銀座 みやちくさん-宮崎牛120g/the 137th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、137日目です。本日は当店の周りに何故か多いような気がする鉄板焼きです。宮崎牛が食べられるお店“みやちく”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目中央通りの1本西側、不二家銀座ビルの3階でございます。
miy12
1階はマカロンが有名なダロワイヨさんでございます。

平日ランチはハンバーグ定食¥1,500などもありますが、本日は“宮崎牛ヒレ鉄板焼きコース”¥8,400をオーダーいたしました。

“前菜盛り合わせ”
miy3
稚鮎のコンフィ、白イカのソテー、宮崎牛のローストビーフ、フレッシュトマトのムース、宮崎牛のハンバーグの5品。オリーブのソースを付けていただく旬のイカが美味しい。レーズン入りのまろやかハンバーグも良いです。

“とうもろこしの冷製スープ”
miy4
砂糖は入っていませんが、とてもスイート。さらっとしていて爽快。夏、これからの鉄板焼きのために最適な一品です。

“宮崎牛ヒレ120g”
miy2
奇麗なお肉でございます。紙には、こちらの牛を育てた方が記載してあります。

焼きます。野菜はタマネギ、小松菜、カボチャです。
miy5

“宮崎牛鉄板焼き”
miy6miy7
宮崎県日南市で作られるブルーベリー塩、わさび、柚子胡椒などでいただきます。お肉自体にしっかりお味がありますので、何にも付けなくても美味しいんです。あっさりしおり、柔らか。120gでも食べ応えがございます。

“冷や汁”
miy9
宮崎県の郷土料理のコチラ。夏にはぴったりの冷たいお味噌汁のようなもの。大葉とミョウガが効いております。体にも良さそう。

“デザート”
miy10
マスクメロン、完熟マンゴー、ゴールデンキュウイ、巨峰、アイス。そして先ほどお肉の下に敷かれ肉汁をたくさん吸ったパンをカリカリにトーストしてくれます。こちらがなかなか絶品。そして宮崎慣熟マンゴーは流石。ごちそうさまでした。

最後は美味しいコーヒーで。
miy11

高級感のある半個室は基本的に相席になります。完全個室もあるそうです。
miy1
銀座みやちくの経営は“株式会社みやちく”でなく不二家さんだそうですね。なるほどです。ちなみに水曜日はレディースデー、月曜日はメンズデーということで20%オフ!お得です。水曜日は常に女性のお客様のご予約でいっぱいだそうです。

“銀座 みやちく”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


鰻菜詩さん-蒲&白焼を同時に/the 133th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、133日目です。本日は暑い季節に食べたくなる“鰻”です。“鰻菜詩-うなしー”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、銀座テーラービルの地下1階でございます。
una7
並木通り沿い、三笠会館さんのお隣のビルでございます。

うな重を注文しましたが、提供されるまでコチラでつなぎます。

“鰻の骨せんべい” ¥520
una2
定番の骨せんべい。お好みでレモンをかけて頂きます。カリカリとした歯ごたえは気持ちよいです。塩気が効いております。

“炭火 鰻肝焼串” ¥720
una3
臭み、えぐみが全くなく、とてもあっさりとした肝焼きです。続いてメイン。

“鰻菜詩重” ¥3,500
una4
浜名湖産鰻の白焼きと蒲焼きを同時に味わえる自慢のメニューのようです。何だか贅沢な気分です。白焼きはもちろん、蒲焼きも、さっぱりとした淡白な味つけです。美味しいです。

una5
肝吸い、お新香、グレープフルーツ付きでございます。ごちそうさまでした!

