銀座おおたに|楽しく優しい隠れ家和食店/the 290th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、290日目です。本日は味のある手書きメニュー表で先日から気になっていた和食店「銀座おおたに」さんにお伺いしました。

場所は銀座3丁目、松屋通り沿いのビルの3階です。一度メニューに鰻重があり、そちらを狙っていたのですが、通りがかると「特厚穴子丼(とにかく厚切りジェイソンと横に記載)」なるものが!早速お伺いいたしました。

3階でエレベーターを降りると左が「竹の庵」、右が「おおたに」さん。ドアを開けると落ち着いた雰囲気の店内。

L字型カウンター8席に奥に個室もあるそうです。気の良い大将が笑顔で迎えてくれて一安心。1月末からランチを再開されたそうです。

ランチメニューは鯛茶 ¥1,500、手打ち蕎麦 ¥1,000などがありますが、本日はお目当ての・特厚穴子丼 ¥1,800 をお願いしました。鯛茶はレギュラー、蕎麦は準レギュラーのようです。

・鯛アラのスープ

いきなりインパクトのある一皿。ちょっと濃いめのスープが寒い日には美味しい。 鯛の身も思ったより沢山入っているのが嬉しいです。

・フグ出汁の茶碗蒸し

中にはフグの皮が散らしてあり、昼からちょっと贅沢気分。

・特厚穴子丼

こちらもインパクト大!中央には穴子の肝が鎮座、そして身の厚いこと。切り身を見せていただきましたが大きい。優に2キロはありそうです。味は若干大味ながらも、骨も綺麗に取られており美味。 ビジュアルの勝利でございます。

鯛、フグ、穴子と耳だけでも大満足できそうな充実のランチでした。 最後の〆が蕎麦か鯛茶か選べる¥3,000からのランチ懐石もお勧めとのことなので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

そんな訳で数日後ランチ懐石 ¥3,000をいただきにお伺いいたしました。

・ゴマ豆富

・鯛のお造り

鯛茶漬けにも使う鯛。普通にワサビ、醤油でも美味しいのですが、鯛茶用のゴマだれに付けても美味。 皮もちゃんと添えられているのが嬉しいですね。

・ナマコの酢の物

そこまでコリコリしておらずソフトな食感。鼻に刺激的な花ワサビと良く合います。 柔らかく調理するため、あえてアオナマコ(神奈川県佐島産)を使っているそうです。

・ふきのとう、鯛のブルーチーズ和え

上に飾られた鮮やかなグリーンな蕗の薹がとても綺麗です。 新鮮なえぐみとブルーチーズの独特の香りの組み合わせが新鮮で美味!

・フグ唐揚げ

・手打ちそば

福井県産の蕎麦を使った二八蕎麦。素晴らしいコシの強さでございました。 途中で蕎麦つゆに先ほどのゴマだれを入れて味変。これもまた良し。

そして蕎麦湯も絶品!

蕎麦の実のある部分を使って一手間加えており、とろみが強く濃厚です。最後はデザートに・イチゴをいただきました。 日本酒が飲みたくなる料理のオンパレードでした。今度は絶対日本酒をお願いしてみます。

しかしこの内容で、この価格は素晴らしい! 料理長の楽しい性質も魅力的です。メニューは日替わりですので、いただきたい料理があれば事前の電話確認をお勧めいたします。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!


銀座815|銀座いわ×ボランジェで鮨ランチ/the 288th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、288日目です。本日は久しぶりのお寿司です。

銀座6丁目コリドー街の近くに、2016年12月オープンした高級シャンパン「BOLLINGER-ボランジェ」とミシュラン1つ星の鮨店「銀座いわ」のコラボレストラン「銀座815」さんがランチをスタートしたので早速お伺いしてみました。

とても鮨店と思えない洋風な外観。

もともとドトールコーヒーのあった場所ですが、入ってみても全く面影なし。高級感溢れる店内です。真昼間ですが、少し夜の香りがいたします。

入ってすぐがウェイティングスペース、続いて個室、奥がL字型のカウンター。

和のテイストを残しつつも非常にスタイリッシュな雰囲気、高級感もありムードも満点。サービスの方の感じがとても良いので、銀座の一般的な鮨店に慣れていない方でもリラックスできそうです。

