アロセリア ラ パンサ|ランチに絶品イカ墨パエリア/the 367th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」367日目、本日はスペイン料理「アロセリア ラ パンサ」にお伺いしました。代官山の人気店「アロセリア サル イ アモール」の姉妹店です。ちなみにアロセリアとはスペイン料理の中でもお米専門店。お米好きには興味深いお店です。

銀座1丁目、昭和通り沿い。トリプル銀座からはやや遠めです。。。

2017年1月にオープンしてからすぐに千円ランチを始められたのですが、メニューにあまり惹かれず。アロセリアというからには、たっぷりお米が食べたい。そんな中、最近パエリアを食べられるランチコースを開始されたようで、早速お伺いいたしました。

スペインの地図、ワインなどが飾れれた賑やかで明るい店内。

赤い花柄のテーブルクロスも可愛いです。カジュアルですが全体が落ち着いたトーンでまとめられており、上品で温か、清潔感もあり心地よい雰囲気です。

本日はお目当ての・ラ パンサ ランチコース ¥2,980をお願いいたしました。

冷製スープ・サルモレホ

ガスパチョよりも濃厚なトマトとビーツのアンダルシア地方のスープは、羊のマンチェゴチーズとイワシの塩漬けがアクセント。コクがしっかりあって非常に美味しい。期待が膨らむ1品目。

・自家製パン

嬉しいお代わり無料です。

・グリーンサラダ、モルテルエロ

空豆と焼きナスに新鮮サラダ、ウサギや豚肉をペースト状にしたモルテルエロ、さっぱりした味付けで美味です。

・ズワイガニのクレープ包み ドノスティア風

これも良い!カニの旨味は弱いものの、フワフワ食感と魚介出汁たっぷりのソースが美味しい。フワフワのパンに付けて残さずいただきました。

メインのパエリアは4種類から選択可能。本日は・イカ墨のパエリアを選択。2人前から頼めないので追加料金 +¥1,000で、2人前をいただきます。

黒々艶やかな美しい見た目で、香りも良い。お米は芯を残したアルデンテ、歯ごたえがありながらも、イカ墨でしっとり仕上げられており絶品。

具材はエビ、白身魚、パプリカなどシンプルですが、出汁がよく効いております。

基本的に後付け調味料はあまり使わないのですが、アイオリソースでいただくと卵黄の旨味とニンニクの強い香りが加わり、二度美味しい。量的にも2人前でお腹もいっぱいです。

・アロス コン レチェ

アロセリアですから最後もお米を使ったデザートです。シナモンとレモンの香りが爽やかで美味。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

メインのパエリアが美味しいのはもちろん、前菜もレベルが高く、ランチコースは非常にコスパ良好。

サービスの方々は、説明も丁寧でフレンドリー。混み合う中でも笑顔を絶やさずサービスされているのが印象的です。 ウサギと鶏肉のパエリアもかなり気になりますので、またランチコースでお伺いたしたいと想います。ちなみに「ラ パンサ=太鼓腹」の意味。気を付けなければいけません。ごちそうさまでした!

「アロセリア ラ パンサ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ル・ヴァン ドゥ、エル スミーニョ|銀座の千円お肉ランチ/the 275th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”275日目です。本日はランチに千円で美味しいお肉料理がいただける2店にお伺いいたしました。

まずは松屋裏のビストロ”ルヴァン エ・ラ・ヴィアンド”さんの2号店”ル・ヴァン ドゥ”さん。場所は並木通りと松屋通りの交差点付近。
levin8
隣のビルが絶賛工事中のため、隠れ家感たっぷりです。この隙間の奥にお店の入り口があります。地下1階の店内は思ったより広く、キレイめカジュアルな居心地の良い空間です。開店すぐの11時半にお伺いしましたが、すでに数名の方が着席されています。

本日はお目当ての限定20食”牛・鴨・豚挽肉のハンバーグ 赤ワインデミグラスソース” ¥1,000をお願いしました。

自家製パン “クルミパン、オニオンパン”
levin1
中身フワフワの美味しいパンでした。”サワークリーム”を付けて食べるのもユニークで、これもまた美味しいです。

