ラ・ベットラ・ダ・オチアイ|日本一予約が取れないレストラン!?/the 340th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」340日目です。本日は銀座で最も有名なイタリアンレストランの1つ「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」さんにお伺いしました。

場所は銀座1丁目、新富町寄り、京橋公園のすぐそばです。

以前は「日本一予約が取れないレストラン」と言われていましたが、現在はやや落ち着いております。1週間ほど前にランチを予約してお伺いしました。お店はカジュアルな食堂的雰囲気、席間かなり狭目です。

ランチは¥1,200からありますが、本日は前菜、パスタ、メインが選べる・Pranzo C ¥2,800(w/o tax)をお願いしました。選べる料理の種類が多くて迷います。

・前菜盛り合わせ

カポナータ、ブロッコリーのアーリオオーリオ、フリッタータ、サーモン、鶏もも肉、木の子ソテー、リコッタチーズ、生ハム どれも安定感のある美味しさ。

・フォカッチャ

ほの温かくてふわふわ。

・ズワイガニと九条ネギのからすみスパゲティ

思ったよりポーションは少なめ。からすみの塩気が効いています。ネギのシャキシャキ食感とズワイガニのお出汁が良い感じ。

・仔羊の香草グリル

こちらはしっかりボリューム有り! ほんのり香草の香り、クセが全くなく柔らかで、とても美味しいお肉でした。 最後は手に持って骨の隅までかぶり付き。付け合わせの芋もホクホクで美味しいです。

せっかくなのでデザートもオーダー。

・カスタードプリン ¥450

こちらも嬉しいたっぷり感。味、質感ともにベーシックで懐かしさを感じるプリンですが、卵の味もしっかりして甘さのバランス良く上質感有り。理想的プリン、一番人気も納得の美味しさです!

最後は美味しい・コーヒー ¥350 でゆっくりと。

選ぶのに迷う豊富な料理のバリエーション、リーズナブルな価格など人気があるのも納得です。 平日でしたので、予約無しの方でも普通に入店されていましたが、こちらを目指して行くなら予約が確実ですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


イヴォワール|温かみも心地よい仔羊系ビストロ/the 326th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」326日目です。本日は昨年11月にオープンしたビストロ「イヴォワール」さんにお伺いしました。「十勝産の仔羊を一頭買い」というキャッチコピー、羊好きには非常に気になるお店です。 

場所は銀座6丁目、数寄屋通り沿い、トニービルの3階です。

1階に「加藤牛肉店」、2階の日本酒バー「庫裏」が入っています。一体どんなお店なのかとドキドキしながら細い階段を上がる可愛い青いドアが現れホッといたします。

店内はさらにホッとする温かみのある空間。

右側が4人掛けのテーブル席3卓、左側がオープンキッチンと4席のカウンター。壁は店名と同じアイボリー、アンティークの家具、オリジナルの照明、小物にいたるまで統一感があり、とても落ち着く雰囲気。シェフとサービス担当の方、フレッシュで爽やかなお二人で切り盛りされています。

カルトでも頼めるのですが、本日は・おまかせコース ¥5,500(w/o tax)を予約時にお願いいたしました。まずはコチラから。

・日向灘産 カンパチの軽い燻製カルパッチョ 柚子胡椒のヴィネグレットソース

軽くというネーミング通り、燻製香はあまり無し。さっぱりした白身魚にはこれくらいがベスト。ほんのり甘みが良いですね。

・豚の頬、舌、首のジュレ寄せ グリビッシュソース

美味しいです。特にクセもなく、綺麗な仕上がり。 食感も素敵で、ワインが進むお味です。

・アユのコンフィ 焦がしバターソース

卵がたっぷり入った子持ちアユ〜。卵をご飯に乗せて食べたくなります。 この時期になると流石にアユの醍醐味はありませんが、淡麗で美味しい魚、顔から尻尾まで全ていただけます。付け合わせのキュウリの叩き、ニンニクも良し。

・十勝産仔羊 鞍下肉のロティ 香草風味 グリーンペッパーソース

こちらはビジュアルからして間違いなし! 食べる前から美味しいです。 鞍の下の背中のお肉は、しっとり柔らかな素敵なお肉。火の入れ方も抜群です。クセのない上質なお肉にはシンプルな調理法がぴったり。

厚みもあって食べ応えも十分です。
付け合わせの食感の良いコーン、マッシュルーム、ニンニクも家庭的で良いムード。 羊好きも大満足の美味しさでした!

最後はこんがり滑らか・クレームブリュレ

ハンドドリップでいれていただく美味しい・コーヒーで。

ドリンクは以下をいただきました。
・白)ヴァンサン リカール/ル プチオ 2015 ¥850
・赤)エステザルグ/コトー デュ ポン デュ ガール キュヴェ デ ガレ 2016 ¥750

家庭的で温かみがありながらも、優しい味付け技術の高さを感じられるコースで、特に肉料理の2皿が印象的でした。お値段も良心的で、雰囲気も良好、銀座で普段使いできる優良ビストロ。 他の羊料理もいただきに、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「イヴォワール」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。ウェブサイトもお洒落です!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


ビストロ マルクス|銀座プレイス 話題のレストラン/the 268th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”268日目です。9月24日に三越前の銀座4丁目交差点に”銀座プレイス”がオープンしました。
marx7
FRETWORK(透かし彫り)をモチーフにした外観が特徴的です。