現在ランチは¥5,400のコース1本。ペアリングコース ¥3,500も惹かれましたが、仕事中でしたので今回は遠慮させていただきました。

・野菜ブイヨンのフラン サワークリームとキャビア添え

上にはフレッシュトマトがたっぷり。爽やかで美味。

お寿司は8貫 + タマゴ + 巻物1本。

・ヤリイカ、ヒラメ、赤身、トロ

シャリは小さめの赤酢のお鮨で、シャンパンやワインとマッチするように工夫されているようです。

・〆サバ、コハダ、煮ハマグリ(写真撮り忘れ)、アナゴ、タマゴ

〆サバの4枚付けは初めてで新鮮でした。アナゴなどのツメも甘みが抑えられており、〆ものにしても非常にすっきり。全体的にクセのない上品なお味です。

・かんぴょう巻き

・オマール海老ビスクの味噌汁 西京味噌仕立て

味噌汁も洋風、中にカリカリの粒(炒ったクミン?教えてもらったのですが失念)が入っていて楽しいです。

・オリーブオイルのジェラート サルディーニャ産エキストラヴァージンオイル風味

こちらも珍しいデザートですが、舌触りも滑らかで美味しくいただきました。

普通のお店ではボトルでしか飲めないものも、各種グラスで用意されているそう。 食事だけでもよいのですが、やはりシャンパーニュなどのお酒と一緒に楽しまなければ真価は発揮されないのでしょう。

サービスもスマートですし、そういった種類のお酒が好きな方には、とても喜ばれそうです。 色々試行錯誤されているようなので、今後の展開にも期待が膨らみます。

ちなみに不思議な数字の店名はBOLLINGERの「B」を8、IWAの「I」を1、STILLFOODS(経営元)の「S」を5に見立てたものだそうです。また飲める状態でお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“銀座815”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。


日本焼肉 はせ川|焼肉の新ジャンル登場/the 287th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、287日目です。本日はトリプル銀座の2件隣に2016年12月オープンした「日本焼肉 はせ川」さんへ。
ビルの2階のお店で「すしざんまい」さんの隣が入り口です。

土日祝日のみですが、ランチを開始したので早速お伺いしました。焼肉は普段行かないので、相当久々。店内は前のお店の面影なくすっきりと上品にまとまっております。

焼肉店らしくない和風な設え、カウンターもロースターがなければ完全に和食店ですね。

和風タンシチュー膳 ¥1,800も気になりましたが、せっかくなので焼肉で。本日は会席ランチ・枕草子 ¥3,500 をお願いしました。

・ヒジキの白和え、ウド、ほうれん草のお浸し

本来ならばナムルとキムチが出てくるところですが、流石は日本焼肉。どれも優しい味付け。1月になりウドをよく目にするようになり、とても嬉しいです。

・サラダ

べか菜などが入っており珍しいネギドレッシングで。 塩気がかなり効いていました。

お肉は3種類で・特選タン、赤身、特選ハラミ。お寿司屋の魚のように、お肉を目の前で切り分けてくれるのが良いですね。どれも厚切りで食べ応えは充分でした。

薬味はワサビ、藻塩、味噌醤油など。

サシが入ったタンはレモンと塩で。食感良し。

赤身は横隔膜の部分(ハラミと違うのか?)ということですが、こちらが一番好みでした。

カウンターに板前さんがいらっしゃり、焼き方や食べごろなども丁寧に教えていただけるので焼肉ビギナーにも安心。肉汁が染み出てきたころが食べごろだそうです。

2人で来るならカウンターでの利用も良さそうです。

ハラミはしっかり味が付いており、そのままでも美味しいですね。

鉄板焼きだとワサビと塩しか使わないのですが、焼肉はまた勝手が違うようで大好き菜ワサビの使い所が難しく感じます。

焼肉に欠かせないご飯とお味噌汁も美味しくいただきました。

綺麗なお店なので、ご飯に焼肉乗っけたりは遠慮してしまう雰囲気です。せっかくなのでデザートもお願いしました。

・しぼりたてソフトクリームとわらび餅 ¥350

滋賀県の牧場からミルクを仕入れているそう。ソフトクリームなんて何年振りかにいただきましたが、食感も良く甘くなく、普通のものとは全く違う純ミルク味。美味。

お肉も思ったよりボリュームがあり、お腹も満たされました。板前さんやお店のスタッフの方も感じよく、快適なランチタイムでした。次回はタンシチューをいただきにお伺いしたいと思います。 ごちそうさまでした!

