お多幸|純関東おでんの衝撃/the 318th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」318日目です。本日は夏も美味しいおでんです。銀座8丁目、並木通り沿い、大正12年創業の老舗おでん店「お多幸」さんにお伺いしました。

純おでん屋的なお店の雰囲気は良好、2階、3階もあるので、かなり席数は多そうです。 1階のおでん鍋の前のカウンター席に落ち着きます。お刺身や揚げ物も美味しそうでしたが、おでんに集中していただいてみました。まずは定番品目を。

・豆腐、玉子、がんも ¥250、大根 ¥300

お出汁が黒い!今まで何件か関東おでんのお店に訪れたことはありますが、ここまで黒いのは初めてです。これがど真ん中の関東風なんですね。黒い大根、醤油の味が際立ちます。食べてる感、有りです。 夏でもビールより菊正宗の燗酒で楽しみたいお味です。

信田巻、串だんごなど知らないタネも多く、料理人さんにお伺いしてみると、そんな具材は練り物系が多いようです。 すごく気になったシューマイ、残念ながら品切れでした。。。

・ネギマ ¥300、ホタテ ¥400、あじつみれ ¥450


やっぱりサッパリしたおでんの方が好き。ホタテが美味しいです。 ネギマは鶏肉でなくて、元祖のマグロでまた驚き!

・玉子巻き、牛すじ ¥500


最後に大物を注文。 卵巻きは、だし巻き玉子に何か肉的なものを巻いたものと想像したのですが、練り物に玉子1個が包まれたものでした!〆の牛すじは食感も良く美味しいです。

初めて出会うおでんもあり、楽しい一時でした。 銀座でも関西おでんを出すお店が多いなか、貴重なお店ですね。 また機会があればお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「お多幸」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

昨日行われたイベント「ゆかたで銀ぶら」、泰明小学校の校庭で盆踊り大会が行われました。


味の店 乃だや-静岡味噌おでん初めて/the 245th day

17時過ぎという遅めのランチ。コリドー街を歩いていると見慣れぬ看板を発見!
noda6
「静岡 旨い!! 味噌おでん」 静岡おでん、そういえば食べた事がありません。

noda5
雑居ビルの地下1階と入りずらいシチュエーションですが、気にせず行ってみました。銀座はこういう店が多いのです。慣れ(経験)とは素晴らしい!

そんなことで銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”245日目、本日は夏でも美味しいおでんです。店内はカウンターにテーブル席がいくつか。カウンターには、店主のご友人と思われる方がお二人。 全席喫煙は可能のようで、全く気取らない大衆的な雰囲気。

お通しは”豆腐 きのこ餡かけ” ¥500。
noda3

続いて味噌おでんをいくつか。 牛すじで出汁をとっており、好みでだし粉(青のり、煮干しの粉)を掛けていただくそうです。

“味噌かけ大根” ¥400
noda2
かなり大きめですが、とても柔らかく煮込んでありました。 味噌と素材の甘みの相乗効果が美味しいですね。

“卵” ¥200 “牛すじ” ¥350 “黒はんぺん” ¥180
noda1
茶色いおでんは、やはり味噌の甘みが先に立ちます。 静岡名物の黒はんぺん(もとは白いらしい)はイワシの味が効いておりなかなか。 こっくりと仕上がった、素朴でほっこりとするお味なのですね。

“タチウオねぎま串焼き” ¥550
noda4
ネギにタチウオを絡めた面白い串焼き。こちらも静岡ならではの一品。 さっぱりと塩とレモンでいただきました。

お伺いしてみると、静岡に本店があるお店で2015年11月にオープンしたばかりだそうです。 また味噌おでんの他に関東おでんもあり、静岡の地酒に合いそうな肴もなかなか充実しているよう。

初めての静岡味噌おでん体験、お値段も良心的で、印象は悪くありませんでした。 メニューに見つけた”やきそば”、今日はお腹いっぱいで食べられませんでしたが、かなり気になります! そんな訳で、またお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

“味の店 乃だや 銀座店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


かめ幸さん-寒い日にはおでんが美味しい/the 227th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”227日目、本日は寒い季節に食べたくなるおでんです。東銀座、昭和通り沿いにある”かめ幸”さんにお伺いしました。老舗「お多幸」の味を受け継いだ純関東おでんのお店です。
kame7

土曜の夜21時過ぎ、仕事帰りに一人でお伺いしました。土曜に遅くまで営業している路面店は意外と少ないので助かります。店内は想像したより賑やか。カウンターにテーブル席がいくつか。カウンターは驚くべきことにカップルばかり!丁度1カップルが帰ったばかりの2席空きがあり、カップルの間に滑り込み。平日はまた客層が違うのでしょうね。

まずは”生ビール” ¥650、仕事の後のビールはやはり美味!嬉しいことに量も多め。

“おでん盛り合せ 大根、がんもどき、豆腐、きんちゃく” ¥1,100
kame1
kame2甘い出汁が沁みた特厚の大根、疲れた体に優しい味わいが沁み渡ります。 きんちゃくは人参、蓮根が沢山入っており滋味。どれもサイズが大きいのが良い。目の前にいらっしゃる大柄な方が大将でしょうか。見た目は怖そうですが、笑顔が素敵で気遣いも素晴らしく、安心感を感じますね。

“春菊” ¥450
kame3
こちらはオーダーが入ってから煮る。上にはかつお節がたっぷり乗ります。美味しい。

ここでサービス価格の日本酒、おでんに合いそうな”酔鯨” ¥560をお願いしました。
kame4
菊正宗の升ででてきて少しびっくりですが、なかなか乙。刺身、なめろうなどの日本酒に合いそうな一品料理も魅力的ですが、今日はおでんに集中することに。

“ワカメ” ¥150、”つみれ” ¥350、”肉厚椎茸” ¥450
kame5
ワカメはお安く量もたっぷりで、必ず頼みたい一品。 椎茸も美味しく、硬い石づき部分が良いアクセントとなっておりました。滞在時間40分ほど。メニューの価格も全て税込でわかりやすい。店は満席(私の隣だけ空席ですが)で、カップルが一組お帰りになりました。なんか済みません。

冷たい夜風が妙に気持ち良かったです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“かめ幸”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。