鰻屋っぽくない店内。左側はガラス張りのオープンキッチン。地下2階には個室もございます。6月27日で開店して丁度2年だそうです。おめでとうございます。
una1

“鰻菜詩”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
una6


鳥ぎん 本店さん-釜飯焼鳥 素敵なセット/the 132th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、132日目です。本日は“鶏”です。銀座のお隣の築地は魚介類だけに目が行きがちですが、実は鶏も美味しいのです。築地の卵焼きは有名ですよね。というわけで、銀座も鶏料理屋さんが沢山ございます。

昭和28年創業の老舗“鳥ぎん”さんにお伺いしました。場所は銀座5丁目西五番街(ショコラストリート)付近の路地にございます。
tori5
ピエールマルコリーニさんとタルボットさんの間を入ります。

ニューギンザビル6号館の地下1階。
tori4
向かいには姉妹店?の“ニュー鳥ぎん”さんがございます。

本日はこちらを注文しました。

“とり丼” ¥750
tori1
塩気がやや強めの昆布の佃煮が乗っております。醤油ベースのタレで品の良い鶏肉の淡白さを生かした味付けです。佃煮が良いアクセントになります。

tori2
お新香、きんぴらごぼう、鳥スープ付き。スープが美味しいです!

食べ終わり、周りを見てみると釜飯を召し上がっている方がほとんど。とり丼まっしぐらで訪問したのですが、釜飯が名物でした。というわけで次の日お伺いしました。

平日の2時まで注文できるサービスランチ“釜めし焼鳥セット”を注文しました。好きな釜飯にプラス¥440で焼とり3本が付きます。

カウンターに座ると料理人さんが隙のない手付きで鳥を焼いていく身のこなしを楽しめます。炭は和歌山紀州産備長炭を使用しているそうです。
tori7

“焼鳥、ねきま焼、はさみ焼” ¥440
tori6
定番の3種類のセットです。老舗らしい、これぞ焼鳥というお味。美味しいです。周りを見回すとビール、日本酒で楽しんでいる方多数。羨ましいです。

15分ほどで釜めしが提供されます。
tori8

“貝柱釜めし” ¥990
tori9
開けた瞬間、海の香りが広がります。貝柱好きにはたまらない非常にあっさりとした清廉なお味。美味しいです。1つ残念だったのは、薄味なせいかお焦げができなかったことでしょうか。美味しかったです!ごちそうさまでした。

通しで営業していることもあり、いつも賑わっております。
tori3

“鳥ぎん”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


はるかなるカレー 野菜たっぷりヘルシーカレー/the 129th day

2016年3月追記)銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、129日目です。本日はカレーです。お伺いしたのは“はるかなるカレー”さんです。以前は路地裏のビル地下1階でしたが、現在泰明通りのウエストビル2階に移転しています。
haru7
お酒を飲みすぎた翌朝など、体しんどい時によく頭に思い浮かぶユニークなカレーを食べさせてくれます。

haru6
ビルに入ったところにエンジ色のエレベータがあるのですが、なんと2階はスルー!止まりません。お気をつけください。 薄暗い階段を上がると、また小さな看板。長い廊下を渡った先にお店の光を発見。スナックの居抜きで、カウンター6〜7席のみのタイトな店内。女性お一人で切り盛りされています。

ドリンクはペットボトルの烏龍茶をセルフで飲み放題。 狭い空間だけに知らないお客様同士でメニューやペット茶を回したりなどして、お喋りが弾むのもよい雰囲気なのです。 基本的にメニューは”はるかなるカレー”の1種類のみ。トッピングを追加することができます。

本日は”はるかなるカレー” ¥1,000 “野菜倍量” +¥500 をお願いしました。 野菜を焼いたりしますので、少々お時間がかかります。

こちらのカレーは見た目も特徴的。
haru1
大山どり、輪切りの大根とレンコンとサツマイモ、タラの芽、ほうれん草ソテー、新潟名物の打ち豆(青大豆を潰して乾燥させてもの)、レタス、水菜、オリーブがたっぷり乗っており野菜が主役のカレーです。

倍量の野菜に埋もれてカレーはあまり見えませんがスープカレー風で、玉ねぎのみじん切りがたっぷり入っているのがわかります。
haru2
15種の香辛料が入っておりスパイシーですが、野菜の甘みが引き立つ繊細な軽味でやっぱり美味!小麦粉、バターは不使用の本当に体に負担をかけない栄養満点の優しいお味で、お酒をしこたま飲みすぎた次の日のランチにも最適! 女性のお客様が多いのも納得です。