10分ほどで3種類の挽肉を使用した珍しいハンバーグが到着。
levin3
上に丸い卵が乗った可愛い見た目です。 黄身はトロトロ状態で、白身を割った瞬間は、ささやかな幸せを感じます。

levin5
しっとりと仕上がったハンバーグで、これに卵の黄身が加わると味に丸みが出て美味。 付け合せはマッシュポテトとサヤインゲンでした。最後はパンにさっぱり目なソースを付けて綺麗にいただきました。

最後は美味しい”コーヒー”で。
levin7
お店の方の感じがとても良く、他のランチメニューも美味しそうだったので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ル・ヴァン ドゥ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

2店目は泰明通り沿いのスペイン料理店”エルスミーニョ”さん。最近ランチを始められたようで早速お伺いしました。
el6
奥に深い店内は、1階がバー、2階がレストラン。けっこうなボリュームで音楽がかかっています。本日は一番リーズナブルな”Almuerzo A” ¥1,000をお願いしました。

本日の前菜 “トルティージャ、ナスのトマト煮、サラダ”
el1
BGM同様、けっこうボリュームたっぷり、種類も色々で嬉しい良い感じの前菜。

“スパイシーチキンの炭焼き”
el2
こちらも思ったよりも立派! パッと見、焦げているようにも見えますが、皮はパリパリ、お肉はふっくらと良い焼き上がり。食べ応えも十分です。付け合せは大量のレンズ豆。

“きのこのスペイン風リゾット アロス・カルドソ”
el4
さらに寒い季節に嬉しい熱々のリゾット。たっぷりと入ったアサリとシメジからも良い出汁が出ているようで美味。

最後は”コーヒー”まで付いてこのお値段は良心的。
el5
1階のバースペースはゆっくり落ち着ける雰囲気ではありませんが、お味も美味しく、お腹もいっぱいになりました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“エルスミーニョ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
levin9


エスペロさん-噂通りの絶品パエジャ!/the 218th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”218日目、本日は急にパエリアが食べたくなり、職場近くのスペイン料理店”銀座エスペロ みゆき通り店”さんにお伺いしました。

esp7
何でもスペインで何度も受賞経験のある老舗スペイン料理店だそうです。 地下にありますが、店内は思ったより広く、洞窟のような雰囲気。テーブルがギッチリと並べられており、満席になったら賑わいが凄そうです。

本日は”日替わりランチ” ¥1,101をお願いしました。1の皿、2の皿を5種類から選べ、さらにパンorライス、ドリンクが付くお得なセットです。

1の皿 “イカ墨入りパエジャ 数量限定”
esp2
1分で出てきてびっくりしましたが、なるほど大きい鍋で作り置きしているんですね。 食べて納得、イカスミがたっぷり絡んだ米の硬さも絶妙で、沢山入っているイカも柔らか。噂に違わぬ美味しさでした!さっぱり感もよく、一人でも食べられるランチパエリアはちょっと病みつきになりそうですね。

2の皿 “仔羊と野菜の煮込み サラゴサ風”
esp4
グツグツと煮えたぎった状態で登場。 こちらも柔らかいお肉が沢山入っていて贅沢。 羊はややクセがあり、ソースも濃いめですが許容範囲。

パン “シャンピニオン”
esp3
あっさりとしたお味。煮込みのソースを付けていただくのに丁度良いです。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

“ドングリのムース” ¥378
esp5
名前に惹かれて。 リコール・デ・ベリョータというどんぐりリキュールを使った大人なデザート。ナッツのようなお味で意外に美味しい。ランチでは注文は少ないそう。確かに夜に合うムードでございました。

最後は美味しい”コーヒー”で。
esp6
メイン2皿にコーヒーまで付いてこのお値段はかなりお得感有り。選べる料理も多いので何度行っても飽きなさそうです。スペイン料理、あまり行く機会がないのですが、ここはもう少し早く知っておくべきでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“銀座エスペロ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。銀座3丁目、中央通り沿いのシャネル裏に別店舗があるそうです。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


スリオラさん-モダンスパニュッシュの名店/the 200th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、200日目は、初のスペイン料理。ミシュラン2つ星、麻布十番の人気スペイン料理店が銀座に移転したとのことで、早速お伺いしてみました。

