ル・レーヴ・アンシュマン|6席だけの隠れ家フレンチ/the 302th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、302日目です。

本日は昨年夏、銀座5丁目ソニー通りにオープンしたフレンチレストラン「ル・レーヴ・アンシュマン」さんにお伺いしました。

同じくフレンチレストランの「エスコフィエ」さんの隣のビルの2階。

店内はカウンター4席、2人がけテーブル1卓と非常にコンパクト。

シェフお1人で切り盛りされているので、丁度良い席数です。とても気さくな方なので1人でもリラックスして料理をいただけました。

料理は・7皿のおまかせコース ¥4,800(サ別10%, w/o tax)のみ。卯月の料理は以下でした。

・新玉ねぎのタルト

デザートのような甘さにびっくり。美味しいです。甘さを出すため7〜8時間炒めるそう!料理は手間ですね。

・トリュフのシフォンケーキ

コースは月替わりですが、こちらの料理は定番だそうです。良い香り。添えられたソースが何気に美味しい。

・春キノコのブランマンジェ

デザートのような料理が続くのも楽しいです。滑らかな食感、チキンブイヨンも入っており、しっかりとしたお味です。キウイとキノコ意外に合うんですね。新たな発見もありキノコ好きには嬉しい一皿。

・若鶏のバロンティーヌ、筍、わらび、カブ、大アサリ

バロンティーヌは胸肉にもも肉、フォアグラを詰めたもの。フレッシュトマトソースで自然な味わいです。

・トキシラズ(桜鱒)のコンフィ、ホワイトアスパラ、胡桃、桜エビ

赤と白に緑の綺麗な色合わせ、素材の組み合わせも楽しいです。

・仔羊のパイ包み焼き、新ジャガイモのガレット、マデラソース

大好物のパイ包み。ジャガイモが髪の毛のように見えてチャーミングですが、一刀両断!中に詰まった仔羊にはウサギのムースを塗って仕上げているそう。ほくほくで幸せいっぱいなお味です。優しい味のソースも美味でした。

・パリブレスト、キャラメルアイス

リング状ではない変形パリブレストの中にはイチゴ。 甘さと酸味、ほの苦いキャラメルのバランスが素敵です。

最後は美味しい・コーヒーで。

料理はテンポ良く提供され1時間半ほどで終了。コース中はポーションが少なく思えましたが、メイン級料理が3皿と終わってみればお腹いっぱいです。 料理も1皿ずつ丁寧に作られおり美味しく、お値段も非常に良心的。お1人でやられているので、シェフの個性を存分に味わえるのも良いですね。

またコースから料理を摘んでアラカルト的に提供していただくことも可能なので、ワインバーのような利用の仕方も有りですね。ランチでもディナーと同じコースをいただけるそうですので、お伺いしてみようと思います。 ごちそうさまでした!

ご来店の際はご予約がお勧めです→03-3571-8665

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 茂松|熟成が肝、力強い和食/the 278th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”278日目です。本日はトリプル銀座の向かい、能楽堂ビルの4階にオープンした和食店”銀座 茂松”さんにお伺いしました。
shigema14

エレベーターを降りると高級感のあるエントランスが出現。
shigema1
扉の両脇には狛犬が置かれており、こちらの気持ちも引き締まりまるようです。

新しい木の香りのする綺麗な店内は直線カウンター6席、個室が2部屋で、接待使用も可能です。カウンターの端には小さいな和水槽が置かれてあり、出目金がひらひらと気持ちよさそうに泳いでいるのが可愛いです。

大将の松原茂之氏は渋谷の”割烹 三長”で料理長を務めていたそうで、体格が非常に良いですが、腰の低い、はにかんだ笑顔が素敵な方でした。現在調理はお一人でされており、混み合うとかなり大変そう。早くお弟子さんが入ると良いですね。

現在は”おまかせコース” ¥15,000(サ別10%、w/o tax)のみとのことで、そちらをお願いしました。

“あん肝、九条ネギのぬた和え”
shigema2
ネギの食感が良いぬた和えは酒のアテに最高。松の実の食感が良いですね。

“シメサバ棒鮨”
shigema3
高級ブランドサバである神奈川県の松輪産。ご飯にゴマやシソが入っているのが気が利いていますね。

椀 “シロアマダイ、カブ”
shigema4
カブは綺麗な菊花カブ。新潟の中原農園から直送の新鮮な野菜もコチラの売りだそうです。 4kg越えのアマダイはフワフワの身で、しっとりとした上品な甘さ。お出汁も美味しいです。

造 “トラフグと秋トリュフ、カンパチ”
shigema5 shigema6
山形県産のトラフグも4kg越え。大きい魚を仕入れて寝かしていただくのが茂松流。秋トリュフを巻いて超贅沢!コリコリで美味し。カンパチは白ごまでいただきました。

