鮨 杉澤|伝統と革新が香る鮨/the 368th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」368日目、本日はお鮨です。銀座6丁目泰明通り沿い、昭和イーティングビルの2階に4月1日にオープンしたお鮨店「鮨 杉澤」さんにランチ訪問いたしました。

特徴的な「鮨」の字体から出身がわかる方は銀座通or鮨通です。銀座の有名店「鮨 青木」出身の杉澤さんの独立店。優しい目鼻だちの親しみやすい杉澤大将です。

綺麗なL時型カウンター8席のみ。

新築ビルの新店ですので、非常に清々しい雰囲気。カウンターの木の香りが心地良いです。

現在ランチは¥3.000、¥5,000の2種、夜のコースもいただけるそうです。本日は・おまかせ握り ¥5,000(w/o tax)をお願いしました。まずは摘み2品からスタート。

・鳥貝ひも、タコ頭の桜煮

鳥貝はクレソンと海苔巻き、煎り酒とゴマでいただきます。タコの頭は足とは少し違い歯ごたえがあって美味しいです。

・しょうが

青木といえばこの形のガリ。歯ごたえが良くて美味しい。食べ過ぎ注意です。

・マコガレイの木の芽鮨

赤酢を使う鮨店が非常に多い中、米酢だけで品良く仕上げているのが好感触。2回目のお伺いなのですが、シャリは前回と比べやや柔らかめの仕上りでしょうか。

・中トロ

・コハダ

米酢のシャリは〆物と相性抜群。非常に美味しいです。

・カスゴ

表面を軽く炙って。キリッとしたカスゴ、最後に芝海老のおぼろの甘みが駆け抜けます。

・赤身漬け 海苔巻き

漬けは握りを海苔で巻くのですが、海苔の香りと食感が加わりいっそう美味。

・ハマグリあしの昆布締め

昆布〆したものをさらに昆布で挟んでいます。初めていただくお鮨でした。昆布の甘みと旨みが加わり大変美味しい。

・サイマキエビ

上に乗っているのは卵の黄身酢おぼろ。小さい車海老をサイマキと呼ぶのですが、甘みが弱い分をおぼろで補完。黄身酢おぼろ、ご飯にかけても絶対美味しいです。販売希望。

・タイと冬瓜のお吸い物

お吸い物もしっかり具が入っているが嬉しい。滋味です。

・アナゴ

・タコ桜煮

手間のかかる桜煮の握りは出すお店が少ないので、嬉しい。こちらは足部分です。シャキシャキした食感で美味しい。

・干瓢巻き

・タマゴ

追加・アジ

肉厚で立派なアジ、中には芽ネギ。この時期のアジは絶品!最後にふさわしい一品でした。

鮨価格高騰の中、非常に良心的なランチ価格が嬉しい。落ち着いた雰囲気の中、しっかりと仕事がなされた美味しい江戸前鮨をいただけるお店で、満足度は高い印象です。今後展開されるであろう杉澤流への変化が非常に楽しみですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

泰明通り、1階にラーメン店「麺屋 ひょっとこ」が入っているビルの2階です。


鮨 鈴木|青木流から鈴木流へ、日々進化中/the 319th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」319日目です。本日は久々のお鮨です。トリプル銀座の正面、能楽堂ビル5階の「鮨 鈴木」さんにランチにお伺いしました。

エレベーターを下りると右手に別世界への入り口、濃紺の暖簾がお目見え。

大将の鈴木さんは銀座の名店「鮨 青木」のご出身。暖簾の「鮨」の字は青木さんからいただいたものだそうです。

心が研ぎ澄まされる清涼感のある美しいカウンター。銀座の鮨店としてはかなりのゆったり感です。

オープンは2015年6月、当初から何度かお伺いしていますが、2年経ち、ぐんぐん味に磨きがかかっているのに驚かされます。ランチは¥8,000、¥10,000の2種類、本日は後者をお願いしました。

