千客万来 芝濱さん-鯛が食べたい時には鯛づくし/the 84th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、84日目です。本日は先週に続きまして和食です。

ほぼ新橋、銀座8丁目にある”千客万来 芝濱”さんにお伺いしました。三井ガーデンホテル銀座プレミアの後ろの正面、峯田ビル地下1階でございます。

千客万来 芝濱

“穴子おざぶ丼”を目当てに来店したのですが、こちらは予約が必要とのこと。残念。なかなか良い江戸前穴子が手に入らないそうです。気を取り直して、”芝濱”さんお勧め”天然鯛づくし膳”¥1,800を注文いたしました。

“鯛刺身”
千客万来 芝濱
本日の鯛は千葉県御宿産。やや甘味のある鯛しょう油に付けて頂きます。このプリプリとした食感は、やはり格別。

“鯛の塩焼き”
千客万来 芝濱
普通の大根おろしではなく、荒く切った(おろした)大根が付いてきます。鯛と大根の異なる2つの食感が楽しめます。

“鯛のあら煮”
千客万来 芝濱
余計なものは無い完全なる、あら煮です。シンプルさが良い。何と言っても、鯛が溶け込んだ出し汁、そしてフワフワした部分が最高に美味です。温まります。

“鯛天茶漬けセット”
千客万来 芝濱
胡桃(くるみ)のタレ、わさびは絶対に入れた方が美味しいとのこと。あとお好みで塩、芽じそ、ライムなど。鯛の骨から取った出汁を掛けて食べます。

富山県から届いたばかりの鯛を、魅せて頂きました。立派!そして美味しいそうです。
千客万来 芝濱

鯛を眺めながら頂く鯛天茶漬けも乙なもの。感謝の気持ちで頂きます。

千客万来 芝濱
ホクホクと柔らかい鯛天。少し甘くオイリーな胡桃ダレ。飯。それをまとめる、あっさりながらも旨味たっぷりの懐の深い出汁。これまた普通の鯛茶漬けとは、全く別物。美味しいものです。

この4品で¥1,800円はお得感有り。ごちそうさまでした。

2013年3月オープンということで綺麗な店内。カウンターにテーブル席、個室があります。
千客万来 芝濱
“芝濱”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

店名は落語の芝濱から。こちらも、とても素敵なお話です。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。
千客万来 芝濱


吉祥 銀座本店さん-会席に秋の趣を味わう/the 83th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、83日目です。

本日は久しぶりの和食、”吉祥 銀座本店”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目”ロイヤルクリスタル銀座”の4階。

以前お伺いしたフレンチの”エスキス”さん鉄板焼きの”季楽”さんの入っているビルですね。

しゃぶしゃぶが有名とのことでしたが、今回は

“菊月 お昼のおすすめ会席”¥4,515(サ別10%)を注文いたしました。

前菜 “小丸果実 柿酢”

巨峰、キウイ、桃など。

見た目に”アイスの実”を連想しましたが、とても大人びたお味です。

先ほどの小皿を開けると、別の前菜が。

前菜 “つぶ貝納豆煮、舞茸 ほうれん草酢浸し、サーモン菊なます”

つぶ貝が美味しい。わずかに感じる納豆の香りが素敵。

見た目にも美しいお料理です。

吸物”満月萩豆腐 ひとり湯葉 すすき葱 柚子”

こちらの卵豆腐がまた美味。

卵の上品な甘味、コク、そして組み込まれた海老、ウニなどの贅沢な具材、柚子の香り。歴代卵豆腐の中でNo.1です。

菊月ということで、黄色っぽい色合いで統一されているのが良いですね。

刺身”鯛の昆布茶〆”

ススキの穂をイメージして、雪花菜(おから)がまぶされております。

淡白ながらも、昆布のおかげか身が締まりプリプリとした食感を楽しめます。

さわやかな柚子しょう油で頂きます。刺身の妻の花穂ジソも素敵。

焼物”帆立 太刀魚鳴戸巻 たたき芋 イクラ 銀杏 栗 鯖寿し”