“カマスの山椒焼き”
shigema7
タレを付けながら蒲焼風で。付け合せは美味しいクワイ。

焼 “香箱ガニ、ウニ”
shigema8
今年初香箱!焼いていただくのは初めてかも。グラタンみたいで親しみやすい味が良いですね。

“山形牛 イチボ”
shigema9

“桜エビと沢庵の炊き込みご飯”
shigema11
1人でも小さい土鍋で炊き込みご飯を作ってくれました。

shigema12
香りが素晴らしく、ポリポリ沢庵がアクセントに。 全部食べられなかったので、半分はお持ち帰りに。

“南瓜きんとん、ブドウのコンポート、バニラアイス”
shigema13

日本酒は以下一合づついただきました。日本酒の品揃えは定番をしっかり押さえた20種類以上となかなか豊富。

燗 “黒龍 いっちょらい(福井県吉田郡 黒龍酒造)吟醸” ¥1,600
“山形政宗 1989(山形県天童市 水戸部酒造)生酛純米” ¥1,400
“山香(奈良県葛城市 梅乃宿酒造)山廃純米 ひやおろし” ¥1,000

腕節が強い大将が作る料理はやはり力強いお味。しっかり美味しい和食がいただけました。 オープンしてまだ2ヶ月ほど。今後の洗練にも期待です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“銀座 茂松さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。


ル・コフレ|トリュフヌードル特別ランチ/the 256th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”256日目です。最近の銀座は新店オープンラッシュ。7月25日に歌舞伎座裏にオープンする”銀座ル・コチア”さんでランチに提供する予定のトリュフヌードル!

日曜だけ本店である”ル・コフレ”さんでフライングで提供しているとの情報を得て早速お伺いしてみました。場所は有名ラーメン店”篝”さんの奥の趣のある一軒屋。
leco9
重厚なドアを開けると、トリュフの幸香が早々に鼻腔を刺激いたしました。

出来上がるまで”ル・コチア”さんと同じビルで同時オープンするジューススタンド”mill”さんで提供予定のフルーツジュース”ミルイエロー” ¥600をいただきました。
leco2
パイナップルベースに、カボチャ、ネトルというハーブを加えて作られたシロップを炭酸水で割った、デトックス効果のあるジュースです。甘さも控えめでフレッシュ感があり、とても美味しかったです。残念ながら量が少なめなので、もっと飲みたい!

そしてついにお目当てのこちらの登場です!

“木挽町トリュフヌードル” ¥1,800
leco3
テーブルに置かれた瞬間にトリュフの蠱惑的な香りに捕われます。 上には新鮮な水菜がたっぷり。

leco4
トリュフの使用量はなんと10g!こんな贅沢感のある麺食はそうそうないでしょう。 透明感のあるスープは鶏だし(フォン・ド・ヴォライユ)と野菜スープのミックス。 トリュフの香りとぴったり調和する瑞々しささえ感じるお味。美味!

leco6
麺はコシの強い細麺。ちぢれていないのですが、ちぢれているような感覚のある不思議な麺でスープがよく絡む。なんでも伸びにくいようにつなぎにオリーブオイルを使っているようです。途中で味を変えるクリームをスープに投入。味がまろやかに、そして当たり前ですがクリーミーになり鶏白湯のような装いに。これも素敵。

また、スープに付けてどうぞと温かい”バゲット”も提供されます。
leco7
何にもつけなくても十分美味しいバゲットでしたが、スープを付けると気分がホクホクする美味しさに。 もったいないのでスープも全部飲みたかったのですが、器の形状とお店の雰囲気のため残念ながら断念。。。

価格は高価ですが、十分満足感のある逸品でした。とても美味しかったです。ラーメンともパスタとも違うヌードル(=洋風麺)。また新たなジャンルが生まるのでしょうか。

トリュフヌードルは7月25日に歌舞伎座裏にオープンする姉妹店”銀座ル・コチア”さんでいただけます!詳しくはお店のフェイスブックページをご覧くださいませ。

また”ル・コフレ”さんは通常ランチ営業はしておりません。お店の雰囲気も素敵で、フランス料理とワインも凄く美味しそうな予感がするので、またお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
leco8


Furuta フルタさん-至高の中華料理/the 232th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”232日目は中華です。世界中の食通がその味を求めて訪れたという岐阜の「開花亭」。そのオーナーの古田シェフが2014年末オープンさせた、最高クラスの中華料理がいただけるお店”Furuta-フルタ”さんにお伺いしました。

お店は東銀座の一軒家、「Furuta」という銀色の小さな表札、おおよそレストランらしからぬ外観です。
furu1
店内はゆったりとしたカウンター8席のみ、清潔で明るく、意外にカジュアルな店内、シェフの古田氏はじめスタッフの方も雰囲気良くリラックスして料理を楽しめる環境です。

まずは、こちらからスタート。

“トリュフ玉子”
furu2
ご飯の上に卵焼きとトリュフが乗った超贅沢卵ご飯。感覚を活性化する一皿。

“山口県産天然トラフグの四川山椒風味”
furu3

“天然トラフグ白子 フカヒレの上湯(シャンタン)スープ”
furu4
上質過ぎるスープは、白子が混じるとコクが加わり絶品!

“ベルーガキャビアの冷製ビーフン 太白胡麻和え”
furu5
シンプルな料理ですが、今日一! ビーフンの食感も素晴らしく、味付けも完璧! 今までビーフンを重要視していなかったことを謝りたい!

