資生堂パーラー サロン・ド・カフェ|フルーツパフェの殿堂/the 305th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、305日目です。本日は銀座8丁目、資生堂ビル3階の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ」さんにお伺いしました。てっきり当ブログにも掲載済みかと思っていたのですが、4,5階のレストラン、10階のイタリアンのみでした。

5月から始まった枇杷パフェを目当てにお伺いしたのですが、なんと新メニューで好物のフルーツサンドイッチが登場していました! 「スタッフの方に両方いけますか?」と聞いてみた(この時点でほぼ両方いくことは決まっているのですが)ところ、「大丈夫ですよ!」と力強い返答。後押しありがとうございます。

・フルーツサンドウィッチ ¥1,630

「イッチ」じゃなくて「ウィッチ」なのが良い。店内が混み合っており、出てくるまで20分ほど。 とっても素敵なビジュアル。ヨーグルト付きです。 パンはトーストしたレーズンパン。パンにもフルーツ入れちゃってます。


フルーツはイチゴ、枇杷を主役にバナナ、オレンジ、ブルーベリー、キュウイなどがぎっちり。厚みがあるためナイフとフォークでいただくのがお勧めだそうです。 クリームもあっさりしていてお上品なお味ですが、ナイフとスプーン型のクッキーなど遊び心は忘れないところが素敵。 持ち味が存分に発揮されていて、美味しいフルーツサンドでした!

続いてメインディッシュ。

・長崎県大瀬戸地区産 枇杷パフェ ¥1,980

蓬莱山のように聳える枇杷が素敵です。なんでも樹齢50年以上の樹で実った枇杷を厳選しているそう。 枇杷の背後にはライチシャーベット、下にはジャスミンゼリーとミルクアイスクリーム。ブルーベリー、さくらんぼ、キュウイ、イチゴなどのフルーツが花を添えます。


お好みでローズソースを掛けていただきます。枇杷もバラ科ですから良く合うのかもしれません。 枇杷、華やかさはありませんが、日本的で奥ゆかしい風雅なお味。その分、ライチやローズとの調和もよろしいようです。 イチゴパフェのような派手さはありませんが、優しい気持ちになれるパフェ。大満足です!

最後はポットサービスの・コーヒーでゆっくりと。

美味しいコーヒーはポットサービスで約3杯分。冷めないようにちゃんと下にロウソクを置いてくれるサービスは流石です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

こちらは2016年8月にいただいた・和歌山県紀の川市産 イチジクのパフェ。記憶に残る印象的なパフェでした。


フランボワーズ, ジョーズカフェ|ギンザシックスのカフェ2店/the 303th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、303日目です。本日は4月20日にオープンしたギンザシックス。ゴールデンウィーク中も連日大盛況のようですね。

ギンザシックスのレストランフロアは6階、13階なのですが、他階にも色々なジャンルのカフェレストランが点在しています。本日はその中から2店をご紹介いたします。

まずはギンザシックス3階、パリ発のクレープリー「フランボワーズ」さん、ガレットドーサなるものが食べられると知り、早速お伺いしました。インド料理好きとしては食べ逃せません。

広々とした店内、窓際の席からはみゆき通り、あずま通りが見下ろせます。ソファや制服、壁面などところどころに使われたフワンボワーズ色がアクセントとなっており、お洒落な雰囲気です。

サラダが付くコースもありましたが、値段があまり変わらず、ガレットがハーフサイズになるので、本日は単品でオーダーいたしました。

・辛口シードル ¥650(w/o tax)

ガレットにシードルは欠かせません。 低アルコールの美味しいりんごジュースです。

・野菜カレーのガレットドーサ ¥1,580

メインの野菜カレーに加え、牛ひき肉、卵、コリアンダー、エメンタールチーズ、パクチー(パクチーは必要かどうか尋ねられます)。ドーサとカレーが合わない訳はありません。こちらのドーサは、もち米とレンズ豆でできており、インド料理店のドーサと比べると、よりパリパリ感が強く、コシのある印象です。

大きめにカットされたジャガイモやニンジンも入っており、食べ応えがございます。カレーは辛さはなくごくあっさりした仕上げ、フランスとインドの要素が上手くまとめられており美味しいです。 チーズが良い仕事してますね。

