レ セゾン|魅惑の黒トリュフのパイ包み焼き/the 344th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」344日目です。本日はフレンチです。

日本を代表するホテル「帝国ホテル」のメインダイニング「レ セゾン」さんにお伺いしました。

レストランは帝国ホテルの2階。

入り口のプレートには『美味礼讃』で有名なフランスの美食家ブリア サヴァランの名言、「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」と記載されています。

重厚感のある広い店内、席間もゆったりとられており、椅子はふかふか。サービスも親しみがありながらも上品で丁寧、リラックスして食事をいただける環境です。

メニューを決める前にご挨拶の前菜・カンパチとチキンコンソメ、ピスタチオと海苔のムース

レ セゾンのオリジナル缶々に入った楽しい料理。 上はシナモン、ナッツで香り付け、食材の組み合わせが絶妙! これから繰り出される料理に期待が膨らみます。

そしてオーダーはお目当てのこちら。シェフ ティエリー ヴォワザンが贈る 「トリュフ」メニュー(5皿) ¥31,500(サ別10%)、8つのトリュフ料理の中から好きのものを選べるトリュフコースでございます。まずはこちらから。

・黒トリュフとじゃがいも(インカのめざめ)のサラダ

いきなりすごいインパクト! 黒いのは黒トリュフの塊なのです。香りはほとんど感じられませんが、このザクザク感! こんなトリュフの使われ方は初めてです。おそらく日本一高級なポテサラでございました。

・独自のスタイルにしたウッフポシェ「日の丸」

トリュフと卵の間違いのない組みわせ。日本のシンボル、梅のソースで日の丸を演出。黒トリュフを目の前で沢山スライスしていただきまして出来上がりです。フランス産の上質な黒トリュフの香り、最高クラスの芳しさ。中央の卵黄とトリュフソースを混ぜて至福の美味しさです。梅が合うのに驚きました。

・黒トリュフを香らせた蕎麦にほうれん草と酢橘

こちらも黒トリュフをかけていただき出来上がり。上にはそば粉のチュイール、そばの実を散らして。レ セゾン製の歯ごたえのある手打ちの十割蕎麦が美味しい。太めでソースによく絡みますね。ほうれん草は強めにスパイスを効かせておりエスニック、蕎麦とトリュフとの調和が楽しいです。とても興味深い一皿でした。

そしてお待ちかねのメイン!

・ジェラール ボワイエ氏 直伝の黒トリュフのパイ包み焼き

濃厚なオーラを纏う小さなパイ包み。 黒トリュフを沢山使ったペリグーソースの香りがたまりません!

真ん中からナイフを丁寧に入れると森の宝石。その上にはフォアグラ! 

ナイフを入れた時の香りを期待したのですが、それはあまり感じられず。今までの料理で香り慣れしたのかもしれません。しかしこのトリュフの柔らかでコリコリした独特の食感が大変気持ちよく、フォアグラとソースとの相性は言わずもがな。溺れたくなるほど美味しいソースもたっぷりと追加してもらい、バゲットに付けて美味しくいただきました。

デザートも絶品でした。

・黒トリュフのフォンダンショコラ、トリュフバニラアイス

3つのお団子の中にはトロトロ、トリュフチョコ。 1つ目はカットしていただきましたが、あと2つは一口で。 口の中でトリュフチョコボムが炸裂、駆け抜け染み渡る口福感! バニラアイスも美味しい。

さらにおまけの・小菓子4種

ヌガーグラッセ、パッションフルーツのタルト、マドレーヌ、オペラ。

・トリュフチョコ、ガナッシュ2種、オレンジピールまで。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

素晴らしいサービスに美味しい黒トリュフ料理、体が黒トリュフで満たされた感じで大満足です。特に「黒トリュフのパイ包み焼き」は個人的には星の発見より嬉しい料理でした!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ル・レーヴ・アンシュマン|6席だけの隠れ家フレンチ/the 302th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、302日目です。