お米も新潟県長岡産のコシヒカリ玄米(大盛り、お代わり無料)を使用しているため、腹持ちもよく、通常サイズでも十分満足できるボリュームかと思いますよ。

デザートは”レッドグローブ”
haru3
食後に美味しい”コーヒー” ¥300をいただきました。 飲みなれたネスプレッソですが、場所やカップでお味も変わるものです。 移転前は間借りしたいたため、昼のみでしたが、現在は夜も営業しております。 カレーを出す店が数多くある銀座の中でもオリジナリティを感じ、元気が出る。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

営業時間が不規則ですので、行かれる際はFACEBOOKページでチェックがお勧めです。

以下2014年5月記載

稲庭うどんの“佐藤養助”さんの向かいの路地を入ってすぐ左手です。営業している場合は、立て看板が置いてあります。ちなみに右側の行列はつけ麺の“朧月”さんです。
haru7

場所は銀座6丁目、泰明ビル本館の地下1階です。やは入りづらいですが、思い切って前に進みましょう。
haru6 

まずは玄米茶で。水ではないのが嬉しいです。
haru1

メニューは1種類のみ。こちらです。

“はるかなるカレー” ¥1,000
haru3haru4
具沢山です。大山どりを中心に、ふき、ごぼう、パプリカ、オリーブ、ジャガイモなどなど。お米は新潟産のコシヒカリ玄米です。スパイシーですが、透明感のあるカレーでございます。小麦粉、バターも使用していないということで、本当に体に負担をかけない優しいカレーです。

“パイナップル”
haru5
お口直しにさっぱりと。ごちそうさまでした。

ユリの良い香りが漂よう店内。夜はバーになるようです。奥にピアノも見えます。
haru2
お一人でも安心です。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


哥利歐さん-ステーキの最高峰/the 128th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、128日目です。本日はテンションの上がるステーキです。お伺いしたのはステーキの有名店“哥利歐-ごりお”さんです。

場所は銀座8丁目、東銀座、築地よりの場所、永井ビルの1階です。
go7

 アフタヌーンランチコースは¥20,000(サ別10%)の1種類のみです。

“コーンスープ”
gor2
サラリとしたスープで、底にはギッシリとコーンが沈んでおります。

“スモークサーモンのサラダ”
gor3
名物の自家製スモークサーモンを使用したサラダです。スモークサーモンを目当てにいらっしゃる方も多いのだとか。今まで食べた薫製の中でもトップクラスの上品かつ濃厚な香り。薫製品にありがちな、わざとらしい主張が全くございません。

“炉焼温パン”
gor4
外はカリカリ、中はすごくふっくら。ほんのりとした甘み。パンだけで美味しくいただけます。

“但馬三田牛 炭焼サーロインステーキ”
gor5gor6
哲学・美学を感じるステーキです。但馬牛の中でも最高級の三田(さんだ)牛、その中からさらに厳選。味付けは塩、胡椒のみ。炉窯に紀州備長炭で直火を起こし、丁寧に焼き上げられております。焼き方は10段階から選択。今回はおまかせでミディアムレアよりややレア程度。天気や人物(年齢、性別、出身地など)により焼き方を微妙に調整しているそう。まさに職人技です。外はしっかりした焦げ目が付いておりますが、中は奇麗なピンク色。美しいです。

お肉が2つに分かれているように見えますが、サーロインの中で筋肉の種類が少し異なるということ。右下の部分は油がなく、濃厚な旨味と適度な甘さで、これぞサーロインというお味。左から上にかけての部分は、さらに甘みが強くジューシー。2つの味を楽しめます。ランチカットは通常の3/4ですが、十分なボリュームと満足感。グラムで言えば、だいたい300gくらいだそうです。ごちそうさまでした。

店内は重厚感があり、音楽も無し。1階はテーブル3卓のみ。落ち着いております。“哥利歐-ごりお”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
go8