CAVE五十嵐|月曜はカーヴ・デ・ヴィーニュ特別営業中/the 294th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、294日目です。本日はフレンチです。以前当ブログでもご紹介させていただいた歌舞伎座横のビストロ「カーヴ・デ・ヴィーニュ」さん

月曜日は「Cave五十嵐」として特別営業中。マノワールダスティン(本店)の五十嵐シェフが腕を奮っておられます。

ランチコースは¥6,500から、カルトでもオーダーできますが、本日は事前に・おまかせコース ¥9,000(サ別10%)を予約してお伺いしました。いただいたのは以下。

・ブーダンノワール

マノワールでの定番アミューズ。いつ食べても美味し。

・ホワイトアスパラのブランマンジェ、スープ

春です。今年初の白アスパラ。アスパラの個性的なお味がクセなく凝縮しております。美味!1本ではなく、こういう形でいただくのも乙なものです。

・海老のラビオリ

モッチモチでプッリプリな海老入りラビオリ。タケノコや車海老、パプリカを散らしたピリ辛のイタリアン風。 より自由なCave五十嵐ならではの一皿でした。

・ヤリイカのロースト

たらの芽、芽キャベツなど彩り豊かな春野菜を添えて。柔らかな食感が良いです。

・ウナギのキャラメリゼ

メインは仔羊と選べましたが、好物のコチラを選択。さらに胴か尻尾かも選べたので、脂が少なめで締まった尻尾部分をお願いしました。フレンチで蒲焼風に出てくるのも珍しいですが、肝も山椒も乗っており芳しい香り!

シェフが関西出身とのことで蒸さずに焼いてあり、パリッとした仕上がりに仄かな甘みが素敵。フォンドヴォー系のソースとも良く合い、下に敷いてあるちぢみほうれん草も美味しくいただきました。大満足。

・アーモンド風味のブランマンジェ、バニラアイス

シンプルですが、デザートも流石。バニラアイスも風味が強くて美味しいです。

最後は美味しい・コーヒーと小菓子で。

ボリュームがあるので前菜2品の¥6,500コースでも満足できそう。 カルトメニューにパスタ、ラザニアなどもあるので通常のお客様も大勢いらっしゃり、ランチタイムは混み合っており賑やか。

サービスもマノアールの方が担当されており安心できますが、お店の雰囲気は本店の方が良いように感じました。せっかく美味しいコース料理なので、少し落ち着いた環境でいただきたいものです。最後は五十嵐シェフにもお見送りいただきありがとうございます。 また本店の方にお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


チーパズカフェ、ユーズ カフェバー|銀座の楽しいコンセプトカフェ/the 293th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、293日目です。本日は銀座のコンセプトカフェを2店ご紹介いたします。本ブログで以前ご紹介させていただいた「ロイヤルクリスタルカフェ」さんなど銀座らしい煌びやかなカフェも良いですが、ユニークなカフェも楽しいです。

まずは銀座7丁目、銀座(中央)通りの3本東側の通り沿いにある「チーパズカフェ」さん。

外観はよくあるカフェ風ですが、中に入ると・・・。


壁面にはミニカーやガンダムなどのフィギュアがびっしりと飾られています!おそらくマニア垂涎の品も色々あることでしょう。


2mほどもあるマジンガーZまで!粗相をするとロケットパンチが飛び出す可能性も。

さらに2階もございます。仮面ライダーやロボコンその他、私の知らないキャラクターのものなどが山盛り。玩具好きにはたまらない空間となっております。

料理は最初にカウンターで注文と支払いを済ませます。パスタやカレーライスなどがありますが本日は・カレーライス ¥550と・コーヒー ¥250をお願いしました。ドリンクは料理と一緒に頼むと半額です!ちなみにカレーも「きもち大盛り」は無料です。

しばらくするとカレーライスが到着。

お味はごく普通なのですが、この値段ですし問題なし。

コーヒーも同様です。

この通りは最近「香月珈琲店」「サトウコーヒー」も出来て隠れカフェストリートとなっていますね。 こちら、しばし童心に帰れる穴場のいいカフェでした。 またガンダムグッズを見にお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いて2件目は銀座2丁目、並木通りの1本東側の通り沿いの「ユーズカフェバー」さん。

こちらも外観はごく普通の喫茶店風ですが煉瓦壁の階段を降り自動ドアが開くと・・・。


いきなり石原裕次郎氏の銅像がお出迎え。世界に一人だけの貴重な銅像だそうです。

壁には裕次郎氏の写真や、関わりのある方のサインなどで埋め尽くされております!