太刀魚の長い体を生かして鳴門巻状に。渦の中心には帆立がおり、山芋とイクラが鎮座。

見た目は繊細ですが、味は大胆です。

太刀魚がこんなに美味しいとは知りませんでした。

やや濃いめな味ですが、山芋がバランスをとってくれます。

美味しいです。

煮物 “南京饅頭 菊花あん 隠元”

美しいですね。

温かく柔らかくジューシーなお饅頭の中には、鶏ひき肉のお団子が。

とても優しいお味です。

食事”松茸御飯 松の実 針のり お澄まし汁 お新香”

松茸に惹かれて、こちらのコースにしたのです。

時期のせいか、やや香りが弱いようですが、美味しいです。

松茸ご飯の上の松の実がまた美味しくて風流ではないでしょうか。

デザート”栗金団 洋梨ワイン煮 黒糖プリン”

デザートもぬかり無しです。

レーズンがポチッと付いた子犬みたいに見える栗金団、栗金団を初めて良いと思いました。

フワフワのプリンも美味しいです。堪能しました。

いつの間にやら、そういえばもう秋。美味しいものが沢山!

と感じさせてくれる素敵なお料理。

解釈しやすいお味だと思います。ごちそうさまでした。

カウンターで1人でも安心。他は全て個室のようです。

床と天井がとても美しいです。

接客も和やかで素敵です。温かいお茶を3回も交換して頂きました。ありがとうございます。

“吉祥 銀座本店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際は是非トリプルにもお立ち寄り下さいませ。


懐食 みちばさん-鉄人料理/the 73th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、73日目です。

本日は体に優しい、和食”懐食 みちば”さんにお伺いしました。

料理の鉄人でお馴染み、道場六三郎氏のお店です。

場所は銀座6丁目中央通り沿い、閉店中の松坂屋のお隣のPRADAの正面、

“かねまつビル”の8階です。

“もてなし膳” ¥6,300をオーダーしました。

先附 “瀧川豆腐 美味出し”

その場で、ところてん突きで、絞り出される涼しげなお料理。

歯ごたえも良く、お味もあっさり。

“加賀美人” ¥800

赤じそを使ったオリジナルジュース。

ポリフェノールたっぷりで美容に良い。美味しいです。

前菜 “チーズ黄金焼、魳(かます)炙り寿司、夏野菜 土佐酢ジュレ、ぶどう唐揚、小鰯山椒煮”

ぶどうの唐揚げ、西京味噌と酒粕に付けたチーズなど個性的。

その味も、やはり個性的。

御椀”牡丹鱧(はも) 冬瓜、じゅん菜、おちょぼ梅”

好物だらけの、これは美味しい。

梅が効いてます。じゅん菜、滅多に食べられないですが、プルプルで素敵。

刺身”メジマグロ、アオリイカ、鯛”

盛り付けが美しい。

新鮮です。

続きまして、竹。

焼物”鮎竹筒焼 焼茗荷、伏見唐辛子、椎茸”

やりました!鮎です。鮎の塩焼きは、やはり”たで酢”と共に供されます。

最強コンビの1つです。たで酢のささやかな辛さと風味が、良く合います。

見た目も驚きが有りますね。

煮物”冷し煮物 南京、茄子、小芋、蓮根、おくら、百合根”

今の季節にぴったり。

カツオ出汁のジュレが、風味、歯ごたえの、さり気なくも良いアクセントに。

強肴”銚子金目蒸篭むし 豆腐、黄韮、水菜”

見るからに美味しそうなコチラ。

容器が特殊なのか、いつまでも湯気が消えません。

幸せ。

食事”糠鯖(さば)茶漬”

〆の茶漬け。

贅沢な品数ですが、お腹がパンパンにならないのが素晴しいです。

水菓子”わらび餅、梅のジュレ”

デザートもあっさり。

上品なお味です。

創作と定番のバランスが、とても良い和食でした。ごちそうさまでした!

