資生堂パーラー サロン・ド・カフェ|フルーツパフェの殿堂/the 305th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、305日目です。本日は銀座8丁目、資生堂ビル3階の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ」さんにお伺いしました。てっきり当ブログにも掲載済みかと思っていたのですが、4,5階のレストラン、10階のイタリアンのみでした。

5月から始まった枇杷パフェを目当てにお伺いしたのですが、なんと新メニューで好物のフルーツサンドイッチが登場していました! 「スタッフの方に両方いけますか?」と聞いてみた(この時点でほぼ両方いくことは決まっているのですが)ところ、「大丈夫ですよ!」と力強い返答。後押しありがとうございます。

・フルーツサンドウィッチ ¥1,630

「イッチ」じゃなくて「ウィッチ」なのが良い。店内が混み合っており、出てくるまで20分ほど。 とっても素敵なビジュアル。ヨーグルト付きです。 パンはトーストしたレーズンパン。パンにもフルーツ入れちゃってます。


フルーツはイチゴ、枇杷を主役にバナナ、オレンジ、ブルーベリー、キュウイなどがぎっちり。厚みがあるためナイフとフォークでいただくのがお勧めだそうです。 クリームもあっさりしていてお上品なお味ですが、ナイフとスプーン型のクッキーなど遊び心は忘れないところが素敵。 持ち味が存分に発揮されていて、美味しいフルーツサンドでした!

続いてメインディッシュ。

・長崎県大瀬戸地区産 枇杷パフェ ¥1,980

蓬莱山のように聳える枇杷が素敵です。なんでも樹齢50年以上の樹で実った枇杷を厳選しているそう。 枇杷の背後にはライチシャーベット、下にはジャスミンゼリーとミルクアイスクリーム。ブルーベリー、さくらんぼ、キュウイ、イチゴなどのフルーツが花を添えます。


お好みでローズソースを掛けていただきます。枇杷もバラ科ですから良く合うのかもしれません。 枇杷、華やかさはありませんが、日本的で奥ゆかしい風雅なお味。その分、ライチやローズとの調和もよろしいようです。 イチゴパフェのような派手さはありませんが、優しい気持ちになれるパフェ。大満足です!

最後はポットサービスの・コーヒーでゆっくりと。

美味しいコーヒーはポットサービスで約3杯分。冷めないようにちゃんと下にロウソクを置いてくれるサービスは流石です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

こちらは2016年8月にいただいた・和歌山県紀の川市産 イチジクのパフェ。記憶に残る印象的なパフェでした。


チーパズカフェ、ユーズ カフェバー|銀座の楽しいコンセプトカフェ/the 293th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、293日目です。本日は銀座のコンセプトカフェを2店ご紹介いたします。本ブログで以前ご紹介させていただいた「ロイヤルクリスタルカフェ」さんなど銀座らしい煌びやかなカフェも良いですが、ユニークなカフェも楽しいです。

まずは銀座7丁目、銀座(中央)通りの3本東側の通り沿いにある「チーパズカフェ」さん。

外観はよくあるカフェ風ですが、中に入ると・・・。


壁面にはミニカーやガンダムなどのフィギュアがびっしりと飾られています!おそらくマニア垂涎の品も色々あることでしょう。


2mほどもあるマジンガーZまで!粗相をするとロケットパンチが飛び出す可能性も。

さらに2階もございます。仮面ライダーやロボコンその他、私の知らないキャラクターのものなどが山盛り。玩具好きにはたまらない空間となっております。

料理は最初にカウンターで注文と支払いを済ませます。パスタやカレーライスなどがありますが本日は・カレーライス ¥550と・コーヒー ¥250をお願いしました。ドリンクは料理と一緒に頼むと半額です!ちなみにカレーも「きもち大盛り」は無料です。

しばらくするとカレーライスが到着。

お味はごく普通なのですが、この値段ですし問題なし。

コーヒーも同様です。

この通りは最近「香月珈琲店」「サトウコーヒー」も出来て隠れカフェストリートとなっていますね。 こちら、しばし童心に帰れる穴場のいいカフェでした。 またガンダムグッズを見にお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いて2件目は銀座2丁目、並木通りの1本東側の通り沿いの「ユーズカフェバー」さん。

こちらも外観はごく普通の喫茶店風ですが煉瓦壁の階段を降り自動ドアが開くと・・・。


いきなり石原裕次郎氏の銅像がお出迎え。世界に一人だけの貴重な銅像だそうです。

壁には裕次郎氏の写真や、関わりのある方のサインなどで埋め尽くされております!