本日は昨年夏、銀座5丁目ソニー通りにオープンしたフレンチレストラン「ル・レーヴ・アンシュマン」さんにお伺いしました。

同じくフレンチレストランの「エスコフィエ」さんの隣のビルの2階。

店内はカウンター4席、2人がけテーブル1卓と非常にコンパクト。

シェフお1人で切り盛りされているので、丁度良い席数です。とても気さくな方なので1人でもリラックスして料理をいただけました。

料理は・7皿のおまかせコース ¥4,800(サ別10%, w/o tax)のみ。卯月の料理は以下でした。

・新玉ねぎのタルト

デザートのような甘さにびっくり。美味しいです。甘さを出すため7〜8時間炒めるそう!料理は手間ですね。

・トリュフのシフォンケーキ

コースは月替わりですが、こちらの料理は定番だそうです。良い香り。添えられたソースが何気に美味しい。

・春キノコのブランマンジェ

デザートのような料理が続くのも楽しいです。滑らかな食感、チキンブイヨンも入っており、しっかりとしたお味です。キウイとキノコ意外に合うんですね。新たな発見もありキノコ好きには嬉しい一皿。

・若鶏のバロンティーヌ、筍、わらび、カブ、大アサリ

バロンティーヌは胸肉にもも肉、フォアグラを詰めたもの。フレッシュトマトソースで自然な味わいです。

・トキシラズ(桜鱒)のコンフィ、ホワイトアスパラ、胡桃、桜エビ

赤と白に緑の綺麗な色合わせ、素材の組み合わせも楽しいです。

・仔羊のパイ包み焼き、新ジャガイモのガレット、マデラソース

大好物のパイ包み。ジャガイモが髪の毛のように見えてチャーミングですが、一刀両断!中に詰まった仔羊にはウサギのムースを塗って仕上げているそう。ほくほくで幸せいっぱいなお味です。優しい味のソースも美味でした。

・パリブレスト、キャラメルアイス

リング状ではない変形パリブレストの中にはイチゴ。 甘さと酸味、ほの苦いキャラメルのバランスが素敵です。

最後は美味しい・コーヒーで。

料理はテンポ良く提供され1時間半ほどで終了。コース中はポーションが少なく思えましたが、メイン級料理が3皿と終わってみればお腹いっぱいです。 料理も1皿ずつ丁寧に作られおり美味しく、お値段も非常に良心的。お1人でやられているので、シェフの個性を存分に味わえるのも良いですね。

またコースから料理を摘んでアラカルト的に提供していただくことも可能なので、ワインバーのような利用の仕方も有りですね。ランチでもディナーと同じコースをいただけるそうですので、お伺いしてみようと思います。 ごちそうさまでした!

ご来店の際はご予約がお勧めです→03-3571-8665

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 茂松|熟成が肝、力強い和食/the 278th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”278日目です。本日はトリプル銀座の向かい、能楽堂ビルの4階にオープンした和食店”銀座 茂松”さんにお伺いしました。
shigema14

エレベーターを降りると高級感のあるエントランスが出現。
shigema1
扉の両脇には狛犬が置かれており、こちらの気持ちも引き締まりまるようです。

新しい木の香りのする綺麗な店内は直線カウンター6席、個室が2部屋で、接待使用も可能です。カウンターの端には小さいな和水槽が置かれてあり、出目金がひらひらと気持ちよさそうに泳いでいるのが可愛いです。

大将の松原茂之氏は渋谷の”割烹 三長”で料理長を務めていたそうで、体格が非常に良いですが、腰の低い、はにかんだ笑顔が素敵な方でした。現在調理はお一人でされており、混み合うとかなり大変そう。早くお弟子さんが入ると良いですね。

現在は”おまかせコース” ¥15,000(サ別10%、w/o tax)のみとのことで、そちらをお願いしました。

“あん肝、九条ネギのぬた和え”
shigema2
ネギの食感が良いぬた和えは酒のアテに最高。松の実の食感が良いですね。

“シメサバ棒鮨”
shigema3
高級ブランドサバである神奈川県の松輪産。ご飯にゴマやシソが入っているのが気が利いていますね。

椀 “シロアマダイ、カブ”
shigema4
カブは綺麗な菊花カブ。新潟の中原農園から直送の新鮮な野菜もコチラの売りだそうです。 4kg越えのアマダイはフワフワの身で、しっとりとした上品な甘さ。お出汁も美味しいです。

造 “トラフグと秋トリュフ、カンパチ”
shigema5 shigema6
山形県産のトラフグも4kg越え。大きい魚を仕入れて寝かしていただくのが茂松流。秋トリュフを巻いて超贅沢!コリコリで美味し。カンパチは白ごまでいただきました。

