玉ゐさん-穴子料理の名店が銀座にオープン/the 203th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、203日目は穴子。日本橋のミシュランガイドにも掲載の穴子料理の名店”玉ゐ”さんの銀座店が今月オープンしました!

場所は銀座6丁目、外堀通り沿い、”交詢ビル”の4階。バーニーズニューヨークさんが1階に入っている大きい建物です。
tama6

な、なんと、、、9月6日までオープン記念として料理が全品半額!

行列必至開店ですのでお気をつけください。開店前に並ぶか、夜が狙い目かもしれませんね。本日は11時半の10分前に到着。行列に並び何とか1巡目で入店できました。 せっかくの半額ですので、アナゴ重の他にもお願いしてみました。

 “あなご、野菜天” ¥1,500→¥750
tama1
お野菜はナス、オクラ、みょうが、獅子唐。 しかしやっぱりアナゴが美味しい。あの独特の匂いもあまり感じません。 厚めでサクッとした衣に、フワッとした柔らかい穴子のコントラストが絶妙!

続いてメインのこちら。

“至極の箱めし「いかだ」” ¥2,750→¥1,375
tama2
中ぶりの穴子を3匹乗せた銀座店限定メニュー。他の穴子重ですとふっくら煮上げ、香ばし焼き上げと仕上げ方が2種類選べるのですが、こちらは仕上げ方は選べず、煮上げてからの蒲焼きです。

タレはかなり甘め、さっぱりとした穴子と良く合っております。 身はトロッと柔らかく、骨は一切気になりません。美味!ゴマ、ワサビ、ネギ、山椒など薬味は色々ありますが、おろした青柚子が爽やかで好みです。

“あなごの出汁” ¥200→¥100をかけて最後は穴子茶漬けで楽しめます。
tama5
自分のタイミングでお願いすると、熱々を持ってきてもらえます。ここで薬味が大活躍。ゴマ、ワサビ、ネギを一気に投入!よい眺めとなりました。穴子の骨を焼いたという香り高い出汁と、甘いタレが良い塩梅にミックスされ美味しいのです。最後、具はなくなりましたが、出汁だけでも美味しくいただきました。

さっぱりしたアナゴ、もう1匹は全然食べられますね。9月6日までにもう1回チャレンジも有りです。銀座4丁目に姉妹店の”銀座ひらい”さんもございますので、こちらもどうぞ。 ごちそうさまでした!

“玉ゐ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


ビストロ ギンサイさん-けっこう優秀、平日サラダランチ/the 202th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、202日目はイタリアン、”ビストロ ギンサイ”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、外堀通り沿い、”光ビル”の地下1階。トリプルのすぐ近くです。
ginsai8
1階が酒屋さん、隣のカラオケルーム歌広場がわかりやすい目印です。店内は照明暗めで、カジュアルシックな雰囲気、オープンキッチンとなっております。一人用のテーブル席もいくつかあり安心です。

平日ランチは800円からありますが、サラダ付きの”1,000円ランチコース” ¥1,000をお願いしました。

前菜 “青豆の冷製スープ、キノコのアーリオオーリオ、アボカドディップ、白身魚のエスカベッシュ”
ginsai1

“農家サラダ”
ginsai2
何とこちらはお代わり無料です!レタス、水菜、大根、海藻、ちりめんじゃこのシンプルサラダですが、嬉しいものです。 食べ終わる頃に「お代わりいかがですか?」と声を掛けていただき、もちろんいただきました。

2回目はノンドレッシングで。
ginsai5
3回目もいきたかったのですが、流石に遠慮いたしました。

メインは4種類から選べます。カレーがあれば、それにしようと思ったのですが残念ながら本日はハヤシライス。というわけで、パスタをお願いしました。大盛り無料のようですが、普通盛りで。

“フレッシュトマトと甘長とうがらしと山えのきのパスタ”
ginsai3ginsai4
見た目は上品なボリュームですが、お皿が深いため、けっこうなパスタ量!少なめでもよいくらいでした。やや柔らかめな茹で加減、こちらもシンプルなお味で。

さらにデザートは”ティラミス”、最後は美味しい”コーヒー”で。
ginsai6ginsai7
イタリアンのプチコース、1,000円ランチとしては、かなり優秀だと思います。ごちそうさまでした!

