フォロ資生堂|至福で蠱惑な白トリュフコース 2017/the 335th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」335日目、本日は以前も当ブログでご紹介したイタリアンレストラン「ファロ資生堂」に再びお伺いしました(その時に記事はコチラ)。

目的は11月13日からスタートした・白トリュフコース 2017 ¥19,500(サ別10%)、早速ランチ訪問いたしました!

まずは専用トランクに入った白トリュフを拝見。

開くと白トリュフがゴロゴロ。生気を奪われるような濃密な香りにうっとり。写真からでも香りが漂う気分です。今年は不作でイタリア アルバ産のものは1kgなんと100万越え!そんな訳でマルケ産のものを中心に使用されているそうです。まずはこちらから。

3種類のアミューズ・ビーツのチップスとホタテのムース、サツマイモパンとゴルゴンゾーラ、ミネストローネ

どれも綺麗で丁寧なお味です。ここから白トリュフ尽くし!

・衣をまとった卵 グリエールチーズソース 白トリュフの香り

これはもう間違いなしの絶対的な組み合わせ! スプーンを入れると黄身がトロリと流れ出て、見た目も美味しい。美味。

・トピナンブール(菊芋)のヴルーテ 鱈の白子のソテー添え 白トリュフ風味

菊芋も白トリュフ入りで凄い贅沢感。 大きい白子は外はさっくり、中はトロトロ。トリュフとの相性も抜群です。

ここからの料理は目の前で白トリュフを削って振りかけていただきます!

・ピエモンテ州伝統のパスタ「タヤリン」百合根とバターソース 白トリュフをふんだんにふりかけて

おー、香りがっ。幸せ過ぎます。 卵黄をたっぷり使った柔らかいパスタ。これも問答無用のベストコンビネーション。

・白トリュフで覆われたリゾット

カルナローリ米をブイヨン、トリュフバター、白トリュフで極シンプルに煮込むのみ。絶品。

メインは肉料理4種、魚料理2種から選択。

・フランス産仔羊ロース肉のロースト オリーブソース

こちらはノントリュフ。付け合せはムカゴ、芽キャベツ、トマトピューレ。 ジューシーながらもさっぱりとした柔らかい肉質。大変良い仕上がりです。オリーブとマデラワインの甘いソースも美味しい。

最後の楽しみ・ドルチェワゴン

全部乗せ。洋ナシタルト、リンゴのシブースト、マロンプリン、ティラミス、パンナコッタ、リコッタチーズとチョコのアイスケーキ、サヴァラン、フルーツのコンポート。 濃厚なマロンプリンが好みでした。

最後は綺麗な・小菓子と美味しい・コーヒーで。

終了まで2時間ほど。白トリュフをストレートに堪能できるベーシックな料理構成でした。 本音を言えばもっと豪快に掛けて欲しかったですが、時勢を考えれば納得です。

何とも幸せなランチタイム、お店を出た後も時折感じる白トリュフの蠱惑の香りに頭がぼんやり。何とも幸せな1日でした。 サービスもスマートかつフレンドリーで大変良く、銀座でお気に入りのイタリアンレストランの1つです。白トリュフコースは12月16日(土)までです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ファロ資生堂”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


エリュシオン|リーズナブルに味わう贅沢感/the 334th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」334日目、本日はランチにリーズナブルにお肉料理がいただける鉄板焼店「ステーキハウス エリュシオン」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、中央通り沿い、お洒落なマツキヨが1階に入っているビルの地下2階。

ランチにハンバーグがいただけるという情報を知り早速お伺いしました。

ギリシャ風の階段を下りていくと重厚感のあるエントランス。

入ってすぐのウェイティング用のバーカウンターなどクラシック感有り、店内はブラウンベースの非常に落ち着いた雰囲気です。

ランチメニュー(平日限定のものも有り)は・コロッケ膳 ¥990からありますが、本日は・ビーフハンバーグ100gとカイノミステーキ70gセット ¥1,620をお願いしました。

まずはシンプルな・サラダから。

リーズナブルなランチメニューですが、シェフが目の前の鉄板で焼いてくれるので贅沢感有りです。

最初に今から焼くお肉、ハンバーグとカイノミを見せていただけます。

カイノミはヒレに一番近いところにあるバラ肉。赤身と脂身のバランスが良いお肉だそうです。

焼いていきます。

美味しそうな色に変わっていくお肉を見ながら、シェフの方と色々お話を楽しみながら10分ほどで仕上がり。


ステーキの下にはモヤシが敷かれています。カイノミ、とても柔らかくて美味。 赤身ですので口当たりがさっぱりとしているのも良いです。牛肉100%のハンバーグもパワフルで食べ応えがあってなかなか。