“カマスの山椒焼き”
shigema7
タレを付けながら蒲焼風で。付け合せは美味しいクワイ。

焼 “香箱ガニ、ウニ”
shigema8
今年初香箱!焼いていただくのは初めてかも。グラタンみたいで親しみやすい味が良いですね。

“山形牛 イチボ”
shigema9

“桜エビと沢庵の炊き込みご飯”
shigema11
1人でも小さい土鍋で炊き込みご飯を作ってくれました。

shigema12
香りが素晴らしく、ポリポリ沢庵がアクセントに。 全部食べられなかったので、半分はお持ち帰りに。

“南瓜きんとん、ブドウのコンポート、バニラアイス”
shigema13

日本酒は以下一合づついただきました。日本酒の品揃えは定番をしっかり押さえた20種類以上となかなか豊富。

燗 “黒龍 いっちょらい(福井県吉田郡 黒龍酒造)吟醸” ¥1,600
“山形政宗 1989(山形県天童市 水戸部酒造)生酛純米” ¥1,400
“山香(奈良県葛城市 梅乃宿酒造)山廃純米 ひやおろし” ¥1,000

腕節が強い大将が作る料理はやはり力強いお味。しっかり美味しい和食がいただけました。 オープンしてまだ2ヶ月ほど。今後の洗練にも期待です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“銀座 茂松さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。


ル・コフレ|トリュフヌードル特別ランチ/the 256th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”256日目です。最近の銀座は新店オープンラッシュ。7月25日に歌舞伎座裏にオープンする”銀座ル・コチア”さんでランチに提供する予定のトリュフヌードル!

日曜だけ本店である”ル・コフレ”さんでフライングで提供しているとの情報を得て早速お伺いしてみました。場所は有名ラーメン店”篝”さんの奥の趣のある一軒屋。
leco9
重厚なドアを開けると、トリュフの幸香が早々に鼻腔を刺激いたしました。

出来上がるまで”ル・コチア”さんと同じビルで同時オープンするジューススタンド”mill”さんで提供予定のフルーツジュース”ミルイエロー” ¥600をいただきました。
leco2
パイナップルベースに、カボチャ、ネトルというハーブを加えて作られたシロップを炭酸水で割った、デトックス効果のあるジュースです。甘さも控えめでフレッシュ感があり、とても美味しかったです。残念ながら量が少なめなので、もっと飲みたい!

そしてついにお目当てのこちらの登場です!

“木挽町トリュフヌードル” ¥1,800
leco3
テーブルに置かれた瞬間にトリュフの蠱惑的な香りに捕われます。 上には新鮮な水菜がたっぷり。

leco4
トリュフの使用量はなんと10g!こんな贅沢感のある麺食はそうそうないでしょう。 透明感のあるスープは鶏だし(フォン・ド・ヴォライユ)と野菜スープのミックス。 トリュフの香りとぴったり調和する瑞々しささえ感じるお味。美味!

leco6
麺はコシの強い細麺。ちぢれていないのですが、ちぢれているような感覚のある不思議な麺でスープがよく絡む。なんでも伸びにくいようにつなぎにオリーブオイルを使っているようです。途中で味を変えるクリームをスープに投入。味がまろやかに、そして当たり前ですがクリーミーになり鶏白湯のような装いに。これも素敵。

また、スープに付けてどうぞと温かい”バゲット”も提供されます。
leco7
何にもつけなくても十分美味しいバゲットでしたが、スープを付けると気分がホクホクする美味しさに。 もったいないのでスープも全部飲みたかったのですが、器の形状とお店の雰囲気のため残念ながら断念。。。

価格は高価ですが、十分満足感のある逸品でした。とても美味しかったです。ラーメンともパスタとも違うヌードル(=洋風麺)。また新たなジャンルが生まるのでしょうか。

トリュフヌードルは7月25日に歌舞伎座裏にオープンする姉妹店”銀座ル・コチア”さんでいただけます!詳しくはお店のフェイスブックページをご覧くださいませ。

また”ル・コフレ”さんは通常ランチ営業はしておりません。お店の雰囲気も素敵で、フランス料理とワインも凄く美味しそうな予感がするので、またお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
leco8