・ガリ

生姜を大きめにカットした変わった形ですが、これが非常に美味。いつも数杯お代わりしてしまいます。

・ホシガレイ

シャリは赤酢と米酢のブレンド。鮨職人なのに酸っぱいのが苦手という大将(しかも下戸!)、自分好みの円やか仕上げです。やや硬めの握りが素晴らしく調和しています。

・アラ

・キンメダイ 昆布〆

・赤身漬け

・中トロ

・大トロ

・シンコ

2枚付。今年はこれが最初で最後でしょう。これくらい大きいとしっかり味わいもあって美味。

・サバ棒寿司

この棒寿司がまた絶品。酢〆のサバ、白板昆布の旨みと甘みと食感、シャリの調和が素敵です。

・シンイカ

季節を感じるタネも良いです。ツマミの下足付きでした。

・イシガキガイ

・平貝

・シラエビ 昆布〆

・バフンウニ

・アナゴ

とろとろふわふわ。美味。

・タマゴ

・コハダ(追加)

さらに最後に鯖寿司も追加して終了。お腹いっぱい大満足です。

大将の鈴木さんは見た目はちょっと強面ですが、明るい方で、圧迫感は無し。奥様と2人で切り盛りされており、非常に温かみのあるお店です。値段だけ見れば高額に感じますが、味を考えれば非常に良心的価格だと思います。カウンターのお寿司に慣れていない方でも寛げるお店で、銀座の鮨デビューにもお勧めです。日曜日も営業しているのも良いですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


すし家さん-若大将の耽美なお鮨/the 152th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、152日目です。本日はお寿司でございます。場所は銀座6丁目、当店のすぐ近くにある“すし家-すしいえ”さんにお伺いしました。

場所がわかりにくいです。外堀通りの1本西側の通り付近にございます。稲庭うどんの“佐藤養助”さんの向かい、花屋さんの横の路地に入ります。
su19

突如洗われる犬矢来の付いた黒い外観が“すし家”さんです。

su21
“悠玄ビル”の1階。居酒屋、クラブが立ち並ぶ路地、突如現れる京町家風がとても不思議な感覚です。外には価格などは出ておりませんので、ドキドキしがら入店。

カウンター7席のみの店内。清々しい空間となっております。
su18

ランチは握り10貫¥4,860、14貫¥8,640の2種類ですが、本日は14貫を注文いたしました。 

“たい”
su2

“こういか”
su3
一般的なスリムなのではなく、丸みのあるフォルムのイカだそうです。すだちの仄かな香り。滑らかさが控えめで、もっちりとした歯ごたえが非常に美味。

“こはだ”
su4
見た目も美しいです。もちろん美味。

“とろ”
su5
良質な脂なのか、さっぱりといただけます。

“赤身 ヅケ”
su6

“くるまえび”
su7
茹でたものを、その場で捌いていただきます。気持ち安らぐ温もり。プリプリです。

“あじ”
su8
上の緑は浅葱-あさつきをすり潰したもの。

“さんま”
su9
さんまの癖が嫌味無く、存分に出ております。美味。

“ぶりの炙り”
su10
ここで変化球。とろけます。

“いくら”
su11
流石に鮮度は抜群。口の中で小さな火花が弾けます。

“うに”
su12

“煮はまぐり”
su13
弾力たっぷり。でも、口溶けさわやか。見た目は可愛くはございませんが、絶品!

“あなご”
su14
シャリをあなごで横巻きにするのがユニーク。塩でいただきます。ボリュームはありますが、さっぱり感が素敵です。

“かんぴょう巻き”
su15

“たまご”
su17
口に入れてびっくり!ものすごくクリーミーでスィート。デザート感覚でいただける新感覚のたまごでした。

なお、最初にもずく酢、そしてお味噌汁が付きます。味はもちろん、お寿司の見た目が、食べるのがもったいないくらい、とても美しいと思いました。満足です。ごちそうさまでした。

大将は銀座のお鮨屋さんらしからぬ、とてもお若い方ということに驚き。当然ですがベテラン感が全くなく、真摯に鮨と向かい合っていらっしゃる感じがいたしました。未来に万歳。素敵です。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
su20