、昨日店主のご友人からいただいたという松江銘菓”焼きモグラ”、変わった名前だなと思って後で調べてみたら”八雲小倉”でした。。。 外はフワフワのカステラ、中は上質な小豆がぎっしり詰まった美味しい和菓子でした。

ハッシュドビーフも美味しいですが、やはりステーキの方が満足度は上ですね。 店内は昭和初期の応接間のようなテーブルセット、ワイングラスがぶら下がったカウンター、レトロなランプ、茶釜、お雛様、禅語の書、日本画。
matsue2matsue11
一見混沌としているようですが、ご主人の存在により見事に統一されています。松江ワールドへようこそ。 このオンリーワンな感性、ある意味銀座らしくて大好きです。また夜にお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。