“日本焼肉 はせ川”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。


カフェ デコ|ベジチャージはいつもここ/the 286th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、286日目です。本日は当店からはかなり遠いのですが、野菜が足りない時にいつもお伺いする”カフェ デコ”さんをご紹介いたします。

場所は銀座1丁目(ほぼ京橋!)、昭和通り沿いにあるピカソタワーの1階、2階です。

ピカソと付くだけありユニークな外観です。

こちらは2階フロア。店内も清潔感があり明るく、スタイリッシュ。

こちらは2階席。テーブルもゆったり配置されており、ゆとりのある雰囲気です。

ランチメニューはハヤシライスやサンドイッチもあるのですが、いつもお願いするのは “パンと20品目のサラダプレート” ¥800。+¥100でパン→ベーグルに変更することも可能です。

まずは”コンソメスープ”。

生姜がよく効いており寒い日にはとても嬉しいスープ。夏にはこれが梅干しスープに変わります。優しいです。

続いて”オリーブオイル、ドレッシング”
ドレッシングはすりおろし野菜、クリーミー明太子、ゴマなど7種類ほどから選べます。

そしてコチラがメイン!

“20品目のサラダプレート”

素敵なビジュアルで、いつ来ても嬉しくなります。パンはドライトマトベーグルに変更。海老、イカ、タコの魚介に加えレタス、キャベツ、カイワレ、オクラ、トマト、キュウリ、ピーマン、パプリカ2色、豆3種、山芋、ニンジン、カブ、ヤングコーン、カボチャ、ナス、ブロッコリー、紫芋、紫大根、菊の花、ゆで卵、揚げ出し豆腐など余裕の20種以上!彩も綺麗です。


高さも凄いです!何品目以上という触れ込みの場合、実際頼んでみると「本当にそんなに入ってるの!?」と疑問に思うことが多いですが、逆パターンは珍しい。野菜の量は厚生労働省が推進する1日の野菜の量350gを目安にしているそうです。

そしてまた別の日はこんな感じ。デフォルトのパンです。

魚介が鶏肉になることも。


オカワカメなどの珍しい野菜が入る時もありますよ。

最後は美味しい”レインフォレストコーヒー” +¥100で。

自然環境に配慮して栽培している農園に与えられるカエル印のレインフォレスト・アライアンス認証コーヒーです。

スタッフの方も爽やかで、とても感じよく心も体もリフレッシュできるお店です。初めての方だと絶対気づかないトリッキーな化粧室も見所。ちなみにピカソタワーは「ピカソ美化学研究所」という企業のオフィス・研究所。「ピカソ」は芸術家ではなく、「美しく化する素」の漢字三文字からの命名だそうです。野菜たっぷりも納得です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

最寄り駅は京橋ですので、京橋からの銀ぶらがお勧めです。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
またある日のサラダプレート。パン→マルチグレイン(雑穀)ベーグルです。ごちそうさまでした!


リストランテ ソットラルコ|目にも美味しいイタリアン/the 285th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、285日目です。本日は銀座8丁目、中央通りの2本西側の通り沿いにある隠れ家イタリアン、“リストランテ ソットラルコ”さんにお伺いしました。

1階がギャラリーカフェの「アートフォーソート」さんが入っているビルの地下1階です。

店内は地下1階らしくシックな雰囲気。L字型のカウンターの中がオープンキッチンとなっています。ランチは¥2,500と¥3,800の2種類。本日は¥3,800(w/o tax)のコースをお願いしました。

・イシガレイのカルパッチョ

燻製香が良いですね。次の料理に期待をもたせる一皿。

・前菜盛り合わせ 甘エビのビスク、ゴボウのフリット、ジャガイモのグラタン

どれも美味。グラタンは薄切りのジャガイモが何層にもなっており断面が綺麗です。 ピンクペッパーを噛んでからフリットを食べると、また一味違った美味しさになりますね。

・アイナメのソテ ハマグリのスープ仕立て

カニやエビも乗った賑やかな一皿です。魚の火入れも抜群。さっぱりしたスープに柚子胡椒を効かせると、また一興。

・五穀鶏のオーブン焼き 粒マスタードソース

花びらと野菜で覆われた優雅な鳥は南国を思わせる。 上にはもろみ味噌のようなものが乗っており甘い味付け。

・青海苔と柚子胡椒のクリームパスタ

ミズダコのパスタと選べましたが、こちらで正解!今日一です。 モチモチした自家製フェットチーネがソースと良く絡みます。 柚子の爽やかさの後にやってくる青海苔の重みが素晴らしい。 最後の料理がパスタなのも良い感じ。ソースは一滴残らずパンに付けていただきました。

・ラフランスのグラニテ、柿のシブースト、ティラミス

ティラミスの上にはカリカリの蕎麦の実。柿のシブーストも珍しいですね。盛り付けも綺麗で目でも楽しませていただきました。

最後は小菓子と美味しいコーヒーで。

 お皿はテンポよく運ばれてきて約1時間半で終了。 料理はどれもハズレなし、ボリュームとともに大変満足できました。 夜は¥7,500のおまかせコースしかないそうですが、お値段もリーズナブルでとても気になります。 次回は夜にお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

“リストランテ ソットラルコ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。