しのだ家|東銀座の素晴らしき台所/the 266th day

2018年6月追記)たびたびお世話になっている東銀座の居酒屋「しのだ家」さん。2ヶ月ぶりくらいに遅めのランチ(日曜日は16時から営業)にお伺いすれば、メニューがかなり変わっておりテンションが上がります。

まずは定番の・グリーンサラダ ハーフから。

・アジアンな餃子

ココナッツにミントが何とも爽やかな新感覚餃子。ビールが進みます。

かなりレアな焼き魚もスポットメニュでお目見え・真鯛の香草焼き 山椒味噌ソース

皮パリパリの素敵な焼き加減に、山椒の香り、味噌の風味が加わり、とても美味しいです。

初夏になると登場する・トウモロコシのビールフリット

ビールの苦みがトウモロコシの甘みを引き立てます。サックサクとあっという間に完食。

優しいお出汁の小鍋・アサリと豆腐とカブみぞれ鍋

あっさりした仕上げにカブがアクンセトです。パクチーは何にいれても変わらずパクチー。

〆は定番の・卵かけご飯カレー味

好物のカレーと卵ご飯の最強コラボ、理由はわかりませんが、大変美味な卵ご飯です。お腹もいっぱいになり大満足。ちょっとした工夫や薬味の使い方が料理のレベルをグッと引き上げているようです。やはり銀座で最高レベルの居酒屋の1つです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2016年9月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”266日目です。本日は東銀座の素敵なダイニングバー”しのだ家”さんをご紹介いたします。
shino7
場所は銀座2丁目、昭和通りから1本東側の閑静な通り沿いです。

店内は木を沢山使っており温かみを感じます。すごく清潔感もあり、気持ちが良い雰囲気。カウンターの向こうのオープンキッチンでは女性店主が手際よく調理をしています。 ちなみに全席喫煙可能です。ただ、3回お伺いしていますが、何故か煙草を吸われている人を見たことがありません。

料理はどれも、どれもハズレなしです!

“トウモロコシとそら豆のフリット” ¥600
shino2

“カツオのなめろう” ¥700
shino3
荒くみじん切りにしたカツオをネギ、生姜で和えています。

“ゴボウのフリット 粒うにソース和え” ¥700
shino4
これ、美味し過ぎです。勝手にこちらのお店のスペシャリテだと思っています。

“豚バラ粗挽き肉とニラの入った餃子” ¥650
shino8
一口サイズの可愛い餃子が6個。 ニラ感は控え目で、お肉の味をしっかり感じられます。お酒が進む料理です。

“豆腐と木の子のスーラー仕立て小鍋 ネギ or パクチー” ¥700
shino9
ネギも良いですが今回はパクチーでお願いしました。 蓋を開けるとパクチーがどっさり!良い香りです。 熱々で、唐辛子の辛味とトロみのあるスープの絡みが良く効いています。最近、肌寒くなってきたので体が温まります。

“アサリとクレソンの蒸し煮” ¥750
shino5
グツグツ状態で登場。けっこうなボリュームです。 具も美味しいのですが、ワインの入ったスープがこれまた美味しすぎて全部飲んでしまいました!

料理はどれも一手間かかっており、繊細で優しい味付けが素敵。この一手間が素晴らしく、単なる家庭料理とは一線を画しています。洋風な店内ですが、日本酒、果実酒、ワインなどドリンクの品揃えも豊富。さらに遅くまで営業しており、日曜日も営業しています(不定休なので要電話確認)。加えて価格も非常に良心的ときてますから、本当素晴らしいお店です。

外の看板に「shinorinの台所」と書いてありますが、これを略して「しのだ」なのでしょうか。いつも気になっているので次回は聞いてみたいと思います。またお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
shino6