徳うち山|大胆、そして力強い日本料理/the 161th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、161日目です。本日は和食でございます。銀座の有名和食店“うち山”さんの暖簾分け“徳うち山”さんにお伺いしました。

場所は銀座3丁目、東銀座、歌舞伎座の裏側です。昭和通りから2本東側の通り沿いでございます。
toku16
花屋さんの横のビルの1階に、不思議に表れる和風のエントランスが“徳うち山”さんです。

戸を明けると白檀の香りのお香、もう一つ戸を開けると店内です。思ったより広く、カウンター8席、個室、テーブルが数卓。カウンターの席間もある程度ゆったりしております。

夜は12,000円から。本日は15,000円(w/o tax、サ別10%)のコースをお願いいたしました。

“焼き胡麻豆腐”
toku2
こちらの名物とのこと。お餅のようです。胡麻ダレでいただきます。外側はカリッと、中はトロっと。焼き具合が絶妙ですね。付け合わせは人参と思いきや、柿。よく見ると器も柿柄でございました。

“甘鯛、聖護院かぶらの椀”
toku3
乗っているミニかぶらが可愛く、今が旬、素晴らしく美味しい。生キクラゲがシャキシャキで絶品。乾燥品とは別物ですね。

“ひらめ、鱈の白子”
toku4
厚めに切られたひらめは噛むほどに染み出る旨味が身に沁みます。

“さわら、松茸、海老芋”
toku5
さわらは上品な甘さ。ねっとりとした肉質の海老芋はやはり美味。

“黒毛和牛のサーロイン、松茸、九条ネギの鍋”
toku7
カウンター向かいのコンロでずっと煮込まれていた、気になる壷の正体。上質でございます。松茸をメインとして素材が渾然一体となった出汁の香りが素晴らしい。

“鯛茶漬け”
toku11
胡麻ダレでいただく定番の鯛茶でございます。伊賀焼きの窯で炊く最高レベルに美味しいご飯はお茶碗にちっぽりと上品に。一杯目は胡麻ダレにからませた鯛のお刺身をご飯にのせて。

toku13
ご飯、鯛刺身共にお代わり可能!二杯目は煎茶をかけていただきます。ゴマだれとお茶が神妙に混じり合い、幸せなお味でございます。タレはけっこう塩気がきいておりますので、少しがよいかもしれませんね。バランスの取れた10品、ごちそうさまでした。

お箸と膝掛け代わりに使用した手ぬぐいはお土産としていただけます。こういったサービスも嬉しいですね。 気配りはしっかりしておりますが、お店の雰囲気は堅苦しくないのもよい感じです。

ランチは鯛茶漬けが¥1,500でいただけます。予約必須ですので、お気をつけ下さいませ。“徳うち山”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


福和さん-名物の角煮が美味しい/the 148th day

本日は和食です。夜は天然ふぐや鱧、松茸などが食べられ、昼はリーズナブルな定食を提供している1979年創業の老舗“福和-ふくわ”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目のコリドー街から1本東の道沿い、TAKAYA-GINZAビルの7階でございます。地下1階はビストロの“サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ”さんです。
fuku8
2013年にみゆき通りから移転したそうです。

エレベータを下りると、和風な引き戸。店内はテーブル席にカウンター4席、個室もいくつかあるようです。
fuku7

本日はコチラを注文いたしました。

“はも野菜天丼” ¥1,500
fuku1
はも、さつまいも、カボチャ、人参、とうがらし、ナスなど小さい丼に溢れるほど入っております。しっかりとした衣の天丼で、つゆはやや甘めでございます。丼が大きくないので女性でも余裕を持って食べられそうです。

温泉玉子、サラダ、赤出し、お新香付きでございます。
fuku2
温玉を天丼に掛けるいただき方がお勧めだそうです。私は、天ぷらを全部食べた後、ご飯に掛けて、普通に卵ご飯でいただきました。ごちそうさまでした。

周囲を見てみると多くの方が角煮定食を注文していらっしゃいます!気になったので後日お伺いしました。

“特選定食” ¥2,100
fuku3
昔からの名物という豚角煮に、鰹土佐造り(カツオのタタキ)が付いた豪華な定食です。

“豚角煮春雨スープ仕立て”
fuku5
春雨のたっぷり入ったカツオ出汁の中に揚げた豚角煮が2つ。珍しいお料理です。トロトロの角煮は揚げてあるため、出汁につけてもジューシーさが損なわれず、さっぱりといただけます。