料理人さんが忙しく働いているのが見える、店内。

活気があって良いです。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにもお立ち寄り下さい。


プチすっぽん料理に舌鼓 “金田中 庵”さん/the 38th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、38日目です。

本日は、最近、お腹の調子が悪いため優しい物をということで和食です。

銀座7丁目の老舗割烹”金田中 庵-かねたなか あん”さんにお伺いしました。

その名もズバリの”金田中ビル”の2階でございます。

若干入り口が分かりにくいのでお気をつけ下さい。

ランチメニューは4種類の中から、

“小鍋すっぽん大根・丸玉地ご飯”¥2,100をオーダーしました。

“季節の一品-蓮根、じゃがいも、大根の煮物”

冷たい煮物です。痛んだ体に染み渡る優しいお味です。しみじみ美味しいです。

“小鍋すっぽん大根”

白玉、椎茸、揚げ、大根。

マイルドなスッポンの出汁(だし)が染みわたった具材が、また体に染み渡ります。

浮いた存在の感じがする白玉の中に、実はスッポンの身が入っています。

コラーゲンもたっぷりそうで、美肌効果もありそうですね。元気になります。

“丸玉地ご飯”

ご飯にすっぽんスープに卵を入れて蒸しあげています。

出来上がりは3重構造で、上からスッポンの出汁を使った餡、具無し茶碗蒸し、雑炊。

これは美味しい!そして体への優しさ!!

3つを一緒に混ぜて感じる、味わい深さ。これぞスッポンの力。

今日のような寒い日にぴったりのお料理です。

勢い付いてコチラも追加オーダー。

“鯛のあら炊き”¥2,625

天然の鯛の頭のあら炊きです。実は一番美味しい部分。

特に目玉(回り)とか口(回り)は絶品です。ゼラチン質の部分とか特に!

当然、骨が多く身は少なめで、しかも頑張らないと食べれないのですが、味が凝縮されている感じ。

甘辛い味付けで、添えてあるゴボウとともに箸が進みます。

頼んで正解でした。

“ラ・フランスの嶺岡豆腐”

江戸時代には牛乳のことを嶺岡(千葉にあった嶺岡牧場から)と呼んでいたそうです。

こちらも、ラ・フランスとともに清涼感有りで、爽やかな締めくくりでした。

和食の美味しさ再確認。ごちそうさまでした!

店内はテーブル全8席と、

料理人さんの手際を間近で見られるカウンターです。

ランチはクオリティーも高く、コストパフォーマンスも良いですよ。

“金田中 庵”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラ。


お立ちよりの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。


あら?こんな所に素敵なお店が “和風料理 おうち”さん/the 28th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡る”銀座6丁目美食日記”、28日目です。

本日は美味しい定食を求めて、以前より気になっていた”和風料理 おうち”さんにお伺いしました。

お店が、見つけにくいです!

当店の近くのセブンイレブンの正面のドトールの右側のビルの入り口の、

奥です。

すると、まさかこんな所に、こんな良い雰囲気のお店が!?

というくらい意外性のあるエントランスが。

お昼の定食は全て1,000円で、サラダバイキング付きでございます。

“サラダバイキング”

テーブルにサラダが並んでいる訳ではなく、大きなお皿に山盛りの野菜が出されます。

シャキシャキとした歯ごたえで、とても新鮮でした。野菜大好き。完食いたしました。

“日替わり(焼きさんま)定食” ¥1,000

サンマ、牛こんにゃく煮、温泉卵、みそ汁、ご飯、漬け物。

この家庭的な組み合わせ、良いです。見た目にも、美味しそうで安心します。

今が旬のサンマ。

焦げ目が食欲をそそります。

皮はパリパリで、身は柔らかい。やっぱり美味しいサンマでした。

“ぶどうのゼリー”

最後は一口デザートで。ありがたいです。

野菜も沢山食べれるヘルシーな定食でした。ごちそうさまでした!

店内は高級感があり、カウンター席もあるので、1人でも安心です。

夜はすっぽん鍋なんかもあるみたいですよ。

詳しくは”おうち”さんのウェブサイト(ぐるなび)をご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。