入って左側のスナック風の席が喫煙席、右側の喫茶店風の席が禁煙席となっており、カラオケセットも設置されております。ここで「銀座の恋の物語」なんかデュエットした日には盛り上がること間違いなしです!

本日はランチセットから・ハヤシライス 葉山コロッケ添え ¥1,200 をお願いしました。

まずはシンプルなレタスとコーンの・サラダ。15分ほどで・ハヤシライスが到着です。

食べてみるとけっこう甘口の優しいお味。裕次郎氏の好物だという葉山コロッケもホクホクです。 いたってオーソドックスですが、美味しくいただきました。

最後はカップになみなみと注がれた裕次郎氏のように黒くて熱い・コーヒーで。

喫茶店はやはり雰囲気が大事です。こちらは静かでゆっくりできて良い。 そして何よりこのオリジナリティ溢れる情緒が素敵。もはやエキゾチックです! また裕次郎氏の好物だったというカレーをいただきにお伺いしたいと思います。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


カフェ デコ|ベジチャージはいつもここ/the 286th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、286日目です。本日は当店からはかなり遠いのですが、野菜が足りない時にいつもお伺いする”カフェ デコ”さんをご紹介いたします。

場所は銀座1丁目(ほぼ京橋!)、昭和通り沿いにあるピカソタワーの1階、2階です。

ピカソと付くだけありユニークな外観です。

こちらは2階フロア。店内も清潔感があり明るく、スタイリッシュ。

こちらは2階席。テーブルもゆったり配置されており、ゆとりのある雰囲気です。

ランチメニューはハヤシライスやサンドイッチもあるのですが、いつもお願いするのは “パンと20品目のサラダプレート” ¥800。+¥100でパン→ベーグルに変更することも可能です。

まずは”コンソメスープ”。

生姜がよく効いており寒い日にはとても嬉しいスープ。夏にはこれが梅干しスープに変わります。優しいです。

続いて”オリーブオイル、ドレッシング”
ドレッシングはすりおろし野菜、クリーミー明太子、ゴマなど7種類ほどから選べます。

そしてコチラがメイン!

“20品目のサラダプレート”

素敵なビジュアルで、いつ来ても嬉しくなります。パンはドライトマトベーグルに変更。海老、イカ、タコの魚介に加えレタス、キャベツ、カイワレ、オクラ、トマト、キュウリ、ピーマン、パプリカ2色、豆3種、山芋、ニンジン、カブ、ヤングコーン、カボチャ、ナス、ブロッコリー、紫芋、紫大根、菊の花、ゆで卵、揚げ出し豆腐など余裕の20種以上!彩も綺麗です。


高さも凄いです!何品目以上という触れ込みの場合、実際頼んでみると「本当にそんなに入ってるの!?」と疑問に思うことが多いですが、逆パターンは珍しい。野菜の量は厚生労働省が推進する1日の野菜の量350gを目安にしているそうです。

そしてまた別の日はこんな感じ。デフォルトのパンです。

魚介が鶏肉になることも。


オカワカメなどの珍しい野菜が入る時もありますよ。

最後は美味しい”レインフォレストコーヒー” +¥100で。

自然環境に配慮して栽培している農園に与えられるカエル印のレインフォレスト・アライアンス認証コーヒーです。

スタッフの方も爽やかで、とても感じよく心も体もリフレッシュできるお店です。初めての方だと絶対気づかないトリッキーな化粧室も見所。ちなみにピカソタワーは「ピカソ美化学研究所」という企業のオフィス・研究所。「ピカソ」は芸術家ではなく、「美しく化する素」の漢字三文字からの命名だそうです。野菜たっぷりも納得です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

最寄り駅は京橋ですので、京橋からの銀ぶらがお勧めです。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
またある日のサラダプレート。パン→マルチグレイン(雑穀)ベーグルです。ごちそうさまでした!


銀座 風月堂|季節で味わう和菓子の魅力/the 280th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”280日目です。本日は銀座の老舗喫茶店”風月堂”さんにお伺いいたしました。

場所は銀座6丁目、みゆき通りと並木通りの交差点の凮月堂ビル1、2階。

銀座の中心地です。 ちなみに”風月堂”というお店は津々浦々ありますが、こちらが本家。”銀座 凮月堂”の歴史は200年以上、明治5年に銀座6丁目に移転したということで、この地で今年140年目を迎えます。