せっかくなのでデザートクレープも追加。

・自家製チョコレートクレープ ¥680

もちもちしたクレープ生地に甘さ控えめのチョコレート。 テーブルに置かれた時の焼きたて生地とチョコの混じりあった香りが最高。 ボリュームもたっぷりでお腹いっぱいです。 ガレットドーサも新鮮で美味しかったですし、女性スタッフの方々もとても感じがよく快適なランチタイムでした。

続いてはギンザシックス5階、ロンドンのアパレルブランド「ジョゼフ」のブースに併設された「ジョーズカフェ」にお伺いしました。

アイボリーとグレーを基調としたスタイリッシュな雰囲気、壁一面に作られた本棚が目を引きます。

バーナード リーチの作品集やデビッド ベイリーの写真集などロンドンに因んだ本が中心のようですね。

お目当ては大理石のお洒落なプレートに乗って登場のコチラ。

・フルーツサンド ¥980(include tax)

季節により中身が変わるとのことですが、今はイチゴ。なんて見事な切り口でしょう!

イチゴだけがたっぷり入ったイチゴ好きなら嬉しくなるサンドイッチです。

食パン、クリーム共にたっぷりとした質感。ちょっと不思議なフルーツサンドでした。 一緒に付いていた・カマンベールチーズ、とっても美味しかったです。

最後は・フレンチプレスコーヒー ¥650で。

コーヒーも重厚感のあるお味で美味。カップが小さいせいもありますが3杯分あり、お得な気分。

こちらのカフェ、アパレルフロアの奥にあり控えめなため、他のカフェより落ち着いていそうです。ショッピングの合間の休憩に是非。 また名物のスコーンなどをいただきにお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


はまの屋パーラー 帝国ホテルプラザ|淑やかな空間で、ふわふわ玉子サンド/the 252th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”252日目です。本日は今年5月に帝国ホテルプラザ4階にオープンした喫茶店「はまの屋パーラー」さんにお伺いしました。

「はまの屋パーラー」さんは、1966年創業の老舗喫茶店です。2011年に惜しまれつつも閉店してしまったのですが、2012年に有楽町の同じ場所で復活。そして50周年の節目の年にオープンしたのが帝国ホテルプラザ店なのです。

hamano8
職場の近く、帝国ホテルの隣にあるショッピングモールが帝国ホテルプラザです。初めて入ったので若干迷います。

アンティークショップ、エステサロンなど色んなお店が静かに営業していましたが、”はまの屋パーラー”さんも同じくひっそりと営業していました。
hamano2
空いています! 店頭にはアンティークの赤い業務用コーヒーミルが飾られており存在感を発揮。

昭和をイメージしたということで、座席の低い重厚感のあるソファ、レトロな床の模様、壁面のアートポスター、 レコードのBGMなどこだわりたっぷりで雰囲気も素敵です。
hamano3
落ち着きますね。

サンドイッチは2種類組み合わせできるということで、本日は”タマゴ & フルーツサンドイッチ” ¥800をお願いしました。さらに店員さんのお勧めということでタマゴサンドのみ”トースト” +¥50していただきました。
hamano5
話題のバルミューダ・トースターを使用しているそうです。 丸々した卵焼きとレタスのタマゴサンドは黄色が綺麗。 ほんのりとした優しい卵の甘さと、円やかなバターで、口の中がふわふわです。カリッと焼かれたトーストとの食感のコントラストも良いようです。 卵焼きをはさんだタマゴサンドは、あまり良い印象がなかったのですが、これは美味しいです! 

hamano6
フルーツサンドはミカン、リンゴ、モモ、パイナップルが入っていました。 クリームが少ないため、フルーツがポロポロ落ちる。コーヒースプーンで救っていただきました。 フルーツが主役のフルーツサンドでしたが、個人的にはクリームたっぷりの方が好みです。

最後は美味しい”はまの屋ブレンド” +¥400で。
hamano4
酸味が少なくさっぱりと飲み良いコーヒーでした。 タマゴサンドと淑やかな雰囲気の良さはかなり魅力的ですね。 よい喫茶店ができました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