入って左側のスナック風の席が喫煙席、右側の喫茶店風の席が禁煙席となっており、カラオケセットも設置されております。ここで「銀座の恋の物語」なんかデュエットした日には盛り上がること間違いなしです!

本日はランチセットから・ハヤシライス 葉山コロッケ添え ¥1,200 をお願いしました。

まずはシンプルなレタスとコーンの・サラダ。15分ほどで・ハヤシライスが到着です。

食べてみるとけっこう甘口の優しいお味。裕次郎氏の好物だという葉山コロッケもホクホクです。 いたってオーソドックスですが、美味しくいただきました。

最後はカップになみなみと注がれた裕次郎氏のように黒くて熱い・コーヒーで。

喫茶店はやはり雰囲気が大事です。こちらは静かでゆっくりできて良い。 そして何よりこのオリジナリティ溢れる情緒が素敵。もはやエキゾチックです! また裕次郎氏の好物だったというカレーをいただきにお伺いしたいと思います。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


たん焼 松下|限定16食、黒毛和牛ひつまぶし!/the 292th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、292日目です。本日はお肉です。昨年オープンした牛タン専門店「たん焼 松下」さんがランチを始めたと知り早速お伺いしました。

場所は銀座7丁目、ソニー通り沿い、1階にお茶カフェ「林家新兵衛」さんが入っているビル10階です。

シックな落ち着いた店内はコの字型カウンター16席のみ。

ランチメニューは・黒毛和牛ひつまぶし御膳 ¥1,800 のみとなっています。10分ほどで到着!

ひつまぶしの他・サラダ、ヒジキ煮物、湯葉、ほうれん草のお浸し付き。小鉢はどれも小盛りながら、美味しいです。

・黒毛和牛ひつまぶしは、鰻同様まずはそのまま、次に薬味を、最後にお茶漬けでいただきます。

軽く炙った柔らかいお肉には、秘伝の甘い醤油タレがかかっており美味。なかなか感触の良い肉質です。 薬味はゴマ団子にワサビ。 ご飯に乗っているお肉の枚数も多く、さらに中にしっかり焼かれたお肉(牛タン?)も入っており贅沢感有り!

半分ほど食べたところで、・お茶漬けセット お櫃に入ったご飯(茶碗2杯ほど)、出汁、お茶碗を持ってきていただけます。 三つ葉とぶぶあれれ、海苔も入れてお茶漬けに。

熱い出汁をお肉の上からかけると軽く火が通って、少し違った食感を楽しめます。 透明感のある優しいお味の出汁で、それだけでいただいても十分美味しいです。個人的には普通にワサビをお肉に付けていただくのが一番好みでしたでしょうか。

最後にはデザートの・抹茶アイスまで。

ご飯の量が多いこともありお腹いっぱいです。 隠れ家的なお店の雰囲気もあり、充実のランチタイムでした。ディナーでは、わんこそばの牛タンバージョンである「わんこたん」などの名物もあり、夜も面白そうです。

後で知りましたが、ひつまぶしは系列店の六本木「松六家」さんの看板メニューだそうです。ランチには必ず行列ができることでも有名なお店です。「たん焼 松下」さんのランチはカウンターの数と同じ16食限定とのことで予約が確実でしょう。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


銀座おおたに|楽しく優しい隠れ家和食店/the 290th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、290日目です。本日は味のある手書きメニュー表で先日から気になっていた和食店「銀座おおたに」さんにお伺いしました。

場所は銀座3丁目、松屋通り沿いのビルの3階です。一度メニューに鰻重があり、そちらを狙っていたのですが、通りがかると「特厚穴子丼(とにかく厚切りジェイソンと横に記載)」なるものが!早速お伺いいたしました。

3階でエレベーターを降りると左が「竹の庵」、右が「おおたに」さん。ドアを開けると落ち着いた雰囲気の店内。

L字型カウンター8席に奥に個室もあるそうです。気の良い大将が笑顔で迎えてくれて一安心。1月末からランチを再開されたそうです。

ランチメニューは鯛茶 ¥1,500、手打ち蕎麦 ¥1,000などがありますが、本日はお目当ての・特厚穴子丼 ¥1,800 をお願いしました。鯛茶はレギュラー、蕎麦は準レギュラーのようです。

・鯛アラのスープ

いきなりインパクトのある一皿。ちょっと濃いめのスープが寒い日には美味しい。 鯛の身も思ったより沢山入っているのが嬉しいです。

・フグ出汁の茶碗蒸し

中にはフグの皮が散らしてあり、昼からちょっと贅沢気分。

・特厚穴子丼

こちらもインパクト大!中央には穴子の肝が鎮座、そして身の厚いこと。切り身を見せていただきましたが大きい。優に2キロはありそうです。味は若干大味ながらも、骨も綺麗に取られており美味。 ビジュアルの勝利でございます。

