ダロワイヨ銀座本店|カカオとコーヒーの素敵な相性/the 284th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、284日目です。本日はマカロンなどスィーツでとても有名な、“ダロワイヨ銀座本店”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、中央通り沿い。看板も大きくとても分かりやすいです。

15時を過ぎた遅めのランチ、どこに行こうかとぶらぶらしていた時、ダロワイヨさんの店頭メニューを見てみると食事もできることを発見!今までデザートだけだと思っていたので、早速お伺いしてみました。

喫茶室は2階、思ったより広々とした落ち着いた空間です。ショーケースには美味しそうなケーキが飾られていますね。

軽食はサンドイッチ、ハンバーグなどもあり少し惹かれましたが、本日は定番という”海の幸グラタン” ¥1,296をお願いしました。

“パン3種”

どれもほんのり温かで、ふんわりです。15分ほどでメイン料理が到着。

“海の幸グラタン”

小さすぎず大きすぎず丁度良いサイズのグラタン。グツグツです。エビ、ホタテ、ブロッコリー、カリフラワー、ショートパスタのコンキリエなどの具材をペシャルメソースで。 牛乳とバターの自然で円やかなお味。冬にぴったり −好物のホタテが1切れしか入ってなくて少し寂しかったですが− 熱々美味しい間違いのない料理です。

せっかくなのでデザートもお願いしましていました。

“オペラパフェ” ¥1,620

チョコとコーヒーの調和がハッピーな7層ケーキ「オペラ」が乗ったパフェ。こちらのスペシャリテだそうです。 今ではちょっと小洒落たケーキ屋では当たり前に見ますが、ダロワイヨが発祥なんて初めて知りました!凄いぞダロワイヨ。


中にはコーヒーとチョコアイス。そしてカリカリのクッキー状マカロン。 驚きはありませんが、間違いなく美味しいパフェに舌鼓。 カカオとコーヒーの素敵な相性を最初に発見した人に感謝です! 丁寧なサービスも心地よく満足なランチタイムでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ダロワイヨ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


ル ショコラ ドゥ アッシュさん-チョコレートを巡る冒険/the 188th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、188日目の本日はチョコレート店、“ル ショコラ ドゥ アッシュ 銀座本店”さんにお伺いしました。

“モンサンクレール”さん、“自由が丘ロール屋”さんで有名なパティシエの辻口博啓氏のチョコレート店でございます。2015年5月に銀座店がオープンしたということで早速お伺いしました。

場所は銀座6丁目、中央通りから2本西側の通り沿い、“銀座細野ビル”の1階でございます。
choco11
元々はとんかつの“平田牧場”さんがあった場所で、お隣は老舗洋食店の“レストランあづま”さんです。

奥に広くブラウンが基調の店内に、チョコレート、マカロン、バームクーヘン、板チョコなど美味しそうなものが所狭しと並んでおります。
choco1
一番奥がイートインスペースで、カウンター5席と控えめです。

まずは、店内でチョコレートを2つ選んで、いただきました。
choco4

“(R)ジャポネ ゴマ” ¥303
名前の通りゴマを使用した長方形のガナッシュ。 食べた瞬間、口に広がるゴマの香りが素晴らしく、シャリシャリとした食感も涼しげ。 和菓子っぽい雰囲気が面白いですね。

“(L)グラン クリュ” ¥303

カカオ70%のビターチョコですが、思ったより甘味を感じられました。 非常に上品でシンプルに美味しいのです。

関税がかからないせいか?一粒のお値段は、海外ブランドに比べ、非常に値ごろ感がありますね。続いてイートイン限定のコチラをお願いしました。

“タルトショコラ コーヒーセット” ¥1,300
choco7
店内で焼き上げるので15分ほどお時間がかかります。

熱々で提供されるタルトをナイフで割ると、ホットチョコレートがトロ〜リ。
choco8
フォンダンショコラを思い出させます。お味はビターで、意外なほどさっぱりしております。美味。外側のカリッと内側のフワトロ〜のコントラストも愉快。シャンパンやワインとも合いそうです。

スタッフの方とお話していると、珍しいとっておきのチョコがあるとのこと。 せっかくなのでお願いしてみました。

“カカオ ブラン ドゥ リリュジョン” ¥1,200
choco9
一粒入りのボックスで登場です。 希少なホワイトカカオを使用した逸品。見た目も滑らかで、一片の金箔が美しいです。良い香りです。

食べ方もレクチャーしていただきました。
(1)おおよそ三口で食べきる(味覚)。
(2)手にもって食べる(温度)。
(3)それによる味の変化を、冒険するように味わい楽しむ。

そして実食。
choco10
恐る恐る一口目をいただくと、瞬間は甘いのですが、その後に酸味の波が押し寄せるよう。二口目からは酸味は感じず、どんどん円やかさが増し、優しい甘味の大波がやってきます。そして後には幸せな気分が残ります。不思議です!美味しいです!大事に大事に、四口で。楽しい冒険でした。

最後は美味しいコーヒーで。
choco6
ごちそうさまでした。

お値段も手頃なものが多く、種類も多いためお土産にも最適。色んな意味で流石ですね。“ピエールマルコリーニ”さんも改装中で、銀座ショコラストリートは壊滅的ですが、そこに現れた救世主となるでしょうか。チョコレート好きとしては嬉しい限りのお店です。 今後メニューが増えるのにも期待したいと思います。

“ル ショコラ ドゥ アッシュ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。