営業は平日の夜のみ。予約も取れませんのでお気をつけ下さい。コースはお腹がいっぱいになったらストップすることも可能です。

“はまの屋パーラー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
hamano7


カフェ・ド・ロペ-ソニービルの地下に、原宿を見つけた/the 243th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”243日目です。本日ソニービルの地下3階に新しくオープンした”カフェ・ド・ロペ”さんにお伺いしました。

藤原ヒロシ氏がディレクターを勤めるコンセプトストア「ザ・パーキング銀座」内にあるのですが、その名の通りもともとは地下駐車場があった場所。西銀座駐車場の地下2階から直接行けるのが面白いですね。
rope8rope3

なんでも70年代、原宿・表参道あったオープンカフェを銀座で復活させたそうで、シルバーのキラキラシールのような丸テーブルに、グリーンがいっぱいの店内。
rope2
やっぱり銀座より、原宿的雰囲気ですね。

まずは、噂のバルミューダの高級トースターで作るトースト。 種類も色々で迷いましたが、本日は”チーズカレートースト” ¥480をお願いしました。
rope4
なんとカレーは”レストランよねむら”さんのものを使用しており、福神漬けも乗った本格派! このお値段を考えると、ハイレベル。美味しいです。 食パンは”ヤマザキのロイヤルブレッド ゴールド”を使用しているそうですが、カリッと仕上がっておりました。

続いてデザートもお願いしてみました。

“フルーツサンド ドリンクセット” ¥1,480
rope6
赤坂の人気フルーツパーラー”フルフル”さんのフルーツサンド。イチゴ、パパイヤ、キウイ、バナナが入っており、でっぷり感がよいですね。 フルーツも大きめにカットされており、贅沢感もたっぷり。こちらも美味しいです!

最後は美味しい”コーヒー”で。
rope1

オープンしたばかりで、地上には看板もないので、場所がわかりにくい。銀座の中心にありながら、なかなかの穴場スポットです。色々なお店の美味しいものを集めており、なかなか魅力的。 “のりトースト”や”しらすブロッコリートースト”など気になるメニューも多数。 またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

rope9
お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


セントル ザ ベーカリーさん-説明不要の食パン専門店/the 204th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、204日目は食パン専門ベーカリー。食パンを買うための行列がすでに名物ともなっている”セントル ザ ベーカリー”さんにお伺いしました。

こちらの紙袋を満足そうに持っていらっしゃるお客様も多く、憧れておりましたが、行列に阻まれなかなか行く機会に恵まれず。本日、やっとお伺いすることができました!

場所は銀座1丁目、外堀通り近く、東京高速道路の高架下”紺屋ビル”の1階です。
cent7

せっかくなので、パン以外のメニューもお願いしてみました。 まずはこちらから。記載は税抜き価格です。

本日のサラダ “ニソワーズ-ニース風サラダ” ¥1,200
cent3
巨大です!3人でシェアして丁度良いくらいの分量。 注文の際「多いですけど、よろしいですか?」と確認されるのも納得!具はトマト、ゆで卵、アンチョビの塩漬け、ツナ、ポテト、オリーブ、パプリカ、キュウリ、レタスなど種類豊富。混ぜていただきます。突発的に塩辛いアンチョビは存在感がありました。美味しいサラダでした。

続いてコチラ。

“フルーツサンド” ¥1,700
cent1
cent2
中身はマンゴー、キウイ、バナナ、フランボワーズ、オレンジ。 カスタードとマスカルポーネチーズもたっぷりです。 北海道産小麦のゆめちからを使用した食パンはフワフワですがしっかりコシがありますね。

耳もご馳走です。一緒に持ってきてくれるのですが、甘くてとても美味でした。
cent6
牛乳が欲しくなりましたね(瓶の牛乳も販売しています)。

最後は美味しい”コーヒー” ¥800 で。
cent5
カップ大きすぎ!嬉しいですけどね。

12時頃にお店を出たのですが、3種類ある食パンのうち1種類はすでに品切れ。土日は行列必至でございます。食パンの食べ比べなどもできるレストランは予約もできるようですので、是非チャレンジしてみてください!

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。