場所は銀座6丁目、1階にバーニーズ ニューヨークさんが入っている“交詢ビル”の4階でございます。
zur12
7丁目に移転した”レストラン よねむら”さんがあった場所で、店内もほぼそのまま使用されているようです。 赤い椅子が黒い椅子に変更されており、よりシックな雰囲気。オープンキッチンの前の、奥行きの広いL字型カウンターもそのまま。このカウンターすごく好きです。席間はゆとりを持ってとられております。

ランチメニューは¥4,800、¥6,800の2コース。3つのメイン料理から何品選ぶかで値段が変わります。本日はメイン料理2品の”¥6,800(w/o tax, サ別10%)のコース”をお願いしました。

“米粉チップ、クラッカー”
zur1
料理の前の一口。オリーブオイルがたっぷり入ったクラッカーが美味。

パンはフォカッチャのようなタイプでお代わり自由。
zur3
オリーブオイルを練りこんでいるため、そのままでも美味しいです。

“パン コン トマテとシマエビ”
zur2
トマトを染み込ませたパン コン トマテ。 外側にカリッとしたパンを巻いており食感が楽しめます。

“アホ ブランコとレアに焼きあげたホタテ”
zur4
目の前でアーモンドベースの冷製スープを掛けて仕上げていただきます。 にんにく(=アホ ブランコ)が仄かに香り、甘酸っぱく暑い時期にぴったりの一品。マスカットとも合うんですね。

“白イカのブランチャとココナッツのボンボン”
zur5
食感がもの足りないため中には歯ごたえの良いサラダが仕込んであります。ボンボンを割ると中から溢れ出るココナッツミルクを、イカと絡めていただきます。少々エスニックな雰囲気もいたしますね。イカスミを浮かべた、イカの身とワタを使ったソースは豊潤な香りで美味。

“イトヨリのブランチャ サフランライスのソース”
zur6
付け合せは小タマネギとアーティチョーク。見た目も美しいお料理です。透明感のある白に、赤い部分がうっすら残る美しい火の入れ方。イトヨリは身が薄く火が通りやすいため、重ねて焼いているそうです。 スペインらしいソースも面白い。

“イベリコ豚ロースのアサード 揚げナスのトマトジュレ寄せ”
zur7
付け合せはジロール茸(アンズタケ)のオイル煮。 豚は歯ごたえはしっかりあるが、不思議と柔らかく美味!そして思ったよりさっぱりとしておりました。キルシュとシェリー酒を使った甘味のあるソースとお肉の相性は抜群でした。

ここでメニューには乗っていないが余裕があるなら是非お米料理をとのアナウンス。 もちろん通常ポーションでいただきます。

“豚足と椎茸のアロス メロッソ”
zur8
米から出るデンプン質を利用して作るお粥風な料理です。 スペインの三大米料理の1つだそうです(他パエリア、アロス カルドソ)。食材から出る出汁が効いていおり美味! おそらくスペイン産だと思われる大きい松の実も良いアクセントに。

“オレンジ・チョコレート・コーヒー”
zur9
上には食感の良いカカオニブ、中には冷凍オレンジ、チョコレートアイス。 こちらも意外とさっぱり食べられます。

“小菓子”
zur10
ライムエキスの入ったボンボンショコラ、チュロス、ホワイトチョコ、ラードを使ったスペインのお菓子4種。小さいですが1つ1つ手が込んでおります。

最後は美味しい”コーヒー”で。ごちそうさまでした!
zur11
料理の提供はゆっくりめで丁度2時間でした。ボリュームがかなり多いため、これくらいのゆとりは必要でしょう。しかしこの内容で¥6,800とは・・・相当お得感がありますね。

味はスペイン料理らしく味付けはしっかりしていましたが、後味は非常に良かったです。 感度も高く、メリハリもあり飽きさせないコース料理。 モダンフレンチとも確かに違う初体験のモダンスパニッシュ、新鮮でした!

銀座にまた魅力的なお店ができて嬉しく思います。 本多シェフに話を聞けて、仕事も垣間見れるカウンター席がお勧めですね。 スペイン料理、ちょっとはまりそうです。またお伺いいたします。

“スリオラ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。