鯛、フグ、穴子と耳だけでも大満足できそうな充実のランチでした。 最後の〆が蕎麦か鯛茶か選べる¥3,000からのランチ懐石もお勧めとのことなので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

そんな訳で数日後ランチ懐石 ¥3,000をいただきにお伺いいたしました。

・ゴマ豆富

・鯛のお造り

鯛茶漬けにも使う鯛。普通にワサビ、醤油でも美味しいのですが、鯛茶用のゴマだれに付けても美味。 皮もちゃんと添えられているのが嬉しいですね。

・ナマコの酢の物

そこまでコリコリしておらずソフトな食感。鼻に刺激的な花ワサビと良く合います。 柔らかく調理するため、あえてアオナマコ(神奈川県佐島産)を使っているそうです。

・ふきのとう、鯛のブルーチーズ和え

上に飾られた鮮やかなグリーンな蕗の薹がとても綺麗です。 新鮮なえぐみとブルーチーズの独特の香りの組み合わせが新鮮で美味!

・フグ唐揚げ

・手打ちそば

福井県産の蕎麦を使った二八蕎麦。素晴らしいコシの強さでございました。 途中で蕎麦つゆに先ほどのゴマだれを入れて味変。これもまた良し。

そして蕎麦湯も絶品!

蕎麦の実のある部分を使って一手間加えており、とろみが強く濃厚です。最後はデザートに・イチゴをいただきました。 日本酒が飲みたくなる料理のオンパレードでした。今度は絶対日本酒をお願いしてみます。

しかしこの内容で、この価格は素晴らしい! 料理長の楽しい性質も魅力的です。メニューは日替わりですので、いただきたい料理があれば事前の電話確認をお勧めいたします。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!


銀座815|銀座いわ×ボランジェで鮨ランチ/the 288th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、288日目です。本日は久しぶりのお寿司です。

銀座6丁目コリドー街の近くに、2016年12月オープンした高級シャンパン「BOLLINGER-ボランジェ」とミシュラン1つ星の鮨店「銀座いわ」のコラボレストラン「銀座815」さんがランチをスタートしたので早速お伺いしてみました。

とても鮨店と思えない洋風な外観。

もともとドトールコーヒーのあった場所ですが、入ってみても全く面影なし。高級感溢れる店内です。真昼間ですが、少し夜の香りがいたします。

入ってすぐがウェイティングスペース、続いて個室、奥がL字型のカウンター。

和のテイストを残しつつも非常にスタイリッシュな雰囲気、高級感もありムードも満点。サービスの方の感じがとても良いので、銀座の一般的な鮨店に慣れていない方でもリラックスできそうです。

現在ランチは¥5,400のコース1本。ペアリングコース ¥3,500も惹かれましたが、仕事中でしたので今回は遠慮させていただきました。

・野菜ブイヨンのフラン サワークリームとキャビア添え

上にはフレッシュトマトがたっぷり。爽やかで美味。

お寿司は8貫 + タマゴ + 巻物1本。

・ヤリイカ、ヒラメ、赤身、トロ

シャリは小さめの赤酢のお鮨で、シャンパンやワインとマッチするように工夫されているようです。

・〆サバ、コハダ、煮ハマグリ(写真撮り忘れ)、アナゴ、タマゴ

〆サバの4枚付けは初めてで新鮮でした。アナゴなどのツメも甘みが抑えられており、〆ものにしても非常にすっきり。全体的にクセのない上品なお味です。

・かんぴょう巻き

・オマール海老ビスクの味噌汁 西京味噌仕立て

味噌汁も洋風、中にカリカリの粒(炒ったクミン?教えてもらったのですが失念)が入っていて楽しいです。

・オリーブオイルのジェラート サルディーニャ産エキストラヴァージンオイル風味

こちらも珍しいデザートですが、舌触りも滑らかで美味しくいただきました。

普通のお店ではボトルでしか飲めないものも、各種グラスで用意されているそう。 食事だけでもよいのですが、やはりシャンパーニュなどのお酒と一緒に楽しまなければ真価は発揮されないのでしょう。

サービスもスマートですし、そういった種類のお酒が好きな方には、とても喜ばれそうです。 色々試行錯誤されているようなので、今後の展開にも期待が膨らみます。

ちなみに不思議な数字の店名はBOLLINGERの「B」を8、IWAの「I」を1、STILLFOODS(経営元)の「S」を5に見立てたものだそうです。また飲める状態でお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“銀座815”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。