“鰹土佐造り”
fuku4
今から旬のカツオです。臭みもなく、食べよく仕上がっております。

こちらの定食はデザート付きです。
fuku6
皮ごと食べられる“シャインマスカット”。甘くて美味です。ごちそうさまでした。

“福和”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


和の菜彩 さとうさん-魚にこだわり/the 134th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、134日目です。本日は和食です。銀座では希少なお魚定食が食べられるお店“和の菜彩 さとう”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目コリドー街、第26ポールスタービルの3階でございます。
sa10
“梅丘寿司の美登利”さんの向かいでございます。エレベーターで3階に上がり、奥まで行きましょう。料理人の佐藤氏が笑顔で出迎えてくれます。

本日は“鯛の焼き魚定食” ¥1,100を注文いたしました。魚の種類が豊富で、何種類かから選べます。鯛も2種類の部位から選ぶことができました。待っている間にコチラを試食させていただきました。

sa3
何と、鱧(ハモ)の浮き袋です!なかなか出回らない部分だそうです。たまたま鱧(ハモ)コースを予約していた方がいらっしゃるそうで、恩恵に与ることができました。お酢でいただきます。初体験のコリコリと、そしてプリプリとした食感が素敵です。珍味ですね。

“ポテトサラダ”
sa2  
ポテトサラダはシンプルが美味しいです。家庭的なお味。

“焼き魚 鯛”
sa5
甘いです。鯛の淡白な美味しさが存分に生かされております。醤油をかけずに、カボスと大根おろしだけで美味しくいただけます。優しいお味でした。

“お味噌汁”
sa6 
味噌汁も魚のあらが入っているのが素晴らしいですね。生臭さも全くございません。

“お刺身 ハモ、カツオ、タコ、マグロ” +¥600
sa4
追加でこちらも注文。ハモに梅肉は間違いございませんね。初カツオもあっさりとしており美味。鮮度良く美味しいです。

sa7
骨せんべいもサービスしていただきました。脂っこくなく素晴らしい歯ごたえです。さらにデザートが付きます。本日はサクランボとブドウでした。素晴らしいコストパフォーマンスです。心のこもった丁寧なお料理でございました。ごちそうさまでした。

細長い店内。手前はカウンター、奥は座敷です。肩肘を張らずに、くつろげます。
sa1

“さとう”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


蕎麦 流石さん-東銀座で蕎麦づくし/the 114th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、115日目です。本日は、たまに無性に食べたくなるお蕎麦です。“蕎麦 流石”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目、東二ビルの2階。東銀座駅から徒歩5分程度の落ち着いた(わかりにくい)場所にございます。1階は“ピッツェリア イルビアンコ”さんです。

イタリアンを目印にした方がわかりやすいでしょうか。メニュー表が外に出ておりますよ。

1,050円から蕎麦は頼みますが、本日の蕎麦を堪能したいということで“そばづくし”¥4,200を注文いたしました。

 “タコ、菜の花、卯の花、そば味噌”

素材を生かした自然なお味の前菜が期待をもたせます。そして日本酒の誘うそばの実たっぷりのそば味噌が美味しいです。料理の合間にチビチビいけるのが良いです。

“温かいおそば”

こちらのお蕎麦は、全て十割(じゅうわり)そば、そして細いです。のどごしがよく、蕎麦同様にあっさりとしたお汁がとても美味しいです。温かいおそばは特に伸びやすいので、素早くいただきましょう。

“そばがき”

そば粉の味のみですので、濃厚な溜まり醤油とワサビでいただきます。お餅のように粘りがありフワフワです。素朴ですが、風味がとても豊かです。やはり日本酒ですね。飲める体でお伺いした方が楽しめそうです。

“蕎麦サラダ”

茹でたての十割そばと新鮮な野菜に、ごまドレッシングがからみます。清涼感のある引き締まったお味です。お蕎麦とシャキシャキした食感の掛け合いもよいようです。温かいそばとサラダは埼玉県産のそば粉を使用しているそうです。次が最後のそば料理です。

“ひやかけそば”

こちらの名物だそうです。最初はそのまま、途中から梅おろしを入れていただきます。こちらは群馬県産のそば粉使用。細いですが十分なコシ。さらに、おそらく冷たいお汁の効果で喉越しは一際滑らかです。小気味良い薄味で、十分楽しめるお料理でした。

そば湯が無かったのが残念。美味しい蕎麦づくし、ごちそうさまでした。

テーブル席、カウンター、半個室がございます。上品で清潔感があり、女性一人でも立ち寄りやすい雰囲気です。

“蕎麦 流石”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。