昔ながらの淑やかな空気が流れる店内。

席数は多いですが、土日は行列もできるほど。2階は喫煙席となっているようです。

和菓子は季節を先取りするもの。四季のある日本ならではの素敵な甘味です。 11月末お伺いした際いただいたのは晩秋の和菓子2つ。どちらも練り切り。

“和菓子セット 煎茶” ¥1,000 + “和菓子単品” ¥300

紅葉をイメージした”名残の秋”は栗餡。 そしてこの季節に咲く可愛らしい花をイメージした”野菊”はこし餡。しみじみと美味し。セットの温かい”煎茶”とともにいただきました。落ち着きますね。

そして先日お伺いした際にいただいたのは、以前から気になっていたコチラ。

“フルーツサンド” ¥1,000

たっぷり入ったクリームが魅力的なサンドイッチ、フルーツはイチゴ、オレンジ、キュウイ、バナナ。 パンはフワフワ、甘さは控えめの優しいお味でした。

せっかくなので季節の和菓子もいただきました。

“和菓子セット コーヒー” ¥1,000 + “和菓子単品” ¥300

求肥の”トナカイ”は柚子餡、赤鼻がチャームポイント。 練切の”雪だるま”はこし餡、黄色いマフラーがオシャレです。 可愛くて食べるのがもったいない!なんてことは全く思わず、セットの”コーヒー”と一緒に美味しくいただきました。

ビルの上に工場があり、そこで作っているだけに新鮮。和菓子も新鮮さは大事ですね。 一足早い、甘いクリスマスでした。 お店の雰囲気、スタッフさんのお人柄、場所も良いため土日の盛況ぶりは流石です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした! 

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。


310.COFFEE|まったりとした時間が過ごせる良喫茶/the 274th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”274日目です。本日はいくつ知っていても知りすぎということはない喫茶店”310.COFEE”さんにお伺いしました。店名は「サトウコーヒー」と読みます。コーヒーに砂糖は付き物ですが、女性オーナーのお名前が由来です。

銀座7丁目、中央通りに3本東側の静かな通りに今年の2月にオープンした喫茶店です。
3108
年中無休なので、休みの飲食店が多い土日によく利用しております。まだ、オープンして間もないことと、中心から少し離れた場所にあるので空いているのも良いのです。

シックで落ち着いた広い店内は全席喫煙可能。
3107
お店が広いため煙の被害を受けることは少ないと思います(が、保証はできません)。

入店して目を引くのが業務用の巨大な焙煎機!
3106
銀座でも小さい焙煎機を置いているお店はありますが、ここまで巨大なものは珍しい。コーヒーへのこだわりを感じますね。

食事メニューはトーストにカレーと少ないので、本日は好物の”カレーライスセット(数量限定)” ¥1,600お願いしました。

“サラダ”
3101
ミニプランツのような可愛い盛り付けでした。見た目もやはり大事です。

“カレーライス”
3102
肉以外の具は溶けたシンプルカレー。 トマトがたっぷりと入っているようで、その甘味が強く感じられ、ハヤシライス的要素もある面白いお味。 角切りの豚ロースがころころ入っており、食べ応えも有りますね。 最初は甘いですが、最終的には心地よい辛さの余韻が残りました。やや固めに炊かれたライスもよく、美味しいカレーライスでした。

セットのドリンクは¥1,000以下のものならどれでもOKということで、コーヒーは”キューバAL” (単品¥900)をお願いしました。
3104
入れる直前に豆を挽くのは当然で、とても丁寧に入れていただいたようです。 カップはロイヤルコペンハーゲンのアンティーク。 酸味、苦味共に柔らかく、さっぱりと。とても飲みよく、コーヒーが苦手な方でも美味しく飲めそうなコーヒーでした。ごちそうさまでした!

また別の日のお伺い。本日は季節限定の”フレンチトースト、コーヒーセット” ¥1,400をお願いしました。コーヒーは¥900〜ですので、セットがお得です。

10分ほどで到着したのは、卵液をしっかり浸した食パンを使った”フレンチトースト”。
3101
付け合せはバニラアイス、クリーム、ブドウのコンポート、お好みでハチミツをかけて。 最近凝ったものが多い中で、このシンプルさが嬉しいです。安心できる美味しさ。

本日のコーヒーは”東ティモール ハヒタリ集落”の中煎り。
3102
次世代のブルーマウンテンとの呼び声も高いらしいです。 酸味が控えめで、かといって苦味も強すぎない、とても上品なお味。 フレッシュなブルーが目を引くなカップ&ソーサーはウェッジウッドでした。

店内に巨大焙煎機を装備しているだけに、コーヒーへのこだわりは流石です。 お店も広々清潔で、佐藤さん始めスタッフの方の雰囲気も良く、快適な時間を過ごせる喫茶店の1つです。食事メニューがカレーとトースト系しかないので、もう少しバリエーションが増えるとさらに嬉しいですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
3105