・なめこ赤出汁、ライス(お代わり無料)、お新香付きです。

スーツでビシッと決めたサービスの方々も落ち着いており、銀座らしい丁寧さで心地よい時間を過ごせました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“銀座ステーキハウス エリュシオン”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


プティオザミ、キットカットショコラトリー、待合室2|チョコレートパフェに萌える季節/the 333th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」333日目、本日はチョコレートパフェです。夏も美味しいのですが、寒い季節になると何故か食べたくなるチョコレートパフェを提供しているビストロ、カフェ3店をご紹介いたします。

まずは銀座1丁目のビストロ「プティオザミ」。

ギンザシックス始め、銀座に系列店が何件もある有名店。こちらで気になるネーミングのチョコレートパフェがいただけると知り、お伺いしました。パフェは14時から(週末14時30分から)のカフェタイムからの提供です。

・日本一美味しい!100%手作りチョコレートパフェ ¥800(w/o tax)

「オザミ」だからこそ許せる強気なネーミング!見るからにサクサクのクッキーとバナナが乗った見た目はシンプルなパフェ。中にはバニラアイス、チョコスポンジ、フレーク状のクッキー。

黒い部分が少なく一見チョコレートパフェっぽくありませんが、コニャックが入ったチョコレートソース(コニャック無しも可能)をかけて完成です。

生クリームもアイスもクッキーも真面目な味ながら、とても美味しいパフェ。そしてコクと甘みのある大人なチョコソースもかなり美味しく大変満足。 リーズナブルなお値段も考えると、シンプルなチョコパフェの中ではかなり上位に入るのではないしょうか。ごちそうさまでした!

“プティオザミ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

続いて、松屋銀座近くの「キットカット ショコラトリー 銀座本店」、いつの間にやら2階にカフェができていたので早速お伺いいたしました。

外観もそうですが、カフェのレジカウンターの下などもキットカットになっており面白い意匠です。

こちらのカフェをプロデュースしている「ル パティシエ タカギ」のケーキも販売されていました。

どれも綺麗で美味しそうです。

メニューはサンドイッチ、キッシュなどもあり食事もできますが、本日はお目当てのパフェをお願いしました。

・キットカット ショコラトリーパフェ ¥1,000(w/o tax)

1サイズが大きい! 食感の良いカカオチップを散らした生クリームには「キットカット I ♡ FRUITS」の柚子、パッションフルーツ、ブルーベリーの3味をセット。フルーツはバナナとパイン、その下のアイスはチョコ、イチゴ、バニラの間にはフランボワーズ味の生クリーム。さらに一番下にはフォンダンショコラにチョコとフワンボワーズソースが控えています。


見た目同様、ボリュームがすごいです! アイス1つ1つが大きく、フルーツもたっぷりで、下にたどり着くまでが長い道のり! フォンダンも大きいのが3欠けも入っているので、終盤かなり苦しい。お味としてはシンプルなのですが、銀座パフェとしてはリーズナブルな価格とボリュームに満足。美味です。

1階では銀座店限定の高級キットカットなども販売されており、贈答用としても喜ばれそうです。ごいそうさまでした!

“キットカット ショコラトリー 銀座本店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

最後は銀座駅を数寄屋橋交差点改札を出たすぐにある「待合室2」(待合室も地下駐車場入り口にございます)。

全席喫煙可能のレトロな喫茶店です。簡単な軽食しかないと思っていたのですが、チョコレートパフェを提供していると知りお伺いしました。

・チョコレートパフェ ¥650

ミカンのシロップ漬け、バナナ、ウエハース、バニラ&チョコアイス、クリームにチョコソースがかかった懐かしのパフェ。

期待を上回りも、裏切りもしない予想通りのお味!

そしてなんと下半分は全てコーンフレークそのまんま! ミルクを少々入れておいてくれるとより嬉しいかもしれません。平日は朝8時30分から営業しておりますので、朝パフェにもお勧めです。

お店によって様々な個性があり面白いチョコレートパフェ、冷たく甘美な幸せなスィーツです。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

「待合室2」の素朴なサンドイッチです。


リール銀座|2周年記念デザートディナー/the 331th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」331日目、銀座3丁目、昭和通り近くのカフェ「リール銀座」さんをご紹介いたします。当ブログの213日目にてご紹介させていただきました(その時の記事はこちら)が、本日はオープン2周年記念のデザートディナーにお伺いいたしました。

リール銀座をプロデュースする横田シェフは、春日部市の菓子工房オークウッドのオーナで、銀座ミキモトラウンジをプロデュースしていたことでも有名です。

ウェルカムドリンクは横田シェフが好きだというタンカレー ナンバーテンを使った・ジンライム、上品な香りが良いです。

コース構成はオードブル2品、デザート2品。

・国産豚肩ロースのリエットと無花果のブリオッシュトースト カボチャとビーツ、ホワイトセロリのサラダ添え

見た目も色鮮やかで綺麗な一皿。素材の合わせ方が素敵です。

・ゴボウのポタージュとトリュフのプリン

温かいポタージュと冷たいプリンの温度差も楽しい。どの料理もデザート的な要素が感じられますね。普段あまりやらないとう食事メニューですが、真綿のように温かで心地のよいお味。

続いて超楽しみなデザート!