店内はほぼ満席でしたが、私以外、全員女性(女性率97%)という賑やかさ。野菜は女性引力ありますね。 男性スタッフの方が感じ良く(男一匹だったので気遣っていただいた?)、お忙しい中お見送りまでしてくれました。 また機会があればお伺いいたします。

“ビストロ ギンサイ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


スリオラさん-モダンスパニュッシュの名店/the 200th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、200日目は、初のスペイン料理。ミシュラン2つ星、麻布十番の人気スペイン料理店が銀座に移転したとのことで、早速お伺いしてみました。

場所は銀座6丁目、1階にバーニーズ ニューヨークさんが入っている“交詢ビル”の4階でございます。
zur12
7丁目に移転した”レストラン よねむら”さんがあった場所で、店内もほぼそのまま使用されているようです。 赤い椅子が黒い椅子に変更されており、よりシックな雰囲気。オープンキッチンの前の、奥行きの広いL字型カウンターもそのまま。このカウンターすごく好きです。席間はゆとりを持ってとられております。

ランチメニューは¥4,800、¥6,800の2コース。3つのメイン料理から何品選ぶかで値段が変わります。本日はメイン料理2品の”¥6,800(w/o tax, サ別10%)のコース”をお願いしました。

“米粉チップ、クラッカー”
zur1
料理の前の一口。オリーブオイルがたっぷり入ったクラッカーが美味。

パンはフォカッチャのようなタイプでお代わり自由。
zur3
オリーブオイルを練りこんでいるため、そのままでも美味しいです。

“パン コン トマテとシマエビ”
zur2
トマトを染み込ませたパン コン トマテ。 外側にカリッとしたパンを巻いており食感が楽しめます。

“アホ ブランコとレアに焼きあげたホタテ”
zur4
目の前でアーモンドベースの冷製スープを掛けて仕上げていただきます。 にんにく(=アホ ブランコ)が仄かに香り、甘酸っぱく暑い時期にぴったりの一品。マスカットとも合うんですね。

“白イカのブランチャとココナッツのボンボン”
zur5
食感がもの足りないため中には歯ごたえの良いサラダが仕込んであります。ボンボンを割ると中から溢れ出るココナッツミルクを、イカと絡めていただきます。少々エスニックな雰囲気もいたしますね。イカスミを浮かべた、イカの身とワタを使ったソースは豊潤な香りで美味。

“イトヨリのブランチャ サフランライスのソース”
zur6
付け合せは小タマネギとアーティチョーク。見た目も美しいお料理です。透明感のある白に、赤い部分がうっすら残る美しい火の入れ方。イトヨリは身が薄く火が通りやすいため、重ねて焼いているそうです。 スペインらしいソースも面白い。

“イベリコ豚ロースのアサード 揚げナスのトマトジュレ寄せ”
zur7
付け合せはジロール茸(アンズタケ)のオイル煮。 豚は歯ごたえはしっかりあるが、不思議と柔らかく美味!そして思ったよりさっぱりとしておりました。キルシュとシェリー酒を使った甘味のあるソースとお肉の相性は抜群でした。

ここでメニューには乗っていないが余裕があるなら是非お米料理をとのアナウンス。 もちろん通常ポーションでいただきます。

“豚足と椎茸のアロス メロッソ”
zur8
米から出るデンプン質を利用して作るお粥風な料理です。 スペインの三大米料理の1つだそうです(他パエリア、アロス カルドソ)。食材から出る出汁が効いていおり美味! おそらくスペイン産だと思われる大きい松の実も良いアクセントに。

“オレンジ・チョコレート・コーヒー”
zur9
上には食感の良いカカオニブ、中には冷凍オレンジ、チョコレートアイス。 こちらも意外とさっぱり食べられます。

“小菓子”
zur10
ライムエキスの入ったボンボンショコラ、チュロス、ホワイトチョコ、ラードを使ったスペインのお菓子4種。小さいですが1つ1つ手が込んでおります。

最後は美味しい”コーヒー”で。ごちそうさまでした!
zur11
料理の提供はゆっくりめで丁度2時間でした。ボリュームがかなり多いため、これくらいのゆとりは必要でしょう。しかしこの内容で¥6,800とは・・・相当お得感がありますね。

味はスペイン料理らしく味付けはしっかりしていましたが、後味は非常に良かったです。 感度も高く、メリハリもあり飽きさせないコース料理。 モダンフレンチとも確かに違う初体験のモダンスパニッシュ、新鮮でした!

銀座にまた魅力的なお店ができて嬉しく思います。 本多シェフに話を聞けて、仕事も垣間見れるカウンター席がお勧めですね。 スペイン料理、ちょっとはまりそうです。またお伺いいたします。

“スリオラ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


レストラン・ピウさん-実力派イタリアン/the 199th day

2018年3月追記)約2年半ぶりのお伺い。本日はディナーで一番人気の・コース ピウ ¥8,200(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・有機にんじんのポタージュ ライムリーフの香り、ニョッキのフリット カシスマスタード

まだ夜は冷えますので、温かい前菜は嬉しいです。スパイスがかなり効いており、体の中が温まります。

・ズワイガニとメジマグロ アボカドのタルタル、ハーブとエディブルフラワーのサラダ仕立て

柚子胡椒とラズベリーのヴィネグレットソース、カラスミ、いぶりがっこ!?の組み合わせがユニークです。ポリポリ食感で香りも良いいぶりがっこの主張、強し。

・黒ムツのカダイフ包み焼き、ホタルイカのバーニャカウダソース

照明暗めでロウソクの光に照らされるテーブル席、呪術的な香りのする盛り付けが絶妙。ホタルイカが船を襲撃するクラーケンにも見えてきます。 味はといえば非常に美味!柔らかで甘みのある黒ムツとカリカリのカダイフ、絶品スイーツっぽい印象をアスパラの苦味、ホタルイカとソースが引き締めます。味も見た目も大変面白い一皿でした。