1、2階には日産のショールーム、上層にはソニーのショールームやレストランが入った複合商業施設です。本日は銀座プレイスの7階にオープンした”ビストロマルクス”さんにお伺いしました。パリでミシュラン2つ星のティエリー・マルクス シェフが手がけるビストロ&レストランです。

オープンキッチンのカジュアルな店内、昼間は大きな窓から陽光が沢山入り、明るく気持ちの良い空間。バーカウンター、見晴らしの良いテラス席も気持ちが良さそうです。

単品メニューのマルクスバーガー(¥3,000オーバー!)、フレンチトーストなどが人気のようですが、本日は”ランチコース” ¥3,800(w/o tax, サ別10%)をお願いしました。

“ブリオッシュ”
marx1
自慢のパンだけありバターの風味豊か、食感も良く美味しい。ちなみにテイクアウト可能なこちらのブリオッシュは¥1,500で販売しております。

前菜は帆立マリネ、スープの2種類から選択。

“栗のスープ”
marx2
円やかで優しい甘みで、とても丁寧に作られた印象です。

メインは鯛、豚、仔羊の3種類から選択。

“仔羊のナヴァラン”
marx3
トマト、香味野菜、焼いた仔羊の骨などで5時間煮込まれているそう。 お肉はフォークで少し触れると簡単にほぐれるほど柔らかく、羊の旨味もたっぷり感じられます。

marx4
野菜は白インゲン、ネギ、大根。下にはソースを浸したカンパーニュ。 とろみのあるソースは、とてもさっぱりとしていて野菜の甘みが美味しい。最後はブリオッシュに付けて残さずいただきました。

デザート “レモンとメレンゲのムース”
marx5
手前のまったりしたムースがとっても美味しい。 緑のはバジルのソースでした。

そして最後は美味しい”コーヒー”で。
marx6

料理は美味しいのですが、サービス料などもプラスされるためビストロ的お手軽感はあまりありません。。。 12時前には満席となっており、すごい人気です!来店される場合は平日でも予約が確実でしょう。ごちそうさまでした!

“ビストロマルクス”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
marx8


タヴェルナ グスタヴィーノ|満足度の高いスペシャルランチ/the 250th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”250日目です。本日はイタリアン、”タヴェルナ グスタヴィーノ”さんにお伺いしました。

場所は銀座1丁目、並木通りの1本東側の通り沿い。
gust10
スーツ専門店「グローバルスタイル銀座」さんの地下1階。本日2度目の訪問です。

お店はオレンジ色の壁面に階段を降りた地下1階。
gust9
レンガと木を沢山使用した温かみのある店内は、ゆったりとしたL時型カウンター8席とテーブル6卓。外にも1卓置いてあり、そこでも食事が出来るようです。

キノコ好きなので”サマーポルチーニのタリアテッレ” ¥2,800もかなり惹かれましたが、本日は”スペシャルランチ” ¥3,800をお願いしました。

しかし、こちらのお店の雰囲気は抜群です。最初にスタッフの方とちょっとしたやり取りがあったのですが、それが無かったら、一番リーズナブルな¥1,000のランチを選んでいたでしょう。人の心を掴むのがお上手です。

まずは見るからに新鮮で元気な野菜を使った”サラダ”、温かい”自家製パン”。
gust2 gust3

“パルマ産2年熟成生ハム”
gust1
タジン鍋のような変わった器で登場。 こちらはフランスはリモージュ磁器のトップブランド「ベルナルド」の生ハム専用皿。中にはロウソクが入っており、脂の部分が程よく温められることにより、より美味しく食べられるというスペシャルでアーティスティックな器です。こだわりを感じる一皿。普通に食べるのと比べてみたいですね。

“北海道産塩水生ウニのアーリオオーリオ”
gust4
ウニの使い方が上品でお上手。パスタとの一体感が素晴らしい! パスタはナポリ ファエッラ社のベルミチェッリ。スパゲッティの原型と言われる直径2.0mmの太麺です。

パワフルな食感がとても楽しく、それ自体に旨味があるので、ウニとトマトでシンプルに。過剰な味付けは必要ないのでしょうね。ソースはパンに付けて名残なく完食。 とても美味しくいただきました!

“仔羊の藁焼きのロースト”
gust5
イタリア北部ピェモンテ州の”リストランテ・フリッポー”の名物料理というコチラ。 ココット皿で蒸し焼きにしていますので、日本の藁焼きとは趣向が異なります。

gust6
骨つきの肉々しい見た目。かなり脂が乗っているのですが、思ったよりさっぱりなのは藁効果? なんとなく夜を感じさせ、ぜひワインと共に楽しんでみたい料理です。付け合せはヤングコーンとジャがイモでした。

“チョコレートのテリーヌ、バニラアイス”
gust8
チョコの間には酸味が心地よく、甘みを引き締めるパッションフルーツ。 盛り付けも綺麗なデザートでした。

最後はすっきりとした”アメリカーノ”で。
gust7
初めて見るお皿や料理が沢山あり、満足感の高いランチは、パスタが最も印象的でした。家で作っても美味しいパスタ、「普通に美味しい」を超えてくるお店は少ないと思っているのですが、コチラのウニパスタは余裕で超えてきましたね。

12時15分頃には満席に。料理の説明も丁寧で感じよく、人気があるのも納得です。 “サマーポルチーニのパスタ”も気になりますし、夜は違った楽しさがあるでしょうから、またお伺いしたいと思います。 ごちそうさまでした!

“タヴェルナ グスタヴィーノ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。