・ベイクドアップルパイ 赤ワインとカルバドスのアイスクリーム

詳しいことは省きますが、非常に手間のかかった仕上げのアップルパイ。アップルパイはあまり得意ではないのですが、これは美味しい。自然にして濃厚なリンゴの風味にシナモン、クルミ、レーズンなどが加わる重層的な味わい。アイスも絶品!

・トンカ豆とピスタチオのパンナコッタ

ハロウィン仕様。上に乗った丸みのあるコウモリが横田シェフっぽくて可愛いです。周囲はアーモンド、カシューナッツ、デーツが彩ります。

そのコウモリですが、横田シェフに直接チョコレートソースをかけられ消えていきました。。。

心の中で永遠に。。。


それはさておきトンカ豆の優しい香りが色々な情景を想像させる絶品パンナコッタ。 スプーンを入れるとグリーン色のピスタチオの層が現れ、三位一体、さらに口福感溢れるお味に。 レギュラーメニューになってくれませんか?

・ピスタチオとアーモンドとヘーゼルナッツのチョコ、フィナンシェ

最後のプティフールのしっかり作り込まれており美味。シェフのナッツ使いにはいつもながら感服です。

そして最後は美味しい・コーヒーで。

初めて横田シェフにお会いしましたが、お人柄も素晴らしく、ますますファンになりました。やっぱり料理は人、料理は愛情ですね! 美味しい料理と楽しい時間をありがとうございます。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

2周年おめでとうございます!!

“リール銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

夏に登場したパフェ・マリアージュ ドゥ フリュイ ¥2,000 リコッタチーズのムースから始まる口福絶頂感動パフェでした。 いつも美味しいデザートをありがとうございます。


伽藍バー|癒しの洞窟、ランチ始めました/the 330th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」330日目です。トリプル銀座の7件隣にあるビル、地下2階の「伽藍バー」さんがランチを始められたので早速お伺いいたしました。
プロ野球選手の上原浩治さんが目印、曽根ビルの地下2階です。

店内はこのような感じです。

オーセンティックなバーとは違い、木を沢山使った温かい雰囲気。テーブル席も多数あり、ランチタイムは特にゆっくり寛げます。現在のランチメニューはカレー、ハヤシライス、タコライス、フォーの4種でどれも千円ぽっきり。すでに3種類いただいております。

全てにサラダ、スープ付き。

そしてメインの前に・ランチビール! ¥300

最近ランチビールを提供するお店が少ないように思うので有難いですね。太陽の光が届かない地下2階、お店の雰囲気がとても良いので昼間っからのビールの飲みすぎ注意です。続いてメイン。

・伽藍カレー(スパイシーなチキンカレー) ¥1,000

夜の人気メニューでもあるカレーライス。サラサラで辛さは控えめ、程よくスパイシー。素材にこだわりのあるマスターだけに体も喜ぶ自然なお味です。

続いて・ハヤシライス ¥1,000

こちらはなんと銀座のシャトーブリアン専門店「びふてき松江」さんの牛すじ使用!赤ワインで牛すじを煮込んださっぱりサラサラ系、キノコなどもたっぷり入った体に優しいお味です。そして、お米はマスター自ら育てて収穫したという無農薬の新米!そのこだわり、というか考え方が素晴らしく思います。

さらに続いて・タコライス ¥1,000

温玉 ¥100をトッピング、さらにライスを・高野豆腐ライスに変更。高野豆腐ライスとは何?と思っていたら高野豆腐を絞って砕いたもの。糖質は少なめですが、カロリーはちゃんとあるため腹持ちよくヘルシー。トマトとレタスとチーズのシンプルなタコライス、サラダ感覚で美味しいです。

最後は豆を挽いてから入れてくれる・コーヒー ¥250で。

豆がアップグレードされるなど、だんだん美味しくなっています!

まだランチは練習中とマスターがおっしゃる通りゆるゆる営業しているようです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「伽藍バー」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

また夜の雰囲気は、当ブログ241日目をご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

マスター兼ヴォーカルの相馬さん、誰に対してもプレーンでホスピタリティ溢れるご対応をされる素敵な方です。