・イチゴと生ハムのバジルソース 冷製フェデリーニ

フルーツパスタは初めていただきます。バジルとイチゴの相性良しです。

・三色のアニョロッティーニ 春野菜のスープ仕立て

緑/仔牛とポルチーニ 白/ウサギと香味野菜 赤/タレッジョとプロシュートコット イタリアカラーの三色パスタはスペシャリテ。前回いただいたラビオリもそうですが、包む系は絶品。小さなお皿に様々な世界が凝縮しています。春香る軽やかなコンソメスープはどの色のアニョロッティとも相性が良い。小さいですがコク深く、ちゃんとウサギ味の白、ポルチーニ香る緑が好みでした。

・仔鴨フィレ肉の山椒ロースト 春トリュフを散らして

小鴨のフィレ肉はクセが全くなく非常に食べやすい。個人的には肉自体にもう少しニュアンスがあったほうが好みですが、その分、トリュフと12年熟成バルサミコと山椒のソースは絶妙。下には和風出汁で煮込んだ輪切りの大根、それはおでんです!

・抹茶風味のマスカルポーネムース

最後は美味しいデザートで。やっぱりイチゴはデザートが良いですね。

本日も雰囲気の良い空間で、リーズナブルで美味しい料理を満喫させていただきました。前回お伺いより随分和風さが増しており、素材の組み合わせが楽しい。日が過ぎるほどに完成度が増しそうで今後に期待もふくらみます。ランチに1名予約可能なことも確認したので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2015年8月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、199日目。本日は今年5月7日にオープンしたイタリアン”レストラン・ピウ”さんにお伺いしました。

お店の場所は銀座4丁目、昭和通り近くの新しいビル「HOLON-GINZA」の8階。
cuc11
フレンチの「イシダ」さんの新店が入っているなど、今後面白くなりそうな隠れ家感の強い建物です。 目立つ看板などはありませんので、お気を付けください。

cuc12
店内は決して広くはありませんが、シックで落ち着いた雰囲気です。8階ですので、窓からは京橋まで続く通りがずっと見下ろせます。

ランチは今のところ、完全予約制で確か¥2,600のパスタコース、¥3,980のメインディッシュ(3種類から1種選択)の付いたコースの2種類。本日は¥3,980(w/o tax)のコースをお願いしました。最初に言ってしまいますが、かなり素晴らしい内容でした!

前菜 “真鯛のカルピオーネ、人参とレモングラスの冷製スープ”
cuc1
真鯛のは欧風南蛮漬け?のようなもの。サフランが軽く効いております。 スープも美味。良いスタートです。

パン “ブラックオリーブパン、セサミパン”
cuc2
とても美味しいパンでした。カリッとした食感が好み。 イタリアから空輸しているそうです。

前菜 “タコとウイキョウのマリネ”
cuc3
この時期のタコもなかなか美味。 宮崎県産のマンゴーが違和感なくマッチしており、柚子胡椒のソースでまとめた夏らしい一皿。

パスタ “ウナギのラヴィオリ 山椒・セージ・バターソース”
cuc4
土用の丑の日に食べ損ねたので嬉しい。そして美味しすぎ! イカスミを練りこんだ黒いラヴィオリの中にはウナギ、肝、リコッタチーズ。ソースとともにサッパリとしており、いくらでも食べれそうです。新佛シェフのセンスが光る逸品でした。

パスタ “赤牛とサマーボルチーニのキタッラ”
cuc5
キタッラは断面が四角いやや太めのパスタ。ミモレットチーズが散らせてあります。 濃密なソースが良く絡み、しっかりとしたコシでうっとりとする噛みごたえです。サマーボルチーニ、とても美味しかったです。

メイン “マンガリッツァ豚のビステッカ ヴィンコットとイチジクのソース”
cuc6cuc7
ハンガリーの食べられる国宝、マンガリッツァ豚。こんなところで出会えるとは! 以前オーストリア料理の”ハプスブルク・ファイルヒェン”さんでいただき、大変美味しかった記憶があります。

豚ですが、牛のような霜降り具合で柔らかくジューシー。 脂がけっこう多いのですが、口に入れると瞬時に溶けます。驚くほどさっぱりとしており後味が良い。 お肉を引き立てるナチュラルなソースも良く、やはり絶品でした!

付け合せは十穀米とジロール茸の焼きリゾットとヤングコーンでした。この形のヤングコーンは初めて。表面はこんがり、裏は生っぽい感じで面白美味です。

デザート “ラズベリーのジェラート、抹茶のパンナコッタ”
cuc8
こちらも丁寧に作られており、優しいお味でした。

最後は美味しい”エスプレッソ”で。
cuc9
たまたまでてきたものも好物ばかり。それを抜きにしても大満足!ごちそうさまでした!

「レストラン・ピウ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。