“三十一頭 岩手県産 乾燥アワビの煮込み”
furu6
付け合わせは鶏肉、チンゲン菜。 食感最高。アワビの戻し汁のソースも非常に美味しい。

“ロワール産ホワイトアスパラとトリュフと松葉ガニの春巻き”
furu7
これも絶品!皮を開けるとスープ上になったアスパラがとろり。 トリュフ、カニも贅沢に入っております。幸せ〜。

“チョウザメの金ビレの土鍋煮込み”
furu8
熱々で香りも素晴らしい。フカヒレの太い部分だけを選りすぐった超贅沢品。 食感の良さが凄く、フカヒレって美味しい!と初めて感じた逸品。

“三陸産 黒アワビ肝ソース”
furu9
緑色のはチンゲン菜のソース。これもソースが絶品。

furu10
中華饅の皮のようなフワフワでほんのり甘い花巻にソースを付けていただくと美味しすぎ!

“熊鍋”
furu11
furu18もはや珍味であるツキノワグマ。熊のお肉は初めていただきます。 お肉はやや固めですが、まったりとした脂部分が特徴。 出汁が染み出たスープ、シャキシャキのキノコ(柿の木茸?)も美味しい。

〆のご飯ものは8種類程度からいくらでも食べられ、お願いすればアレンジもしてくれます。 しかし、ソースもスープも全部飲んでしまったせいかお腹がパンパン! 3種類を少量お願いしました。

“玉子とザーサイのチャーハン、桑名産ハマグリのつゆそば、陳麻婆豆腐”
furu12
furu14furu15麻婆豆腐はお腹が空いている状態で食べたかった!

“杏仁豆腐 ウミツバメの巣”
furu16
贅沢に乗った燕窩、美味しいに決まっております。

“白イチゴ、オレンジ、茶アイス、茶葉飴”
furu17
この辺りは既に腹十分を越えており意識が遠いのです。

いただいた日本酒、”醸し人九平次(愛知)純米大吟醸 別誂”も絶品でした。シャンパンのようなボトルに入っており驚きでした! ワイングラスでいただきましたが、一片の雑味なくとても高貴なお味。大吟醸が少し苦手な私でもとても美味しくいただきました。

なかなか高額な支払いとなりますが満足度は高く、また来てみたい!と思わせるパワーがあります。 シェフもタイミングよく話しかけてくれますし、お店の雰囲気、料理共に中華の香りが強過ぎないのもよいですね。 中華であって中華でないような不思議な感じ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


ムッチーニさん-気軽に楽しくトリュフ三昧/the 225th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”225日目、本日は珍しいお店にお伺いしました。東銀座にあるトリュフ専門店”ムッチーニ”さんです。
muc9
壁面にワインが並んでいるので、ずっとワインやチーズのお店かと思っていましたが、看板を見ると「TRUFFLE」の文字。見ているとスタッフの方がお声をかけてくれました。マッシモ・ムッチーニ氏がオーナーのムッチー二 イタリア社のトリュフ製品を扱うお店で、カウンターでイートインも可能とのこと。早速ランチでお伺いしました! 

白を基調とした明るい店内は、入って左側に魅惑のトリュフ製品が陳列、右側が4〜5席のカウンター。
muc10
狭いお店ですので、予約が間違いないかもしれませんね。 ランチはなんと赤ワイン”Novecento 28 2012-ノヴェチェント28″がサービス!飲みやすく美味しいワインでした。

前菜 “パルマハム 白トリュフエキストラヴァージンオリーブオイル添え” ¥1,296
muc3
大きい塊をスライサーでサクサク綺麗に切っていただけます。

muc4
ボリュームもたっぷり!赤ワインとの相性も抜群! 白トリュフを漬け込んだオリーブオイルが、香りよく絶品!香りは芳醇ですが、飲み口はあっさりとしております。 このオリーブオイルがあれば、何でもご馳走に早変わりしそうです。 とても美味しいので、残った分は飲んでしまいました。

“バゲット”
muc1 muc2
こちらも先ほどのオリーブオイルと。黒サマートリュフ入りの岩塩で。ご馳走です!

パスタ “黒サマートリュフのタリアテッレとビアンケット(春)トリュフベルタータ・フォーチーズソース” ¥2,700
muc7
トリュフ練りこみのパスタは、卵入りで柔らかい歯ごたえ。 ソースとチーズも春トリュフ入り、上にはトリュフのオイル漬けとトリュフ三昧、贅沢な一皿。 なんとまぁ口福な。

最後はサービスの可愛く美味しい一口”コーヒー”で。
muc8

スタッフの方も皆様、明るくフレンドリーで、知識も豊富で居心地良し。とても楽しい一時でした! 色々試食もさせていただいて、トリュフ好きには堪らないお店です。

販売はしていませんが、ムッチーニ氏がワイナリーとコラボしたワインも飲めるそうで、夜も楽しそうです。 トリュフ製品はギフトにしても、すごく喜ばれると思います。 次回はぜひ生トリュフを。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ムッチーニ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。